« 横川・鉄道文化むら | トップページ | 身延線に乗って »

2015年8月20日 (木)

いきもの、ばんざい 

夏の甲子園が 終わりましたね。

頂点に立ったのは、東海大相模。

でも、仙台育英も 素晴らしかった。

見応えのあるゲームを観せてくれて 心から感謝します baseball

 

ここ数日の当地は

30度に届くか、届かないかくらいの 涼しい日が続いています。

暑いのは 嫌だけれど、涼しくなると ちと寂しい気がして来るのですから

人間って ホント、わがまま。

 

涼しくなると 出かけるのも億劫ではなくなりますね。

先日、恵比寿で 落語の会があったもので 出かけて参りました。

東京に住んで長くなりましたが、落語を聞きに行くのは 初めて。

初めてのことって 常に ワクワクですね。

 

話芸、と言いますが、表情や身体全体で演じるのは 役者も同じ。

そして、絶妙な 「 間 」 が 笑いを誘います。

ちょっとクセになりそうですよ (o^-^o)

 

 

 

 

さて、今日は動物、植物含めて、 「 いきもの 」 のことを まとめて。

 

 

 

 

 

20150602_200626

6月に帰省した折、恩師の お宅へ伺うと、

奥から 小さな家族が お出迎えしてくれました。

3月3日生まれの女の子で、名前は 「 もも 」 ちゃん。

「 お土産ちょうだい♪ 」 とでも言うようなポーズが

たまらなく かわゆし、でした catheart04

 

 

 

 

 

こちらも 6月のこと。

 

 

 

 

 

Rimg0220

ベランダに こんな方が。

こんな ひっくり返ったスタイルでも、

これが何かは すぐにわかったんですが、土higeさんを 呼びました。

 

 

 

 

 

Img_0128

小さなシャベルで 箱の上に乗せると

何とも言えない 美しさ shine

 

これは タマムシ。

実物を見たのは 初めてでした。

メタリックな輝き、これが 生き物とは ・・・ 。

しばらくいたようですが、気が付いたら 消えていました。

無事、生きのびていてくれたら いいけれど。

 

 

 

 

 

Rimg0040

こちらは、今年我が家で育てている 唯一の作物、インゲンです。

 

昨年は 枝豆の中にあった大豆を育てて 枝豆を食し、

種を 4つばかり取って置いて、一応 植えたんですが ・・・ 。

どうにも 出て来ない ( ´・ω・`)

ひとつ出たのも すぐに消えてしまいました。

何が 悪かったものやら ・・・ 。

 

実家でも インゲンを植えた所から 出て来ない 出て来ない ・・・ 。

寒さのせいか? なんて 言ってたんですが

 

友人 曰く

 

「 もしかしてだけど、もしかしてだけど ・・・

 カラスに食われたの、気付かないだけなんじゃないの〜? 」

 

なんて、ドブロ○クの歌にでも なりそうなことを 言われました (´-д-`)

 

実家のは 植え直して無事、育っているようですが。

 

 

で、話を 花mameのインゲンに戻して。

 

 

 

 

 

Rimg0077

白い花が たくさん咲いています。

果たして 結実してくれるものか。

インゲンの胡麻和えとか 食べたいなぁ と 思っているのだけれど。

 

 

 

 

 

Rimg0049

こちらは、実家から もらってきた カニサボテン、

何に ご機嫌を損ねたものか、葉を み〜んな落としてしまって

こんな裸ん坊に なってしまった ・・・ (;ω;)

 

落ちた葉を今、挿しているんですが、うまく根付くかなぁ。

 

 

と 思っていた矢先に

 

 

 

 

 

Rimg0046

裸ん坊から 芽が出て来た!

今は もうちと 大きくなっています。

ふぅむ、植物、強し!!

 

 

 

 

 

Rimg0069

フリージアを植えてあるプランターから、不思議なものが 出て来た、

と思ったら、どうやら キノコのよう。

 

 

 

 

 

Rimg0071

2日目には こんなに 成長しました。

何だか うなだれている風ですが ・・・ 。

 

4日経った今は 消えてしまいましたが、どこから 来たものだったのか。

条件が揃えば また出て来るものなのかな。

 

 

 

 

 

そうそう、先日 ここに引っ越してから 初めて

待っていた お客さんが いらっしゃいました。

 

 

 

 

 

Rimg0067

わかりましょうか?

小さな みかんの木に アゲハチョウ。

みかんの木は ベランダに 2本あるんですが

蝶を呼ぶために 育てていたもの。

地上、10メートル以上のところにある ミカンの木に

よくぞ 気付いて来たものです。

生き物って 不思議ですねえ。

一心不乱に 卵を産みつけ、

仕事が終わったら ヒラヒラと どこかへ飛んで行ってしまいました。

 

 

これから下は、虫の苦手な方は スルーしてくださいまし。

 

 

 

 

 

Img_0007

小さな卵が 見えますか?

 

 

 

 

 

Img_0016

中に 黒いものが見えて来た。

もうすぐかな、と思ったら

 

 

 

 

 

Rimg0079

今朝、生まれていました。

産んで行った卵から 全て 生まれているかは わかりませんが

みかんの木の大きさから言っても 最後に 1匹残ればいい方かな ・・・ 。

丈夫に育って、来年の春には 蝶になってくださいね。

|

« 横川・鉄道文化むら | トップページ | 身延線に乗って »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - うちの花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
 
わーい 生き物ばんざい ヽ(´▽`)/ ♪
 
このごろ人間という生き物にはがっかりさせられることも多いですけれど、
一生懸命な高校球児たちの姿には、捨てたもんでもないどころか
大きな感動いただきました。
試合をちゃんと見たのは昨日の決勝戦が唯一でしたけれど、
その決勝戦、すばらしい戦いぶりでしたね。
両チームに大きな拍手を惜しみなく、という思いで感動の涙もポロリsweat02
 
さてさて つづく、可愛い生き物代表といえそうな子猫ちゃん cat
普段は動物に赤ちゃん言葉を使わない私も、パピーちゃんには
ついつい甘~い声になっちゃいます。元気にのびのび大きくなぁれ!
 
なんとベランダにタマムシさんが来ていましたか。
子供の頃はよく見たのですが、ここ10年ほどは見かけたこともありません。
ほんと、美しい色。この美しさに装飾などに使われたりもしたのですよね。
久し振りに楽しませていただきました。
 
カニサボテンは・・・ やった~ 生きてましたね。良かったですぅ。
頑張ってくれましたね。良いこ良いこ♪
キノコは、ある日突然に姿を現しますね。どこからいつ飛んできていたのやら。
 
そして ついにやってきましたか! アゲハチョウさん。
よくぞ見つけましたね。さっそく卵を産み付けていって無事孵化。
これから順調な成長が見られるといいですね。ミカンは坊主になりますが~
わが家では、今年も小夏にクロアゲハが何度か産卵して幼虫が見られたのですが、
いずれも終齢幼虫になるまえに消滅。時々蜂も近くを飛んでいますから
そちらの子供たちの糧になってしまったのでしょう…
この時期の産卵・孵化なら、多分羽化まで行くかと思います。楽しみ~(*^^*)
 

投稿: ポージィ | 2015年8月21日 (金) 17:34

「モモ」ちゃん、モデルになれそうな美猫ですね~
かわいいわ~見惚れちゃった
ポーズもプロ並み
一家のアイドルでしょうね

「たまむし」よく耳にするけれども
実際に見たことなかった~
まさにメタリック!自然でこの色この風貌
こんなにキラキラするとカラスに狙われないか?

もうダメか・・・と、思ってた植物にポチッと
芽が出てくるとなんともいとおしい
がんばったね!

投稿: あずさ | 2015年8月21日 (金) 23:39

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
嫌な事件や事故を起こすのも 人間なら
大きな感動を与えてくれるのも 人間。
どうせなら 後者でありたいものですね。
 
高校野球。
暑さも忘れる程の一生懸命さが、人の心を打つのですよね。
高校野球に限らず、どのスポーツ、どの職業であっても そうなのだと思います。
 
わかります わかります、
どうして小さな子たちには赤ちゃんコトバになるんでしょ ( ´艸`)プププ
「しょうかしょうか(そうかそうか)」なんて
思わず言ってますもんね♪
 
タマムシ。
こんな所に どこから来たのか、と思います。
ポージィさんの ご幼少の頃には 良くお見かけになったのですね。
この虫は 美しいがゆえに乱獲によって数を減らしたとか。
玉虫厨子なんて おびただしい数のタマムシを使ってますものね。
あの美しさに 後年も獲られ続けたことは想像に難くありません。
それに あの目立つ姿、自然の中に身を隠すことも難しいでしょうしね。
我が家にまで姿を現したと言う程 増えてくれていたら
嬉しいのですけどね・・・。
 
カニサボテン。
はい、丈夫なものですね〜 グングン大きくなって来ていますよ。
キノコはですね・・・どうやら胞子をまき散らしたらしく
今朝 同じプランターに いくつも出ていました (;´▽`A``
どうしたもんでしょ・・・。
 
アゲハチョウ。
はい、ついに やって来ました。
木は まだまだ小さいですけど、何とか成長してくれれば、と思います。
以前、同じ時季から クロアゲハを育てた(勝手に育ったんですけどね)ことがあって
あの夢よ もう一度、と (o^-^o)
成長を報告出来たらいいな と思います (◎´∀`)ノ
 
いつも ありがとうございます!

投稿: 花mame | 2015年8月22日 (土) 12:17

>あっちゃん
 
こんにちは♪

なかなかの美猫ですよねえ。
アイドル間違いなし shine
あれから3ヶ月近く、かなり大きくなっているものと思いますわ。
9月に また会いに行ってみよう cat
 
タマムシ。
本物は初めて見たよ。
このキラキラ具合だもの、絶対 カラスに限らず野鳥は見つけると思うわ。
無事 生き延びてくれるといいなぁ。
 
うんうんん、ダメだと諦めていたから なおのこと、
嬉しかったです ヽ(´▽`)/
今年は花が咲きそうもないけれど、
来年は咲かせてみたいものだわ (◎´∀`)ノ゜。°。°。°。°。°。

いつも ありがとう!

投稿: 花mame | 2015年8月22日 (土) 12:24

こんにちは 花mameさんsign01

沢山の生き物をみられましたね、本当に生き物は人間の末永い友達ですね。happy01

ももちゃん、本当に置物みたいな可愛い猫ちゃんですね。delicious

一番懐かしかったのは玉虫ですね。子供の頃は本当にたくさんいましたね。夢中で補虫網を持って、走り回ったことを思い出しました。法隆寺の玉虫の厨子もこれで飾られていました。smile

インゲンは良かったですが、カニサボテンはかわいそうでしたね。でも今年は異常に暑かったから、枯れても当たり前ですよ。bleah

投稿: プロフユキ | 2015年8月22日 (土) 22:19

>プロフユキさま
 
こんにちは♪
 
はい〜 その通りですね、末永い友達。
まだ出会っていない友達の 何と多いことか。
 
プロフユキさんにも タマムシは懐かしいものでしたか。
生息域に北海道は入っていないので、
花mameにとっては、プロフユキさんも ご覧になったと言う、
教科書に載っていた玉虫厨子が全てで、ほとんど幻の昆虫でした。
この度 実際に見て、あぁ、本当にいたんだ、と感動致しましたよ (o^-^o)
 
ももちゃんは 本当に可愛かったです。
恩師の癒しになっていることでしょう cat
 
カニサボテン。
見事に丸坊主でしょう ( ´艸`)プププ
暑さにリストラしたものでしょうかね。
出て来た葉?が かなり大きくなってきました。
秋になったら掘り返して様子をみようと思ってたんですが
しばらくは根をいじらない方が良さそうですね。

投稿: 花mame | 2015年8月23日 (日) 10:42

こにゃにゃちにゃん

おお~、この日の記事は、生き物満載なのですな☆
まさに、タイトルどおり「いきもの、ばんざい」ですな。

1枚目のお写真のにゃんこさんの可愛さったらないですにゃあ。
いかにも「子猫」の愛らしさが全身から噴出していますですよ。
首につけたピンク?の首輪が少し大きめに見えるところも、
可愛さの演出のために、わざとやっているのか!と思ってしまうほどに、かわゆす。
ああ、ネコ万歳!

タマムシさん。
ひっくり返っていましたかー。
ひっくり返っていると心配になってしまいますが、飛んでいったところから察するに、きっと、その後も大丈夫だったことでしょう。
タマムシと聞くと、小学生だった頃の懐かしい思い出がよみがえるのですよなあ。
タマムシって、よく見ると目がかわいいのですなあ。
ふむふむ。

>カラスに食われたの、気付かないだけなんじゃないの〜?

なんか昔話みたいな話ですが、わりとあるコトみたいですよなあ。
植えたタネの数が少なめでしたら、お友達の推測が、もしかしたら正解だったりカモですなあ。

ミカンの木・・・!
アゲハさんのために育てていらっしゃったのですか。
おお~、感動しました。
産卵してくれたのですから、アゲハさんにも、花mameちゃんのお気持ちが通じたのですなあ。
アゲハの卵って、1ヶ所にいっぱいは産まないのでしょうかなあ?
小さなミカンの木に幼虫がいっぱいいたら、すぐに葉がなくなっちゃいそうですものなあ。
それにしても、アゲハって卵からかえるのが早いのですなあ。
サナギで越冬するのでしょうかな。
来年の春、アゲハさんが飛び立つ姿は美しいことでしょうなあ~☆

投稿: ゴン太 | 2015年10月12日 (月) 11:14

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
また お返事が遅れてしまって すみませぬ!
 
はい、いきもので まとめてみました☆
「生き物満載」と言うテーマでも良かったですね ( ´艸`)プププ
 
にゃんこの ももちゃん、
この度の帰省でも会ってきましたよ cat
たった3ヶ月なのに もうすっかり大きくなっていて
大人のにゃんこと言った感じでした。
顔が ちょと細長く、しっぽのふさふさとした美人(猫?)さんです shine
同じ首輪をしていたのですが
ちょうど避妊の手術をしたとかで エリザベスカラーを付けていて
大きさの確認は出来ませんでした。
そのうち写真をアップしますね。
 
タマムシさん。
ひっくり返っているのが気の毒で
ホウキとチリトリで 元に戻して上げた次第。
でも この高貴な「お虫様」にホウキとチリトリはなかったかと思ったり。
ゴン太さんは 小学生の頃にもタマムシをご覧になっていたのですね。
あぁ、何と幸せな小学生時代。
花mameにとってタマムシは幻の虫でしたよ (o^-^o)
 
カラスに食われた・・・。
やはり あるんですねえ。
蒔いた所を見ているのでしょうか、
さすがにカラス、賢いです。
 
ミカンの木。
はい、以前のクロアゲハのリベンジをしたくて
ずっと育てていたんですが
木が なかなか大きくならなくって
アゲハさんには 気付かれなかったのかもしれません。
卵は結構な数 産んで行くのですよ。
ただ、うまく葉っぱにくっついていなくて落ちたり
棲んでいた蜘蛛などの虫に食べられたりでもするのか
孵ったのは2つだけだったのです。
うまく行ったら行ったで 葉っぱが丸坊主になって
敵に見つけられやすくもなるのでしょうけど。
 
はい、サナギで越冬して春に羽化するのですよ。
春以降に飛んでいるアゲハは かなりの難関を突破した
ある意味エリートたちなのだと思います shine

投稿: 花mame | 2015年10月15日 (木) 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横川・鉄道文化むら | トップページ | 身延線に乗って »