« 静岡旅行 - 掛川城観光 - | トップページ | 夏のアレンジ »

2016年9月 9日 (金)

掛川観光 - 掛川花鳥園 -

えーと、仕事だの、台風だのに 阻まれて

延び延びに なっていましたが

明日、帰省の旅へ 向かいます。

また 3泊4日かけての 北上旅。

 

さて、今回は、どんな旅が 待っているのでしょうか。

それは、今年が終わる頃にでも ご紹介出来るでしょうかね ( ´艸`)プププ

 

そして、その後は 少し長く イナカに滞在予定。

また皆さんに 不義理をしてしまうかもしれませんが

いつものこと、と 一笑してくださいませ。

 

 

 

 

数日かけた 静岡旅行も、今日が最終日。

こういうのって、リアルタイムで お送りした方が

臨場感があって いいのにね。

 

いつもいつも数週間後で、鮮度が落ちてから って感が強いわ ( ´・ω・`)

 

 

 

 

 

Dsc_1950

本当は この日のランチに

この天竜浜名湖線に乗って、とある場所に 行く予定だったのだけど

掛川城が あまりに楽しくて、その時間が 無くなってしまったのでした。

電車の本数も 少なめなので、この線は また後日に乗ることに。

 

 

でも、まだ新幹線までは 時間がある。

 

と言うことで、駅前の看板を見ていたら

「 掛川花鳥園 」 なる施設を発見、しかも、歩いて行けそうな距離。

すぐに 向かいました。

初めての道で、ちと 迷いながらだったけれど、行き着きましたよ。

 

建物が、花mameの想像していたものより、大きくて ちょっとビックリ。

屋内エリアと 屋外エリアがある、結構 大がかりな施設でした。

 

 

 

 

 

Dsc_1965

実際と、ご紹介の順番は 違うかもしれませんが、ご容赦を。

 

これは、スイレンプール。

この上を、様々なインコが 飛び回っていました。

このプール、結構 広いんです。

スイレンは たくさんあったんですが、

広くて、お花が 画像のように点在して見えました。

 

 

 

 

 

Dsc_1969

ご存知、オオオニバス。

花も チラホラ見えました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_1993
 
さて、鳥さんたち です。
 
花mameの大好きな フクロウたちが たくさんおりました。
 
このコは ウィンクをしているかのよう。
 
シロフクロウです。

 

 

 

 

 

Dsc_1995

人生 ( 鳥生? ) 悟り切ったような お顔をしていらっしゃる、

カラフトフクロウ。

 

 

 

 

 

Dsc_1998

つぶらな瞳、フワフワの羽毛。

このコは コノハズクだったかな。

ガラス越しなので 無理ですが、触りたい衝動に 駆られます。

 

 

 

 

 

Dsc_1961

可愛い このコたちは 「 ワライカワセミ 」 。

オーストラリアで 一度 出会っています。

こちらが笑いたくなるような 可愛らしさは 相変わらず。

 

 

 

 

 

Dsc_1975

シロクジャク。

いや〜 美しい shine

まるで 雪の女王みたいです。

羽を広げると、さらに 美しいのだろうなぁ。

 

 

 

 

 

Dsc_1976

置物のように 何時間も動かないことで 有名な ハシビロコウ。

何時間も お付合いするワケにも いかないので

少し見てから 移動しました。

 

 

 

 

 

Dsc_1985

オオハシとトキの水辺、と言う場所。

様々な鳥のお部屋?が あったのですが、

全て 放し飼い状態なので、頭の上を ビュンビュン飛ぶし

そばに寄って来るし、で

鳥好きさんにも、鳥が苦手さんにも

相反する意味で 「 たまらない 」 場所です。

 

餌を売っていて、餌やりをすることも出来ます。

餌を持っている人の 袖や服の裾を、クチバシで引っ張るのが

何だか 可愛かったわ♪

 

 

 

 

 

Dsc_1989

屋外エリアの、エミュウ。

なぜ、こんな写真しかないのか ・・・ (*´Д`*)

 

 

 

 

 

Dsc_1986

そして、花mameが、ここで一番 食いついたのが

この 「 ヘビクイワシ 」 。

はい、ワシなのです。

 

 

 

 

 

 

Dsc_1987

この 足の長さ、この カラーリング、

スタイリッシュで とてもステキだと 思いませんか。

さっきのシロクジャクも 美しいですが

花mame的には、この鳥が 一番 美しいと思うんです。

この画像では、美しさを 十分 表現し切れていないので

ご興味の向きは、ググってみてくださいませ ♪

 

この長い足で キックを繰り返して ヘビと闘うのですよ。

とは言っても、ヘビを専用に食べる訳でも ないようです。

 

