« 2017年 5月 越後湯沢への旅 - 新幹線 ~ 湯沢高原 - | トップページ | メリー ☆ クリスマス »

2017年12月20日 (水)

2017年5月 越後湯沢への旅 - お宿 -

ご無沙汰でした。

年末の忙しい中、風邪を引きまして。

いえ、喉の痛み → 咳、と言うコースで

症状自体は 大したものでは なかったんですが

何せ、咳で 夜眠れないと言うのは、体力を奪うものです。

お陰様で、良くなりました。

年末の お忙しい時、皆様も お気を付けくださいませ。

 

 

 

さて、延び延びになっていた、「 越後湯沢の旅 」 を再開します。

今回は、「 お宿編 」。

 

 

 

 

Rimg0150

泊まったのは、「高半」 と言う 歴史ある お宿。

 

 

 

 

 

Rimg0146

1階で チェックインした後、エスカレーターで 2階に上がると

本を楽しめるスペースがあります。

 

 

 

 

 

Rimg0147

温泉には 必須のようでいて、最近 あまり見かけない卓球台も完備。


 

 

 

 

 

Rimg0095

お部屋に行く途中に 浴衣の用意があり

ここで サイズを選んで持って行きます。

いつも 予約の際に、

「 男性用浴衣は 『 大 』 もしくは 『 L 』 サイズを 」

と、お願いするのですが

こんなシステムだと その必要は無しです。

 



 

 

 

 

 

Rimg0094

広く長い廊下。

突き当たった所が 今夜の お部屋です。

 

 

 

 

 

Rimg0078_2

純和風の お部屋です。

 

 

 

 

 

Rimg0084

12畳くらいだったかな、プラス 広縁です。

 

 

 

 

Rimg0086

タオルや 浴衣の帯など。

 

 

 

 

 

Rimg0087

選んだ浴衣。

 

 

 

 

 

Rimg0089

広縁の窓からは、新幹線を見ることが出来ます。

ちょうど花mame LOVE の 「 Max 」 が通って行きましたが

景色を楽しんでいる間に

色んな新幹線が 結構 頻繁に通って行きました。

 

 

 

 

 

Rimg0091

こちらは、「 現美新幹線 」。

 

この お部屋は、お子たちに とても人気があるのだそうですが

大人も 十分に楽しめます。

てか、どうして 我が家が鉄道好きだと わかったのだろう・・・bullettrain

 

 

 

 

 

Rimg0106

翌朝。

景色を楽しみながら 朝温泉に浸かる クマさん spa

 

 

 

 

 

Rimg0108

お、また 通って行ったよ。

 

 

さてさて。

ここの お宿の売りは、新幹線の見える お部屋では ありませぬ。

かの 川端康成先生が、このお宿に 3年逗留されて

「 雪国 」 を執筆されたのだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0114

雪国関係の資料であるとか、

 

 

 

 

 

Rimg0129

この暖簾の奥には、

 

 

 

 

 

Rimg0118

逗留執筆された 「 かすみの間 」 と言う お部屋が保存されていて

見る事が出来ます。

奥にある衣装は、小高キクさん ( 芸妓名 松栄 ) 寄贈の 角巻と着物。

松栄 ( まつえ ) さんは、「 雪国 」 の駒子のモデルなのだそう。

 

 

 

 

 

 

Rimg0123

天井板や電灯などにも、時代を感じます。

もちろん、当時は 火災報知設備などは無かったでしょうが。

 

 

そして、夜に1回、「 雪国 」 の映画上映会も あります。

2時間少し ありますから、今回は観ることが出来ませんでしたが

数日滞在するのであれば、観るのも楽しいと思います。

 

 

 

 

 

 

Rimg0132

温泉宿ですからね、温泉も ちょっとだけ。

 

 

 

 

 

Rimg0134

何度も温泉宿に行っていると

誰も入らない時間帯と言うのが わかって来ます。

その時間を見計らって・・・ こっそりと・・・camera

 

最近は 濡れても大丈夫な畳を敷いてあるところが あります。

滑らなかったり、座ったりするのに都合がいいのでしょうか。

 

 

 

 

 

Rimg0140

サイトにも出ている、女性の露天風呂。

窓や戸の設えが 昭和を思わせてステキです。

 

 

 

 

 

Rimg0139

5月のことですから 新緑が綺麗でしたshine

秋の紅葉や 冬の雪景色も 趣があっていいだろうなぁと思います。

右側の窓の下から、ガーラ湯沢駅が見えました bullettrain

 

 

お湯は、「 卵の湯 」 と言って

お湯の中で 溶き卵を入れたような湯花が咲くのだそうです。

行った時には 気が付かなかったなぁ。

かすかに 硫黄臭があり、とても良いお湯でした spa

 

 

 

 

P5220061_2

男性用のお湯は 暖簾だけ、と言うことで。

 

お湯は良いし、見どころ満載の ステキなお宿でした ヽ(´▽`)/

|

« 2017年 5月 越後湯沢への旅 - 新幹線 ~ 湯沢高原 - | トップページ | メリー ☆ クリスマス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 ロビーの大量の本からして文学の香りが漂うと
思っていたら、川端康成ゆかりのお宿だったの
ですね。部屋もお風呂もとてもいい雰囲気では
ないですか。
 花mameさんが眺めたMaxも間もなく引退とか。
残念ですね。
 どんどん寒さが厳しくなっていますから、油断
なさらず体調に気を付けてお過ごしくださいね。

投稿: いかさま | 2017年12月21日 (木) 01:52

おはよう。
お具合いかがですか
暖かくして、無理しないで下さいねthink
「雪国」のお宿、知らなかった~coldsweats01
露天風呂spa趣があって良いですねshine
新幹線、たくさん見れるお部屋bullettrain
花mameさんの笑み…満開~cherryblossom
ちなみに、吉幾三の「雪国」note
じゃないよね~delicious

投稿: musashi | 2017年12月21日 (木) 11:13

花mameさん、お久し振りです。
お風邪が治られたとのこと、良かったです~
咳で眠れない夜というのは、私も何度か経験しましたが、
それはそれは辛いもの。なにせ夜布団に入って横たわり温まると出始め、
しだいしだいに体が跳ねるほどの激しい咳き込みに。
あの消耗は恐怖となってしっかと記憶に残っています。
お辛かったですね。
治すために頑張ったお体は疲れていますから、ここで油断は禁物。
くれぐれもご自愛くださいませ。
 
さてさて、越後湯沢の旅で泊まられたのは、とても歴史ある
お宿だったのですね。川端康成さまもお泊りになったとは。
このお宿から「雪国」が生まれたのですねぇ。
昭和情緒の建物内部の様子を拝見しながら、
想像を逞しくさせていただきました。
新幹線見放題?のお部屋だったとは、嬉しいサプライズと
なりましたね。
朝湯のクマさんも楽しそうです♪

投稿: ポージィ | 2017年12月21日 (木) 16:41

「雪国」は高半さんで生まれたのですね
純和風のお部屋もすてきですが
露天風呂の建具、ガラスは昔のゆがみの
残る板ガラスでしょうか、いいねですね~

風呂用畳は最近多いね
あれは滑らないけれど踏んだ時変な感じする(笑)

窓からの眺めは最高ですね、MAX!

投稿: あずさ | 2017年12月21日 (木) 17:35

>いかさまさま
 
こんばんは☆
 
はい~ 文学の香りが たっぷりのはずですよねbook
建物は新しくなっていましたが
あの「雪国」が このお宿で誕生したと思うと
感慨深いものがありました。
 
あぁ、そうなんですよね、Max bullettrain
一番好きな新幹線だったのに、あと4年あまりで引退です。
それまで出来る限り乗りたいと思っています。
 
ありがとうございます。
当地は 12月に入ってから雨が降っていませんので
寒さに加えて 乾燥も体調を崩す原因なのでしょう。
御地の寒さの比ではないのですが
お言葉 肝に銘じて気を付けたいと思います。
いかさまさんも どうぞ お気を付けてくださいね。
 
いつもありがとうございますheart

投稿: 花mame | 2017年12月21日 (木) 23:40

>musashiさま
 
こんばんは☆
 
ありがとうございます。
風邪の方は もうすっかり良いように思います。
この後も musashiさんの お言葉の通りに
暖かくして過ごそうと思っています(o^-^o)
 
お、musashiさんでも ご存知ありませんでしたか。
かく言う花mameも このたび初めて知りました。
そう言う足跡がありますと、
川端康成と言う作家は 本当にいたんだ、なんて
当たり前のことが実感を伴って来るから不思議ですね。
 
露天風呂。
そうなんですよ~趣があって とても良いのです。
男性の方にもあれば いいですのにね・・・spa
 
新幹線の見える お部屋。
良かったですよ~♪
新幹線しか写ってない画像ばかりですが
周りの山並みも とてもキレイでした。
 
はい♪ 吉幾三の方ではありませぬ( ´艸`)プププ
そちらがよろしければ、お聴かせしましょうか。
すきよぉ~~~♪あなたぁ~~~~♪ なんちてo(*^▽^*)o
 
いつも ありがとうございますheart

投稿: 花mame | 2017年12月21日 (木) 23:53

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
こちらこそ、すっかりのご無沙汰です。
風邪、やっと治りました~ヽ(´▽`)/
ご心配頂き ありがとうございます!
乾燥、寒さ、疲れなどなど、体調不良の原因は
そこかしこに転がっているものですね。
咳の辛さ、ポージィさんも ご経験済みでしたかぁ。
寝て温まると出るのは ナゼなんでしょうね。
温まってくると免疫細胞が活発になるのでしょうか。
ひどくなると、胃袋がひっくり返るのでは??
と思う程になることもあるのですが
今回は幸いにも そこまでの咳には至らず 良かったと思っています。
あぁ、ポージィさんの おっしゃるとおりですね、
頑張った身体は疲れているから この後が大事ですね。
無理しないようにします(o^-^o)
 
越後湯沢のお宿。
土higeさんが選んだのですが、思いもかけず歴史ある場所での宿泊となりました。
そうなんですね~「雪国」が生まれた お宿。
建物は新しくなっているのですが、そのお部屋を保存しているとは
歴史を大切に扱っている お宿だなぁと思います。
当時の古い建物も とても趣のあるものでした。
サイトの「雪国の世界」の中の「文学資料室」と言うところに
小さく 昔のお宿が写った写真があります。
 
新幹線見放題!
これは楽しいものですよ~
だって 走る新幹線は 普段そんなに見る事はありませんものねbullettrain
 
うふふ、クマさんも 花mame同様楽しんだようでした♪
 
いつも ありがとうございますheart

投稿: 花mame | 2017年12月22日 (金) 00:12

>あっちゃん
 
こんばんは☆
 
そうなの、このお宿で「雪国」は 生まれたのですよsnow
あの名作は・・・と思うと、何だか不思議な気がしましたよ。
 
そう、露天風呂の建具に感動!
窓ガラスの配置も昭和っぽいしね。
ガラスは よく見なかったけれど、多分 今仕様かも。
昔は きっとゆがみのある、あのガラスだったことでしょうね♪
建具も ひょっとしたら、釘を使っていないタイプかも?
 
風呂用畳。
そう、踏んだ時 変な感じ。
それに、何と言うか、水を使う場所に畳があってもいいのか、
それを濡れた足で踏んでもいいのか、
と言う、ちょっとした罪悪感みたいなものも感じるのよね。
 
あのお部屋は良かったよ~ 新幹線もだけど
景色も とても良かったですshine
 
いつも ありがとうheart

投稿: 花mame | 2017年12月22日 (金) 00:30

おおはようございます。
懐かしい~!!お宿の卓球台。
最近、ほとんど見かけることが無いですが、最近の卓球ブームにあやかってもっと増えて行ってほしいですね。
私も、昔は卓球少年。(笑)
写真の2階建て新幹線も、無くなりますよね。
これも時代の流れ?

投稿: ソングバード | 2017年12月23日 (土) 08:09

>ソングバードさま
 
こんばんは☆
 
お返事が遅れて すみません!
 
懐かしいですよね~卓球台。
ここのところ、色んな温泉宿に お伺いしていますが
数軒くらいしか置いてなかったような気がします。
あ、でも 小さめのお宿も多いので、置いていないのかも。
 
そうですね!
卓球も強くなって来ましたし、注目されていますから
また置くところが増えてほしいですね。
まぁ!ソングバードさんは 卓球少年だったのですか!
それは絶対 温泉に置いてほしいですね(o^-^o)
 
2階建て新幹線は 時代の流れでしょうかね。
きっと 大型輸送が必要なくなったのでしょう。
でも、スキーも再ブームだそうですし、
いつかまた 戻って来てくれると嬉しいなぁと思いますbullettrain
 
いつも ありがとうございますheart

投稿: 花mame | 2017年12月24日 (日) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年 5月 越後湯沢への旅 - 新幹線 ~ 湯沢高原 - | トップページ | メリー ☆ クリスマス »