« 花束が束になって | トップページ | 土higeさんのブロッコリー »

2016年6月10日 (金)

花束の その後

関東も、とうとう 梅雨に入りましたね。

一昨日は 晴れたので、洗濯機を フルに回して お洗濯やら

あちこちの お掃除やら。

昨日は、雨が降る降る と言われながらも、曇りの時間が長かったので

網戸の掃除と ガラス拭きを 致しました。

 

自分の都合ではなく、お空の都合 優先なので、

体調云々は 二の次、

夜は 泥のように眠ってしまいます。

 

梅雨時は 体調管理も難しいので、気を付けていきませんと、ね。

 

 

 

さて、先日の花束の その後のことです。

それぞれの花束ごとに 花器に入れて 楽しんでいましたが

やはり 生もの、しおれたり 散ったり 枯れたりと

だんだんに 花数も少なくなっていきます。

 

 

 
 

Dsc_1174_4

薄いピンクから紫のグラデーションの花束は

トルコキキョウ、テマリソウ、ドラセナだけに。

 

 

 

 

Dsc_1176

ビタミンカラーの花束は

トルコキキョウ、スプレーカーネーション、ドラセナだけに。

 

 

 

 

 

Dsc_1175

ブーケ風のものは、

レモンリーフ、リョウブだけになったので

トライアッドの 花束に入っていたカーネーションを

一緒に挿しました。

 

ちなみに 上3つの花器は 手作りです。

 

 

 

 

 

Dsc_1181

蝶の花器に入った、花の茎を切っていたら 短くなって来たので

少し 背の低いものに入れ替えました。

この花器の中には ガラスのコップが 落としとして入っています。

 

 

 

 

 

Dsc_1221

赤いカーネーションが ダメになったので

白いトルコキキョウに替えました。

 

 

 

 

 

Dsc_1180

トライアッドの赤いバラと スノーボールが 水落ちしていたので

短く切って 小さなガラスのベースに 活け替えました。

白いトルコキキョウも 1本 足してみましたよ。

 

 

 

 

 

Dsc_1206

シックな色合いの花束も、ここまで 減ってしまいました。

一番最後まで 数の残ったものでしたが

 

 

 

 

 

Dsc_1220

よぉく 見ると、トルコキキョウの花弁の端は 茶色く傷んでいるし、

アルストロメリアは、ツボミが 水の中で咲いたものなので

小さかったり、花弁が 全て大きく なり切れなくて、

形が それらしくないのです。

 

はて、花と言うものは どこまで楽しめば いいものやら。

 

見た目の美しい状態で 終わらせるなら、

花弁の端に 枯れが出たり、花としての 形が崩れたりした段階で

サヨナラしてしまうものなのでしょう。

 

最後まで 花としての命を全うさせるのなら、

枯れようが 花弁が落ちようが 形が崩れようが

花としての形が 残っている限り

茎の裾を切り、水を換えて お世話を していくものなのでしょう。

 

花mame、後者を選びました。

前の記事にも書いたように、贈ってくださった方達の

気持ちが こもっているからです。

 

 

 

 

 

Dsc_1222

でも、これはこれで キレイではないでしょうかね。

 

老いて ( ? ) も、なお美しく。

あぁ、いつも植物には 教えられることが多いものです。

 

 

 

 

 

Dsc_1191

とうとう 散ってしまった アルストロメリア。

 

でもね。

贈ってくださった方の心が 残っているでしょう。

花びらが ハート形ですもの heart

 

 

 

 

 

Dsc_1210

こちらは、シックな花束に入っていた オンシジューム。

とても良い香りが したのですよ。

 

 

 

 

 

Dsc_1178

これも 短くなって、こんな 小さな花器に移されました。

 

 

 

 

 

Dsc_1223

で、命尽きましたが

こんな昆虫、どこかにいるなぁ、なんて思いましたよ ♪

 

翅を広げた 甲虫?

ハナカマキリ?

 

花が落ちても、まだ 楽しませてくれるなんて

素敵な お花です。

 

 

 

 

 

Dsc_1215

ツボミから咲いたトルコキキョウは 洗面台に飾りました。

花器は たまり醤油の空き容器のペットボトル ( ´艸`)プププ

ちょっとグレードが下がっちゃったかな。

でも、そうは見えないでしょ?見える?

 

 

 

 

 

Dsc_1232

レモンリーフを足してみた。

 

 

 

 

 

Dsc_1170

お気付きですか。

レモンリーフに 花が咲いていました。

スズランのような形の 可愛らしい花です。

 

全てが枯れ切るまで 約20日ほどでしょうか。

花を楽しみ、どう活けるかを楽しみ、思いもかけない変化を楽しみ。

あ〜 お花って いいものだわ、と 再確認しました。

 

 

そうそう、5月のレッスンアレンジも

同じように 楽しみましたよ。

 

ヒマワリや ガーベラの首が垂れたら

下のモスの間から咲いたように 挿し直して

枯れたら抜いて ・・・ を 繰り返し。

スプレーバラは、長い茎で 水を吸い上げられなかったのか

気が付いたら ドライになっていました。

 

 

 

 

 

Dsc_1242

最終型が これです。

ドライのスプレーバラと マイクロカーネーションを お庭のように挿し、

ミスカンサスを バスケットの把手に見立てて 作り直しました。

これで まだしばらくは 楽しめそうですよ shine

|

« 花束が束になって | トップページ | 土higeさんのブロッコリー »

花 - アレンジ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 花束のお花たちは第二の花道に飾られて
喜んでいることでしょう。
ステキsign01さすがだな~と思っております。
花器もお手製とは恐れ入りました。
最後までお花を愛していらっしゃるお気持ちが
伝わって参りましたよ。
少しでも見習わなくては・・・。

投稿: マコママ | 2016年6月10日 (金) 12:23

こんばんは
 
今日は梅雨の晴れ間になりましたね。朝からお日さまが顔をだし、
気温もグングン上昇。午前も午後も出かける用事があって、
たっぷり汗をかきました。体温調節機能OK!
空気は意外と乾き、風もいい具合にあったので、
暑くなったとはいえ、私にとってはこれくらいの気温は
心地よい範疇の暑さでした。
 
いや~ 花束たちもアレンジメントも、楽しみきられましたね。
素晴らしいです。お花たちも本望、贈って下さった方たちも
これをお知りになったらどんなにか喜ばれることか。
どんどん姿を変えていく花束たちの、花合わせや器との映り、活け方、と
私もとっても楽しませていただきました (*^^*)
 

投稿: ポージィ | 2016年6月10日 (金) 18:18

>マコママさま
 
こんばんは☆
 
いつも こんなふうに
ちゃんと お世話をしてあげられればいいのですけど
諸般の事情で なかなか そうも行きません。
毎日見ていると
普段 気付かないような変化が見つかったりしますね。
 
ステキに見えたら嬉しいです。
でも、お花の力に負うところが大きいのですよ (*´ェ`*)
 
実は、ブログを始めたのは
手作り陶器の ご紹介をしよう、と思ったからなのですが
最近は すっかり消え失せてしまっています (;´Д`A ```
たまぁに、ご紹介しておきませんと
自分でも忘れてしまいそうなものですから ( ´艸`)プププ
 
いつも ありがとうございます heart04

投稿: 花mame | 2016年6月11日 (土) 20:15

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
コメントをくださった昨日と今日は
梅雨の晴れ間となりましたね sun
ポージィさん、昨日は一日お出かけの日だったようですね。
花mameは ほぼ在宅だったもので、外気の暑さとのお付合いは なかったのですが
厚手洗濯物も すっきりと乾いたので
お出かけで たっぷりと汗をかいたと言うのは
よくわかります。
暑さの中、しっかりと汗をかけるのは
身体が ちゃんと季節に付いていっている証拠ですね (*^ー゚)b
乾いた空気に 風があって、と言うのは
きっと 気持ちの良いものだっただろうと思います♪
日中に お出かけすれば良かったなぁ (゚▽゚*)
 
ラニーニャの影響で酷暑が予想されている夏、
個人的には このくらいの暑さで済んでほしいものだなぁ、なんて
都合の良いことを考えたりしています。
 
花束にアレンジメント。
はい、楽しみきりました ヽ(´▽`)/
毎度、このくらい しっかりと お世話をして
お花を楽しめばいいのに・・・
なかなか そうも行きません (*´ェ`*)
ポージィさんも 楽しんで頂けたとのこと、
嬉しいです shine
 
お忙しい中、いつも ありがとうございます heart04

投稿: 花mame | 2016年6月11日 (土) 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花束が束になって | トップページ | 土higeさんのブロッコリー »