ここでは、結構 写真を撮ったんですけど

載せると 切りがないので、こんなところで。

 

鳥好きさんには、是非、実際に 見て頂きたいと思います。

花mameも また行って、

今度は じっくり触れ合って来たいと思っています。

 

 

長々と お付合い頂き、ありがとうございました。

|

« 静岡旅行 - 掛川城観光 - | トップページ | 夏のアレンジ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
前記事との併せコメントで失礼いたします。
 
二度あることは三度あるの出発延期となっていらした北上旅へ、
ついに明日ご出発されるのですね。関東は明日まではまぁまぁのお天気でしょうか。
北上されるにつれ、北の方のお天気が晴れで迎えてくれると良いですね。
お気をつけて、そして楽しい旅と北海道でのご滞在を。
 
前記事よりの掛川観光、まずは「掛川城」。
徳川家康の異父弟が… のくだりで、そういえば家康公の兄弟については
何も知らないことに気付きました。子供たち兄弟については
色々な名前を見聞きしてきましたが。そうか、家康公の兄弟もいたのですね。
周辺住民の皆さまの熱意が実っての掛川城天守閣の再現、よかったですね。
それも、ただ形を作ればいいというのでなく往時の趣をちゃんと考えての
再現という感じが良いなぁと思いました。行ってみたいです~
 
そして、今記事でご紹介くださった掛川花鳥園。ここも楽しそうですねぇ。
(こちらでスイレンをごらんになったのですね ^^)
鳥たちとそんなに近くで会うことができるんですか。餌ちょーだいって
袖を引っ張られる?? ぅわーん 引っ張られたーい♪
オオオニバスも面白いですけど、鳥さんとの触れあいにいたく惹かれます。
ヘビクイワシ 以前TV番組でチラと見たことがありますよ。
ちゃんと見られなかったので生態など知らないままですが、姿はわかります。
スリムで長い脚(羨ましいゾ)ハッキリした色使いで、レギンス
はいているような…。すっかり忘れていた鳥さんを思い出させていただいて、
もっとよく知りたくなりました。
フクロウたちも良いですねぇ。フクロウ・カフェで羽に触れた
あの柔らかさが蘇りました。また触りたい~ うぅ~動物に触りたい~~
 
掛川、とても行ってみたくなっております。
旅行記の鮮度が落ちている? いいえ、そのようには全然感じません。
いつもながら、旅にご同行させていただいたような楽しさを
ありがとうございました♪
 
それでは、いってらっしゃいませ~ (^^)/
 

投稿: ポージィ | 2016年9月 9日 (金) 17:16

>ポージィさま
 
こんばんは♪
 
いえいえ、前の記事も ご丁寧に読んで頂いて ありがとうございます heart04
 
掛川城。
こう言う きっかけで、歴史に興味を持ったり
さらに勉強を深める人も 少なくないのでしょうね。
おっしゃるように、教科書に出て来る人物以外にも
当然、関係者がいるのですものね。
 
ホントに、天守閣って お城の代名詞みたいなものですし
往年の姿を見て、その時代を思うことが出来ますから♪
掛川市民の熱意と努力に感謝です。
 
花鳥園。
うふふ、ポージィさんなら きっと楽しめると思いますよ〜。
ここに一日いても、きっと飽きないと思います。
姿形、色、生態の様々な鳥たちが 一度に見られるんですもの。
餌やり してみたかった〜。
 
それと ヘビクイワシは 後で検索してみましたら
「キックちゃん」と言うらしいです。
長い足で(羨ましいゾ)キック、キックするからでしょうね。
お、ポージィさんも テレビでご覧になりましたか (o^-^o)
 
フクロウだけでなく、ワシとかハヤブサなども おりました。
フクロウを触った経験のあるポージィさんですから
触りたくなる気持ちが わかって頂けるのだと思います。
 
掛川、是非 お出かけくださいませ。
お城と花鳥園だけでも 行く価値は十分にあると思います (*^ー゚)b
 
それと、明日から出かけてまいります。
また、なかなかパソコンを立ち上げられない日々となりますが
立ち上げた時には、遊びに行かせて頂きますね。
 
今日も とてもご丁寧なコメントを ありがとうございました heart04
 
では、行って来ます (◎´∀`)ノ

投稿: 花mame | 2016年9月 9日 (金) 17:56

こにゃにゃちにゃん

「3泊4日かけての 北上旅」でしたか~♪
今回も列車でもご帰省でしょうかな。
ビューンと移動できるのも便利ですが、ご実家まので道のりも旅行ですと、喜びも何倍にもなりそうですなあ。
旅行記、楽しみにしておりまっする。

静岡の旅・・・いよいよ、大詰めですな!
「掛川花鳥園」
まるで楽園ですな~。
ああ、トリリンがいっぱいだ。
花mameちゃんは、フクロウ好きと、メモメモ・・・。

カワセミって、カラフルなイメージでしたが、ワライカワセミって落ち着いた色合いなのですなあ。
ゴン太は、小学校か幼稚園で教わった「歌」でしか知りませんでしたが、花mameちゃんは、オーストラリアで会ったことがあるのですな!
野生のワライカワセミさんでしょうかな?

>餌を持っている人の 袖や服の裾を、クチバシで引っ張るのが

ああ、なんてステキなところでしょうか!
ゴン太も、ツンツンされたいです。
トリリンズの可愛さに負けて、鳥の餌を大量に購入しちゃいそうな施設ですな。
ぷぷぷっ。

ヘビクイワシ。
某国営テレビの動物特集番組で、見たことがありますですよ。
細い足で、バシバシとヘビを仕留める姿は、なかなかカッコイイのですよなあ。
見た目は綺麗ですが、勇敢なハンターですよなあ。

>天竜浜名湖線

おっ。
次回、静岡を訪れる楽しみができちゃいましたですな♪

投稿: ゴン太 | 2016年9月15日 (木) 13:07

こんばんは。
チョコッとご無沙汰してるうちに、北海道ですか!!
お忙しいですね。
今年の北海道は台風で大変な被害が出てるようですが、ご実家の方は大丈夫でしたか。

掛川花鳥園には行ったことはないのですが、富士花鳥園には行ったことがあります。
フクロウファンには、最高のところですよね。
このブログを拝見して、また行きたくなりました。

↑のアレンジメントも素敵です!!

投稿: ソングバード | 2016年9月16日 (金) 20:58

>ゴン太さま
 
こちらにも!
本当に ありがとうございます ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
 
はい、3泊4日の北上旅、今年も あちこち寄りながら帰って来ました。
旅行記用の写真データは 土higeさんから もらっているのですが
いかんせん 膨大な枚数、まだ整理する時間がありませんで
もう少しの間 お待ちくださいませ♪
 
掛川花鳥園。
まさに鳥の楽園、鳥好きさんたちも たくさん来ていました。
もう少し時間があれば、鳥さんたちと触れ合えたのに。
クチバシで引っ張ってほしかったです~。
なので、いつか再訪してみたいものだと思っています。
餌は山ほど買いそうなので、そこのところは気を付けないと。
 
フクロウさんが大好きなのですよ~ しっかりメモしておいてくださいね (*^ー゚)b
ワライカワセミは、シックな色合いですよね。
オーストラリアでは、動物園で出会いました。
その時、「本場」のカンガルーやコアラとも会ってきましたよ。
あは、花mameもゴン太さんと同じく、「ワライカワセミに話すなよ~」の歌が
頭の中でグルグルしてしまいました。
 
ヘビクイワシ。
おっ、ゴン太さんも ご覧になっていましたか!
あの番組では ヘビクイワシの魅力を最大限に紹介していましたね。
美しくも勇敢なハンター、なんて素敵なんでしょ shine
 
次回、静岡に行った時には 天竜浜名湖線を ご紹介出来るといいなぁと思います。
 
今回もご丁寧に読んで頂き ありがとうございました heart04

投稿: 花mame | 2016年10月13日 (木) 00:34

>ソングバードさま
 
こんばんは☆
 
お返事が大変遅れてしまいまして 申し訳ありません!
あぁ、もう少しで 1か月たつところでした。
 
北海道でも東京でも
何だかバタバタしているうちに 移動の時期となってしまいます。
落ち着いて思い返してみても、
いったどうしてバタバタなのだろう?と思ってしまいますよ (;´д`)トホホ…
 
台風の ご心配 ありがとうございます。
お陰様で、我がイナカは 何事もなく通り過ぎたようですが
他の地域の被害が大きくて、もろ手を挙げて喜ぶわけにもいきません。
間もなく冬なのに、いまだ被害の傷跡は癒えていないのです。
 
富士花鳥園と言う場所もあるのですね。
きっと、掛川と同じく鳥の楽園のような場所なのでしょうね。
機会があれば 一度訪問してみたいものだと思います♪
 
アレンジの方も見て頂き ありがとうございます shine
 
いつもコメントを ありがとうございます heart
なのに、お返事が遅れてしまって 本当にすみませんでした。

投稿: 花mame | 2016年10月13日 (木) 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡旅行 - 掛川城観光 - | トップページ | 夏のアレンジ »