花 - うちの花

2017年8月19日 (土)

さらに 花よ

今日は 久々に晴れ間が見えて、

あぁ、やっぱり お日様はいいなぁ、と思っていたら

夕方から、とんでもない音量で 雷が鳴り始め、そのうち 大雨に。

少し前まで、東京に大雨警報が出るくらいの雨と  なっていました rain

まだ時々、雲の上が明るくなるので、どこかで 雷が鳴っているのでしょう thunder

 

こんなに降ると、川や山には キケンが いっぱい。

気を付けたいものです。

 

 

 

 

 

「 蝶よ 」、「 花よ 」 に 続いて、

もうひとつ、「 さらに 花よ 」 と 行きたいと思います ( ´艸`)プププ

 

まずは、5月 ~ 7月の レッスン報告。

 
 
 
 
 
 

Rimg0121_2

5月。

「 アンティーク花器を使った シャクヤクアレンジ 」。

こちらは、花mame 作。

 

シャクヤクの綺麗な季節だったので、メインに使用。

濃いピンクのバラは 「 ドラマティックレイン 」 と言う 剣弁咲きのもの。

ワイン色のカラー、SPション、何種類かのグリーンで アレンジしました。

 

 

 

 

 

Rimg0122_2

こちらは、友人作。

キュッと締まった感じで ステキなアレンジです。 

 

** 8月24日追記 **

 

< 花材 >

・ シャクヤク ( マキシマ )

・ バラ ( ドラマティックレイン )

・ カラー ( キャプテンプロミス )

・ SPション ( カズキ )

・ アリアム ( シュベルティー )

・ ライスフラワー

・ その他切り花 ( アネモネの花後のような? )

・ ユーカリ ( ボール )

・ ローズゼラニウム

・ スペアミント

・ リキュウソウ

 

< 資材 >

・ アンティーク花器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0555

6月。

「 雨のしずく 」。

ちょうど 梅雨時でしたしね rain

 

スクエアの花器に リースを作るように 挿して行きました。

 

 

 

 

 

Rimg0553

上から見ると こんな感じ。

花材の行きたい方向を優先して 作って行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0543

緑色のサンキライ。

これで、まず ベース作り。

 

 

 

 

 

Rimg0546

カラーを サンキライに挿し込んで、好みの位置に 花を持って行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0548

このカラー、茎に斑が入っていて ちょっと変わっています。

 

 

 

 

 

Rimg0551

白の SPバラ。

花弁の多さが エレガントな感じ。

購入した時は 小さめと思ったのだけれど、

教室に戻って 水切したら、見る見る間に 咲いて大きくなりました。

 

 

 

 

 

Rimg0545

ルリタマアザミ。

色、質感は、これに代わるものが ありません。

 

えーと、花材の正しい名前は、別のPCに入っているので

後日、調べて入れておきましょう。

 

 

 

 

 

Rimg0547

タイトルにある 「 雨のしずく 」 は、ビーズガーランドで 表しました。

 

< 花材 > ※ 詳しい品種名などは 記載がありませんでした。

・ サンキライ

・ カラー ( 黄 )

・ SPバラ ( 白 )

・ ルリタマアザミ ( ベッチーズブルー )

 

< 資材 >

・ 花器 ( スクエア )

・ ビーズガーランド

 

 

 

 

 

Rimg0001

7月。

「 夏の壁飾り 」 。

 

真夏は、生花の持たない時季なので、

ほぼ毎年 ドライアレンジにしています。

 

今年は、画像のような材料で 作りました。

 

 

 

 

 

Rimg0004

白く大きなソーラーローズを メインに

様々な材料を、グルーガンで つけて行きます。

これは、参加出来なかった生徒さん用に作ったもの。

 

ベースは、この茶色いのと、白が あったのですが

友人作の白ベースの方は 撮り忘れて来てしまいました。

 

 

 

 

 

Dsc_2805

こちら、花mame用。

ベースを縦にして アレンジしてみました。

 

 

 

 

 

Rimg0002

色のトーンが 合っていれば、

どんな材料を使っても 落ち着いた雰囲気になります。

 

 

 

 

 

Rimg0003

リボンも トーンを合わせて ココア色に。

縁のキラキラが 綺麗でした shine

 

< 資材 >

・ ワイヤーバイン ( ベース / 60センチ )

・ ソーラーローズ ( LLサイズ )

・ ソーラーミニダリア ( ナチュラル )

・ ソーラージニア

・ ソフトミニカスミソウ ( 白ラメ )

・ 松かさ ( 大 パールホワイト )

・ シーブッシュ

・ リーフローズ

・ リーフマム ( Lサイズ )

・ ミニラタボール

・ リボン ( グリッターWサテン 12mm / サンドベージュ )

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "さらに 花よ"

| | コメント (10)

花よ

東京では 昨日も雨が降った様子。

でも、当地では 降った痕跡が ありませんで、

ひょっとしたら 降らなかったのかも?

 

降らなくても、どんよりと重い空の様子は 変わらず。

その雲が 雨含みなのか、湿度が高くて

返って 過ごしにくい状態でした。

 

 

 

さて、そんな湿気含みで 空気の重い日には

お花の話題を。

 

「 蝶よ 」 と来たら、「 花よ 」 が セオリーですしね (*^ー゚)b

 
 
 
 

P6150038

今年も 南天の花が咲きました。

全体で見ると、決して 華やかな花ではなく

この花から、あの 赤い可愛らしい実がなるの? と言う感じです。

 

 

 

 

 

P6150040

よぉく見ると、こんな花。

ちょっと 可愛らしいですよね。

真ん中は 雌シベで、周りの黄色いのが 雄シベ。

ネット検索を してみると、雄シベの数は 「 6 」 となっているけれど

この花には 「 7 」 あるように見えます。

ラッキーセブン??

 

今年は 実が大きくなって来ていたので

あ~ 赤い実が見られるかもしれない、と思ったのも つかの間。

みんな 茶色くなってしまいました ( ´・ω・`)

何が 悪いのかなぁ ・・・ 日当たりだろうか。

 

 

 

 

さて、こちらは。

 

 

 

 

 

Rimg0027

邪悪な顔 ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

 

Rimg0028

ご存知、「 胡蝶さま 」 です。

 

 

 

 

 

Rimg0534

今年も、華やかに咲きました。

バックヤードが ゴチャゴチャで 申し訳ない!

咲きました、と 過去形ではなく、

白い胡蝶さまなど、現在進行形で 咲いています。

もう 3か月くらいの長きに渡って。

 

 

 

 

 

Rimg004701

こちらは、みかんの花。

昨日ご紹介の アゲハのコたちが付いていたのは

また 別のミカンの木。

 

この花の香りは 花mame大好きです。

 

でも、今年も結実せずに 落ちてしまいました ( ´・ω・`)

これも 日当たりの問題か、はたまた 水遣りか。

 

 

 

 

 

Rimg0045

こちらは、ミカンの雄シベ。

こんなふうに 繫がっているんですね。

 

 

 

 

 

Rimg0058

恒例の、ラリラリラリラ ♪

アマリリス嬢です。

これは ユリ咲きのものですが、

正面から見ると まごうことなく、アマリリスです。

 

 

 

 

 

Rimg007301

八重は今年も 花冠のように、1本の茎に4つ、ガッツリと 咲きました。

しかも、ひとつの球根から 2本の茎を伸ばして。

しかも しかも、3本目も花芽を伸ばしかけたのですが

さすがに、これ以上咲くと 球根がヤバイ!と思ったのか

途中で咲くことを 諦めたようでした。

 

 

 

 

 

Rimg0483

このユリは、

6月にいらっしゃった お客様が持って来てくださったもの。

 

 

 

 

 

P6060019

これは、3本をベースに挿したものです。

10本近く 頂きました。

大田市場 ( 花卉市場 ) の近くに お住まいとのこと、

近くの お花屋さんは、市場くらい お安いのだと おっしゃっていました。

 

ユリは やっぱり豪華だわぁ shine

しかも、香りが良いのです。

 

この薄いピンクのユリは、ユリLAカプレット ・・・ かなぁ??

 

 

 

 

 

続きを読む "花よ"

| | コメント (4)

2017年1月31日 (火)

花咲く季節は遠けれど

Dsc_062702

雪の記事ばかりも どうか、と思うので、少しだけ お花の話題を。

 

上の画像は、確か昨年だったかな、

会社から頂いた シンビジューム。

開花した、と 土higeさんから 写真が届きました。

 

以前、我が家では コチョウランは育つけれど

シンビジュームはダメなんだ、と言う話を書きました。

 

同じランなのだけれど、生育環境は まるで違う この 2種類。

実家で育てていたことも あって、

シンビジュームが 寒さ好きと言う事を 知ってはいたのだけれど

やはり 冬は室内だろう、と思っていたのが 失敗の原因だったみたい。

真冬でも 日射しがあると、我が家のリビングは 結構 温度が上がるのです。

 

そんなわけで

数年前から、真夏は もちろん、真冬も ほぼ外で育てることにしました。

ツボミが上がって来ても、

ある程度大きくなるまでは 外で頑張ってもらうんです。

 

今シーズンの場合は、

帰省する日 ( 12月26日 ) に 室内に取り入れました。

温度に 心配はないとしても、

問題は、カーテンを閉めて行くため 日光が不足するんじゃないか と言う事。

でもまぁ、出窓は レースのカーテンだけなので、

そこから うまく取り入れてくれたみたい。

 

お陰様で、画像のように 美しい花が咲きました。

 

あ、土higeさんの お世話が大きいのは 無論のことです。

感謝 感謝 !!

 

 

 

 

 

Dsc_2295

こちらは、昨年の秋に、実家の庭に咲いた 一輪のバラ。

このくらいの開き具合が 一番バラらしくて 美しいと思います。

 

ある程度 開いたところで、雪の心配が出て来たので

切り取って 部屋に飾りました。

昨年の雪は 10月と、早かったですからね ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_231102

でもでも、全開の この花姿も 可愛らしいと言うか 健気と言うか、

花mame的には 大好きです。

 

しかも、このバラは 香りも良いので とても気に入っています。

 

 

 

今、実家には 植物の鉢は あるのだけれど

花が咲いているものが ありません。

 

母も 冬の間のお世話が だんだん大変になって来た由、

昨秋、思い切って 差し上げるものは差し上げて

随分と リストラしたのです。

 

実家のシンビジュームにも 花芽らしきものが上がって来ているんですが

見ていると、何だか葉っぱの姿になって来たような ・・・ ?

ツボミであっても 咲くのは多分 雪解け以降。

 

一番 可能性のありそうなのは、ハナキリンか カラーの花。

 

花は癒し ですよねえ。

白い中にいると なおのこと恋しくなります。

 

だからと言って、真冬が嫌いなわけじゃないんです。

除雪が大変とか、寒さが厳しいとか、一応 愚痴ってはいますが

北の人は、どこかで それを楽しんでいる所があるんですよ (o^-^o)

| | コメント (4)

2016年9月 4日 (日)

自宅の植物たち - その4 -

台風12号が、九州北部に上陸の可能性が あるとのこと、
 
先日の大きな地震の後 と言うこともあり、とても 心配です。
 
そして、その後の進路も とても心配。
 
ここのところの台風が 立て続けに来た、東北や北海道に
 
影響がないことを 心から願います。
 
 
 
当地は、夜中から 雨が降ったり止んだりしていましたが
 
この時間になって、晴れて来ました。
 
気温は 28度程度ですが
 
湿度が高いのか、少し動くと 汗が流れます。
 
しばらくは 鬱陶しい空模様が続くとのことですが
 
今日も 雨の予報なのに晴れですから、どうなりますか ・・・ 。
 
 
 
 
 
 
 
 
今日の午前中に、初夏に掘り上げておいた、
 
フリージアの球根を 植えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_2104

でも、増えに増えた球根は、

大きめのプランターに 少し 窮屈なくらいに植えても

まだまだ、こんなに 残ってしまっているんです。

 

きっと 声をかければ、欲しいと言う方も いるのでしょうけど

う~ん ・・・ 。

 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1558

さてな。

7月上旬のことと、随分 前のことですが

スパイダーリリーに 2年ぶりとなる花芽が 上がってきました。

去年は お世話が おろそかだったのか、咲きませんで。

 

 

 

 

 

Dsc_1608

苞の中には、こんなに ツボミが。

 

 

 

 

 

Dsc_1594_2

だんだんと伸びて 大きくなって来ました。

 

 

 

 

 

Dsc_1613

開花。

「 リリー 」 と付くに相応しいような 良い芳香があります。

シベの様子も ユリに似ていますね。

全部で 8個だったかな、花が咲きました。

 

 

 

 

 

Dsc_1597

前にも ご紹介した、土higeさんのブロッコリーですが

なぜか 小さいものの、花芽が付きまくり。

 

 

 

 

 

 

Dsc_1724

一番頂点の物を そのままにしておいたら

こんなに伸びてしまいました。

 

 

 

 

 

Dsc_1725

こちらは、ニンニク。

花を そのままにしておいたら、どうやら 結実した様子。

随分と背が高くなっていたせいで、先日の台風で 倒れてしまいました。

 

「 そのままにしておいたら 」 が 多いですね。

我が家では 放置プレイが お約束 ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

続きを読む "自宅の植物たち - その4 -"

| | コメント (6)

2016年6月22日 (水)

自宅の植物たち - その3 -

うわ~、書いた記事が 久しぶりに ぶっ飛んでしまった~ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
 
 
書いた記事 保存はマメに 夏至の夜   花mame
 
 
何だか わけのわからない お歌で ・・・
 
記事が消えた動揺が 表れている感じですわね ( ´艸`)プププ
 
 
 
昨日は その夏至。
 
一昨日は、ストロベリームーンとかで 赤い月が出ていたのだとか。
 
当地は 梅雨時なのに、あまり雨が降らず
 
昨日も 今日も、晴れ間まで見える空模様でした。
 
夜になって 月に気が付いた時には、結構 高い位置に上っていて
 
赤と言うより オレンジ色と なっていました。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_1119
 
本題へ参りましょう。
 
 
あれ?アマリリスは 前に見たぞ? と思いましたでしょ。
 
ユリ咲きアマリリスさまの 2番花を撮った時に
 
陽が当たって、実物の色に近く写ったので アップしときましょ、
 
と 思いましてね。
こちらも、昨日の月と同じ オレンジ色です。
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "自宅の植物たち - その3 -"

| | コメント (4)

2016年6月11日 (土)

土higeさんのブロッコリー

昨日、今日と、梅雨の晴れ間。

いかにも初夏の日、と言うような すっきりとした2日間でした。

 

今の時間は、西の空に 三日月が浮かんでいます。

明日からは また梅雨空に逆戻りなのかな。

お日さまとも お月さまとも しばしの別れ、でしょうかね。

 

お月さま、

次に会う時は どんなお姿になっているのでしょ moon3moon2 moon1 fullmoon

 

 

さて、5月の この記事 で ご紹介した、

土higeさんのブロッコリー ですが。

 

 

 

 

 

Dsc_1184

5月の下旬に、ささやかに 花芽が付きましてね ( ´艸`)プププ

花mameの親指くらいの大きさですから

ホントに 細々とした可愛らしいものなのです。

 

あまりに可愛らしいので、

このまま放置して 花を咲かせるべきか、

それとも、初の収穫物として 食べてしまうべきなのか、

ちぃとだけ 悩んでから

包丁を持ってベランダに出ました ψ(`∇´)ψ

 

 

 

 

 

 

Dsc_1234

収穫です♪

クリップの大きさと比べると、その小ささが わかるでしょう (o^-^o)

 

 

当たり前だけれど、

この花芽は ブロッコリーの 「 木 」 の 天頂に付いていたものなので

これを取ったら 脇芽が出るだろう と思っていて

あわよくば、また小さいながらも 花芽が付くのでは? と

密かに、いえ、おおっぴらに 期待しているのです。

もし、いくつか付くようならば 花を咲かせてみても いいかな、とも ね。

 

それにしても、ブロッコリースプラウトから ねえ ・・・ 。

何でも やってみると言うことは、

後々の楽しみを生みますわね (◎´∀`)ノ

| | コメント (6)

2016年5月12日 (木)

自宅の植物たち - その1 -

当地は、数日ぶりに快晴で 気持ちの良い日でした。

溜めてあった洗濯物も 片付きましたよ t-shirtdenim

 

ついでに 少し、ベランダや室内の植物の お世話をしました。

 

 

 

 

 

Dsc_1003

さてな。

花mame留守中の土higeさんは、色んなことを楽しんでいる模様。

今回の目玉は、画像の代物。

 

ブロッコリーです ( ´艸`)プププ

 

スーパーで売っている、ブロッコリースプラウトを 植えてみたんですって bud

それが今や こんな状態。

はて、収穫は出来るかしら?

今後の成長に注目です。

 

 

 

 

 

Dsc_1046

らっり〜らっり〜らっり〜ら〜♪

 

恒例のアマリリスさま、今年も無事 開花ですshine

こちらは、一重のユリ咲きアマリリス。

実物は、もっと オレンジ色です。

この時すでに、2番目の花芽が 伸びて来ていまして

今は、茎が 40センチ超まで伸びて、先が少し 割れて来ました。

まもなく ツボミ登場です。

 

 

 

 

 

Dsc_1047

こちらも、いつもの八重咲きアマリリス。

今回も ゴージャスにゃん shineshineshine

 

 

 

 

 

Dsc_1070

全部 並べてみた (◎´∀`)ノ

らっり〜らっり〜らっり〜ら〜 note

ほら、アマリリスの調べが 聞こえて来たでしょう notes

 

今回の花たちの スゴいところは、

昨年の初夏から、つい最近まで

ずっと 外で過ごしていたところです。

ビルの足場が崩れる程の 強風が吹いた日に

花にキケンが及びそうなので、室内に取り込んだ 次第。

 

ほぼ 放置プレイでも、ここまで咲いてくれるのですから

我が家のアマリリスさまたちは、かなり ワイルドなのかもしれません。

 

 

 

 

 

Dsc_1083

前にも、紹介した 小さな南天の木。

 

確か、頂いた時には 「 花の咲かない南天 」 と 聞いたのだけど

この度、初めて 花が咲くみたい。

実家の南天の幹を 半分に切って持って来たので

実家のとは 双子みたいなものなのだけど

あちらは、我が家のより 木が大きく、

葉も サヤサヤと たくさん繁っているのだけど

花が咲いたことは ないのです。

 

と言うことは、 「 花が咲かない 」 と言うのは

環境、気候的要因、と言うことなのかもしれませんね。

 

 

 

で、次は こちらなのですが。

 

 

 

 

 

続きを読む "自宅の植物たち - その1 -"

| | コメント (8)

2015年10月 9日 (金)

お江戸も秋ですねえ

12日間の ご無沙汰でした。

皆様、お変わりありませんでしょうか。

花mame、先日帰京致しました。

前にいた時の東京は 夏の名残を残す季節でしたが

今は すっかり秋ですね。

 

帰って間もなく と言うのは 気が抜けるのか、

何だか ボーッとする日々。

あ、イナカにいた時も そうでしたっけね ・・・ (;´▽`A``

 

相変わらず、家事の傍ら 読書なんぞして過ごしていました。

秋ですからね、読書の book

 

 

そんなことをしていたら、

今年中に 上げたい記事が上がらず仕舞いか、と 重い腰を上げました。

 

重い腰も 上げてしまえば 軽くなるもんです。

ひょっとしたら この後、怒濤の更新なるか?!

期待せずに お待ち下さいませ (*´ェ`*)

 

 

 

さて、ウォーミングアップ的更新の今日は

我が家の植物について。

 

 

 

夏の頃から、ベランダの ひとつの鉢に

正体不明の若い芽が ワラワラと 生えて来ていましてね budbudbud

 

きっと 土higeさんが バラまいた

チアシードが発芽したのだ と思っていたら ・・・

 

 

 

 

Rimg0704

なんと!

トサカケイトウでは ありませぬか!!

 

これを見て、 「 あぁ ・・・ 」 と 思い出したのです。

今年の 6月のレッスン で 使ったケイトウに 種が出来たので

それを この鉢にバラまいたのだった、と 言うことを。

犯人は 土higeさんではなく 花mameだったのです (´-д-`)

 

さすがに 花材ほど美しく くねったトサカを持ってはいないですが

花の様子が よくわかる花となりました。

そして、色も ダークピンクとグリーンだったものが

黄色と 可愛らしいピンクの 2種類。

 

 

 

 

 

Rimg0687

レッスンで使ったケイトウは 「 ダークミックス 」 と言う品種でした。

新しい品種を作るには、親が あるわけだし

しばしば 品種が定着せずに 先祖帰りすることもあります。

 

我が家のケイトウたちも 親となった花材には 似ていないことから

その花材を作ったであろう 親以前の特徴が 出たものかもしれません。

 

 

さて、上のピンクのケイトウですが

ピンクの部分の下にある 白っぽい粒々が 本当の花らしい。

 

 

 

 

 

Rimg0686

これで見ると おわかりでしょうかね。

右端のケイトウの とんがりの下の方に シベが見えますでしょ。

この部分に黒い種が出来て、次の年のケイトウの花と なって行くわけです。

 

 

 

 

 

Img_0109

もうちと 大きく撮った画像を。

中心 左寄りの部分に 星形に咲いた花が見えましょうか?

これが花で、下にある 丸いツブツブが 種の元となるのでしょう。

 

 

 

 

 

Img_0112

こちらの花は 完全には開かないのかな。

シベの様子が よく見えますね。


 

 

 

 

 

Rimg0682

一番上の画像の 黄色いケイトウは 草丈が80センチ、

                            花丈が5センチ程。

ピンクのは 草丈 25センチ、花丈 3センチ程

白っぽいのは それぞれ、15センチ、1、5センチ程です。

同じ鉢の中にいながら 大きさが違うとは ・・・ 。

それぞれ 根を生やした場所で

日の当り方や 栄養の届き具合など 環境が違うのでしょうね。

 

                    ・・・ これは人間とて 同じことだなぁ。

 

 

 

 

さて、変化のあった植物は 他にもありまして。

 

 

 

 

 

続きを読む "お江戸も秋ですねえ"

| | コメント (6)

2015年8月20日 (木)

いきもの、ばんざい 

夏の甲子園が 終わりましたね。

頂点に立ったのは、東海大相模。

でも、仙台育英も 素晴らしかった。

見応えのあるゲームを観せてくれて 心から感謝します baseball

 

ここ数日の当地は

30度に届くか、届かないかくらいの 涼しい日が続いています。

暑いのは 嫌だけれど、涼しくなると ちと寂しい気がして来るのですから

人間って ホント、わがまま。

 

涼しくなると 出かけるのも億劫ではなくなりますね。

先日、恵比寿で 落語の会があったもので 出かけて参りました。

東京に住んで長くなりましたが、落語を聞きに行くのは 初めて。

初めてのことって 常に ワクワクですね。

 

話芸、と言いますが、表情や身体全体で演じるのは 役者も同じ。

そして、絶妙な 「 間 」 が 笑いを誘います。

ちょっとクセになりそうですよ (o^-^o)

 

 

 

 

さて、今日は動物、植物含めて、 「 いきもの 」 のことを まとめて。

 

 

 

 

 

20150602_200626

6月に帰省した折、恩師の お宅へ伺うと、

奥から 小さな家族が お出迎えしてくれました。

3月3日生まれの女の子で、名前は 「 もも 」 ちゃん。

「 お土産ちょうだい♪ 」 とでも言うようなポーズが

たまらなく かわゆし、でした catheart04

 

 

 

 

 

こちらも 6月のこと。

 

 

 

 

 

Rimg0220

ベランダに こんな方が。

こんな ひっくり返ったスタイルでも、

これが何かは すぐにわかったんですが、土higeさんを 呼びました。

 

 

 

 

 

Img_0128

小さなシャベルで 箱の上に乗せると

何とも言えない 美しさ shine

 

これは タマムシ。

実物を見たのは 初めてでした。

メタリックな輝き、これが 生き物とは ・・・ 。

しばらくいたようですが、気が付いたら 消えていました。

無事、生きのびていてくれたら いいけれど。

 

 

 

 

 

続きを読む "いきもの、ばんざい "

| | コメント (8)

2015年5月30日 (土)

季節のおさらい - チューリップのその後 - と・・・

今日は朝から ご近所で火事が ありましてね ・・・ ( ´・ω・`)

 

物置へ用があって 外に出ると 濃い灰色の煙が モクモクと ・・・ Σ( ̄ロ ̄lll)

詳しいことは よくは わからないのですが、

近くにいた人の話によると、ガス爆発なのだとか。

何人か 搬送された方もいた様子、どうか 無事でありますように。

火の元には 十分 気を付けたいものです。

 

 

 

 

前記事では、最低気温が 真冬並み、なんて 話をしましたが

その舌の根も乾かぬうちに、

最低ですら 心地よい初夏の陽気になって来ています。

最高は 変わらず夏日ですが、気温差は 少し縮まったかな。

 

明日は 雨とのことなので、今日は少し 外仕事に勤しみました。

 

前に紹介した 我が家のベランダの八重チューリップ。

その本家本元の花が 今、真っ盛りです。

我が家のより 背が高くて チューリップらしいの (;´▽`A``

携帯で撮っていないので 画像は無しです。

 

 

 

 

 

Img_0141

その代り、我が家の八重チューリップの その後を tulip

 

鉢にあったものを切って 飾ってみました。

左側に チラッと見える白い花は フリージア。

折れてしまったのを 一緒に挿したのでした。

 

 

 

 

 

Img_0156

しばらく挿しておいたら 枯れて来た。

 

 

 

 

 

Img_016702

もっと置いたら こんなに 枯れ枯れ状態に。

 

さすがに ここまで来ると 花弁も垂れて来てしまったけれど

枯れ花も 決して 嫌いではないのです。

 

 

 

 

 

Img_0124

こちらは、室内に飾ってあった フリージアの枯れ花。

色とりどりで これもまた キレイなものです。

 

 

花などと 呼ばれずしても かさかさと

                 枯れゆくのかな 人もまた

 

 

何だか そんなふうに思うような出来事が

最近 ちょこっと ありましてね ・・・ 。

いえ、そんな 深刻なことでは ありませぬけどね (o^-^o)

 

 

 

 

 

さて、こちらは。

 

 

 

 

 

続きを読む "季節のおさらい - チューリップのその後 - と・・・"

| | コメント (6)

より以前の記事一覧