« ブルーファンタジーのリース | トップページ | 自宅の植物たち - その3 - »

2016年6月17日 (金)

リースの制作過程

今日は、朝から快晴の当地、気温も グングン上がり up
 
結果、30度超えと なりました。
 
日射しも 結構 強めだったので、さすがに暑かったです sweat01
 
洗濯物を片すのには 最高の一日。
 
明日も 引き続き、梅雨の晴れ間となるようですから
 
有効に使って行きたいものです sun
 
 
 
さて、レッスンで作った、昨日のリースは
 
友人が気に入って お持ち帰りしましたので、
 
自宅で、もうひとつ 作ってみました。
 
今日は その過程を載せてみましょう。
 
アレンジの制作過程のアップは、
 
いつぞやの ハロウィンアレンジ以来 2度目かな (゚▽゚*)
 
 
 
 
 

Dsc_1416

こんな リング型の吸水性スポンジを 使います。

 

全ての吸水性スポンジに 言えることですが

水に浸ける時は、水の上に そっと置いて、自然に沈むのを待ちます。

 

リング型の場合は、下にプラスチックの台が付いているので

その台の中に そろそろと 水を入れて行き、

後は 沈むに任せます。

無理に 水の中に抑え込むと、スポンジの中に空気が残って、

そこには もう水が染み込むことがないので

気を付けて行きたいところです。

 

水から上げたら 把手の部分を 上にして置いて、

スポンジの角の部分の 面取りをします。

花材を 満遍なく挿すために 大切なことです。

 

 

 

 

 

Dsc_1417

ブルーファンタジー ( 以下 ブルファン ) を

10センチ程度のサイズに カットします。

必ず、右端のような 小さいサイズのものが出来るので

これは 大事に取っておきます。

 

 

 

 

 

Dsc_1418

12時、3時、6時、9時の部分に

ガイドとして 1本ずつ ブルファンを挿します。

時計回りに 流れを作って行きたいので、

左側から 茎をスポンジに挿します。

 

その間、間、と 埋めて行くと バランス良く挿して行けますが

手慣れた人は、

リングの内側から挿しても、

1か所をスタート地点として 一方向に挿して行っても 構いません。

 

出来るだけ 円を崩さないように、

内側の穴を 埋めてしまわないように

スポンジが見えないように リングの内側も外側も 挿して行きます。

 

 

 

 

 

Dsc_1419

今回は、スポンジと 挿した場所との違いが わかりやすいように

一か所から 一方向に 挿してみました。

 

 

 

 

 

Dsc_1420

ブルファンを 1本全て 挿したところです。

少しだけ足りません。

教室の見本も そうでしたし、

生徒さんも 1本半くらい、と おっしゃっていましたので

これが 今回の花材の適量なのでしょう。

 

 

 

 

 

Dsc_1421

リングの外側も内側も スポンジやプラスチックの台が

出来るだけ見えなくなるように

流れは意識しつつ、下から 挿し上げるようにします。

 

 

 

 

 

Dsc_1422

こんなふうに 隠れて行きます。

 

 

 

 

 

Dsc_1424

少し スポンジが 透けて見えていますね。

 

 

 

 

 

Dsc_1425

その時、小さいパーツが 役に立ちます。

小さい分、大きなパーツの時より 奥に挿し込めるので

スポンジが見えにくくなります。

 

 

 

 

 

Dsc_1426

だいたい挿せました。

 

 

 

 

 

 

Dsc_1432

基本のリースに、

アクセントとして、スイトピーと マメグンバイナズナを

バランスを見ながら 挿して行きます。

 

ブルファンにしても マメグンバイナズナにしても

少しだけ 円の縁から飛び出させると ナチュラルに見えますよ。

 

 

 

 

 

Dsc_1434

スイトピーのツルや まだ開いていない若い葉が

なかなか いい味を 出してくれるのです。

 

最後に、まだスポンジが透けている場所があれば

小さなブルファンのパーツを 挿して行きます。

 

 

 

 

 

Dsc_1433

出来上がりは 如何でしょう。

 

しばらくは 霧吹きで 水を与えながら楽しみ、

スイトピーの花や葉の様子を見て 水を切り、

スポンジが乾燥すれば、ドライでも いけるリースかな~ と (o^-^o)

 

また 良い状態にドライになったら ご紹介することに致しましょ (◎´∀`)ノ

|

« ブルーファンタジーのリース | トップページ | 自宅の植物たち - その3 - »

花 - アレンジ」カテゴリの記事

コメント

リース、とっても素敵ですねnote
作製過程をUPくださったので、
トライしてみようかなって(*^ω^*)ノ彡
ドライリースになれば、それもまた素敵かも^^

投稿: genburu | 2016年6月18日 (土) 07:57

こんにちは(^^)
今日もよいお天気、昨日よりさらに暑くなりそうですね!
きっと洗濯物ももう乾いたことでしょう。
 
昨日のお返事コメントで、リースの制作過程を見せていただける
とのことで楽しみにしていました。こんなにすぐに見せていただけるとは。
喜びもさらに up です。
前記事の出来上がり作品を拝見したとき、形の美しさにもほれぼれ
してました。ご自宅でのこちらの作品もやっぱり綺麗。
お仕事が丁寧なのですね。私はたいていいびつになります~
作業はのろいのに… coldsweats01
草原をイメージされたというこのリース、ブルファンの細かなお花で
流れもよく見えて、色とも相まってまさしく草原を流れていく
風の動きが見えるなぁとあらためて拝見しました。
とっても楽しかったです。ありがとうございます heart

投稿: ポージィ | 2016年6月18日 (土) 11:02

こんにちは。
暑いですね~!!
埼玉では、午後、熱中注意報が出ましたよ!!

なるほど、こんな風に作るんですね。
このように種明かし(?)をしてもらうと、よく分かります。
でも、さすがにセンスがないと、出来上がりにだいぶ差がでそうですね。

投稿: ソングバード | 2016年6月18日 (土) 14:46

>genburuさま
 
こんばんは☆
 
ありがとうございます heart
おぉ、作ってみようと思ってくださいましたか!
嬉しいです ヽ(´▽`)/
是非、作ってみてくださいませ♪
 
あぁ、手元に花材が たくさんありますから
お近くなら お渡ししたいくらいです・・・。
直径20センチのリースなら1〜2本で出来ると思います。
アクセントのお花は、お庭にお花があれば
それでも いいでしょうし、
ブルファンだけでもキレイなものですよ shine
 
コメントを ありがとうございました heart04

投稿: 花mame | 2016年6月18日 (土) 21:06

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
今日も昨日より更に暑くなりましたね sweat01
当地は 猛暑日手前まで行ったようです。
どうりで暑かったはず。
でも、おかげで今日は 寝具などの洗濯物が短時間でカラッと乾きました。
ポージィさんの所も そうだったことでしょう♪
 
制作過程。
楽しみにしていてくださったとのこと、嬉しいです ヽ(´▽`)/
ご期待に沿えるような内容だったでしょうか (*´ェ`*)
 
いえいえ、仕事が丁寧なわけではないのですよ。
きっと これは「慣れ」なのだと思います。
昔 作っていたものは、丸いリースが四角に、
四角に作ろうと思うと丸くなってしまっていましたもの。
仕事に教えられて来たのでしょうね (o^-^o)
 
わぁ、風の動きが見えましたか!
その お言葉を頂いただけで、今回のリースは成功だったなぁと思います shine
 
こちらこそ、ステキなコメントを ありがとうございます heart04

投稿: 花mame | 2016年6月18日 (土) 21:15

>ソングバードさま
 
こんばんは☆
 
暑い一日でしたね〜 sweat01
御地では猛暑日になった所も少なくなかったのではないでしょうか。
梅雨時なのに あまり雨は望めないようなことが伝えられていました。
暑い日もあることでしょうから、熱中症には十分な注意が必要ですね danger
 
はい、リースは基本、このように作って行きます。
うふふ、確かに種明かし ( ´艸`)プププ
意外に簡単なのだなぁ と思われる方も少なくないことと思いますよ♪
悩みどころは花材の選定なので、それが揃ってしまうと
今回の場合は どなたでもステキに作れると思います (*^ー゚)b
 
いつもコメントを ありがとうございます heart04

投稿: 花mame | 2016年6月18日 (土) 21:22

実は、下の記事拝見するまえにこの記事を拝見したのですが、
パソコンの調子が悪かったみたいで、
コメントをアップできなかったのですよ。
本日は、うまく行きそうなきがするので、
あっぷしてみますです!

おはようございますにゃん
本日も、梅雨の晴れ間で、お暑くなるようですなあ。
シャトーの方では、真っ青なお空が広がっておりますが、
お江戸の方も、きっと良いお天気でしょうなあ~。

>ブルーファンタジー ( 以下 ブルファン ) を
>10センチ程度のサイズに カットします。

!!!
まだ、下の記事を拝見していなかったものですから、
まさか、完成品のように、スポンジ全体を埋めるほどの本数を、10センチサイズに切り、
それを、1本1本、さしていくだなんて、想像だにしませんでした!
すごく手間をかけた作品なのですなあ~。
ベースが見えなくなるまで、さすということに感動しましたですよ。
しかも、こんなにスケスケの小さなお花を!

完成品のリース。
素朴な風合いのお花を使って構成されているのに、
作品の世界、というか、広がりというか、
うまく表現できないのですが、
物語?奥行き?を感じられるのは、花mameちゃんが、丁寧に作られたからなのですなあ。

ちょっと良い意味でのショックを受けて、
いつもにまして意味のわからないコメントになってすみませぬ。
とにかく、すごいリースだ、と感じましたです。

投稿: ゴン太 | 2016年7月 4日 (月) 08:17

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
相変わらずのバタmameで、いつものことながら お返事の遅れ、申し訳ないです ( ´・ω・`)
 
そして、ゴン太さんのパソコンのせいなのか、
当ブログの問題なのか、
コメントが繁栄されなかった由、
何度も お手間を取らせてしまい、重ねて申し訳ありません ( ´・ω・`)
 
コメントを頂いた日も 本日も
梅雨明けを待たずして暑い日となりましたよ。
今日など、東京都心では 今年初の35度超だそうですよ。
更に お暑い お土地柄の御地は、いかばかりかと お察しいたします。
 
さて、リースに感動して頂き、ありがとうございます heart
完成品を見るだけよりも、その過程を見ると
作った本人も よくやったなぁ、なんて思ったりもしますよ (゚▽゚*)
 
そう、小さな花を ひとつひとつ挿して 埋めて行くと考えると
大変そうですが
結構達成感も あったりするので、無口にはなりますが 苦行ではないのですね。
それと、花を真っ直ぐ立てて挿すのではなく
斜めに挿して行くので、1本で埋まる面積も 意外に広かったりします。
 
完成品に 奥行きや物語を感じて頂き、ありがとうございます!
いえいえ、丁寧に、と言われますと お恥ずかしい限りです (*´ェ`*)
 
お花のアレンジは どれも好きなのですが
特に リースが大好きなのです。
生花だけでなく、例えば トウモロコシの皮などのドライものであるとか
スズランテープやチキンネットなどの異素材でも作ることが出来ますし
それこそ、物語を仕込むことも可能ですから (o^-^o)
いつかまた、そんなリースを ご紹介出来たら、と思います♪
 
いつもご丁寧な、そして 飛び上がって喜んでしまうようなコメントを
ありがとうございます ヽ(´▽`)/heart04

投稿: 花mame | 2016年7月 7日 (木) 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーファンタジーのリース | トップページ | 自宅の植物たち - その3 - »