« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月25日 (土)

今年も ひとつ年を重ねました

3月も 残すところ 1週間。

東京では、ソメイヨシノも 咲き始めた由、

当地は 相変わらず、白い部分の多い季節ですが

それなりに 春めいて来ています。

 

 

今月の上旬 ( 8日 ) の話になりますが、誕生日を 迎えました。

お知らせするような年齢でも ないのだけれど、

贈り物を頂いたので、載せておくことにしましょう。

 

 

 

 

 

Rimg0013_1

2月中だったか、新聞で見つけた本のことを

土higeさんに話したら、誕生日プレゼントに 送ってくれました。

ありがとう ♡

 

右の 「 ねこまみれ帳 」 の方は、

作者が飼っていた 鉄三と言うネコ、

そのネコがいなくなった後に飼った、ソトとボウと言うネコのことを

子どもの日記調に 書 ( 描 ) いてある、可愛らしい本なのです。

ひとつひとつの ネコとの お話に、わかる わかる~ と

ついつい、スイスイ 読めてしまって、アッと言う間に 読み終わり。

ネコの可愛らしさを 改めて認識するような内容の本でした。

 

もう1冊は、「 歳時記 おしながき 」 。

ネコの本を すぐに読み切ってしまったので、

こちらの方は 少しずつ 噛みしめながら読んでいます。

1年間の様々な歳時に まつわる 食などについて 書いてあり

今 行われている季節の行事の 歴史や意味などを 知ることが出来ます。

作者の描くイラストが またキレイで、楽しみながら 読んで行けます。

 

 

 

 

 

Rimg0006_2

で、東京の友人からの 贈り物。

目にキレイな 春色のふきん だったり、身体を癒すグッズ だったり、

食部門の品物 だったり。

友人らしく、キレイにパッキングされて とても心のこもった贈り物でした。

 

ちょっと目が疲れた時など、肩コリを感じた時など

有効に 使わせて頂いていますよ~ ありがとう ♡

 

 

 

 

 

Rimg0001_1

そして、今年は なぜか、弟からフェイスクリームが (゚▽゚*)

これは、日々使うので ありがたいものですよ。

ありがとう ♡

 

 

1年1年が 坂道を転げるが如くに 過ぎ去って行きます。

どう過ごそうとも、1年に変わりはないので

出来るだけ 充実した日々を、過ごしていきたいものだと 思います。

| | コメント (18)

2017年3月22日 (水)

春は足踏み

今日は、WBCの 日本 - アメリカ戦

1点ビハインドだったのが、6回ウラ、

菊池選手のホームランで 同点!

イニングは まだ残っているので、

この後も、いつもの力を出して 精一杯プレイしてほしいものです。

 

 

ところで、「 WBC 」 って、

「 ダブルビーシー 」 だと思っていたら

「 ダブリュービーシー 」 なのね。

どこのアナウンサーさんも 言いにくそうだ ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

さて。

昨日は 夕方から雨で、夜半から 霙に変わっていましたが

今朝 起きると、まるで 冬に戻ったかのような 白い世界。

冬将軍は まだ雪の在庫を 抱えていたんだなぁ

 

 

 

 

 

Rimg0017

春待ち人の 心知らずか 彼岸雪     花mame

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0018_2

道路も 真っ白だ (;´д`)トホホ…

 

 

 

 

 

Rimg0008

数日前までは、こうだったのに。

 

とは言っても、気温は 最低でも 0度。

屋根の雪は もう消えてしまったし、

道路の雪が消えるのも 時間の問題かな。

 

 

 

 

 

Rimg0019_2

積もってても、2 ~ 3センチのことか と思ったら

ゴミを出す部分だけ除けてみたら、5センチくらいの積雪。

うは~、やってくれたね、冬将軍。

しかも、春の雪は重たい (-_-X)

 

 

 

 

 

 

Rimg0023

玄関前に、こんなものが落ちてて、 「 ? 」 と 思ったのだけれど

あぁ!

覚えてますか、この記事 で、土higeさんが作った お遊びを。

その時の、目と眉毛が、今になって 落ちて来たのだなぁ。

雪解けが 進んでいる証拠。

 

 

 

 

 

Rimg0020

近所の この屋根は 急なので

今朝 積もった雪も、あっと言う間に 滑り落ちて行きました。

 

でも、ちょこちょこと 白い雪を残したのは、

バックの青空の真似をしたのかも ( ´艸`)プププ

 

青屋根も 憧れるなり 春の空       花mame

 

もう10日程で、3月も終わりなのだけれど

週間予報を見ると、まだ少し、雪マークあり。

春の勢力が冬将軍に勝つのはもうちょいと先でしょうか。

 

その前に、侍JAPANには是非勝ってもらいたいものですね

只今、8回、アメリカが 1点 勝ち越していますが

まだ 回はありますからね (*^ー゚)b

 

 

 

 

そうそう。

 

 

 

 

 

続きを読む "春は足踏み"

| | コメント (8)

2017年3月17日 (金)

今更だけど年賀状のこと

今日は、暖かく 雲が多いながら、日射しも望める 良い日となりました。

北海道の公立高校合格発表日でも あります。

みんなが 良い春を迎えられていればいいなぁ と思います。

 

 

 

さて、そんな3月の日に

今更ながら、年賀状の話。

 

なかなか アップする機会がなくて、延び延びに なっていたんですが

これ以上 遅れると、お蔵入りに なりそうなので

時季外れは 重々承知ですが、このあたりで 上げておくことにします ♪

 

 

 

 

 

Rimg0081_2

今年も 色んな種類の年賀状が やって来ました。

酉年ですから、ニワトリさんの絵が多かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0082_2

下の絵の部分が、切手部分の絵と リンクしているのは

例年の通り。

 

 

 

 

 

Rimg0080_2

同じ数字が並ぶような番号に、当たりは 望めませんね (;´д`)トホホ…

枚数は結構あるのに、なかなか当たりは出ません。

 

 

 

 

 

続きを読む "今更だけど年賀状のこと"

| | コメント (10)

2017年3月16日 (木)

雪解けススム

先日、週間予報から マークが消えた、と 書いたばかりなのに

今朝は うっすら雪化粧。

ま、この時季の雪ですから、

日が照ると すぐに消えてしまうのですけどもね。

 

今日は少し 強い風が吹いていますが

肌を刺すような 冷たい風ではなく、

どことなく 春の香りがするような 柔らかな風です。

 

でも、他の地域の方には やはり冷たい風かなぁ。

それに春を感じるとは

北海道の人間は、春を捉えるアンテナが 一際 高いのかもしれません。

 

 

 

 

 

Rimg0016_1

さて、先日の 「 春から冬 ・ 点描 」 で載せた、

上から8枚目の画像と 同じアングルで撮ってみたものです。

しきりと降って 積もった雪も、

一時の春の陽に 簡単に融けてしまうんですよね。

 

 

 

 

 

Rimg0017

この冬は結局、ヤマツツジの雪囲いは 頭を出したまま でした。

芽吹きに影響がなければ いいけど。

 

その少ない雪も、日を追うごとに 徐々に 減って来まして。

春の女神が 杖をひとふり ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

って 感じでしょうかね (o^-^o)

 

 

浅き春 我がイナカにも ふわり舞い降る    花mame 

 

 

 

 

 

 

Rimg0021_2

そうそう、雪の見立ては もう終えよう、と 思ったのだけれど

融けて積もって、と しているうちに

可愛い子ゾウさんの横顔のようになったので アップしときましょ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0022_3

しかも、耳が大きい~♪

雪の中を 泳いで行くようだわ

 

 

 

 

 

Rimg003002

日蔭の氷の中に 春の景色が映っていました。

 

 

 

 

 

Rimg0043

キラキラと 氷の中にも 春踊る    花mame

 

 

 

 

 

Rimg0035

先日の記事では、雪の表面に シワが寄って来た、

なんて 風情のないコトを書いてしまいまして ・・・ (*´ェ`*)

 

 

春来たる 雪の面の さざなみて     花mame

 

 

この方が いいよね。

 

 

 

 

 

続きを読む "雪解けススム"

| | コメント (4)

2017年3月15日 (水)

春の花

本日、関東では 雪の予報が出ていましたが、

概ね 降らなかった様子、安心しました。

 

当地は 変わらず晴れの日が続いておりますよ

夜空も スッキリとしていまして、星月夜も 続いています。

 

昨夜は 十七夜、

月の出のあたりは、いつもより グッと赤い色をしていました。

そして、少し卵型になった月が 南中に来た頃、

木星と、おとめ座のスピカと、一直線になった月を 見ることが出来ました。

 

これからの季節は、木星の観望好機だそう。

夜10時頃には、南東の低めの場所、

夜中の1時半頃には、南中の位置にあるとのこと、

今は、マイナス2,4等級なので、

結構な明るさがあり 見つけやすいと思います。

 

こちらのサイト に よると、

次回、月と木星、スピカが並ぶのは、4月10日 ~ 11日だそうですよ。

 

 

 

 

 

Rimg0024

こちらは、十四夜の お月さま。

花mameにしては 珍しく、模様が見えるくらいに撮れたので

載せておくことに しましょう。

 

 

 

 

何だか、本題とは 全然 違うことに、力を入れて書いてしまった (*´ェ`*)

 

 

さて。

 

 

 

 

Rimg0009_2

今年の桃の節句に、定番の お花を買ってみました。

 

 

 

 

Rimg0008_2

桃の花は 市場では、5本1組で しっかり結わえてあるので

それを外す時に、小さなツボミが取れてしまうことも

まま あるのだけれど、

今回のは、物が良かったのか、外し方が上手だったのか、

きっと その両方だったのだろうけれど

たくさんの桃の花が 咲いてくれて、

お節句に 文字通りの 「 花 」 を 添えてくれました。

 

 

 

 

 

Rimg0005

品種名は わかりませんが、八重の花です。

 

 

 

 

 

 

Rimg0006_1

シベも たっぷりと。

 

 

 

 

 

 

Rimg0026

切り花 ( 木? ) で、こんなに豊かに咲いてくれると

幸せな気分になります。

 

 

 

 

 

Rimg0027

この色や お花の形は、

梅でも 桜でもなく、桃の花。

「 桃色 」 とは まさしく この色のことね (o^-^o)

 

 

 

 

 

 

Rimg0013

満開、とは 言わないまでも

たわわに咲いた枝に触れると、花びらが はらはら ・・・ と。

花の命は 短くて。

 

 

 

 

 

続きを読む "春の花"

| | コメント (2)

2017年3月14日 (火)

冬から春 ・ 点描

何だか、あっと言う間に日が経ってしまいますね。

 

一月 行って

二月は 逃げて

三月 去って

 

だから、一日一日 充実した日を過ごしましょう。

 

って、昔、校長先生が 言ってたっけ。

 

 

当地、この先 1週間の気象予報から、雪マークが 消えました。

だからと言って 降らない、と言う事では ないですけどもね。

 

もう真冬の記事も、賞味期限が 切れているのだけれど

今年の冬の 「 おもひで 」 として 載せておきましょ

 

 

 

 

 

 

Rimg0095_2

シバレた朝の オンコの木。

 

 

 

 

 

Rimg0001_2

葉の先に 樹氷が伸びているところも ありました。

 

 

 

 

 

Rimg0004_2

こちらは、モクレンの木。

樹氷に びっしりと囲まれて。

 

 

 

 

 

Rimg0004_1

キラキラキラ ・・・

積もった雪の表面も 凍っているのだなあ。

 

 

 

 

 

Rimg0005_2

雪の少ない年とは言え、

建物の北側は 積もった雪が 暖気でも融けにくいので

結構な高さが あります。

 

 

 

 

 

 

Rimg0010_1

青空に 花芽の付いたモクレン。

これだけ見ると 何だか暖かそうだけれど

この日も 真冬日でした。

 

 

 

 

 

Rimg0016

大きなボタン雪は、春が近い証拠 ・・・ かな。

 

 

 

 

 

Rimg0012  

それでも、積もると 見慣れた 真冬の風景。

 

 

 

 

 

Rimg002402

ここのところ、渡り鳥が よくいらっしゃる。

これは、シメ。

高い声で、「 チチチッ 」 と 鳴いていました。

 

 

 

 

 

Rimg0068

暖気が続くと、物置の屋根雪が ずれ、

その側面に沿って 融けた水が流れて

朝夕の寒さで ツララが伸びて行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0066

ずれてきた屋根雪を落としても

次々と ツララが出来続けて、中には こんな芸術的なものも。

 

 

 

 

 

Rimg0125

雪の表面も融けると、だんだん シワが寄ってくる。

雪の寿命も 尽きて来ていると言う事かな。

 

 

 

 

続きを読む "冬から春 ・ 点描"

| | コメント (6)

2017年3月 5日 (日)

針仕事

昨日は寒い日で 冬に逆戻り、と お伝えしましたが

今日は、さらに一歩後退、朝から しんしんと雪が降り続いています。

そして、時に 吹雪いて。

細かい雪が ひっきりなしに降る、この降り方は 真冬の感じだなぁ。

 

今日も、引きこもって 過ごしましょ

 

 

 

 

 

Rimg0019_2

さて、先月のことになりますが

2月8日は、「 針供養 」 の日でした。

針仕事は 頻繁にするくせに、供養をしてあげた事が なかったので

今年は、小さな豆腐に、折れたり 曲がったりした針を刺して

供養をしました。

ダメになった針は、東京の自宅にも たくさんあるのですけども

今回は、実家に あるものを。

 

 

 

 

 

Rimg0020

これも 「 針 」 なんですけどもね。

右端の4本針のように 反って来たら、若干 使いにくくはなりますが

折れでもしない限り、編み針は 使い続けます。

右側から2番目の 毛糸用の縫い針は 太いので、

ダメになることは ほとんどありません。

 

 

 

 

 

Rimg0002_1

今シーズンと言うか、今年に入ってからの手仕事を ご紹介しましょ。

 

これは 前に ご紹介したことのある、ハンカチで作る巾着袋。

酉年なので、どちらにも 「 鳥 」 が付いているものを選びました。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0009_2

こちらは、何だか わかりませんよね (;´▽`A``

麻布に、刺繍の下描きを したところです。

いつも チャコペーパーを使ってトレースするんですけど

うまく写らないんです。

なので、位置確認するだけで、細かいところは 勘で進めて行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0007

上の下描きのでは ないんですが

ひとつは、ウサギの刺繍を。

「 週末で完成!刺しゅうのアクセサリー ベストセレクション 」

と言う本を 参考に致しました。

 

 

 

 

 

Rimg0024_1

同じ本を参考にして刺した 「 白鳥 」 とともに

コースターに 仕立てました。

これは、地元の友人の 誕生祝に

 

 

 

 

 

Rimg0022

これも、同じ本を 参考に。

多分 ミモザですが、見本とは違った刺し方をした所も 多数なので

似て非なるもの、と言った感じに なってしまいました。

 

 

 

 

 

Rimg0027

右側は 桜かな~と 思いますが

これは更に 下手っぴです (;´д`)トホホ…

しかも、コースターに仕立てるなら 使い勝手を考えなくてはいけません。

カップを置くであろう場所に 刺繍がかかっています ( ´・ω・`)

 

これは、少し離れた場所の友人へ 送ったんですが

 

 

 

 

 

Img_0148

こんな出来でも、素敵にディスプレイをして 写真を送ってくれました。

 

 

 

 

 

Rimg00131

で、「 酉年なので 」 ( しつこいね )

同じ本を参考に、スズメを刺繍しております。

ちょっと中断中、いつ出来上がるものやら。

 

 

 

 

 

続きを読む "針仕事"

| | コメント (10)

2017年3月 4日 (土)

春の兆し

 

今朝起きると、数センチの積雪。

予報では、ずっと 雪マークが付いていたのだけれど、朝から 快晴

お、このまま 予報が外れてくれれば ・・・ と 思ったらば、アナタ!

ちゃんと、雪が降って来るんだから、天気予報って 素晴らしいよね。

 

 

 

 

 

 

Rimg0003

昨日までは、軒下の壁際には 地面が覗いていて、

 

 

 

 

Rimg0004

建物の壁際は暖かなので、そこに触れる雪も 融けて来ていました。

 

晴れの日が続くと、

太陽熱に当たる 雪の上からと

地熱のある地面の 両方から 雪解けが進むのです。

 

でも、今朝は 冬側に 一歩後退。

ちょっと ガッカリだけれど、

まぁ、3月だから ・・・ と、春に向かって 気持ちは鷹揚になっています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0016_1

先日の、その晴れの日に、

太陽の隣にあった雲が 虹色に染まっていました。

多分、「 彩雲 」 と言うものだと思います。

裸眼では 太陽光が眩しくて見えにくかったんですが

サングラス越しだと、くっきり 虹色に見えました。

風で通り過ぎる雲が、次々と 虹色に染まっては消える様は

それは美しいものでしたよ。

↑ この画像も サングラス越しだと 少しは はっきり見えるかな?

 

 

 

 

 

Rimg0070

さぁ、そんな太陽の光に、いち早く 春を感じるのは 植物たち。

 

カラーの花が、茎の中から 「 春かなぁ? 」 とでも言うように

外を 覗いています。

 

 

 

 

 

Rimg0001

こちらは シンビジューム。

冬から 花芽を伸ばしていましたが、2月の下旬あたりから

ツボミが 大きくなって来ました。

咲くのは、まだまだ 先のことでしょうが。

 

 

 

 

 

Rimg0002

葉の影から 様子を伺っているのは、ハナキリン。

もう少ししたら 咲きそう。

 

 

 

 

 

Rimg0099

そしてね。

買ったホウレンソウの中に入っていた、小さな植物を

カップに挿して置いたらば、根が出て来た!

 

 

 

 

 

Rimg0130

この花を見れば、何の植物か おわかりですね?

ハコベです。

 

夏に畑に生えたなら、片っ端から 引き抜かれるものなのに

真冬の このコは、希少な緑

ものすごく大事にされています ( ´艸`)プププ

 

育てるも、引き抜くも 同じ人間。

何事も 出るタイミングって 大事なのかしらネ。

 

 

 

 

 

Rimg0131

切り花用の栄養剤などを与えつつ 育てていたら

根が こぉ~んなに 伸びて来た!

 

 

 

 

 

Rimg0010_3 

そして、立派なツボミが 付いて来ました。

我がイナカの、まだ浅き春の陽なのに、その力は 大きいものですね。

 

 

 

そうそう。

花つながりで、紹介しておきましょ。

 

 

 

 

 

続きを読む "春の兆し"

| | コメント (2)

2017年3月 3日 (金)

冬のお楽しみ

今日は雪が チラついておりまして、

昨日の予報通り 冬に逆戻り、と言ったふうにも見えますが

降る感じは、やはり春の雪です。

風に乗って、あっちに行ったり こっちに来たり。

 

今日は 「 桃の節句 」 なのにね。

 

 

 

 

 

Rimg0002_2

と言うわけで、恒例の玄関飾り と、

 

 

 

 

 

Rimg0001_1

花びらのような雛飾りを ご紹介。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

 

Rimg005702

2月のある日、友人に誘われて

冬のお楽しみの 新規開拓をして来ましたよ ♪

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0055_2_2

何か、と言うと 「 歩くスキー 」 。

 

上の雪景色は、街中にある公園の ひとつで、

歩くスキーのコースに なっています。

 

公共施設で、スキー板、ストック、靴を

「 無料 」 で 貸してもらえるので、

ジーンズに 薄めのダウンなどを着て、タオルの1本も 持って行けば

すぐに出来るので お手軽で いいスポーツです。

友人は、ウィンドブレーカーの上下を着て行ってましたが、

花mameは そんな準備はないので、上記の ほぼタウン着で行きました。

全然 OK でした

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0052

このコースは、1周 800メートル とか。

トラックコースと、途中に 横道があって、

そこから行くと 起伏のあるコースも 楽しめるようになっています。

 

アルペンのスキー板と違って

幅が かなり細く、エッジが付いていないので

歩くだけ とは言っても、

慣れない人は、ちょいと扱いにくい感じが するかもしれません。

かく言う花mameも、学生時代以来なので

う~ん ・・・ 10年程かな? (* ̄ー ̄*)

 

 

 

 

 

 

Rimg004802

周りには 葉を落とした裸木が たくさんあり、

運が良ければ 野鳥に出会う事が出来ます。

この画像にも、1羽 写っていますが、わからないだろぉなぁ ・・・ 。

右の 「 V字 」 になった枝の下の部分に アカゲラが留まっています。

 

 

 

 

 

 

Rimg005002

木の芽が吹いていました。

 

 

 

 

 

Rimg005102_2

これは、「 キタコブシ 」 なのだそうです。

まだ寒いので、フワフワのコートを着ていますよ。

何だか 可愛らしい

 

 

 

 

 

冬のお楽しみを、もうひとつ ご紹介。

 

 

 

 

 

続きを読む "冬のお楽しみ"

| | コメント (6)

2017年3月 2日 (木)

例の像の その後は ・・・

今日の当地は、最低気温も プラスとなりました。

最高気温は、8度程。

東京にいるなら、寒い日だなぁ と思うけれども、ここは 3月の北海道。

ここまで上がると、断熱材が分厚く入った家の中は 暖房いらず。

もちろん、朝夕は ストーブに火が入りますよ。

日中は、気温の高さ プラス ストーブの 「 余熱  」で、 汗ばむ程。

半袖 着るか~?

んで、アイス 食べるか~?って 感じです。

 

でも、春の日は 今日まで。

明日から また冬が戻って来るのだそうです

 

 

 

さてな。

冬と言えば 今シーズン、

目を楽しませてくれた、雪の像と言うか 雪だるまが ありましたね。

 

その像の その後です。

 

 

 

 

 

Rimg0014_2

日が照ると 表面が融けて、テカテカして来ます。

横顔に 変化はないけれど、衣に 「 邪悪な顔 」が 浮かび上がって来ました。

 

 

 

 

 

Rimg0021_2

雪の降る日。

 

 

 

 

 

Rimg0033_2

また 照る日。

 

 

 

 

 

Rimg0085

そんな日々を 過ごしていくうちに

だるまさんも 邪悪な顔も 劣化して行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0086_2

あっ!

屋根の雪が滑り落ちて、頭巾を 取り去ってしまいました!

こうなると、かなり高齢になった感じがします。

 

 

 

 

 

Rimg0119_2

頭巾のない姿が 恥ずかしかったと見えて

雪の衣を まとってしまいましたよ。

 

 

 

 

 

Rimg0004_3

あら? 何か 持ってる?

3月3日も 近いので、檜扇かしら??

それとも、ネイルを 乾かしているところ??

 

 

 

 

 

Rimg0005_5

わわ!

だ~るまさんが、本読んだ♪

 

 

 

そして、ついに。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "例の像の その後は ・・・"

| | コメント (4)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »