« 5年 | トップページ | 春の花 ・ 爛漫 »

2016年3月14日 (月)

春先点描

3月も半ばに 入り

雪国の我がイナカでも、春の兆しが 見えて来ました。

 

雪は 時折 降りますが、春の日射しの方が 強いようで

すぐに 融けてしまいます。

どうせ 融けるんだから、降るだけ無駄なのに、ね ( ´艸`)プププ

 

お空の在庫も そろそろ尽きて来たのかな、と 空を見上げる毎日です。

 

 

春が近付いている様子を、

お馴染みの お隣の屋根の変化で ご紹介しましょ。

 

 

 

 

 

Dsc_0559

屋根の背骨に乗っている雪が

なかなか 落ちなかったのだけれども。

 

 

 

 

Dsc_0698

ふと見ると、いつの間にか 落ちていた。

 

 

 

 

 

Dsc_0711

青空と雲だけ見ると、まるで 夏のよう。

屋根の上に 雪さえ無ければ、ね。

あ、桜の木に緑があれば、も 付け加えなければ。

 

 

 

 

 

Dsc_0713

先に書いたように 降っても すぐに融けてしまうので、

ここのところは こんな 雪の無い風景。

屋根雪に 隠れていた部分が 出て来たので

桜の木が 大きくなったみたい。

 

 

 

 

 

Dsc_0716

ふんわりとした 雪屋根も いいけれど 

  出て来たトタンの 鋭角嬉し      花mame

 

 

 

 

 

Dsc_0720

灯油タンクに くっ付いていた氷と

それに 下がっていたツララが 暖気で そのまま落ちたよう。

ちょっとした 芸術作品のようでした。

 

 

 

 

 

Dsc_0722

南に面した雪壁からも 太陽熱で 雪が融けて ツララになって。

 

 

 

 

 

Dsc_0723

通路の脇の雪壁は 柔らかいパンのようにも見えるけど

実のところは、結構 堅雪に なっているのです。

 

 

 

 

 

Dsc_0724

除雪を まめにしている道路は さすがに出て来ました。

簡易舗装なので、一冬過ぎると 傷みが目立ちます。

 

 

 

 

 

Dsc_0725

玄関前のオンコ ( イチイ ) の木と 紫陽花の雪囲い。

南に面した部分が 出て来ました。

もう少し 暖かくなって 雪が緩んで来たら

つっついて 融けやすくしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

Dsc_0641

そうそう、先日の ツララをアップした記事

夕焼けを映したツララを ご紹介出来なかったので

後日 写した画像を ここで載せておきましょう。

この季節の夕焼けは オレンジではなく ピンク色なのだなぁ。

 

 

 

 

Dsc_0694

話 変わって。

9日に 部分日食がありましたね。

当地の天気予報では、

曇りか 雪の予報だったので、見られないと 思っていたのですけど

ちょうど、日食が始まる頃から 終わる頃まで

時々 雲に邪魔はされたものの 見ることが出来ました。

 

前回、金環日食 ( 北海道は部分日食 ) が あった時に

購入した、日食グラスが 今回も役立ちました。

 

グラス越しに 写真も撮ったのだけど

欠けたパーセンテージが 5%未満だったことと

さすが 携帯カメラ、普通に丸い太陽しか 写りませんで

残念ながら 画像は無し (´-д-`)

 

 

なので。

 

 

 

 

 

Dsc_0707

新聞の写真を 載せておきましょ (*^ー゚)b

 

 

 

 

 

Dsc_0695

手仕事も してましたよ。

クラシックな 座布団カバー。

まだ 作業は途中だけども。

もう 中途半端な毛糸が たくさんあって ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_0728

前に 編みかけていた靴下も 仕上がりましたよ~。

なんて ♪

自分で 編み上げたわけではないの。

他の手仕事を やっていたら、母が 先の方を仕上げてくれました。

 

今も、季節外れの物を 編み編みしています。

この辺は まだ春を迎えていないかな (*´ェ`*)

 

 

 

 

 

Dsc_0714

裏の お師匠様の畑に 積もった雪も

太陽の光と熱で 表面が 融けて来ています。

 

雪の面も さざ波立ちて 春近し   花mame

|

« 5年 | トップページ | 春の花 ・ 爛漫 »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
おぉ そちらでも春の兆しが顕著になってまいりましたね。
分厚く堅く締まった雪もだいぶ融けてきて、ところどころ雪のお化粧無しの
姿も見せてくれるようになって。
うふ 久し振りに見る本来の姿は、目にとても新鮮に映りそう。
>出て来たトタンの 鋭角嬉し
このお歌の言葉から新鮮な喜びが伝わってきます。
この時季ならではの雪と氷が見せてくれる表情もまた、芸術ですね。
これまた美しいです。
パン(あるいはミルフィーユ)のように柔らかそうに見える堅雪の壁や
雪に突き刺さった氷柱オブジェ、ピンクの夕焼けに染まった氷柱、
畑の雪に刻まれたお日様によるさざなみ模様… どれもに見とれます。
太陽と月のショーもまた天体の芸術という気持ちになりますし、
花mameさんの手仕事の作品も芸術ですよ。靴下はお母様との共同作品ですね。
途中で編み主が変わられたとは全然わからない編み目は、
親子ならではかもしれないゎ♪と思いながら拝見しました。
 
こちらは、しっかり冬再来の寒の戻りを経て、明日か明後日からは
また春をしっかり感じられそうな予報になっています(^^)
来週中には、桜開花の第一報も聞こえてくるかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2016年3月14日 (月) 15:52

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
はい~ やっとやっと春の兆しが見えて来ました。
今日も 在庫を掃うかのような ぼたん雪が降りましたが
屋根に付いた途端に消えていました。
きっと太陽で熱せられたトタン屋根に まだ温もりが残っていたのでしょう。
 
日本で一番春を喜ぶのは 北海道人なのだとか。
雪の無い地域の方から見ると、
雪のないものは別として 今日の画像群も
「どこが春なの??」と言ったところでしょうが ( ´艸`)プププ
春に対するセンサーは 日本一鋭いと言っても過言ではないと思います。
 
光、空気、匂い。
春の気配は見逃しませんよ♪
 
多分、我がイナカの人たちは それが当たり前なので
取り立てて 素晴らしい芸術だとは思っていないのでしょうけど
子供の頃は ツララの美しさや雪解けのツララなどは
なんてキレイなんだろうと 感動したのを思い出します。
そんな感動を ポージィさんにも共感頂けて嬉しいです ヽ(´▽`)/
 
天体ショーは おっしゃるように芸術ですが
花mameの手仕事は どうでしょう (*´ェ`*)
でも、いつも お褒め頂き とっても嬉しいです。
ありがとうございます。
母との手の違いは わかりませんでしたか (o^-^o)
では、花mameが編み上げた、と書いておけば良かったですね ( ´艸`)プププ
 
御地は 今日は雨だったのでしょう?
ここ数日は寒い日が続いたと聞いていますが
また暖かくなるのですね。
桜の便りも近いとのこと、
くれぐれも 気温差には負けませんよう
桜の季節を お過ごしくださいね cherryblossom
そして、桜など 春の記事を楽しみにしています。
 
いつも丁寧なコメントを ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2016年3月14日 (月) 17:26

こんにちは。
 青空の綺麗な事!きっと沢山の雪が
流してくれたのでしょうか?
そして夕陽のピンクのつらら!自然の造形は見事ですね。
 編み編みsign05も励んでいらっしゃる~
靴下は私は編み図を見ないと編めません!
座布団カバー、頑張ってくださいまし。
私はその昔「こたつカバー」を編んだ記憶あり!ですが、
この所と言うかここ数年は小物専門になったいます。

投稿: マコママ | 2016年3月15日 (火) 14:18

こにゃにゃちにゃん
ひさしぶりにお邪魔シマンモス♪

冬の記事がアップされている間に、ご無沙汰しておりましたら、
もう、春の兆しですかあ~。
今週は、御地もポカポカ陽気だったりでしたかな?
シャトーの方でも、春めいてまいりましたですよ。
昨日は22度まで上がって、少し暑く感じましたですなあ。
三寒四温。

お屋根の雪!
おおお、すっかり溶け落ちてしまったのですな~☆
青いお屋根に青い空。
う~ん、すがすがしいです。
下に目を向ければ、白い雪。
青と白のコントラストが鮮やかなことでしょうなあ。

日食、ご覧になったのですか。
いいなあー。
全国的に日食が見えた数年前に、日食グラスを買おうとおもったまま買わずにいるのですが、
やはり、1家に1個、日食グラスは常備したいですよなあ。

あみあみ。
座布団カバー。
かわいらしいお色ですなあ~。
カギ編み?で、座布団大のものを編むのって、
とても大変な作業だったりするのでしょうなあ。
手が込んでいて、座るのがもったいないくらいですなぁ。

男性ものの靴下。
もしかして、土higeさまの靴下でしょうかなあ。
いいですなー、しっかりと編まれた靴下は、さぞやポカリンでしょうなあ。
2人ぶんの愛情が込められているだなんて、ステキすぎますですぞ♪

お師匠さまの畑の雪。
川が凍ったような美しさですなあ。

では、またお邪魔しますでーす。

投稿: ゴン太 | 2016年3月18日 (金) 13:16

>マコママさま
 
こんにちは♪」
 
すっかり お返事が遅れてしまいまして 申し訳ありません!
 
当地は春の日射しに 雪解けも進んでおります。
今朝は少し降雪があって ちょっとだけ冬に逆戻りしましたが snow
 
青空、おっしゃるように雪が洗い流してくれたものかもしれませんね。
最近は 夜もキレイな星空が見られます☆
 
ツララ。
マコママさんへのお返事に 夕焼けもいつか、と書きましたので
お約束が果たせて良かったです。
見事に透明なので バックの空の色をキレイに映していますよね。
 
編み編み。
一昨年からの課題の 母の毛糸のベストなのですが
季節が過ぎると いくら時間があっても やらなくなりますので
せめて雪のあるうちに仕上げようと頑張っていますが
なかなか編み進まないものです (*´ェ`*)
 
座布団カバー、仕上がりましたよ (◎´∀`)ノ
おぉ、こたつカバーは 大きいので大変だったことでしょう。
小物専門とおっしゃるのが よくわかります。
 
いつも ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2016年3月23日 (水) 10:06

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん cat
 
すっかり お返事が遅れてしまい 申し訳ないです!
 
はい、春の兆しが ようやく見えて参りましたよ。
御地は暖かな日和が続いていたようですね。
今日明日あたりは寒の戻りがあるとか?
当地も今朝は 久しぶりに薄く雪化粧しておりましたよ snow
日射しが出たら すぐに消えてしまいましたけれどもね♪
 
そう、日射しが強くなって来たので 青と白のコントラストが眩しい季節です。
雪への照り返しもありますしね。
 
日食。
見ましたよ~ (◎´∀`)ノ
曇りか雪で 見られない可能性の方が高かったので
見られたのは本当にラッキーだったと思います。
前回の金環日食の際に ゴン太さんは黒いゴミ袋が・・・と
おっしゃっていたように記憶しています。
 
そういえば、穴あきお玉での日食観察を
今回もやってみたんですが、欠けるパーセンテージの問題で
写真同様、欠けた様子を観察することが出来ませんでした。
 
あみあみ。
座布団カバーの毛糸は もう10年近く前になりましょうか、
土hige母さんへの母の日プレゼントにバッグを編んだのですが
その糸の残りなのですよ。
花のモチーフ繋ぎのバッグだったので 色はその時に吟味しましてね (o^-^o)
可愛らしく見えたようで嬉しいです。
 
靴下も数年ものでして、今年やっと完成に至りました。
はい、土higeさん用です。
来シーズンに履いてもらうことにします。
 
お師匠様の畑。
おぉ、川が凍ったよう、とは また素敵な表現です shine
ゴン太さんの感性には 目からウロコのことが多く、いつも感動してしまいます ヽ(´▽`)/
 
はぁい、お時間のある時に また是非おいでくださいね。
いつも ありがとうございます heart04

投稿: 花mame | 2016年3月23日 (水) 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5年 | トップページ | 春の花 ・ 爛漫 »