« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

花咲く季節は遠けれど

Dsc_062702

雪の記事ばかりも どうか、と思うので、少しだけ お花の話題を。

 

上の画像は、確か昨年だったかな、

会社から頂いた シンビジューム。

開花した、と 土higeさんから 写真が届きました。

 

以前、我が家では コチョウランは育つけれど

シンビジュームはダメなんだ、と言う話を書きました。

 

同じランなのだけれど、生育環境は まるで違う この 2種類。

実家で育てていたことも あって、

シンビジュームが 寒さ好きと言う事を 知ってはいたのだけれど

やはり 冬は室内だろう、と思っていたのが 失敗の原因だったみたい。

真冬でも 日射しがあると、我が家のリビングは 結構 温度が上がるのです。

 

そんなわけで

数年前から、真夏は もちろん、真冬も ほぼ外で育てることにしました。

ツボミが上がって来ても、

ある程度大きくなるまでは 外で頑張ってもらうんです。

 

今シーズンの場合は、

帰省する日 ( 12月26日 ) に 室内に取り入れました。

温度に 心配はないとしても、

問題は、カーテンを閉めて行くため 日光が不足するんじゃないか と言う事。

でもまぁ、出窓は レースのカーテンだけなので、

そこから うまく取り入れてくれたみたい。

 

お陰様で、画像のように 美しい花が咲きました。

 

あ、土higeさんの お世話が大きいのは 無論のことです。

感謝 感謝 !!

 

 

 

 

 

Dsc_2295

こちらは、昨年の秋に、実家の庭に咲いた 一輪のバラ。

このくらいの開き具合が 一番バラらしくて 美しいと思います。

 

ある程度 開いたところで、雪の心配が出て来たので

切り取って 部屋に飾りました。

昨年の雪は 10月と、早かったですからね ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_231102

でもでも、全開の この花姿も 可愛らしいと言うか 健気と言うか、

花mame的には 大好きです。

 

しかも、このバラは 香りも良いので とても気に入っています。

 

 

 

今、実家には 植物の鉢は あるのだけれど

花が咲いているものが ありません。

 

母も 冬の間のお世話が だんだん大変になって来た由、

昨秋、思い切って 差し上げるものは差し上げて

随分と リストラしたのです。

 

実家のシンビジュームにも 花芽らしきものが上がって来ているんですが

見ていると、何だか葉っぱの姿になって来たような ・・・ ?

ツボミであっても 咲くのは多分 雪解け以降。

 

一番 可能性のありそうなのは、ハナキリンか カラーの花。

 

花は癒し ですよねえ。

白い中にいると なおのこと恋しくなります。

 

だからと言って、真冬が嫌いなわけじゃないんです。

除雪が大変とか、寒さが厳しいとか、一応 愚痴ってはいますが

北の人は、どこかで それを楽しんでいる所があるんですよ (o^-^o)

| | コメント (4)

2017年1月27日 (金)

雪は降る~♪

Rimg0065

ゆ~き~はぁ~♪ 降る♪

 

 

 

 

 

Rimg0068

そして~ 積もる♪

 

 

 

 

 

Rimg0066

ゆ~きはぁ~♪ 降る♪

 

 

 

 

Rimg0067

そして~ 積もる♪

 

 

 

 

 

Rimg0070_2

ゆき~は~降る♪ ( しつこい )

 

 

 

 

 

Rimg0083

そして~ 落ちる♪

 

 

 

 

 

Dsc_2515

むなしい~ 作業♪

 

 

 

 

 

Dsc_2516

白い~ 疲れ♪

 

 

 

 

 

P1020018_2

鳥は~ 遊び♪ ( 注 : 1月11日の使いまわし画像 )

 

 

 

 

 

Dsc_0639

日は~ 暮れる ・・・

 

 

 

 

 

続きを読む "雪は降る~♪"

| | コメント (10)

2017年1月25日 (水)

寒さがつくる造形 ー ルソーの氷ガラス 2017 ー

稀勢の里が、第72代横綱に なりましたね。
 
どの国出身の力士が昇進しようと、おめでたいことには 変わりはなくとも
 
やはり、相撲が生まれた国の横綱が 待ち望まれていたと言うのは
 
よく わかります。
 
 
 
伝達式での言葉も、シンプルで 人柄を よく表したようなものでした。
 
横綱と言うのは、大変なプレッシャーを受けるものでしょうに
 
増してや、日本出身は 一人だけですから
 
今後は 大変なことも多いと思いますが、
 
是非、稀勢の里らしい相撲を たくさん見せてもらいたいものだと思います。
 
 
 
 
 
 
昼頃のニュースで、鳥取の渋滞が解消されたと 伝えられていました。
 
ホッと 一安心です。
 
もう こんなことはないように、冬将軍には お願いしたいものですね snow
 
 
 
当地は、と 言いますと
 
最低気温が マイナス23度と、昨日より 5度程 高い朝となりました。
 
夕方から、少し雪が降り始めましたが、サラッと積もる程度。
 
最高気温は、マイナス5~6度で、昨日より10度も高いため
 
随分と 暖かく感じました。
 
 
 
さて昨日、いつもおいで頂く プロフユキさんから頂いたコメントで、
 
昨日 紹介した、実家の木製温度計は、
 
「 マイナス30度~プラス50度 」 まで対応するものと 気が付きました。
 
 
 
プロフユキさんの お宅の温度計の
 
ひとつは、「 マイナス20度 ~ プラス50度 」、
 
ひとつは、「 マイナス20度 ~ プラス60度 」 なのだそうです。
 
 
何と、数字の違いがあるとは、知りませんでしたよ。
 
 
 
で、温度計で 少し検索してみましたら、
 
最低気温が、「 マイナス20度 」、「 マイナス30度 」、「 マイナス40度 」、
 
「 マイナス50度 」 など、様々なものが あるのですね。
 
 
 
最高気温に関しては、「 プラス50度 」、まれに 「 プラス60度 」 がありました。
 
しかし、気温計で、50度、60度は、
 
どう言うシチュエーションで 使うのでしょ。
 
真夏の 締め切った室内?
 
それとも、直射日光の下でしょうかね??
 
 
そうそう、調べている間に、
 
温度計の中に入っている 赤い液体が何かが、わかりました。
 
 
 
赤い液体の入っている温度計は、「 アルコール温度計 」 と言うので
 
アルコールだとばっかり 思っていたのですが
 
アルコールは、経年により 赤い着色が消えてしまうとのこと、
 
今は、灯油に 赤い色を付けて 入れているんですって。
 
 
名前だけが 残っているんですね。
 
 
 
 
 
ささ、そろそろ 本題に入りましょ。
 
実家の たった一か所だけの窓ガラスに描かれる 氷の模様。
 
今年も、「 新作 」 が出来ました (◎´∀`)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "寒さがつくる造形 ー ルソーの氷ガラス 2017 ー"

| | コメント (6)

2017年1月24日 (火)

フリーズ!!

いやぁ、お寒うございます~ さすが 大寒の最中で ございますなぁ ・・・ 。
 
 
 
鳥取など、西日本の日本海側では 大雪になっている模様、
 
車が150台も 立ち往生しているとのこと。
 
自衛隊に 災害派遣要請をされたとか 伝えられていますが
 
早く動けるようになりますように、と 願っています。
 
 
 
 
今朝の北海道は、観測地点のある 4か所で、
 
マイナス30度を 下回りました。
 
 
 
             ない場所でも、
 
             そのくらい行った所も
 
             少なからずあるのでは、と思っています。
 
 
 
我がイナカは 「 惜しくも 」 、そこまでは 行かなかったのですが
 
それに迫らんとする シバレた朝と なりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0131

この画像、花mameの 小さなノートPCでは

樹氷の付いた枝が 真っ白には見えないのですけど

皆さんのPCでは、白い樹氷が咲いた木に 見えましょうかね snow

 

 

 

 

 

Rimg0102

雪囲いの丸太にも 樹氷。

 

 

 

 

 

Rimg0129

雪囲いと言えば 今年、ヤマツツジの木が 雪に埋もれないのです。

それ程 雪が少ないのか?と言えば そうでもない。

隣の空地には 道路の除雪をした雪が

お隣の屋根の高さくらいに 積まれているし。

 

多いのかな、少ないのかな、と 首を かしげていますが

平年並みに降ってはいるけれど、降らない日も多いので

きっと 溶けているのだろう、と言う事で 納得することにしました (*゚▽゚)ノ

 

とは言え、雪が少なくて こんなにシバレると、

木も凍ってしまうのではないか と心配です。

 

 

 

 

 

Rimg0125

で、今朝の凍り具合ですが、

インターフォンのカメラも 凍り付いて よく見えませんでした。

 

 

 

 

 

Rimg0126

外灯も 凍り付いています。

こんな状態の金属に 素手で触ると、くっついてしまいます。

 

そう言えば 先日、土higeさんが話していましたが

鉄棒に スズメの足が くっついてしまって

誰かがレスキューしている動画が あったとか。

スズメさんたちは 素足ですもんね。

 

 

 

 

 

Rimg0128

火の気は ないけれど、リビングに隣接している部屋の換気口に

霜が付いたと言うか、凍ったと言うか ・・・ 。

さすがに こんなになったのを 見たことがないんですが

これは 気温が下がったと言うだけでなく

住宅の、何らかの条件が 重なったのではないかと 思っています。

 

 

 

 

で、上の写真を撮った 朝8時頃の気温なのですが

 

 

 

 

 

 

続きを読む "フリーズ!!"

| | コメント (6)

2017年1月11日 (水)

真冬の我がイナカ

2019年の元日に、皇太子さまが新天皇になり 元号も変わるのだと、
今朝の新聞にありましたし、テレビでも報じていましたね。
そうか、平成は もう、2年ないのだな。
 
 
「 内平らかに 外成る 」 。
「 地平らかに 天成る 」 。
 
「 国の内外、天地とも 平和が達成される 」 。
 
「平成」は、そんな意味だった。
 
あぁ、理想の元号だよね。
でも、平成の時代って、きな臭さと 災害のイメージが 大きい。
 
次の元号は 来年の6月くらいまでには決まるのだとか
何かのニュースに 載っていたけれど
漢字二文字、読みやすく書きやすい、
過去に使われていない、と言う基準のもと、
どんな元号になるのでしょ。
今度は 込められた願い通りの時代になるといいな と思います。
 
 
 
 
 
ここ2日程の 当地、我がイナカ。
 
冬将軍の冬休みも 終わったのか、
この時季らしい 空模様となっています snow
 
昨日は、土higeさんが帰京したのだけれど
列車や飛行機に 影響がある程の降雪は ありませんでした。
 
今日は、密度濃く 降っていましたね ・・・ 結構 積もりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_2495_1

今週始めに 土higeさんと

我がイナカの公園のひとつに建つ 公共施設に行って来ました。

その2階から見た風景です。

 

 

 

 

 

Dsc_2496_1

かなり広い公園では あるのだけれど、

その分、雪原も広くて この時季らしい 寒々しさ。

 

近くでは クロスカントリースキーの練習なども 行われていました。

 
 
 
 
 
 

続きを読む "真冬の我がイナカ"

| | コメント (4)

2017年1月 6日 (金)

早くも寒に入っちゃいましたね

Rimg0053

少し前に 今年に入ったばかりだったのに

昨日、早くも 寒に入ってしまいましたね。

 

寒なのだから、寒くしないと、ね ♪

と、でも 冬将軍は 思ったのか、

昨日の朝の気温は、マイナス16度 程、

日中でも、画像のように マイナス8度以上は 上がりませんでした。

 

とは言っても、この程度は まだまだ序の口。

と、思っていたら、今朝の最低気温は マイナス20度 超。

この先、どのくらいまで下がるものなのか snow

 

旭川の江丹別と言う場所が、今日の北海道で 一番 シバれた様子、

マイナス26,6度 ですって。

業務用冷凍庫か?! とでも言うような 温度ですわね。

 

 

 

 

 

Rimg0050

道の脇には、例年通りに 雪の山。

シバれると、表面がキラキラして キレイ shine

 

年明けしてから 雪は ほぼ降っていないけれど

この穏やかさが いつまで続くものかしら。

何せ、冬は これからが本番ですものね。

 

 

 

 

 

Rimg0046

いつもの オンコの木の上に積もった雪に

土higeさんが、お顔を付けていた ( ´艸`)プププ

雪の季節の お楽しみです ヽ(´▽`)/

| | コメント (2)

2017年1月 1日 (日)

頌春 ~ 2017 ~

Dsc_2477

皆さま、

あけまして おめでとうございます。

 

佳いお年を お迎えのことと存じます。

昨年は、なかなか更新出来ないにも関わらず、

たくさんの方に ご訪問頂き、さらに たくさんのコメントも頂き、

大変 ありがとうございました heart

 

今年は、無理のない程度に 出来る限り、

更新に 努めてまいりたいと思っておりますので

どうぞ よろしく お願い致します。

 

 

 

昨年末も 北海道との行ったり来たりで

画像を カード仕立てにすることも出来ませんでした。

 

そのアレンジは、12月のレッスンで作ったものです。

大きさは 50センチ超の 結構大きなもので

我が家のドアに掛けると、ドアの覗き穴?を 隠してしまうので

横にして かけましたが、それでも良かったです。

 

 

 

 

 

Dsc_2475

レッスンでの 本来の形は、細長い花器の上に固定して

テーブルなどに置いて飾る お正月アレンジでした。

 

我が家では 今年、玄関の お正月飾りを

作る暇も 手に入れる暇も なかったので、

これを ドア飾りにしたと言うわけです。

 

材料の お花は ほぼアーティフィシャルフラワー。

華やかで お正月らしいものを選びましたよ。

| | コメント (8)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »