« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月21日 (土)

冬になりました

あぁ、気が付けば 11月も下旬に入ってます。

2週間程の ご無沙汰でした。

 

          え?

          そのくらい いつものことだ、って?

          はい、おっしゃるとおりです。

 

 

思えば 帰省当日の東京は、暑いくらいの日で ( 20度超え? )

それでも 行く先は 北の地なので、思いっきり厚着をして出たら

空港に着く頃には 汗だくに なっていました。

 

その夜 着いた 我がイナカは 「 4度 」 。

厚着の本領発揮ではありましたが、同じ日本なのにねえ ・・・

と言う、いつもの思いを 改めて 強くしましたよ。

 

 

 

 

 

Dsc_0217

帰った翌日の 我がイナカ。

冬枯れの風景で、季節的には 初冬になるのでしょうか。

 

 

 

 

 

Dsc_0222

田んぼも すっかり 冬の風情。

 

 

 

 

 

Dsc_0221

アシ ( ? ) と 白樺の 縦のラインが とても綺麗でした。

 

 

 

 

 

Dsc_0226

遠くの山脈には、すでに 雪が snow

 

 

 

 

 

Dsc_0237

一昨日には、霜が降りました。

 

 

 

 

 

Dsc_0239

これは ツボサンゴの葉。

葉っぱの 「 毛羽 」 に 霜が付いて。

クリスマス用の造花などに

こんな フリージング加工の施されているものが あったっけ。

 

 

 

 

 

Dsc_0240

色んな枯れ葉が 溜まった場所にも

分け隔てなく、霜は降るのです。

 

 

 

 

 

Dsc_0241

土にも 霜。

 

 

 

 

 

Dsc_0242

本州でよく言う 「 霜柱 」 みたいに

土から 霜が立ち上がる感じではなく

植物に付いた 夜露 ( 水霜 ) が 寒さで凍った、と言う感じです。

 

 

 

 

 

続きを読む "冬になりました"

| | コメント (14)

2015年11月 7日 (土)

天人峡温泉と旭岳

今日は 予報通りの曇り空 cloudcloudcloud

時に 日は射すものの、これから お天気は 下り坂の様相です。

 

 

 

さて、イナカに帰省した 翌々日 ( 9月上旬 ) 、

母を連れて、土higeさん ともども 日帰りで温泉へ 出かけました spa

前の日の 天気予報では、雨風が強くなるような話だったので

あまり荒れるようなら 山の中の温泉だし、

中止するか、違う温泉へ行こう、と思っていたのだけれど

意外にも おとなしい天気だったので、

最初の計画を 実行。

必要な物を車に詰め込んで、さぁ、出発 car

 

 

 

 

 

Rimg0504

大雪山連峰。

天気が良くないと言われていたのに 完璧に見えました。

さすが、秋の空。

天気予報も 難しい季節です。

 

手前は 田んぼ。

収穫は まだの様子。

 

 

 

 

 

Rimg0502

大雪山連峰より 低い山には、雲の雪崩が。

上から 次々に降りて来ているようでした。

 

 

 

 

 

Rimg0513

街を抜け、山の中のアップダウンを 繰り返し、

着いた先は 「 天人峡温泉 」 。

昔々に 来たことが あるはずなのだけど、

どこを見ても 記憶がなかったので 夢だったのかしら??

 

テレビのCMや 駅中の看板などで 目にしていた場所だけれど

人の姿も まばらで、賑わっているふうは 感じられませんでした。

でもね、時間が チェックアウト後 チェックイン前だったしね。

この時だけでは 判断出来るものではありません。

 

上の画像は 「 涙岩 」 と言って、東川町のサイトによると、

今から3万年前に 旭岳の東側にある お鉢平の火山が噴火して

流れて来た火砕流が堆積して 出来たものなのだそう。

この巨大な一枚岩からは 地下水が しみ出していて、

それを 「 天女の涙 」 と 呼ぶのだとか。

 

天女の羽衣の話は有名ですが、こちらにも あるらしく

羽衣を無くした天女が 天国へ帰れなくなって 困って泣いていた涙が、

今も この岩から流れている と されているんですって。

 

その お話は お話として、

実際 どう言う状態になっていて どう言うメカニズムで 流れて来るのか

そのあたりを 詳しく知りたいと思う花mameは

ロマンチックやファンタジーとは 程遠い人間なのでしょうかね?

 

 

 

 

 

Rimg0512

こちらは、 「 見返りの岩 」 と 言います。

 

天人峡の羽衣伝説では、

天女の羽衣は 山賊に盗まれたようで、

それを 東川に住む弓人と言う若者が 取り返してあげたところ、

そのお礼にと、天女は舞を舞ったり ( 羽衣の形の滝が出来た ) 、

ある草 ( 後に稲となる ) を 育てるようにと 進言したりしたそうな。

天女が天国に帰る時に、

この岩の上で 弓人に お礼を言って行った、と言うことから

この名前が 付いたらしいです。

 

実際、この岩は 20mあるらしいですよ。

 

 

 

 

 

Rimg0514

ホテルのそばにも 柱状節理の崖があります。

このあたりの特異な崖や岩などは

大雪山あたりの噴火によって 作られたものが多いです。

 

 

昼食を食べてから 温泉に浸かり、

まだ時間も早いことから、旭岳に行ってみることにしました car

 

 

 

 

 

続きを読む "天人峡温泉と旭岳"

| | コメント (6)

2015年11月 6日 (金)

遅い夏休み 帰省旅 - ニッカウヰスキー見学、そして ・・・ -

今日も快晴 sun

またもやの大物洗濯をした後、眼科検診へ。

一昨日も行ったのですが、あまりに混んでいて

午前中に出来そうになかったので 諦めたのでした。

 

一通りの検査を行った後に、目を開いて 眼底写真を撮ります。

結果は ドライアイ以外は 問題なし。

しばらく 目の乾きもなかったし、ゴロゴロする感じもなかったので

少しは良くなったのか、と思っていたら

ちゃぁんと ドライアイは健在?だったのでした。

ここのところ、かなり乾燥して来たので そのせいもあるかしら。

今日は区の検診だったので、処方は出来なかったため

また後日、目薬をもらいに 行かなくてはいけません。

 

我が区は、検診関係が手厚くて

今年来た検診の数は 4つ。

長期でいないことも多いので 出来ないこともあったのですが

今年に関しては 無事 コンプリートです。

 

あ、それと

土higeさんは 早寝遅起きではありますが

普通に生活しているので、完治も近いのでは、と思います。

今日も病院で、

グスグスしている人もいたので 流行っているのでしょうね。

皆様も お気をつけ下さいませ。

 

 

 

さて、旅日記、今日が 最終日になるかしら。


 

 

 

 

Rimg0453

こちらが 余市駅です。

ここの駅前には、この町の 目玉の観光スポットが あります。

 

 

 

 

 

Rimg0454

駅から歩くこと 数分、見えて来ました。

 

 

 

 

 

Rimg0455

朝の連ドラ 「 マッサン 」 で 一躍 全国区になった

ニッカウヰスキー余市蒸留所 」 。

こちらが 正門です。

 

ここを入ると、

乾燥棟、発酵棟、蒸留棟、混和棟などで

ウイスキーの製造工程を 知ることが出来ます。

 

 

 

 

 

Rimg0457

リタハウス。

こちらは 外観だけ。

現在 見学は出来ないのだそう。

 

 

 

 

 

Rimg0463

こちらは 「 ウイスキー博物館 」 に 再現された、

リタの生家のリビングに置いてあった ピアノ。

旧竹鶴邸にも リタのピアノは あるらしいのですが

こちらは見ることが叶わず。

 

 

 

 

 

Rimg0460

これは 馬そりですかね。

昔は こんなふうにして 樽を運んでいたものでしょうか。

時代を感じさせる展示の 多くある場所ですが

こんなディスプレイも その頃の息づかいを感じられて 良いものです。

 

 

 

 

 

Rimg0474

片や、こんな可愛らしい アクセントも。

何だったのかは 「 ? 」 だけれど

針葉樹に こんなお飾りは メルヘンチックでいいなぁ ♪

クリスマスの頃などは さらに雰囲気がヨーロッパ調になりそう。

 

 

 

 

 

Rimg0462

樽が貯蔵してあります。

木造の倉庫、懐かしい匂いがしました。

 

 

 

 

 

Rimg0475

平日だったのだけれど、国内外の観光客が わらわらと ・・・ 。

 

 

 

 

 

Rimg0476

マッサンこだわりの ポットスチル。

連ドラでも ポイントになる場所だったので

ここにも たくさんの観光客が おりました。

うまく人を避けて 撮影したでしょ ( ´艸`)プププ

 

 

次には 「 ウイスキー博物館 」 に 入ります。

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0464

ウイスキー博物館には

たくさんの展示物が ありました。

 

紹介しきれないので、詳しくは リンク先を見て頂くとして、

上の画像は、 「 ニッカ 」 の名前の元となった リンゴジュース。

「 ニッカ 」 は 「 大日本果汁 」 の略なんですもんね。

 

 

 

 

 

 

Rimg0465

ニッカウヰスキーの 「 第1号ウイスキー 」 だそう。

カットされたボトルが 高級感を漂わせます。

 

 

 

 

 

Rimg0466

「 スーパーニッカ 」 。

昭和39年10月に 発売されたのだそうです。

50年前かぁ ・・・ 半世紀経ってるんだ。

 

 

 

 

 

Rimg0467

竹鶴17年ものと 21年もの。

 

この博物館には、 「 ウイスキー館 」 と 「 ニッカ館 」 が あります。

ウイスキー館には カウンターバーがあって

お好みのウイスキーを 有料で飲むことが出来ます。

見学も そっちのけで、

とっとと グラスを傾けていた方が いらっしゃいました。

どうやら この指差しをしているのと 同じものを飲んだらしいです。

 

 

この後、 「 ニッカ会館 」 へ。

こちらでは、無料で お好みのドリンクを飲むことが出来ます。

ただし、1杯だけ。

何を飲んだかは、別館 にて。

 

汽車

( ※ 北海道では、電車も ディーゼルも 蒸気機関車も 全て こう言います )

の時間が来たので、名残惜しかったけれど、駅へ向かいます。

 

 

 

 

 

続きを読む "遅い夏休み 帰省旅 - ニッカウヰスキー見学、そして ・・・ -"

| | コメント (6)

2015年11月 5日 (木)

遅い夏休み 帰省旅 - ニセコを出発 -

今日も 朝から良い日和でした。

なので、大物洗濯に勤しみ、掃除をして 買物に出かけ ・・・

と言う 本業を こなしておりました。

 

昨夜、夕食後、いきなり 「 喉が痛い 」 と言い出した 土higeさん。

あれま! それは 大変だ!

これで 悪寒が来たら 間違いなく発熱だ、と 思い、

首にタオルを巻かせて、ショウガ入り甘酒を飲ませ、

とっとと ベッドに追いやりました。

 

   お酒を飲んでいたので 投薬も出来ないしね ・・・ ( ´・ω・`)

   まったく ・・・ 連日 アルコール消毒してるのに 風邪とは、ねえ ・・・ 。

 

夜中には 相当 汗をかいていたみたいなので、

やっぱり 熱を出していたのでしょう。

             ( 大物洗濯のワケは ここにもある。 )

今朝は 幾分 良くなったみたいでしたが、少々 遅くに出勤。

風邪薬と栄養ドリンクを 持たせました。

お昼に聞いたら 取り敢えずは お元気そうでした。

 

乾燥して来ているし、日中と朝夕の寒暖差も あります。

皆様も お気を付けて。

 

 

本日も 旅日記です。

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0414

今日のような青空をバックにした ニセコ駅。

ちょっと メルヘンチック。

収穫の秋を演出するように 大小取り混ぜての カボチャがゴロゴロ。

これは ニセコの秋の恒例行事なのだとか。

街中に カボチャが飾られるのだそうですよ。

いいね、こう言うの。

 

 

 

 

 

Rimg0415

駅のホームから、スキー場のある ニセコアンヌプリが 見えました。

絵に描いたよう。

昔の映画の書割りみたい ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

Rimg0417

ちとボケてますが、反対側には 黄色い橋が。

ニセコ大橋、と 言うそうです。

ホテルへの行きは この橋を通って、帰りは 横目に見ながら来ました。

 

 

 

 

 

Rimg0419

跨線橋の屋根の上には 雪留めかしら。

たくさんの突起物。

 

 

 

 

 

Rimg0420

さぁ、前日乗って来たのと同じ キハちゃんが やって来た。

 
 
  

 

 

 

続きを読む "遅い夏休み 帰省旅 - ニセコを出発 -"

| | コメント (4)

2015年11月 4日 (水)

遅い夏休み 帰省旅 - ニセコ 甘露の森 -

Img_0124_2

昨日、今日と 快晴の当地、今朝は 富士山も よく見えました。

この前に比べると、雪の部分が 多くなったような fuji

一昨日の関東の冷たい雨が、富士山では 雪だったんでしょうかね。

今朝は マイナス4度だったとのこと、不思議は ありません。

 

これから数日の当地は、晴れの日が続くとのこと。

今日を含めて 家事日和になりそうです。

 

 

 

さて、旅日記です。

 

 

ニセコに着くと、駅前に お宿の車が 迎えに来てくれていました bus

ニセコと言えば、スキー ski

有名なニセコアンヌプリなど、山々を見ながら 車は進みます。

 

 

着いたお宿は 「 ニセコ 甘露の森 」 。

我が家にしては 珍しく 大きなホテルです。

 

よんさん、ピンポン♪正解ですよ (*^ー゚)b

 

 

大きなホテルのチェックイン時間ゆえ、人の出入りが多く、

外観の画像は 撮れませんでした。

 

チェックイン後、お部屋に案内されます。

 

 

 

 


Rimg0366

入り口あたり。

玄関とカーペットは バリアフリー。

左側にある靴箱に スリッパがあったのに 気付かず

靴のまま カーペットに ON boutiqueshoeboutiqueshoe ))))

 

「 外国人のお客様にも そのまま入られる方が いらっしゃるのですが・・・ 」

と、申し訳なさそうに おっしゃるホテルマン。

 

「 あぁ、申し訳ありませんsweat01sweat01 ・・・ 外国人なもので ・・・。 」

 

その後、一通りの説明を受けました。

 

 

 

 

 

Rimg0364

ツインルーム。

マッサージチェアが あります。

もちろん、マッサージしてもらいましたよ。

 

 

 

 

 

Rimg0400

枕元には、こんな お顔が (o^-^o)

一晩 お世話になります o(_ _)oペコッ

 

 

 

 

 

Rimg0365

6畳の和室が付いています。

 

 

 

 

 

Rimg0389

ほほぉ、台所。

右の戸棚には カップ類が収納されています。

その下には 電磁調理器。

 

こりゃ、住める機能 満載だわ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0388

冷蔵庫の上には ポットとコーヒーマシン cafe

 

 

 

 

Rimg0393

もちろん 洗面所が付いています。

トイレも、ね toilet

 

この奥には ユニットバスも ありました。

 

 

 

 

 

Rimg0404

浴衣は コチラ。

黄色系と紫系のバランスが いい感じ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0385

マッサージチェア奥の 窓から見た図。

紅葉が始まっていました。

 

 

 

 

 

Rimg0386

これは 翌朝の風景です。

朝日が照る 山々や木々。

テニスコートも ありました tennis

時間があれば 1ゲームと 言ったところですが。

 

 

お部屋案内が済んだ後、近くを 散策してみることに。

我が家の お約束ですから ・・・ 。

 

 

 

 

 

Dsc_0014

ホテルの敷地内には

こんなスペースが ありました。

ホテルは 本当に山の中、森のそば です。

 

 

 

 

 

Dsc_0016

沢水も 流れていました。

 
 
 

 

 

Dsc_0015

日が落ちる時間だし、

森のクマさんに遭っても 何 ( 難? ) なので

ホテルに 戻ります hotel

 

 

ところで、今宵の お部屋の目玉の ひとつが。

 

 

 

 

 

続きを読む "遅い夏休み 帰省旅 - ニセコ 甘露の森 -"

| | コメント (6)

2015年11月 2日 (月)

遅い夏休み 帰省旅 - 長万部、そして ニセコへ -

あぁ、早くも 11月 ・・・ ( ´・ω・`)

今日は 冷たい雨の降る一日でした rain

 

昨日は、ここしばらくの疲れ ( 野球とか、植え替えとか ) が 出たのか

一日ダウン (×o×)

 

遅れに遅れた旅日記が ますます遅れてしまう (´-д-`)

「 遅い 」 に もひとつ 「 遅い 」 を 加えようか、

それとも 「 異常に 」 を 付けようか。

 

いやいや、確かに 夏休みは遅かったけれど

遅れているのは 花mameが ダラダラしているせいだもんね。

さぁ、今日も 張り切って行くことにしよう。

 

 

 

 

 

Rimg0327

青森の雨は 何だったの? と 言うくらい

北海道は 快晴です sun

 

函館で 「 スーパー白鳥 」 を 降り、

ホームの向かい側に停まっていた 「 スーパー北斗 」 に 乗り換えます。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0326

「 スーパー北斗 」 は、ここから 室蘭本線に入ります。

函館本線を北上する為には、

ここ 長万部で 普通列車に乗り換えるのです。

 

 

この函館本線も、

北海道新幹線が 札幌まで来ると 廃線になる区間が多いのだとか。

新幹線と ローカル線は 違うと思うのだけれど

様々な事情が 絡んでのことなのでしょうね ・・・ moneybag

 

 

 

 

 

Rimg0328

跨線橋から、今 来た方角を 望む。

 

 

 

 

 

Rimg0345

そうそ、ここ長万部にも 温泉があったのですよ spa

今回も 企画の段階で 候補に上ったんですが、

条件が合わず、見送りとなりました。

 

 

 

 

 

Rimg0344

駅舎です。

写ってませんが、左側の方に 売店があります。

 

次の電車まで 少し時間があったので

町を 少し散策することに。

海の方へ 向かいます wave

 

 

 

 

 

Rimg0329

空も 海も 青い青い ヽ(´▽`)/

 

遠くに 島影が見えます。

 

 

 

 

 

Rimg0333

少し 大きく撮ってみました。

左側に見えるのが 駒ヶ岳です。

 

 

 

 

Rimg0330

反対側、室蘭方面です。

 

 

 

 

Rimg0341

砂浜には 様々なものが ありまして。

 

この前の海、内浦湾は ホタテの養殖をしています。

こんな ちっちゃな可愛いホタテの貝殻が たくさん落ちていましたよ。

 

貝殻じゃない、もうひとつのもの は、

 

 

 

 

Rimg0339

多分、波に もまれた ガラスの破片。

キレイ shineshine

 

 

時間が来たので、駅に戻ります。

 
 
 
 
 
 
 

Rimg0017

売店を 覗いてみると

お土産品や 観光案内のパンフレットとともに

スタンプが置いてあったので ペッタンコ ♪

 

この 「 まんべくん 」 は 長万部の ゆるキャラ。

身体がカニ、耳がホタテの貝殻、頭にアヤメと言う お姿。

なかなか 自由奔放な性格のようですよ ( ´艸`)プププ

 

 

電車が来たので 乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "遅い夏休み 帰省旅 - 長万部、そして ニセコへ -"

| | コメント (8)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »