« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016年9月10日 (土)

夏のアレンジ

この記事がアップされる頃には

花mameは、東京駅にいる頃でしょう。

今回は、予約更新に してみます。

と言うのも、タイトルに 「 夏 」 と付けたので、

早い方がいいかなぁ と思いまして♪

 
 

サクサクッと、書いて行きましょう。

 
 
 
 
 

Dsc_0457

いつも、アーティフィシャルフラワーのアレンジを送ってくれる

友人からの、夏のアレンジ。

ヒマワリとか、ピンクッションとか、大きな葉が 夏らしいです。

 

 

 

 

 

Dsc_1568

こちらは、6月に お客様を お招きした際に

お土産に頂いた 生花のアレンジ。

ビタミンカラーの お花に、白とグリーンの お花が

爽やかに 暑い夏のよう。

バラは 良い香りがしましたよ。

 

 

 

 

 

続きを読む "夏のアレンジ"

| | コメント (4)

2016年9月 9日 (金)

掛川観光 - 掛川花鳥園 -

えーと、仕事だの、台風だのに 阻まれて

延び延びに なっていましたが

明日、帰省の旅へ 向かいます。

また 3泊4日かけての 北上旅。

 

さて、今回は、どんな旅が 待っているのでしょうか。

それは、今年が終わる頃にでも ご紹介出来るでしょうかね ( ´艸`)プププ

 

そして、その後は 少し長く イナカに滞在予定。

また皆さんに 不義理をしてしまうかもしれませんが

いつものこと、と 一笑してくださいませ。

 

 

 

 

数日かけた 静岡旅行も、今日が最終日。

こういうのって、リアルタイムで お送りした方が

臨場感があって いいのにね。

 

いつもいつも数週間後で、鮮度が落ちてから って感が強いわ ( ´・ω・`)

 

 

 

 

 

Dsc_1950

本当は この日のランチに

この天竜浜名湖線に乗って、とある場所に 行く予定だったのだけど

掛川城が あまりに楽しくて、その時間が 無くなってしまったのでした。

電車の本数も 少なめなので、この線は また後日に乗ることに。

 

 

でも、まだ新幹線までは 時間がある。

 

と言うことで、駅前の看板を見ていたら

「 掛川花鳥園 」 なる施設を発見、しかも、歩いて行けそうな距離。

すぐに 向かいました。

初めての道で、ちと 迷いながらだったけれど、行き着きましたよ。

 

建物が、花mameの想像していたものより、大きくて ちょっとビックリ。

屋内エリアと 屋外エリアがある、結構 大がかりな施設でした。

 

 

 

 

 

Dsc_1965

実際と、ご紹介の順番は 違うかもしれませんが、ご容赦を。

 

これは、スイレンプール。

この上を、様々なインコが 飛び回っていました。

このプール、結構 広いんです。

スイレンは たくさんあったんですが、

広くて、お花が 画像のように点在して見えました。

 

 

 

 

 

Dsc_1969

ご存知、オオオニバス。

花も チラホラ見えました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "掛川観光 - 掛川花鳥園 -"

| | コメント (6)

2016年9月 8日 (木)

静岡旅行 - 掛川城観光 -

当地は朝から、降ったり止んだりrain

そんなわけで、蒸し暑い日となりましたが

この時間になって、風が強まり 肌寒いくらいになっています。

 
 

群馬の方では、大雨が降って 土砂災害などが発生している様子。

今年は いったい どうしたことでしょう。

日本全国 くまなく 色んな災害に 見舞われるなんて。

 
 

もう これからは、穏やかであって欲しい、と 心から願います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1906

前回の続きです。

タクシーで倉真温泉を出て、掛川城へと 連れて行ってもらいました。

木々の間から 天守閣が見えます。

 

掛川城は、戦国大名 今川氏の重臣 朝比奈氏の居城でした。

今川氏滅亡後は、徳川家康の家臣が入城、

家康が 関東に移ると、

豊臣秀吉 配下の山内一豊が 入ったとのことです。

 

江戸時代の掛川城は、徳川家康の異父弟の松平定勝や、その子、

江戸城を築いた 太田道灌の子孫の太田氏など、

譜代大名の居城として 栄えたそうです。

 

貴族的は外観を持つ天守閣の美しさは

「 東海の名城 」 と呼ばれましたが

嘉永7 ( 安政元年1854 ) 年の 安政の東海地震により

天守閣など 大半が損壊、

御殿、太鼓櫓、蕗の門などの一部を除き、再建されることなく

明治維新を迎え、明治2 ( 1869 ) 年 廃城となりました。

 

その後、御殿は 様々に使用されながら残りましたが

天守閣や本丸の跡など一帯は 公園とされて来ました。

掛川市民の熱意と努力によって

天守閣は 平成6年、140年ぶりに 木造で再建されました。

( 以上、パンフレットより。 )

 

 

 

 

 

Dsc_1911

大手門。

これは、平成7年に復元されたものだそうです。

 

 

 

 

 

Dsc_1908

近くには、こんな ジオラマが。

往年のお城の全容が わかるようになっています。

 

 

 

 

 

 

Dsc_1913

大手門の近くにある 「 太鼓櫓 」 。

あまりに近くから撮ったので、何だか わかりませんわね (;´Д`A ```

 

 

 

 

 

Dsc_1909_2

周りに 張り巡らされていた、塀の屋根は苔むして

何とも 良い趣きを醸しています。

 

 

 

 

 

Dsc_1914

どこから見ても 天守閣と言うのは いいですわね。

 

 

 

 

Dsc_1916

これ これ、これが 「 太鼓櫓 」 。

 

 

 

 

Dsc_1917

そして、二の丸御殿。

「 日本百名城に行こう 」 と言う本によると

「 掛川城随一の見所。文久元年 ( 1861 ) に再建された

書院造りの御殿で 藩主公邸 兼 政庁として使われた。

7棟20部屋からなる。 」

とのこと。

 

中では、とても開放感のある 大きなお部屋を

たくさん見ることが出来ました。

 

 

 

 

 

Dsc_1919

天守の窓から 瓦屋根を見ると

あら、金属の輪が。

瓦を直す時にでも使うのでしょうか。

 

 

 

 

Dsc_1920

入り口右手の、ちょうど塀が クキッと曲がっているあたりの下に

井戸があり、これは 「 霧吹き井戸 」 と言う名が付いていて

何でも、永禄11 ( 1568 ) 年から12 ( 1569 ) 年、

徳川家康が 今川氏實の立てこもる掛川城を攻めた時に

この井戸から 霧が立ち上って お城を包み込み、

家康郡の攻撃から お城を守った、と言う伝説が あるのだそうです。

伝説の井戸が 何故、手すりに隠れてしまったのだろう ・・・ (*´Д`*)

 

 

 

 

 

Dsc_1922

季節的に、あちこちに タカサゴユリが。

何だか、石垣の陰に隠れて、敵を迎え撃たんとしているよう。

 

 

 

 

 

Dsc_1930

こちらは、まるで鉄砲隊です。

 

 

 

 

 

Img_0501

先程の苔むした屋根のある塀のラインは こんなふうです。

 

 

 

 

 


続きを読む "静岡旅行 - 掛川城観光 - "

| | コメント (2)

2016年9月 7日 (水)

静岡旅行 - 掛川 倉真温泉 -

今日の当地は、朝のうち 雨でしたが
 
そのうち 晴れて来て、午後には 青空が見えるまでになりました。
 
気温は 32度程度でしたが、湿度が 高かった ヾ(;´Д`A
 
朝のお天気情報では、湿度82%とか 言ってたような ・・・
 
 
 
お風呂ですか?
 
あ、お風呂は 100%かしら?
 
 
 
 
 
 
さて、今日は そのお風呂、否 温泉の話です。
 
 
 
 
一昨日の記事にも書きましたが、
 
静岡出身の 同じマンションの方に、お聞きした温泉に行きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1869

倉真温泉 ( くらみおんせん )と言う温泉へ。

「 真砂館 」 と言う お宿に泊まりました。

創業120年の、ご覧のような 純和風の旅館です。

 

 

 

 

 

Dsc_1872

お部屋に 温泉が付いています。

別の場所には ユニットバスも ありましたが、

ここがあれば、使う人は いないのではないかしら。

 

湯船には、左側から お湯が入るように なっているのだけれど、

画像のように、たっぷり入っていれば お湯は止まっています。

湯量が減ると、出て来るんです。

どういうメカニズムで出て来るのか、何度も 試したけれども

わかりませんでした (*´ェ`*)

 

 

 

 

 

Dsc_1898

玄関に、小さな冷蔵庫と タオル掛け、

そして、これは 良かった、バスタオル掛け。

広げたまま 乾かせますもんね。

 

 

 

 

 

Dsc_1873

お座敷は、20畳だったかな、。

 

寝室は 4畳半。

小さな お庭風の場所を挟んで 手前には

鏡台を置いた 4畳の お部屋。

女性には 嬉しいですね。

 

 

 

 

Dsc_1875

床の間も 設えてあります。

 

 

 

 

 

Dsc_1889

これが 鏡台。

赤い毛氈が敷いてあり、

鏡に掛けてある布と 座布団カバーが 同じ柄。

女性度が上がりそう (*´σー`)

 

 

 

 

 

Dsc_1905

浴衣は、ロビーで 色浴衣が選べます。

もちろん、それに合わせた 帯も。

今回は 青に、矢絣っぽい柄と 撫子の付いた浴衣を 選びました。

 

 

 

 

 

Dsc_1891

なんと!

男性用も 選べますよ♪

 

 

 

 

 

続きを読む "静岡旅行 - 掛川 倉真温泉 -"

| | コメント (8)

2016年9月 6日 (火)

静岡旅行 その2

今日の当地は、最高気温が 34度程となりました。
 
いつまでも 暑い日が続きますが、
 
今年の我が家周辺は、猛暑日になったのが数日、と言うこともあり、
 
いつもの年よりも 涼しいのではないか、とも 思ったりしています。
 
 
 
今年は、寝室の場所を 角部屋に移したせいか、
 
風通しがよく、寝る時にクーラーも あまり使わなかったですし、
 
リビングでも 使ったのは 数える程度。
 
風も よく吹いた夏だったのかもしれません。
 
 
 
ところが、この9月に来て、
 
確か、一昨夜も 昨夜も 涼しかったと思うのですが
 
土higeさんの所だけ 雨が降ったかのよう・・・ rain
 
2日続けて 寝具の洗濯です。
 
なので、週間予報では 曇りがちだった空模様が
 
晴れてくれて、とても ありがたかったです。
 
 
 
そして、我が家では、そろそろ 帰省の時季なのですが
 
1度目は、土higeさんの仕事の都合で、
 
2度目は、台風12号で、
 
そして、3度目の正直、明後日には、東京を出よう、と
 
今日 相談を始めた時に、台風13号が発生し、
 
その出発予定の日に、関東に接近上陸の可能性が 出て来たとのこと、
 
「 3度目の正直 」 ではなく、
 
「 2度あることは 3度ある 」 、の方に なってしまいました ( ´・ω・`)
 
こんなに立て続けに台風が来る年も ないですよね ・・・ 。
 
 
 
 
低気圧の影響なのか、北海道では 大雨が。
 
利尻島などでは、50年に1度の 大雨とか。
 
いったい、今年は どうしたことなんでしょう。
 
 
 
この後は、穏やかな秋で あってほしいものだ と思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1810

さて、旅の続きです。

クマさんが ポツンと乗っているのは、「 静岡鉄道 静岡清水線 」 。

静岡市の 「 新静岡駅 」 から

「 新清水駅 」 までを走っている ローカル線です。

 

 

 

 

 

Dsc_1814

東海道本線や 東海道新幹線と

付いたり 離れたりしながら 走って行きます。

 

 

 

 

 

Dsc_1815

古い車両も ありましたが、レインボウカラーの 新しい車両もありました。

上の、クマさんと写っている車両が 新しいものですね。

 

 

 

 

 

Dsc_1818

広告塔のような 車両も。

 

 

 

 

 

Img_0446

これが 新清水駅。

ここから、少し歩くと 港に行き着き、

その近くには とても魅力的な市場が ありました。

まるで 水族館のように お魚や貝などが 生きたまま 売られていたり

お食事処のメニューも 美味しそうなものばかりshine

 

残念ながら、お腹の空きが なかったので

見るだけで 終わってしまいました。

 

 

 

 

そして、この日は 静岡市内のホテルに 泊まり、

翌日は、今年も 「 例の場所 」 へ、と 行きました。


 

 

 

 

 

続きを読む "静岡旅行 その2"

| | コメント (8)

2016年9月 5日 (月)

静岡旅行

今日も一日晴れて暑い日となりました。
 
この残暑はいつまで続くものやら・・・。
 
 
 
台風12号は、熱帯低気圧となったようですが
 
だからと言って安心出来るものでもないのかもしれません。
 
九州や山口などでは、大雨を降らせたようですから
 
くれぐれも 気を付けてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1573

あ~ 温泉に行きたい~ spa

 

と、思っていたのは 花mameだけでは なかったらしく

クローゼットの奥から、長年の眠りから覚めたクマさんも

一合升に入って 温泉に行きたい気持ちを アピール。

 

そんなわけで、土higeさんが 静岡旅行を準備してくれました。

 

同じマンションに お住まいの静岡出身の方が、

前々から 温泉を紹介してくれていたので、今回は そこに行くことに。

 

 

 

 

 

Dsc_1762

東京駅から 10時少し前の 「 こだま 」 にて、静岡へ向かいます bullettrain

上の電光掲示板、花mameたち 人間の目には

文字が白く見えるのだけれど、デジタルの目には

レインボーカラーに 見えていたのね。

 

昔、色の三原色とか、光の三原色とかって、習いましたっけ。

 

 

 

 

 

 

Dsc_1764

久々の東海道新幹線に乗って、さぁ、出発。

 

 

まずは 静岡市へ。

駅で、昼食を食べた後、駿府城へ 向かいます。

さぁ、攻めるぞ♪

 

 

 

 

 

Dsc_1779

まずは、巽櫓の前で 記念撮影。

 

 

 

 

 

Img_0420

駿府城は、今は 駿府城公園となっています。

敷地の中には、小学校や中学校が 建っています。

城内中学校と言う名前の学校も ありました。

 

画像は 二宮金次郎像。

どの学校のところで 見たんだったかしら。

最近、あまり見かけないので 珍しくて撮影してしまいました。

 

 

 

 

 

Img_0424

こちらは ・・・ (笑)

ひょうきん者の 喜多さん。

 

 

 

 

 

Img_0423

「 おいおい、喜多さん、人が見てるじゃあないか 」

なんて 言ってそう ( ´艸`)プププ

 

なぜ、彼らがいるか と言うと、

作者の十辺舎一九の生誕地が このあたりだから だそう。



 

 

 

 

 

Dsc_1781

折角ですから、記念撮影。

 

 

 

 

 

Dsc_1786

右側のビルが無ければ、

徳川家康が 大御所として、このお城に住んでいた時代に

タイムスリップしたような感じです。

 

 

 

 

 

Dsc_1790

園内を歩くと、

家康公が お手植えしたと言う ミカンの木がありました。

実際には 代替わりをしているのかもしれませんが。

木には、小さな青い実が 成っていました。

 

 

 

 

 

Dsc_1795

家康公です。

 

 

 

 

 

Dsc_1796

さすが、静岡だなぁ と思った風景。

道の脇の低木が、お茶の木。

しかも、 「 新芽を摘むな 」 と。

看板が無ければ、摘まれてしまうのですかね?

 

 

 

 

 

Dsc_1797

巽櫓から 真っ直ぐ 西の方角に、

坤櫓 ( ひつじさるやぐら ) と言う建物が あります。

方角的には、南西だそうで、だから 「 ひつじさる 」 と言うワケです。

 

この櫓は、安政元年に 「 安政大地震 」 で 崩壊したため、

平成23年12月から 25年12月まで 2年をかけて、

復元したのだそうですよ。

 

 

では、中に入って見ましょ。

 

 

 

 

 

続きを読む "静岡旅行"

| | コメント (10)

2016年9月 4日 (日)

自宅の植物たち - その4 -

台風12号が、九州北部に上陸の可能性が あるとのこと、
 
先日の大きな地震の後 と言うこともあり、とても 心配です。
 
そして、その後の進路も とても心配。
 
ここのところの台風が 立て続けに来た、東北や北海道に
 
影響がないことを 心から願います。
 
 
 
当地は、夜中から 雨が降ったり止んだりしていましたが
 
この時間になって、晴れて来ました。
 
気温は 28度程度ですが
 
湿度が高いのか、少し動くと 汗が流れます。
 
しばらくは 鬱陶しい空模様が続くとのことですが
 
今日も 雨の予報なのに晴れですから、どうなりますか ・・・ 。
 
 
 
 
 
 
 
 
今日の午前中に、初夏に掘り上げておいた、
 
フリージアの球根を 植えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_2104

でも、増えに増えた球根は、

大きめのプランターに 少し 窮屈なくらいに植えても

まだまだ、こんなに 残ってしまっているんです。

 

きっと 声をかければ、欲しいと言う方も いるのでしょうけど

う~ん ・・・ 。

 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1558

さてな。

7月上旬のことと、随分 前のことですが

スパイダーリリーに 2年ぶりとなる花芽が 上がってきました。

去年は お世話が おろそかだったのか、咲きませんで。

 

 

 

 

 

Dsc_1608

苞の中には、こんなに ツボミが。

 

 

 

 

 

Dsc_1594_2

だんだんと伸びて 大きくなって来ました。

 

 

 

 

 

Dsc_1613

開花。

「 リリー 」 と付くに相応しいような 良い芳香があります。

シベの様子も ユリに似ていますね。

全部で 8個だったかな、花が咲きました。

 

 

 

 

 

Dsc_1597

前にも ご紹介した、土higeさんのブロッコリーですが

なぜか 小さいものの、花芽が付きまくり。

 

 

 

 

 

 

Dsc_1724

一番頂点の物を そのままにしておいたら

こんなに伸びてしまいました。

 

 

 

 

 

Dsc_1725

こちらは、ニンニク。

花を そのままにしておいたら、どうやら 結実した様子。

随分と背が高くなっていたせいで、先日の台風で 倒れてしまいました。

 

「 そのままにしておいたら 」 が 多いですね。

我が家では 放置プレイが お約束 ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

続きを読む "自宅の植物たち - その4 -"

| | コメント (6)

2016年9月 2日 (金)

流山線に乗って

今日も 晴れの日、暑くなりそうです。

 

当地では、明日からしばらく  曇りや雨の予報が出ているので

貴重な晴れ間と なりそうです。

6月中旬の頃、土higeさんが 「 日本橋に行こう 」 と言うので、

そう言えば、お出汁も切れていたし、行って来ようか と

重い腰を上げました。

 

出かけたところ、どうも 行く先が 逆方向 ・・・ 。

これはまた 何か たくらんでおるな?

 

と思ったところ、案の定、南流山( みなみながれやま ) に 到着。

そこから 歩き続けると、こんな風景が。

 

 

 
 
 
 
 

Dsc_1451

お? 見慣れない電車よのぉ ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_1456

改札の外側から覗くと、何とも レトロチックな時刻表。

 

 

 

 

 

Dsc_1457

路線図に運賃表も 手書きな感じで いいなぁ。

しかも、路線図は 紐で吊ってあります。

 

 

 

 

 

Dsc_1458

ここは、流山鉄道 流山線の 鯵ヶ崎駅。

電車が来るまで 時間があったので、近所を 散策することに。

 

 

 

 

 

Dsc_0480

駅前に、何とも 昭和レトロな お店が一軒。

パン屋さんです。

中には、おばあさまが 店番を なさっていました。

 

 

 

 

 

Dsc_1473

せっかくなので、アンパンを所望。

柔らかな生地に、こしあんの甘みや量などが 絶妙。

うまし!でした。

 

 

 

 

 

Dsc_1459

花mame歩けば 猫にゃんに当る。

 

 

 

 

 

Dsc_1460

声をかけると、不機嫌そうな顔で振り向いた (;´▽`A``

どうやら、ご多忙だった模様。

 

 

 

 

 

続きを読む "流山線に乗って"

| | コメント (8)

2016年9月 1日 (木)

箱入り娘

台風10号の爪痕が、昨日朝になって明らかになり
 
特に、岩手と北海道の被害が とても大きくて
 
亡くなった方も 多数 いらっしゃった様子、
 
何とも やりきれない気持ちです。
 
 
 
昨日の当地は、晴れて 暑い一日には なりましたが
 
台風の余波なのか、朝からの強い風が
 
夜中になっても吹き続けていました。
 
 
 
早くも 今日から9月。
 
台風の季節とも言えますが、
 
もう 大きなものは 来ないでほしいと強く思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1333

6月だったかしら、

土higeさんが、屋形船に お誘いを受けて 出かけた時の頂き物です。

実は、花mameも誘われていたのだけれど、行けなかったので

主催者側で お土産として ご用意頂いたようでした。

 

この黒い箱の中身は ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_1334

綺麗な娘さんたち shine

 

 

 

 

 

 

Dsc_1341

大小、様々な色を 取り合わせての お花たち。

バラ、カーネーション、トルコキキョウが びっしりと。

ところどころに グリーン ( ポリシャスかな ) が アクセントとして入っています。

 

バラが たくさんなので、開けると フワッと いい香りがしました。

 

 

 

 

 

Dsc_1335

こちらは、プリザーブドのバラ。

わざわざ、この色を探してくれたのだそうで。

箱入りのお花たちが ピンクなので、良い組み合わせと思いました。

 

 

 

 

 

続きを読む "箱入り娘"

| | コメント (6)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »