花 - アレンジ

2017年9月27日 (水)

9月のレッスン

あらま、2週間以上の ご無沙汰でした。

その間、お花のレッスンが あったり、友人と会ったり、

来月初めの来客に向けて 家の中の掃除をしたり、と フル回転。

 

一昨日と昨日は 爽やかに晴れたこともあって、

カーテンの洗濯、ガラス磨き、床掃除に ワックスがけ。

ちと 働きすぎて、今日は 全身筋肉痛です (=´Д`=)ゞ

 

 

さて、今日は お花のレッスン報告。

 

季節は秋。

秋らしい深い色合いのアレンジにするか、

同じく 秋らしいモーヴ系の色合いのアレンジにするか、

それとも、「 和 」 のイメージのアレンジで行くか、

友人と相談して 一応のイメージを持ってから

市場で 花材を見て、最終的に決めることとしました。

 

 

で、出来たのが コチラ。

タイトルは、「 オータムアレンジ ~ シック ~ 」 です。

 

 

 

Rimg0974

一部モーヴ系ではあるけれど、完全な それではなく、

深い色合いも ヒマワリと ヒペリカムの紅葉くらい。

でも、全体には

そこはかとなく 秋を感じられるのではないか と思います。



 

 

 

Rimg0961

ちょいと上からの アングル。

 

 

 

 

 

Rimg0962

後ろは こんな感じです。

 

 

 

 

 

続きを読む "9月のレッスン"

| | コメント (8)

2017年8月19日 (土)

さらに 花よ

今日は 久々に晴れ間が見えて、

あぁ、やっぱり お日様はいいなぁ、と思っていたら

夕方から、とんでもない音量で 雷が鳴り始め、そのうち 大雨に。

少し前まで、東京に大雨警報が出るくらいの雨と  なっていました rain

まだ時々、雲の上が明るくなるので、どこかで 雷が鳴っているのでしょう thunder

 

こんなに降ると、川や山には キケンが いっぱい。

気を付けたいものです。

 

 

 

 

 

「 蝶よ 」、「 花よ 」 に 続いて、

もうひとつ、「 さらに 花よ 」 と 行きたいと思います ( ´艸`)プププ

 

まずは、5月 ~ 7月の レッスン報告。

 
 
 
 
 
 

Rimg0121_2

5月。

「 アンティーク花器を使った シャクヤクアレンジ 」。

こちらは、花mame 作。

 

シャクヤクの綺麗な季節だったので、メインに使用。

濃いピンクのバラは 「 ドラマティックレイン 」 と言う 剣弁咲きのもの。

ワイン色のカラー、SPション、何種類かのグリーンで アレンジしました。

 

 

 

 

 

Rimg0122_2

こちらは、友人作。

キュッと締まった感じで ステキなアレンジです。 

 

** 8月24日追記 **

 

< 花材 >

・ シャクヤク ( マキシマ )

・ バラ ( ドラマティックレイン )

・ カラー ( キャプテンプロミス )

・ SPション ( カズキ )

・ アリアム ( シュベルティー )

・ ライスフラワー

・ その他切り花 ( アネモネの花後のような? )

・ ユーカリ ( ボール )

・ ローズゼラニウム

・ スペアミント

・ リキュウソウ

 

< 資材 >

・ アンティーク花器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0555

6月。

「 雨のしずく 」。

ちょうど 梅雨時でしたしね rain

 

スクエアの花器に リースを作るように 挿して行きました。

 

 

 

 

 

Rimg0553

上から見ると こんな感じ。

花材の行きたい方向を優先して 作って行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0543

緑色のサンキライ。

これで、まず ベース作り。

 

 

 

 

 

Rimg0546

カラーを サンキライに挿し込んで、好みの位置に 花を持って行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0548

このカラー、茎に斑が入っていて ちょっと変わっています。

 

 

 

 

 

Rimg0551

白の SPバラ。

花弁の多さが エレガントな感じ。

購入した時は 小さめと思ったのだけれど、

教室に戻って 水切したら、見る見る間に 咲いて大きくなりました。

 

 

 

 

 

Rimg0545

ルリタマアザミ。

色、質感は、これに代わるものが ありません。

 

えーと、花材の正しい名前は、別のPCに入っているので

後日、調べて入れておきましょう。

 

 

 

 

 

Rimg0547

タイトルにある 「 雨のしずく 」 は、ビーズガーランドで 表しました。

 

< 花材 > ※ 詳しい品種名などは 記載がありませんでした。

・ サンキライ

・ カラー ( 黄 )

・ SPバラ ( 白 )

・ ルリタマアザミ ( ベッチーズブルー )

 

< 資材 >

・ 花器 ( スクエア )

・ ビーズガーランド

 

 

 

 

 

Rimg0001

7月。

「 夏の壁飾り 」 。

 

真夏は、生花の持たない時季なので、

ほぼ毎年 ドライアレンジにしています。

 

今年は、画像のような材料で 作りました。

 

 

 

 

 

Rimg0004

白く大きなソーラーローズを メインに

様々な材料を、グルーガンで つけて行きます。

これは、参加出来なかった生徒さん用に作ったもの。

 

ベースは、この茶色いのと、白が あったのですが

友人作の白ベースの方は 撮り忘れて来てしまいました。

 

 

 

 

 

Dsc_2805

こちら、花mame用。

ベースを縦にして アレンジしてみました。

 

 

 

 

 

Rimg0002

色のトーンが 合っていれば、

どんな材料を使っても 落ち着いた雰囲気になります。

 

 

 

 

 

Rimg0003

リボンも トーンを合わせて ココア色に。

縁のキラキラが 綺麗でした shine

 

< 資材 >

・ ワイヤーバイン ( ベース / 60センチ )

・ ソーラーローズ ( LLサイズ )

・ ソーラーミニダリア ( ナチュラル )

・ ソーラージニア

・ ソフトミニカスミソウ ( 白ラメ )

・ 松かさ ( 大 パールホワイト )

・ シーブッシュ

・ リーフローズ

・ リーフマム ( Lサイズ )

・ ミニラタボール

・ リボン ( グリッターWサテン 12mm / サンドベージュ )

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "さらに 花よ"

| | コメント (10)

2017年3月15日 (水)

春の花

本日、関東では 雪の予報が出ていましたが、

概ね 降らなかった様子、安心しました。

 

当地は 変わらず晴れの日が続いておりますよ sun

夜空も スッキリとしていまして、星月夜も 続いています。

 

昨夜は 十七夜、

月の出のあたりは、いつもより グッと赤い色をしていました。

そして、少し卵型になった月が 南中に来た頃、

木星と、おとめ座のスピカと、一直線になった月を 見ることが出来ました。

 

これからの季節は、木星の観望好機だそう。

夜10時頃には、南東の低めの場所、

夜中の1時半頃には、南中の位置にあるとのこと、

今は、マイナス2,4等級なので、

結構な明るさがあり 見つけやすいと思います。

 

こちらのサイト に よると、

次回、月と木星、スピカが並ぶのは、4月10日 ~ 11日だそうですよ。

 

 

 

 

 

Rimg0024

こちらは、十四夜の お月さま。

花mameにしては 珍しく、模様が見えるくらいに撮れたので

載せておくことに しましょう。

 

 

 

 

何だか、本題とは 全然 違うことに、力を入れて書いてしまった (*´ェ`*)

 

 

さて。

 

 

 

 

Rimg0009_2

今年の桃の節句に、定番の お花を買ってみました。

 

 

 

 

Rimg0008_2

桃の花は 市場では、5本1組で しっかり結わえてあるので

それを外す時に、小さなツボミが取れてしまうことも

まま あるのだけれど、

今回のは、物が良かったのか、外し方が上手だったのか、

きっと その両方だったのだろうけれど

たくさんの桃の花が 咲いてくれて、

お節句に 文字通りの 「 花 」 を 添えてくれました。

 

 

 

 

 

Rimg0005

品種名は わかりませんが、八重の花です。

 

 

 

 

 

 

Rimg0006_1

シベも たっぷりと。

 

 

 

 

 

 

Rimg0026

切り花 ( 木? ) で、こんなに豊かに咲いてくれると

幸せな気分になります。

 

 

 

 

 

Rimg0027

この色や お花の形は、

梅でも 桜でもなく、桃の花。

「 桃色 」 とは まさしく この色のことね (o^-^o)

 

 

 

 

 

 

Rimg0013

満開、とは 言わないまでも

たわわに咲いた枝に触れると、花びらが はらはら ・・・ と。

花の命は 短くて。

 

 

 

 

 

続きを読む "春の花"

| | コメント (2)

2017年1月 1日 (日)

頌春 ~ 2017 ~

Dsc_2477

皆さま、

あけまして おめでとうございます。

 

佳いお年を お迎えのことと存じます。

昨年は、なかなか更新出来ないにも関わらず、

たくさんの方に ご訪問頂き、さらに たくさんのコメントも頂き、

大変 ありがとうございました heart

 

今年は、無理のない程度に 出来る限り、

更新に 努めてまいりたいと思っておりますので

どうぞ よろしく お願い致します。

 

 

 

昨年末も 北海道との行ったり来たりで

画像を カード仕立てにすることも出来ませんでした。

 

そのアレンジは、12月のレッスンで作ったものです。

大きさは 50センチ超の 結構大きなもので

我が家のドアに掛けると、ドアの覗き穴?を 隠してしまうので

横にして かけましたが、それでも良かったです。

 

 

 

 

 

Dsc_2475

レッスンでの 本来の形は、細長い花器の上に固定して

テーブルなどに置いて飾る お正月アレンジでした。

 

我が家では 今年、玄関の お正月飾りを

作る暇も 手に入れる暇も なかったので、

これを ドア飾りにしたと言うわけです。

 

材料の お花は ほぼアーティフィシャルフラワー。

華やかで お正月らしいものを選びましたよ。

| | コメント (8)

2016年9月10日 (土)

夏のアレンジ

この記事がアップされる頃には

花mameは、東京駅にいる頃でしょう。

今回は、予約更新に してみます。

と言うのも、タイトルに 「 夏 」 と付けたので、

早い方がいいかなぁ と思いまして♪

 
 

サクサクッと、書いて行きましょう。

 
 
 
 
 

Dsc_0457

いつも、アーティフィシャルフラワーのアレンジを送ってくれる

友人からの、夏のアレンジ。

ヒマワリとか、ピンクッションとか、大きな葉が 夏らしいです。

 

 

 

 

 

Dsc_1568

こちらは、6月に お客様を お招きした際に

お土産に頂いた 生花のアレンジ。

ビタミンカラーの お花に、白とグリーンの お花が

爽やかに 暑い夏のよう。

バラは 良い香りがしましたよ。

 

 

 

 

 

続きを読む "夏のアレンジ"

| | コメント (4)

2016年9月 1日 (木)

箱入り娘

台風10号の爪痕が、昨日朝になって明らかになり
 
特に、岩手と北海道の被害が とても大きくて
 
亡くなった方も 多数 いらっしゃった様子、
 
何とも やりきれない気持ちです。
 
 
 
昨日の当地は、晴れて 暑い一日には なりましたが
 
台風の余波なのか、朝からの強い風が
 
夜中になっても吹き続けていました。
 
 
 
早くも 今日から9月。
 
台風の季節とも言えますが、
 
もう 大きなものは 来ないでほしいと強く思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1333

6月だったかしら、

土higeさんが、屋形船に お誘いを受けて 出かけた時の頂き物です。

実は、花mameも誘われていたのだけれど、行けなかったので

主催者側で お土産として ご用意頂いたようでした。

 

この黒い箱の中身は ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_1334

綺麗な娘さんたち shine

 

 

 

 

 

 

Dsc_1341

大小、様々な色を 取り合わせての お花たち。

バラ、カーネーション、トルコキキョウが びっしりと。

ところどころに グリーン ( ポリシャスかな ) が アクセントとして入っています。

 

バラが たくさんなので、開けると フワッと いい香りがしました。

 

 

 

 

 

Dsc_1335

こちらは、プリザーブドのバラ。

わざわざ、この色を探してくれたのだそうで。

箱入りのお花たちが ピンクなので、良い組み合わせと思いました。

 

 

 

 

 

続きを読む "箱入り娘"

| | コメント (6)

2016年8月29日 (月)

7月のレッスンと リースのその後

いやはや ・・・。
 
 
長の ご無沙汰でございました。
 
今、ブログを見て ギョッとしたですよ。
 
なんと!
 
7月は 1本も上げていない Σ( ̄ロ ̄lll)
 
久しぶりのブランクでしたが
 
花mame、とりあえず元気でおります。
 
 
その間に 台風が いくつか北海道の方へ行ったもので
 
ご心配頂いた方も いらっしゃいました。
 
花mameのイナカは 無事だったようですが
 
被害の大きかった地域もあって、
 
収穫の秋を目の前にした台風には 涙が出ます。
 
 
今度の10号も、
 
どうか 進路に当たる地域に 被害をもたらしませんよう!
 
 
 
 
さて、たまりにたまったネタを 超特急 ( って 最近聞かないね ) で
 
処理していかなくては ・・・ 。
 
また膨大に ネタがやってくる予感がするのです。
 
まずは、お花のレッスン報告から。
 
 
 
 
 
 

Dsc_1652

7月のレッスンタイトルは 「 花籠アレンジ 」 。

と、友人は言ったけれど、

花mame的には 「 グリーンアレンジ 」 です。

 

夏は お花が持たないと言うことで グリーン多めのものと しました。

 

< 花材 >

 ・ アジサイ ( 青 or ピンク )

 ・ ジンジャー ( 白 )

 ・ クレマチス ( クリスパ )

 ・ ベビーハンズ

 ・ アワ

 ・ グリークバジル

 ・ ヘデラ ( スタン ・ カーマイン )

 ・ ハンゲショウ

 ・ ブラックベリー

 ・ 多肉植物

 

< 資材 >

 ・ 吸水性スポンジ

 ・ バスケット

 ・ セロファン

 ・ ラッピングペーパー

 

 

多肉植物は 何だか可愛らしかったので

生徒さんへのプレゼント、と言う意味合いも込めて

加えてみました。

 

 

 

 

 

Dsc_1664

上の ピンクアジサイのアレンジは 友人、

青いアジサイのアレンジは 花mameのです。

 

実物は そうでもなかったのだけれど

写真に撮ると、うっそうとした感じで

あまり良くは 見えないなぁ ・・・ (´-д-`)

 

 

 

 

 

Dsc_1704

大方の 花やグリーンが ダメになっても

ベビーハンズやヘデラは 元気いっぱいだったので

アレンジの中に 多肉植物の鉢を 入れ込んで

アレンジし直してみました。

これも 写りは よくないのだけれど、

上から見ると、巣ごもり多肉ちゃんたちが

何だか 可愛らしかったです。

 

 

 

さてさて、前回のリースのこと。

うまく枯れたら ご紹介、と 伝えてありましたが

うまくか どうかは わかりませんが、

見苦しくは ないようなので、ご紹介しておきます。

 

 

 

 

 

続きを読む "7月のレッスンと リースのその後"

| | コメント (6)

2016年6月17日 (金)

リースの制作過程

今日は、朝から快晴の当地、気温も グングン上がり up
 
結果、30度超えと なりました。
 
日射しも 結構 強めだったので、さすがに暑かったです sweat01
 
洗濯物を片すのには 最高の一日。
 
明日も 引き続き、梅雨の晴れ間となるようですから
 
有効に使って行きたいものです sun
 
 
 
さて、レッスンで作った、昨日のリースは
 
友人が気に入って お持ち帰りしましたので、
 
自宅で、もうひとつ 作ってみました。
 
今日は その過程を載せてみましょう。
 
アレンジの制作過程のアップは、
 
いつぞやの ハロウィンアレンジ以来 2度目かな (゚▽゚*)
 
 
 
 
 

Dsc_1416

こんな リング型の吸水性スポンジを 使います。

 

全ての吸水性スポンジに 言えることですが

水に浸ける時は、水の上に そっと置いて、自然に沈むのを待ちます。

 

リング型の場合は、下にプラスチックの台が付いているので

その台の中に そろそろと 水を入れて行き、

後は 沈むに任せます。

無理に 水の中に抑え込むと、スポンジの中に空気が残って、

そこには もう水が染み込むことがないので

気を付けて行きたいところです。

 

水から上げたら 把手の部分を 上にして置いて、

スポンジの角の部分の 面取りをします。

花材を 満遍なく挿すために 大切なことです。

 

 

 

 

 

Dsc_1417

ブルーファンタジー ( 以下 ブルファン ) を

10センチ程度のサイズに カットします。

必ず、右端のような 小さいサイズのものが出来るので

これは 大事に取っておきます。

 

 

 

 

 

Dsc_1418

12時、3時、6時、9時の部分に

ガイドとして 1本ずつ ブルファンを挿します。

時計回りに 流れを作って行きたいので、

左側から 茎をスポンジに挿します。

 

その間、間、と 埋めて行くと バランス良く挿して行けますが

手慣れた人は、

リングの内側から挿しても、

1か所をスタート地点として 一方向に挿して行っても 構いません。

 

出来るだけ 円を崩さないように、

内側の穴を 埋めてしまわないように

スポンジが見えないように リングの内側も外側も 挿して行きます。

 

 

 

 

 

Dsc_1419

今回は、スポンジと 挿した場所との違いが わかりやすいように

一か所から 一方向に 挿してみました。

 

 

 

 

 

Dsc_1420

ブルファンを 1本全て 挿したところです。

少しだけ足りません。

教室の見本も そうでしたし、

生徒さんも 1本半くらい、と おっしゃっていましたので

これが 今回の花材の適量なのでしょう。

 

 

 

 

 

Dsc_1421

リングの外側も内側も スポンジやプラスチックの台が

出来るだけ見えなくなるように

流れは意識しつつ、下から 挿し上げるようにします。

 

 

 

 

 

Dsc_1422

こんなふうに 隠れて行きます。

 

 

 

 

 

Dsc_1424

少し スポンジが 透けて見えていますね。

 

 

 

 

 

Dsc_1425

その時、小さいパーツが 役に立ちます。

小さい分、大きなパーツの時より 奥に挿し込めるので

スポンジが見えにくくなります。

 

 

 

 

 

Dsc_1426

だいたい挿せました。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "リースの制作過程"

| | コメント (8)

2016年6月16日 (木)

ブルーファンタジーのリース

今日も、降る~降る~ と 聞いていましたが
我が家の周りで降ったのは、
神宮球場でのゲームが 2度目の中断をした時でした rain
我が愛するファイターズは 横浜で試合予定でしたが
早々に 中止が決まったので、
あちらでは、早くから 降っていたのでしょうね。
 
明日は 晴れ間も見える予報、
たまった洗濯物を 片すことにしましょう。
 
昨日は どんよりした曇り空でしたが
降るまでには 至らず。
レッスン日だったので 良かったです。
 
今月は タイトルにあるように、
「 ブルーファンタジー 」 と言う 花材を使っての リースです。
 
 
 
 
 

Dsc_1409

今回は、この花材で ベースを作るため、

久しぶりに 仲卸のお店に発注をかけて 取り寄せてもらいました。

サイズとか、ボリュームは 予想出来ないので

多めに頼んだら、何と! 2Lの立派なものが届きまして。

その丈、90センチ、ボリュームも 結構なもので

残りを持って帰ってきました。

画像を見て頂くと、その量が わかるでしょう (*´ェ`*)

 

 

 

 

 

Dsc_1404

これが 仕上がったリースです。

今回のレッスンは 、「 アレンジ 」 と言うより 「 作業 」 。

いつも 楽しくおしゃべりをしながら作って行く 生徒さんたちが

無言で 真剣に 取り組んでいました。

教室の中には BGMと ハサミの音だけが 響いていました hairsalon notes

 

 

< 花材 >

 ・ ブルーファンタジー ( スターチスHB / エバーライト )

 ・ マメグンバイナズナ

 ・ 宿根スイトピー ( ブルーフレグランス )

 

< 資材 >

 ・リング型吸水性スポンジ φ 20センチ

 

 

 
 
 

続きを読む "ブルーファンタジーのリース"

| | コメント (7)

2016年6月10日 (金)

花束の その後

関東も、とうとう 梅雨に入りましたね。

一昨日は 晴れたので、洗濯機を フルに回して お洗濯やら

あちこちの お掃除やら。

昨日は、雨が降る降る と言われながらも、曇りの時間が長かったので

網戸の掃除と ガラス拭きを 致しました。

 

自分の都合ではなく、お空の都合 優先なので、

体調云々は 二の次、

夜は 泥のように眠ってしまいます。

 

梅雨時は 体調管理も難しいので、気を付けていきませんと、ね。

 

 

 

さて、先日の花束の その後のことです。

それぞれの花束ごとに 花器に入れて 楽しんでいましたが

やはり 生もの、しおれたり 散ったり 枯れたりと

だんだんに 花数も少なくなっていきます。

 

 

 
 

Dsc_1174_4

薄いピンクから紫のグラデーションの花束は

トルコキキョウ、テマリソウ、ドラセナだけに。

 

 

 

 

Dsc_1176

ビタミンカラーの花束は

トルコキキョウ、スプレーカーネーション、ドラセナだけに。

 

 

 

 

 

Dsc_1175

ブーケ風のものは、

レモンリーフ、リョウブだけになったので

トライアッドの 花束に入っていたカーネーションを

一緒に挿しました。

 

ちなみに 上3つの花器は 手作りです。

 

 

 

 

 

Dsc_1181

蝶の花器に入った、花の茎を切っていたら 短くなって来たので

少し 背の低いものに入れ替えました。

この花器の中には ガラスのコップが 落としとして入っています。

 

 

 

 

 

Dsc_1221

赤いカーネーションが ダメになったので

白いトルコキキョウに替えました。

 

 

 

 

 

Dsc_1180

トライアッドの赤いバラと スノーボールが 水落ちしていたので

短く切って 小さなガラスのベースに 活け替えました。

白いトルコキキョウも 1本 足してみましたよ。

 

 

 

 

 

Dsc_1206

シックな色合いの花束も、ここまで 減ってしまいました。

一番最後まで 数の残ったものでしたが

 

 

 

 

 

Dsc_1220

よぉく 見ると、トルコキキョウの花弁の端は 茶色く傷んでいるし、

アルストロメリアは、ツボミが 水の中で咲いたものなので

小さかったり、花弁が 全て大きく なり切れなくて、

形が それらしくないのです。

 

はて、花と言うものは どこまで楽しめば いいものやら。

 

見た目の美しい状態で 終わらせるなら、

花弁の端に 枯れが出たり、花としての 形が崩れたりした段階で

サヨナラしてしまうものなのでしょう。

 

最後まで 花としての命を全うさせるのなら、

枯れようが 花弁が落ちようが 形が崩れようが

花としての形が 残っている限り

茎の裾を切り、水を換えて お世話を していくものなのでしょう。

 

花mame、後者を選びました。

前の記事にも書いたように、贈ってくださった方達の

気持ちが こもっているからです。

 

 

 

 

 

Dsc_1222

でも、これはこれで キレイではないでしょうかね。

 

老いて ( ? ) も、なお美しく。

あぁ、いつも植物には 教えられることが多いものです。

 

 

 

 

 

Dsc_1191

とうとう 散ってしまった アルストロメリア。

 

でもね。

贈ってくださった方の心が 残っているでしょう。

花びらが ハート形ですもの heart

 

 

 

 

 

続きを読む "花束の その後"

| | コメント (4)

より以前の記事一覧