« 下部温泉 「 梅ぞ乃 」 さん | トップページ | ランチタイムのフラワープレゼント »

2015年9月 2日 (水)

身延線で甲府へ向かう

ずっと雨模様のお天気で、肌寒いくらいの気温が続いていましたが

今日、お昼頃から 久しぶりに お日様の顔が拝めました。

それなりに 気温も上がりまして、秋から夏に戻ったような日でした。

 

ご無沙汰致しておりました。

とは言っても、10日くらいのブランクは よくあることですわね (*´ェ`*)

 

先週の週始めに、ちと 旅に出かけまして

週末には、風邪を引いて寝込んでいたと言う 怒濤の1週間だったもので

何だか 随分と空いたような気がしていました。

 

風邪の原因は 多分、寒暖差。

友人とのデートも、電話も、すべてキャンセル ・・・ 。

 

まずは 喉の痛みから始まり。

花mameの場合、風邪は喉から やって来ます。

その後 熱が出始め、下がった後には 咳が残ります。

今も夜は 咳で一度は起こされますが、ほぼ 良くなって来ました。

 

結構、流行っているようですね。

皆様も、お気を付け下さいね。

 

 

 

では 中断しておりました、旅日記。

今日で最後です。

 

 

 

 

 

Rimg0310

下部温泉駅から 甲府方面を望む。

 

 

 

 

 

Rimg0313

特急を待つ駅のホームです。

乗ったのは、来た時と同じ 「 ふじかわ 」 。

緑の中を 甲府へと向かいます。

 

 

 

 

 

Rimg0320

途中、停まった 「 市川大門 」 の駅舎は 中国風でした。

こちらの町には 「 大門碑林公園 」 と言う 中国の名碑を集めた公園があり、

それに合わせて 中国風のデザインに なっているのだそうな。

 

 

 

 

 

Rimg0321

おっと、「 ふじかわ 」 の車内です。

とても 空いていました。

 

 

 

 

 

Rimg0324

甲府が近くなった頃に、山並みの向こうに 富士山が fuji

 

 

 

 

 

Rimg0326

身延線の終点 「 甲府 」 駅。

 

 

 

 

 

Rimg0327

そのホームからは、甲府の 「 時の鐘 」 が 見えます。

その右側には 「 甲州夢小路 」 と言う、おしゃれな お店群が続いています。

 

 

 

 

 

Rimg0331

ホームを進むと 「 旧甲府駅 」 に下がっていたと言う 釣り鐘があります。

「 かふふ来 ( 幸福 ) の鐘 」 と 言うそう。

 

 

 

 

 

Rimg0333

「 旧煉瓦倉庫 」 の一部のようでした。

こちらを 「 かふふ驛 煉瓦ひろば 」 と 言うのだそうです。

 

「 かふふ 」 とは 「 こうふ 」 の 歴史的仮名遣いで

「 甲府駅 」 は 「 かふふえき 」 として 親しまれて来たそうです。

 

 

 

 

 

Rimg0335

JRの甲府駅。

 

 

 

 

 

Rimg0384

先程の 「 時の鐘 」 。

詳しくは コチラ に 譲ることにします。

 

 

 

 

 

Rimg0339

駅の前には いらっしゃいました、 「 武田信玄 公 」 。

 

そして、この方の かつての居城へと 向かいます。

 

 

 

 

Rimg0342

甲府城は 「 舞鶴城 」 と 呼ばれているのですね。

こちら今は、 「 舞鶴城公園 」 と言います。

「 内松陰門 」 から 入ります。

 

 

 

 

Rimg0347

天守閣のあった場所。

芝生を越えて 石垣の上に上がると、それは 見晴らしが良かったです。

 

 

 

 

 

Rimg0349

夏は 富士山に向かって 上昇気流が発生するため

雲に隠れていることが多く、

見えることは 珍しいのだとか。

 

 

 

 

 

Rimg0351

石垣の中に 不満気な顔をしたコを 発見。

ずっと 石の間に挟まっていたから でしょうかね。

 

色々と 見所はありましたが、

ボランティアガイドさんが おっしゃるのには

高い石垣が 一番の見所とのこと、そちらに向かいます。

 

 

 

 

 

Rimg0367

こちらが 表だったのかな。

橋の名前は 「 遊亀橋 」 。

 

 

 

 

 

Rimg0371

比較対象がないので 画像では わかりにくいですが

確かに 高いです。

 

 

 

 

 

Rimg0372

こう写すと 高さが伝わりましょうかね。

 

「 この石垣は築城時の野積み石垣で、高さは約17メートルあります。

 全国の中でも非常に高いもので、

 当時の最先端の石積技術が導入されたことがよくわかります。 」

 

との 説明文がありました。

 

 

 

 

 

Rimg0375

2004年に復元された 「 稲荷櫓 」 、

別名 「 艮 ( うしとら ) 櫓 」 ( 北東の鬼門 ) だそう。

用途は 見張り櫓と武器庫だそうですよ。

 

 

 

 

 

Rimg0388

さて、駅前に戻ると 広場で 「 ビアフェスタ 」 のようなものを やっていまして

ランチも まだだったことから、こちらで 軽く食べる ( 飲む? ) ことに。

 

ブラスバンドの演奏や 画像のような 「 金粉ショー 」 を やっていて

人々を 楽しませていました ♪

この金粉を塗った方々は 麿赤兒さんの劇団の方とか 聞きました。

 

 

 

 

 

Rimg0395

さて、甲府に来たからには、 「 武田神社 」 にも 行かなくては、と

いつもなら 歩くところですが

何せ、この日の甲府は 35度超。

安全策を取って タクシーで向かいました。

 

赤い橋の奥に 鳥居が見えます。

さすが 観光地、たくさんの人がおりました。

 

 

 

 

 

Rimg0403

奥に見えるのが 拝殿です。

しっかりと拝んだ後に、神符授与所で ペットボトルを一本買って

 

 

 

 

 

Rimg0407

名水 ・ 姫の井戸の水を 頂きます。

まろやかで美味しい お水でした。

 

この真向かいには 水琴窟もあって、

猛暑の最中、いっときの涼を楽しみました。

 

 

 

 

 

Rimg0409

甲陽武能殿。

能が行われることも あるのでしょうね。

 

 

 

 

 

Rimg0411

参道にある 灯りには 武田家のご家紋 「 武田菱 」 。

実は、花mameの実家の家紋でもあります。

 

 

 

 

 

Rimg0412

観光案内所で もらった地図には、

神社から そう遠くない場所に 墓所もあるとのことで

歩いてみたのだけれど、なかなか見つからない ・・・ 。

何せ、35度の猛暑の中、頭も クラクラして来ましてね。

 

水田の稲の緑が 癒してくれました。

このあたりって、家のすぐ下から 田んぼなのね。

家庭菜園のような感じでした。

家庭田んぼ?

 

 

で、墓所のありかを書いた看板でも ないか、と思って 見回していると

「 つつじが崎温泉 」 なんて言う 看板を 見つけてしまった!

 

この汗だくの状況を打破するには

墓所よりも 温泉だ!と、案内板どおりに進んで行くと

あら、墓所への案内板も 見つけてしまった ( ̄▽ ̄)

 

墓所で お参りをした後に

温泉で ゆっくりと 汗を流して 一息ついたのでした spa

 

いや〜 地獄で仏、否、炎天下で温泉 ですよ。

 

こちらの温泉、ちと奥まった所に あるせいか、

プールが併設されていて、そちらの方の人気が高いせいか

そこそこ広いのだけど、誰もおりませんで

ぬる湯だったこともあって、ゆっくりと浸かってしまいました。

 

いいお湯でした ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

Rimg0417

温泉からタクシーを呼んでもらい、駅に向かいます。

軽く 夕食を食べて、お土産を買って ・・・ と していると

あら、もう お帰りの時間。

特急 「 かいじ 」 で 東京に戻ったのでした。

 

 

 

また 長い旅日記に お付合い頂き ありがとうございました。

 

今週末には 帰省の旅に出ます。

また しばしの ご無沙汰になるかな。

もう一回くらい更新出来るかな。

 

いずれにしましても

皆様、くれぐれも お風邪には注意して お過ごし下さいね。

|

« 下部温泉 「 梅ぞ乃 」 さん | トップページ | ランチタイムのフラワープレゼント »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
ご旅行の後はお風邪だったのですね。
気温の変化が大きすぎますもの・・・。
どうぞお大事になさって北海道へ・・・。
花便りなどお待ちしております。

投稿: マコママ | 2015年9月 3日 (木) 17:11

>マコママさま
 
こんばんは☆
 
はい〜 もう何年ぶりかと言う風邪を引いてしまいました。
気温差のせいでしょうね、
発熱と咳と言う風邪が流行っているみたいです。
マコママさんも お気をつけ下さいね。
 
ありがとうございます heart
気を付けて行って来ます bullettraintrain
イナカの方からは 花便りをお伝えしたいと思っていますので
少しの間 お待ち下さいね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年9月 3日 (木) 19:22

こにゃにゃちにゃん。
山梨の旅の続きを拝読しに参りました~☆

身延線・・・名前を聞いたことはあるのですが、乗ったことはないのですよー。
「市川大門駅」おもしろいですなあー、近くに中国の名碑を集めた公園があるということですから、きっと、何か中国とご縁があるのでしょうなあ。
特急ふじかわの車内、いいですなあ。
シートの生地も良さそうです~。
すわり心地の良い座席に座って、車窓の眺めを楽しみながら甲府に向かわれたのですな♪
お天気も良さそうですし、最終日もステキなスタートですなあ。

おおお!甲府城。
ゴン太、行こうとした時(数年前)は、工事中で中に入れなかったのですよー。
そうそう、あの時、お写真にある遊亀橋?の前を車でむなしく通りすぎましたですよー。
ああ、不満顔な石垣っ子とか、見晴らしの良い場所とかあったのですなー。
お写真で見られて良かった!

富士山!
やはり山梨や静岡に来たなら、富士山を見たいですよな~。
お写真の富士山、雲の上にぽっかりと頭が出ていて、
お歌のようですなあ~。
あーたまーをーくーもぉーのーうーえにーだぁーしぃー♪

武田神社。
ゴン太、7月23日と8月20日に行きましたですよー。
花mameちゃんにはお会いできませんでしたが。
はは。
おおお!ご実家は武田菱のご紋ですかー。
ご先祖様は、山梨の出身でしょうーかなー☆

お墓。
住宅地にある所ですかな?
ゴン太も行きましたですよー。
誰もいませんでしたが、アブラゼミが鳴いていましたですなあ。
温泉があったとは気づきませんでした!
ゴン太も入りたかったですー。

おおお!
この後も、ご旅行に行かれたのですな☆・・・などと白々しく(本当は上の記事が見えているので、鉛温泉に行かれたのだと知ってますよ)
いいつつも、次の旅行記も楽しませていただきマンモス♪
では、またー。

投稿: ゴン太 | 2015年10月25日 (日) 16:12

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
お忙しいのに、ご丁寧なコメントを ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/
 
身延線で有名なのは 日蓮宗総本山の身延山久遠寺らしいですね。
下部温泉のお宿に行った時も「身延山に行かれました?」と聞かれましたから
お約束の場所なのでしょう。
 
「市川大門駅」。
電車の中から撮ったもので ちゃんとは写せなかったのですが
駅舎とは思えませんよね。
山梨県の町と中国に どんな関係があるのか
今度じっくり調べてみましょうかね。
 
ふじかわ、快適でしたよ〜空いてたので なおさら ( ´艸`)プププ
 
甲府城。
あらま、数年前に工事をしていたのですか。
残念なことでしたね・・・。
遊亀橋の前を車で通り過ぎた!
花mame、その通りを歩きましたですよ!
あぁ、またゴン太さんと同じ場所にいたのですね shine
でもきっと、ゴン太さんなら また行く機会はたくさんあることでしょう。
その時には 天守閣後から富士山を眺め、
不満顔の石垣っ子を探してみてくださいませ (*^ー゚)b
富士山の見られる範囲で言えば、我が家からの方が多いのですが
やはり 近いだけあって、こちらからの方が 大きく見えましたですよ fuji
まさしく お歌の歌詞のようですね♪
 
わお!
武田神社にも行かれましたか!
実は7月26日に行ったのですよ、
ゴン太さんの後を追ったわけですね ヽ(´▽`)/
家紋は う〜ん、どこかで山梨と繋がっているのでしょうかねえ。
父の実家は青森なのですが その前は調べたことがないのですよ・・・。
 
お墓。
そうです、住宅地にある所です。
きっと 周りの方々に大切にしてもらっているのでしょうね。
アブラゼミ、この日も かなりの猛暑だったので
鳴いておりましたですよ。
 
そのお墓を出て、左手に 道なり(確か)に行った先に
「つつじが崎温泉」が あったのです。
かなり奥まっていて わかりにくい所なので
お車だと 気が付きにくいかもしれませんね。
 
あは、次の旅行は 静岡でして
帰省旅行は その次になりますが
記事は逃げませんので、お時間のある時に
ごゆるりと ご覧くださいませ♪
 
いつもいつも ありがとうございます ヽ(´▽`)/heart04heart04

投稿: 花mame | 2015年10月26日 (月) 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下部温泉 「 梅ぞ乃 」 さん | トップページ | ランチタイムのフラワープレゼント »