« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

4年に一度の日だから

うるう年の今年、

今日は 4年に一度しか巡ってこない 「 2月29日 」 。

 

一日増えると 得なのかしら?

月給取りにとっては、

一日増えたところで、お給料は変わらないので 返って損?

 

「 29 」 は 読み方によっては 「 福 ( ふく ) 」 とも。

良い一日に していきたいものですね。

 

 

とは言え。

今日の北海道は 荒れ模様。

道央、道南の方は 暴風雪警報が出ています。

当地は 今のところ、

時々 風が強く吹くものの、降雪は そう たいしたこともなく

どちらかと言うと 地吹雪模様です。

 

北海道の 「 29 」 は 「 吹く 」 の方となっています typhoon

 

 

 

 

 

さてな。

昨日は 今日と真逆の 晴れ模様だったので

3月に入っての暖気で 屋根雪が落ちることを考えて

また あちこちの軒下の除雪や

平屋や物置の屋根の雪下ろしをを 軽く行いました。

 

おかげで、今日の身体は 関節痛と筋肉痛でガタガタです (´-д-`)

こうなると、人間が動くのには 関節と筋肉が大事なのだなぁ と

当たり前のことを 思い知らされますですよ。

 

 

 

で、物置の屋根に 上がっている時、

何となく見上げた空に こんな雲が cloud

 

 

 

 

 

Dsc_0596

花mameには、ゴジラとか 恐竜に 見えましたが

鳥類にも 見えるかな?

 

鳥類のご先祖は恐竜、と言うのも 頷ける話かも ( ´艸`)プププ

 

 

 

窓の外では、風に乗った雪が 上下左右に舞っています。

警報の出ている地域では あまり荒れませんように、と祈ります。

| | コメント (10)

2016年2月27日 (土)

2月も末の冬景

早いものですなぁ。

2月も 残り2日少し となりました。

花mame、相変わらずの スノーファイター。

一日闘っては、一日休む、と言うペースで やっています。

 

 

さて、そんな雪の戦士にも 楽しみは必要。

先週の話になりますが、友人とドライブして来ました car

 

 

 

 

Dsc_0554

ちょうど 冬まつりの時季で、

行った先でも 行われていました。

 

会場の あちこちには、こんな氷で作った器が 並んでいました。

中にキャンドルを入れて、その ほのかな灯りを楽しむと言う、

そんな お祭りなのですが

お気づきですね?

この お祭りが本領発揮するのは 夜night

暗くならないと、その美しさを楽しむことが 出来ないのですね。

 

 

 

 

 

Dsc_0556

それでも、太陽が氷の器に反射して

キラキラキラ 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

これはこれで キレイでした shine

 

 

 

 

 

Dsc_0561

こちらは、我が家の台所から見た風景。

今年、2度も救出した 窓の外なんです。

 

屋根の ひさしから、雪や、雪が融けた水滴が落ちて 作り上げたものです。

北海道には、支笏湖の 「  氷濤 ( ひょうとう ) まつり 」 や

層雲峡の 「 氷瀑 ( ひょうばく ) まつり 」 など

氷をメインにした冬まつりも たくさんあるんですが

我が家の これも、意図せず作られた 「 氷まつり 」 の オブジェのようです。

 

 

 

 

 

Dsc_0562

窓からは 見上げても、空が少し 見えるだけ。

 

この雪と氷の壁は、地面からは 3メートル超にも なっています。

これは いったい いつになったら融けることでしょうか (´-д-`)

 

 

 

 

 

Dsc_0583

窓の位置が変わり、

いつもの お隣の桜が見える側の 今日の様子です。

日中の気温が 比較的 高い日が続いたせいか

屋根の雪から ツララが伸びて来ていて

その透明なツララが 青空に染まっています。

 

 

 

 

 

Dsc_0585

午後の日差しに キラキラ輝いていたのが とってもキレイでした。

 

 

 

 

 

Dsc_0586

ツララの中に 太陽がいっぱい。

 

 

 

 

 

Dsc_0588

また 空を映して。

もっと 夕焼けていたら、オレンジに染まったかな。

 

 

 

 

 

続きを読む "2月も末の冬景"

| | コメント (6)

2016年2月22日 (月)

猫の日

今日は、猫の日。

と言うことで、少しだけ 猫にゃんの画像を アップしてみましょ cat

 

 

 

 

 

Dsc_0365

昨年の11月くらい だったかな。

東京の自宅近くの公園にいた 猫にゃんず。

 

飼い猫なのか、野良なのか。

この距離感、どんな関係なのでしょ。

 

 

 

 

 

続きを読む "猫の日"

| | コメント (4)

2016年2月19日 (金)

白 * 白 * 白

今日の当地は 暖かく、最高気温が 3度となりました。

 

昨日も マイナスではあるけれど 暖かかったのか、

夕方になってから 2階建ての部分の屋根から 落雪が ・・・ (´-д-`)

先日 掘り返した台所の窓を 再救出するはめと なりました。

 

今日も 3度と言う気温ですから、我が家の あちこちの屋根雪が落下。

気が付いた時には、ご近所の方が 片付けてくださっていました。

 

暖かな日の雪は重たいのに、申し訳ないことです。

 

 

さぁ、本題へ。

今日は 白いものずくめで 行きましょう。

 

 

 

 

 

Dsc_0551

今朝の お隣の桜の木。

朝の雪で 白化粧をしています snow

 

真冬にも 花は咲くかな 雪桜   花mame

 

 

 

 

 

Dsc_0473

インターホンの上に乗った雪は

よぉく見ると 小さな結晶に なっていました。

どんな場所にも 平等に降り積もって ・・・ 。

人間も 誰にも等しく と、こうありたいものですねえ。

 

 

 

 

 

Dsc_0538

先日の雨の翌日に降った ざらめ雪。

よく わからないかな。

 

 

 

 

 

Dsc_0537

小さな氷のような雪が わかりますか。

 

雪にも 色々な種類が あるものです。

 

 

 

 

 

Dsc_0226

こちら、東京の自宅からの 冠雪富士山。

えへ、白つながりで 載せてみました。

 

 

 

 

 

続きを読む "白 * 白 * 白"

| | コメント (10)

2016年2月18日 (木)

実家の花 - 2015 -

毎日、雪の記事も飽きて来た ( ご覧の皆さまは増してや ) ので

昨年の実家の庭に咲いた花などの ご紹介でも。

昨年の秋と、かなり前の記事ですが お許しの程。

 

 

 

 

 

Rimg0596

グラジオラス。

本当は もっと深いワイン色なのだけれど

デジタル系は この色に弱いのかなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0600

こちらは、裏のお師匠様から 昨年 頂いて植えたと言う ダリア。

これも こんなオレンジレッドでは なかったんだけど。

20センチ超くらいの大輪ダリアで 何となく ライオンを思わせます。

 

 

 

 

 

Rimg0606

こちらは、お師匠様のお庭にあった ダリア。

かんざしなどに付いているような 和風な感じのするダリアです。

 

 

 

 

Rimg0614

随分昔から あるのだけれど、正しい名前は わからないでいましたら

いつもおいで頂く ポージィさん の記事にて 「 オオケタデ 」 と見て

実家のタデも 似ているなぁ と思い、

今は そうに違いない、と思っている植物です。

 

 

 

 

 

Rimg0618

穂にならずに ちんまりと咲いているものもあり

何だか可愛らしくて パチリとな。

 

 

 

 

 

Rimg0616

ハナキリンの葉の上に 朝露が乗って

青空を映していました。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0604

ご存知 ムクゲ。

他に 白いものもあります。

 

 

 

 

 

Rimg0599

キクの種類が 結構ありましてね。

このバイカラーのは 可愛いのだけれど

茎が短くて 花瓶に挿すのには向かず、お庭で楽しんでいます。

 

 

 

 

 

Rimg0619

イヌサフラン。

コルチカムとも 言いますね。

 

 

 

 

Rimg0597

紫がかったピンク色の他、小さ目の白いものも あり。

画像は ・・・ なかった (;´д`)トホホ…

 

 

 

 

 

続きを読む "実家の花 - 2015 -"

| | コメント (6)

2016年2月17日 (水)

連日 雪です

はぁ~ 言いたくないけれども、毎日降る雪には 辟易ですわ ・・・ snowsnowsnow

月曜日からの荒れ模様が 今日も続いています。

荒れてなくても 「 真面目~ 」 に 降って来てくれています。

1日 数回の雪かきは、ここのところのルーティンワークです。

 

 

 

 

 

Dsc_0536

先週の土曜日には、お隣の屋根が見えていたのに

 

 

 

 

 

Dsc_0542

月曜日には、吹雪と地吹雪で 青いトタン屋根が真っ白に。

 

 

 

 

 

Dsc_0544

今日は水曜日、2日半くらいで もう こんなに積もってしまいました。

 

お隣の屋根だけ 積もっているんだったら いいのだけれど

のべつまくなし 降り積もりますからねぇ ・・・ (´-д-`)

 

我が家の屋根も、ご同様ですわ。

次、雪の降らない日が来たら、

また 煙のように 上へあがらなくてはいけません。

 

 

 

 

 

雪以外の話題は ないのかえ?

てな ところですが、今のところ それに終始する毎日です。

 

 

あ!

 

 

 

 

 

続きを読む "連日 雪です"

| | コメント (3)

2016年2月16日 (火)

チョコワッフル

いやいや、ここ2日ばかり、

強風を伴った雪が降り続いて、吹雪 + 地吹雪の 荒れ模様でして

1日に何回も 雪かきに追われる始末。

 

暖気の後って こんなもんですわね。

 

 

そんなんで、日曜にアップしようと思っていた記事が

すっかり 遅れてしまいました。

 

 

 

 

 

Dsc_0521

久々の手仕事物です。

 

東京の友人に バレンタインのプレゼントを、と

何が いいか、考えたのですが

チョコレートは 東京の方が種類が豊富だしなぁ、と思い

チョコレート色の毛糸で 「 ワッフル風 」 の

コースターと 鍋つかみを 編んで贈ることにしました。

 

コースターは 10センチ四方くらい、

鍋つかみは 15センチ四方くらいだったかな。

 

チョコワッフルっぽく 見えましょうかね。

 

 

 

 

 

Dsc_0522

チョコとは言え、これだけでは 地味だったので

フェルトに ミントとイチゴの刺繍をしたものを ブローチ風に付けてみた ♪

 

よ くワッフルに生クリームだったり バニラアイスだったりが 乗っていて

それに ミントやイチゴのお飾りが あるでしょう。

本当は 白いフェルトは 生クリームをイメージしたのだけれど

白い面が大きいと鬱陶しかったので 小さく切り取って

小さなブローチ風にしました。

 

刺繍の出来などは イマイチ、イマニ、イマサン ・・・ なのだけれど

友人が喜んでくれたので 良しとしましたよ (o^-^o)

| | コメント (8)

2016年2月13日 (土)

冬空

前回、雪のない季節の記事を ・・・ なんてことを 書いておきながら

今回も やはり、雪関連の記事 ( ̄▽ ̄)

 

まぁ、雪の季節なのだから 仕方ない 仕方ない ・・・ 。

 

 

昨日から 当地にも 暖気がやって来て、

我が家を始め、近所の家の屋根から 雪が ドドドドド ・・・ と

遠慮なく 落ちて来ています。

 

屋根雪を 落とす手間は省けたし、

屋根そのものは 重さから解放されて 良かったのだけど

その 後始末に追われるのは 難儀な話。

ありがたいやら 迷惑やら ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_0528

で、2階建ての屋根から 落ちて来た雪が

いつものように 台所の窓を 埋めてしまったので

恒例の サンダーバードのテーマソングに乗って、花mame 出動!

 

ちなみに、ちゃんと計ってはいないけれど

地面から この換気口の下の部分までは 2,5メートルは あるのではないかと。

う~む ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_0530

1時間弱 作業をして 掘り出した窓。

掘り出すだけなら そんなに かからないのだけれど

掘り出す雪を 置く場所の確保から始まるので 結構な時間を要します。

 

 

 

 

 

Dsc_0535

灯油タンクの上の雪も融けて ツララが伸びて来ています。

それだけ 暖かなのね。

 

今日は 今シーズン、おそらく初めて 最低気温でも プラスとなりました。

今は 止んでいますが、日中は 雨が降っていました。

 

この雨が 明日には 雪になるのだとか。

束の間の暖かさのようです。

 

 

 

 

 

続きを読む "冬空"

| | コメント (6)

2016年2月10日 (水)

今日も今日とて 雪仕事

2月も10日となりました。

早いなぁ ・・・ この前、年が明けた と思ったのに。

 

そして、日が経つのと並行するが如くに 積雪量も増えて来てますよ。

今日現在で 1メートルちょい、かな。

「 累積 降雪量 」 の方は、5,5メートル超え snowsnowsnowsnowsnow

驚くなかれ、これでも 平年比 95%。

どんだけ豪雪地帯なんだ? 我がイナカ。

 

ちなみに、

豪雪で有名な青森県酸ヶ湯の累積降雪量は 787メートル(訂正:センチメートルです)

これで 平年比 70% と言うのだから ・・・ !!(゚ロ゚屮)屮

上には上が あるものです。

 

 

 

で、 「 無理をしない 」 はずの 花mameも

業者は すぐには来てくれないわ、

屋根の雪は 遠慮なく積もるわ ・・・ で、

とうとう 「 雪仕事の虫 」 が 暴れ出し、屋根に上ってしまいました house

 

いつもの 3連車庫、平屋の屋根 3つ、物置小屋。

 

もちろん、1日で出来るようなものでは ないので

間に 休みの日を設けつつ、1週間かけて 下ろしました。

頭の隅には 「 無理はしない 」 と言うコトバを 置いていたので

積もった分の 半分くらい落として 止めてある屋根もあります。

 

 

 

 

 

 

Dsc_0514

物置小屋の雪を 落とす前。

見慣れた風景ですわね。

 

 

 

 

 

Dsc_0515

あ~青い空が綺麗~ shinesunshine

まずは、後ろの雪庇を 落とし、

 

 

 

 

 

Dsc_0513

横の雪庇も 落としてから、上る足場を作るのに

厚さの半分を 落とします。

梯子をかけて 屋根に上がって、上の方から 落とし始めるのです。

 

80~90センチくらい 積もってました。

上半分くらいが フワッと軽い 新雪、

下半分くらいが 「 堅雪 ( かたゆき ) 」 と言って、雪の重みで 締まったり、

冷え込みで固まったりした 重い雪。

 

この狭い物置小屋の上には 何トンの重みが かかっていたことでしょう。

 

 

やり始めは、しばらく 途方に暮れるのですが

下ろし始めると、こなせた仕事に励まされて

どんどんと 進んでいきます。

 

 

 

イヤイヤと 言いつつ楽しや 雪仕事    花mame

 

 

近所の方たちも、 「 今年は ( 雪が ) 多くて 参るねえ 」

なんて 言いながらも

雪仕事をする顔は どこか 生き生きしてるんですよね。

 

雪に閉ざされて 家の中に こもっているよりは

外で ある程度 身体を動かす方が

心身ともに 健康を保てるのかもしれません。

 
 

 
 

 

ところで。

 

 

 

 

 

続きを読む "今日も今日とて 雪仕事"

| | コメント (6)

2016年2月 3日 (水)

厳寒の朝

今日は節分。

文字通り 季節を分ける日で、冬は 今日まで、明日は 立春。

 

皆さん、安心してください、明日から 春ですよ~ cherryblossom ヽ(´▽`)/ cherryblossom

 

なぁんてね。

これは 暦の上の話であって

当地 北海道は まだまだ深い雪と 極寒の空気の中。

いえいえ、北海道以外だって 春には まだ少し 遠い時季ですよね。

 

 

今日は その極寒の空気を 少しだけ ご紹介だす。

 

 

 

 

 

Dsc_0279

ルソーの氷ガラス その1。

 

 

 

 

 

Dsc_0421

その2。

 

 

 

 

 

Dsc_0492

その3。

 

冷えた朝にしか 見られない、と言うのも

毎度 違う模様になる、と言うことも

我が実家の ただ1か所でしか見られない、と言うのも

皆さん ご存知の とおり。

 

ちなみに

アンリ ・ ルソーの描く 植物のような模様が出来る、と言うことから

「 ルソーの氷ガラス 」 と、

いつもおいで頂く ゴン太さんに 命名して頂いたのです。

 

なぜに、こう言う植物のような模様が 出来るものやら ・・・ 。

いつか、その道の専門家に お伺いしてみたいものです。

 

 

 

 

 

Dsc_0499

今朝の雪山の 雪。

朝日に 小さな雪の結晶が キラキラ 輝いています shine

 

 

 

 

 

Dsc_0496

こちらの画像にも、ところどころに キラキラがあるのが 見えましょうか。

 

 

 

 

 

Dsc_0498

屋根の部分にも 白い点々。

バックの青空を見れば 降る雪ではない、と おわかりですね (o^-^o)

 

 

これは 空気中の水蒸気が凍って出来る 「 ダイヤモンドダスト 」 です。

北海道の幌加内町 母子里 ( ほろかないちょう もしり ) では

「 ダイヤモンドダスト 」 のことを 「 天使の囁き 」 と 呼ぶそうです。

 

ここは、1978年2月17日に

「 マイナス 41,2度 」 と言う 低温を記録したのだとか。

ただし、気象庁の公式記録の対象から 外れていたために

1902年1月25日に、旭川で記録された 「 マイナス41度 」 が

公式の日本最低気温と なっているそうです。

 

幌加内町では、その寒さを 逆手に取って

ダイヤモンドダストなど、厳冬の一夜を体験しよう と言う、

「 天使の囁きを聴く集い 」 と言うイベントを 開催しているのだそうですよ。

 

こう言う、寒さを プラスのイメージに捉えたイベントは

「 さっぽろ雪まつり 」 始め、北海道各地で 行われていますね。

我がイナカでも、冬のフェスティバルが まもなく行われます。

 

 

 

 

 

続きを読む "厳寒の朝"

| | コメント (2)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »