« 季節の せめぎ合い | トップページ | リスさんと大きな木 »

2016年4月19日 (火)

春すすむ

熊本、大分の地震。

毎日、間を置かずして続く揺れに

皆さん、生きた心地がしないことだろうと 案じております。

毎度のことながら 何も出来ない我が身を 恨めしくさえ思います。

 

何を言っても 薄っぺらな感じがして

かける言葉も見つからず

早く早く、治まりますように、と祈るばかりです。

 

 

 

 

 

当地は、冬と春を行き来しながらも 季節は進んでいます。

 

 

 

 

 

Dsc_0943

またもやの クロッカス畑。

 

 

 

 

 

Dsc_0944

白に紫の筋が入った花が 咲いていました。

 

 

 

 

 

Dsc_0945

例の、コンクリートの穴から出て来たコも しっかりと開花。

強いものですねえ。

 

 

 

 

 

Dsc_0938

南側の窓の下に 白いクロッカスの 「 群れ 」 。

枯草が 巣のようで

幼鳥が 口を開けているようにも見えます。

 

 

 

 

 

Dsc_0932

ヒマラヤユキノシタのツボミが 出て来ています。

雪が融けて すぐ こんな状態と言うことは

雪の下にあった頃から 花芽が出来ていたのですね。

 

 

 

 

 

Dsc_0940

水仙の芽の行列。

これは 白い水仙だな。

 

 

 

 

 

Dsc_0939

小さなチューリップの葉。

春を象徴するような花だけど

咲くのは、まだまだまだ先。

 

 

 

 

 

Dsc_0941

わかりにくいかな。

紫の花が咲く オダマキです。

 

 

今朝の新聞に、

「 モノや労力が難しくても、 

 被災者のことを いつも気に留める支援もある 」

と ありました。

 

それが どのくらいの力になれるのかは わかりませんが、

今は 何も出来なくても、いつかは 力になれるよう

花mameは、いつも その方たちのことを思うことにしましょう。

 

今日ご紹介の新芽に花が咲く頃には

何事も 落ち着いていますように、と祈ります。

|

« 季節の せめぎ合い | トップページ | リスさんと大きな木 »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 本当にそう願いたいです。
この春の花々が咲きそろう頃には、
治まって欲しいですね。
「ど根性クロッカス」も頑張って咲いている!
被災地の皆様もほどほどで頑張って欲しいですね。

投稿: マコママ | 2016年4月20日 (水) 11:44

>マコママさま
 
こんにちは。
 
5年前の震災時、被災地ではない東京でさえ
ちょっとの余震にも 怖くてドキドキしましたのに
比べ物にならない震度と数ですから
どれほど恐ろしい思いをされていることでしょう。
今は早く治まることを ひたすら願っています。
 
ど根性クロッカス!
そんなに狭い所に 何を好き好んで根を下ろしたものか・・・。
与えられた所で精一杯生きる姿には 力をもらえますね。
 
マコママさん、体調も思わしくないでしょうに
いつも ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2016年4月20日 (水) 16:26

こちらは春を通り過ぎたような陽気になることも…(^-^;アツッ
熊本、大分…すでに余震とは言えないよね…
連震とでも言いましょうかthink
本当に揺れているのか揺れている感じがするだけなのか?
そんな日々を過ごされているのがとても心配(´・ω・`)
身体的にも精神的にも、どんな影響が出てくるんだろう…sweat02

ところで… 南側の窓の下の白いクロッカスの「群れ」。
これが… 「オバケのQ太郎」に見えてしまった俺って…
だいじょぶだべか…( ̄◆ ̄;)

投稿: きら | 2016年4月20日 (水) 19:07

こんばんは
 
雪作業の心配がほぼなくなって(降ってもじきに消える淡雪)、
でもまだ、畑やお庭の草取りが忙しくなるには少し猶予があって、
春の草花たちの芽が日々伸びていく様子に目を細めていられるこの時季は、
もしかしたらいちばん心にゆとりを持って楽しめる時季なのかもしれないなー
なんて思いながら、クロッカスのお花畑やずらり並んだスイセンたちの芽、
チューリップにオダマキの芽たちを愛でさせていただきました。
コンクリートの穴でしっかり咲いたクロッカスちゃんと、
雪の下ですでにちゃーんと蕾を準備していたヒマラヤユキノシタにもエールを♪
ヒマラヤユキノシタは、ご近所の門の所に植えられていて、
このあたりでは常緑、ピンクの花は3月には咲きますが、
雪の下に埋もれていても(というかペチャンコにされながらも)
実に逞しく生き抜くその姿にすごく勇気を貰いました。
 
ほんとうに、これらの子達が咲き揃うころには、地震活動が収束し、
復旧に向けての動きがスピードアップしていますようにと願います。

投稿: ポージィ | 2016年4月20日 (水) 20:44

>きらさま
 
こんばんは☆
 
あぁ、そちらなら もうそんな気候でしょうね (◎´∀`)ノ
こちらも今日は いい陽気で、やっとタイヤ交換をしましたよ car
 
連震。
確かに そうですよね。
地溝帯に沿って震源地が移動するのですもの。
気象庁では余震の確率の発表をやめたとのこと、
余震、と聞くと だんだん治まると思いますし
プラス、確率が出ると なおのこと、
ある意味安心してしまうので
今回の場合は 危険を伴うように思います。
 
揺れているのか 揺れている感じがするだけなのか。
まさに5年前が そうでした。
自分の鼓動すら地震に感じてしまっていましたから
熊本や大分を始め 九州の方々のことが本当に心配です。
 
白いクロッカスの「群れ」が「オバQ」(≧m≦)
わかる わかる・・・!
そんな きらさん、うん、大丈夫なんでないかぃ (・∀・)ニヤニヤ
 
いつも ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2016年4月21日 (木) 20:50

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
わぁ、ポージィさんは 北国に住まう者の気持ちが よぉくおわかりですね (*^ー゚)b
 
雪は消えつつあり、あんなに邪魔者だったのに
今は ちょっと惜しいような 愛おしいような気持ちになっています。
人間って勝手なものですね。
 
そして、庭の草取り前の一番緑を楽しめる時季、
本当に おっしゃるとおり!
草取りの季節になると、
この初々しい緑たちのことを 忘れてしまうのですよね。
 
ちょうど先日、母と「夏になったら草むしりがねえ」
「その時には 今の季節の緑の喜びを思い出しなさい」
なんて話をしていたところでした。
同じ緑なら 夏より春の緑の方が得な気がします ( ´艸`)プププ
 
まだ幼い緑たちを見て頂き ありがとうございます。
ヒマラヤユキノシタは 御地では常緑なのですね。
同じ花なのに、我が家のコは半年近く まさしく雪の下で
不憫な気もしますが
おっしゃるように 実に逞しく生き抜いてくれていますね。
 
芽ばかりで 真打の花のご紹介が なかなか出来ないのですが
今年も例にもれず 花には会えません。
水仙など目と鼻で楽しめるお花で 大好きなのですけどもね。
明後日、帰京の途につきます。
 
実家から 咲いたよ~と聞ける頃には
テレビからは 良いニュースが流れていることを 切に望みます。
 
いつも ご丁寧なコメントを ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2016年4月21日 (木) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節の せめぎ合い | トップページ | リスさんと大きな木 »