« 大井川鐵道の旅 - 2015 - ジェームス2日目 | トップページ | 大井川鐵道の旅 - 2015 - おまけ »

2015年10月18日 (日)

大井川鐵道の旅 - 2015 - 川根温泉笹間渡駅 と かわね路

朝のうちは曇っていましたが、

そのうち晴れて、気持ちの良い一日となりました。

 

昨夜の余韻に浸りつつ、

朝から買物がてら、スポーツ新聞など 買いに出かけて来ました。

祝杯を上げていた割には 早朝から元気な 土higeさんです ( ´艸`)プププ

 

 

 

さて、昨日の続き。

川根温泉 笹間渡から、再び 帰途の旅が始まります。

 

 

 

 

Rimg0351

こちらが、川根温泉 笹間渡駅の 駅舎。

何だか、昔懐かしいような感じがします。

 

ちょうど 8月下旬だったので、

夏休みが終わって、祖父母の家から 日常に戻る ・・・

なんて シチュエーションが 頭に浮かびましたよ。

画像なのに、セミの声が聞こえて来そうだし

誰もいないのに、虫取り網を持った子どもが見えるよう。

 

 

 

 

 

Rimg0361

駅舎内部。

今は無人ですが、昔は 右側の窓あたりで

駅員さんが 切符を売られていたのではないでしょうかね。

 

 

 

 

 

Rimg0364

古いポスターが 貼られていました。

「 C56 44 」 、これは今 ジェームスになっている蒸気機関車です。

 

 

 

 

 

Rimg0365

「 C11 227 」 、これは トーマス。

 

 

 

 

 

Rimg0377

木造りの駅舎は、緑豊かな中にあってこそ 似合います。

 

 

 

 

 

Img_0098

山並みの向こうに 日が当たっていてキレイ shine

山合いにあっても、まだまだ暑い 夏の日。

 

 

 

 

 

Rimg0368

線路って、人工物でありながら

自然の中にあっても 違和感がない気がしますよ。

 

ホームのベンチには 静かに1人の鉄女がおりました。

 

まもなく 乗る列車が来る時間です。

 

 

 

 

 

Img_0102

やって来ました。

今回 初めて乗る蒸気機関車 「 かわね路 」 。

これは 日本で唯一 動態保存されている 「 C10 」 です。

これに乗って、 「 金谷 」 まで戻ります。

 

 

 

 

 

Rimg0394

客車も レトロ。

 

 

 

 

 

Rimg0395

内装は ほぼ 木と鉄。

懐かしいと思われる方も いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

Rimg0380

天井には 丸い蛍光灯。

昔は 裸電球的な灯りだったのかも?

扇風機にも 時代を感じます。

 

 

 

 

 

Rimg0379

網棚は、まさしく 網だな ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

Rimg0383

座席の一部。

使い込んだふうと、手入れの良さを 感じさせます。

 

 

 

 

 

Rimg0387

いいなぁ、こういうの。

どんな人が どれだけの間、このつまみを つかんで

窓の開け閉めをしたことでしょう。

 

 

 

 

 

Rimg0378_2

窓を はさんで

外は 平成、中は 昭和。

 

 

 

 

 

Rimg0381

茶畑が広がる車窓。

緑一色、癒されます。

 

金谷に着いた後、電車で 静岡へ戻り

夕食後、新幹線で 東京に帰ったのでした。

 

まったく ・・・ たった1泊2日の旅が なぜ1週間程も かかるのか (´-д-`)

とは思いますが、ついでに 「 おまけ 」 を もう1日 続けます。

|

« 大井川鐵道の旅 - 2015 - ジェームス2日目 | トップページ | 大井川鐵道の旅 - 2015 - おまけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
先日は私のブログにコメントを有り難うございました!!

寸又峡まで行かれたのですね!
祖母の家の最寄りが金谷駅になります。
(最寄りと行っても車で10分ぐらい離れているのですが)
なので、SLに乗ったり寸又峡温泉へ行ったりしたことは何度かあります。
茶畑の中を進んで行くのでのどかで良いですよね。

今トーマスも走っているんでしたっけ?
いましたか??

投稿: YOSHI | 2015年10月19日 (月) 08:38

こんにちは
 
ヤクルトスワローズの日本シリーズ進出おめでとうございます♪
対ソフトバンク どんな試合が繰り広げられるか楽しみですね。
 
↓ 前記事のジェームスの人の手による方向転換、すごいですね!
思わず飛び入りでお手伝いしたい気持ちになりました。
私じゃ手伝いどころか邪魔にしかならないとは思いますが~
(そうそう、ここでまたジェームスにお乗りになるのかと
 勘違いしてしまって、私の読み方がいけないんです、
 お気遣いさせてしまってごめんなさいです)
 
そしてこちらの木造の駅舎、これは郷愁を誘われます。
前にも書いたかもですが、ふるさとで木造駅舎を20年くらい利用していたので、
すっかり味気なくなった現在の駅を見るたび、いまだに惜しい気持ちが
湧いてきてしまうのです。
>木造りの駅舎は、緑豊かな中にあってこそ 似合います
仰るとおりですね。
また、駅舎が建て替えられることで、周囲の緑もまた減って行って
しまうような気もします。 維持は大変かもしれませんが守られて
いってほしい駅舎です。
そしてお乗りになった「 かわね路 」は、唯一 動態保存されている
機関車なのですね。ぅゎ~貴重ですね!
客車の中のレトロさも懐かしいです~
この客車の中でどれほどの人のどれほどのドラマが繰り広げられたのやら。
窓のつまみひとつとっても、仰るとおりですね…。
「かわね路」の窓の外に広がる気持ちのよい茶畑は、川根茶かしら。
 
汽車の旅、あこがれます。

投稿: ポージィ | 2015年10月19日 (月) 11:15

>YOSHIさま
 
こんばんは☆
 
すっかり ご無沙汰してしまっている間に
お引っ越しも完了されたのですものね。
もう落ち着きましたでしょうか。
お忙しい中 おいで頂き、コメントをありがとうございます heart
 
おぉ、お祖母さまのお家が金谷でしたか (o^-^o)
それでは、よくご存知でしたね。
寸又峡温泉に行かれて、SLも乗られているのですね♪
今回 初めて寸又峡温泉に お邪魔致しましたが
とても良いお湯でした。
機会を捉えて また行ってみたいと思います spa
 
はい、トーマス おりましたよ♪
昨年はトーマス、今年はジェームスに乗って来たのでした。
今年のトーマスの営業運転は10月で取りあえず終了しているようですが
今年は クリスマスにも運行する予定とのことです。
また特別なイベントなので 楽しみにしている方も多いでしょうね xmas

投稿: 花mame | 2015年10月19日 (月) 19:48

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
どうも ありがとうございます ヽ(´▽`)/baseball
もう、待ちに待った優勝なので ファンにとっては
嬉しいことこの上なし、と言ったふうですよ♪
今年のソフトバンクは強力ですので、
是非、選手とファンの力を結集して 頑張ってもらいたいものだと思います。
 
ジェームスの方向転換。
あの重たい機関車を いくら男の人たちとは言え
7人くらいで動かせるのですから
人間の力も 転車台と言う物も スゴいなぁと思いました。
ポージィさんと同じく お手伝いしたい気持ちになります〜
もちろん 何の力にもなれないので 声だけの応援となりますが ( ´艸`)プププ
 
(いえいえ、本当にボンヤリした記事なもので
 申し訳ありませんでした。)
 
木造りの駅。
確か お伺いしたと思います。
今時の建物のような、きっちりかっきりした駅舎も
それはそれで いいものですが
長年使っていた駅舎が いきなり近代的な物に変わると
どうにも受け入れ難いものがあるのかもしれませんね。
歴史と言う物は 時間をかけて刻まれるものですから
その新しい駅舎が人々にとって味わいあるものになるまでには
かなりの時間を要することになりますものね。
昔の駅舎を知っている者にとっては
新しい駅舎を見るに付け 惜しい気持ちになるのは
よくわかります。
 
我がイナカでは それが校舎なのです。
北海道ゆえ、雪や寒さと長年闘って来た建物は
劣化もありますし
建築法の進歩によって暖かな建物を作ることが出来るようにもなりましたから
建て替えラッシュの時代がありました。
もちろん、子どもも親も職員も
寒い校舎より暖かな校舎の方が 嬉しいのは当たり前なのですが
歴史であるとか 校舎の趣きと言う点では
やはり昔の校舎は良かったなぁと
もう ○十年にもなりますが 思うところではあります。
 
新しい駅舎を建てると 確かに回りの自然も変わって行くように思いますね。
この駅舎は そう簡単には変わらないでしょうけれども
どうか いつまでもあってください、と願わずにはいられません。
 
かわね路。
素敵なレトロ感ですよね。
ガタゴト言う音も振動も 多分 昔のままなのでしょう。
こちらも いつまでも整備出来る方が いてくれますようにと願います。
 
茶畑。
そうですね、川根茶でしょうね。
ここのところ、川根茶の美味しさに すっかりはまってはまっています japanesetea
 
いつも本当に ご丁寧なコメントを ありがとうございます heart04

投稿: 花mame | 2015年10月19日 (月) 20:15

昭和初期にタイムスリップしたような光景ですね。
古い蒸気機関車が今でも動くのですから、スゴイです。
陰で支えている職人さんや整備士さんの姿も
見えてくるようです。
仕事など、なんでもスピードが求められる現在ですが、
ときには、のんびりした時に身を置くのもいいものですね。

投稿: トムジェリ | 2015年10月29日 (木) 16:10

>トムジェリさま
 
こんばんは☆
 
はい〜 汽車の中は まるで昭和でした。
 
そうですね〜
この C10型蒸気機関車は 昭和5年に製造されたものです。
その車両が いまだ現役と言うのは
関わる職人さんや整備士さんたちの
ご尽力の賜物だと思います。
 
スピードある交通手段も もちろん良いものですが
昔に思いを馳せながらの蒸気機関車の旅も 良いものだなぁ と思います (o^-^o)
 
コメント ありがとうございました。

投稿: 花mame | 2015年10月30日 (金) 19:24

こにゃにゃちにゃん

「笹間渡駅の駅舎」
THE「昭和」な雰囲気がすてきですなあ。
有形文化財とかに登録されていそうな情緒をかもしだしていますですよなあ。
駅舎内部のお写真で見られるような「すりガラス」も、最近では見なくなりましたですよなあ。

>木造りの駅舎は、緑豊かな中にあってこそ 似合います

うんうん。
わかりますー。
花mameちゃんも乗られた「渡良瀬渓谷鉄道」も古い駅舎があるのですが、
古い駅舎と山の織り成す景色って、懐かしい気持ちになるのですよ。
昔にタイムスリップしたみたいで良いですよなあ。

ジェームス&トーマスの往時のポスター!
うわあ、貴重な資料ですなあ~。
機関車の現在の姿を見たあとに、かつての勇姿をみられただなんて、本当にラッキーでしたなあ~☆

この日に乗られた「C10」も貴重ですし、
客車が、またいいですなあ。
引っ張る機関車が古いものでも、客車は新しかったりするのに、
この列車は客車まで古いのですか~。
いいなー、乗って見たい。
使い込まれた雰囲気も良いですなあ。
良いものは長くもつのですなあ。
機関車・客車ともに、これからも大切に使われて、末永く現役でいてくれると良いですなあ。

追記。
認証、全然めんどうじゃないですよー。
営業目的のコメントがついたりするのを防ぐには、有効だと思いますですしなあ。
ゴン太のところも、このところ連続でスパム的なコメントが付いていて煩わしかったのですよ。
認証大切!

投稿: ゴン太 | 2015年11月24日 (火) 16:52

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
あぁ、何と言うこと、お返事が こんなに遅れてしまいました ( ´・ω・`)
いつもながらに ごめんなさい。
 
駅舎。
佇まいが いいですよね。
どうして こんなに木造の古い建物に惹かれるのか、と思ったら
我がイナカの場合ですが、
雪深いこともあって古い建物は現存することが少ないのですよね。
なので 懐かしさも手伝って惹かれるのだろうと思います。
 
すりガラス、確かに 最近は見かけることがなくなりました。
こう言うところで需要もあるでしょうから
どこかで作られては いるのでしょうね。
 
そうそう、渡良瀬渓谷鉄道には まだ乗っていないのですよ・・・。
前に乗る機会があったのですが 体調不良で逃して以来
乗る機会に恵まれないのです。
いつか乗ったら、是非 ゴン太さんのおっしゃる古い駅舎を見て
懐かしさに とっぷり浸かってみたいと思います (o^-^o)
 
ね、往年の姿は また味わいがありますし
それが お色直しして走っていると言うのも感慨深いものがあります。
色の褪せたポスターにも 歴史と味を感じました。
 
C10、この時代まで使い続けていることの素晴らしさですよね。
昭和が走っている と言ってもいいくらいです。
何でも 壊れたら買い換えればいい、その方が安い、と言う世の中ですから
古い物を 大切に扱っていると言うのが嬉しいですよね。
おっしゃるように この後も末永く現役でいてくれると いいなぁと思います。
 
認証。
そう言ってくださるとホッとします。
何だか わかりにくい数字などが出ることもあり
そこまでする必要があるのか、と思うことがあるものですから
ご面倒かけているのだろうと 心配しておりました。
今後も ご面倒かけますが
よろしく お願い致します。
 
いつも ありがとうございます ヽ(´▽`)/heart04

投稿: 花mame | 2015年12月 2日 (水) 11:40

おはようございますにゃん

渡良瀬渓谷鉄道!
すみませぬー。
ゴン太としたことが、記憶違いにもほどがありますのですよなあ。
本当に「ス●ーカー」の名を返上しなきゃならない記憶違いでした。
でもでも、駅舎が文化財(県指定だったか?)になっているくらい、
ローカルな雰囲気が楽しめる列車ですので、
機会がありましたら、ぜひ♪

投稿: ゴン太 | 2015年12月11日 (金) 09:26

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
 
すっかりのご無沙汰 申し訳ありませぬ!
ちと予定が狂って まだ北海道でして
明日やっと帰京の運びとなりました。
と言っても、2週間程の東京滞在なのですが
少し落ち着きましたら、お伺いさせて頂きますね (o^-^o)
 
いえいえ、渡良瀬渓谷鉄道の話は かなり前のことになりますので
記憶していなくて当然ですよ~。
自分でも いつだったのか忘れているくらいですし ( ´艸`)プププ
 
ゴン太さんオススメの駅舎、是非 拝見したいです。
来年にでも機会を作って 行ってみたいと思います。
その時は しっかりとリポートさせて頂きますね♪
いつも ありがとうございます ヽ(´▽`)/

投稿: 花mame | 2015年12月11日 (金) 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大井川鐵道の旅 - 2015 - ジェームス2日目 | トップページ | 大井川鐵道の旅 - 2015 - おまけ »