« 実家の花 その7 | トップページ | 「猛」暑中 お見舞い申し上げます »

2015年8月 1日 (土)

炎暑の中の 「 涼 」

連日、暑い〜暑い〜 と 連呼していますが

暑いのは 花mameだけではないし、

もっと暑い場所の方たちも たくさん いらっしゃるので

少しは 目で涼んで頂きたく、

今日は こんな画像を いくつか載せてみます。


 

 

 

 

Rimg0247

2月の我がイナカの 冬まつりの様子です。

この記事 の後に 行ってみました。

これは 冬まつり会場のメインステージ。

滑り台が併設されているのは お約束。

 

遠いので はっきりとは わかりませんが、三角の真ん中に付いているのは

妖怪系アニメの猫にゃんです cat

今年は 市民作の雪像にも、この猫にゃんが 多数 見受けられました。

 

 

 

 

 

Rimg024502

我がイナカでは 毎年、

国際雪像コンクールみたいなのを やっていて

日本国内外からの参加者によって、美しい雪の芸術品が作られています。

 

日中は 真っ白ですが

夜になると こんなライトアップも されているのですね。

 

 

 

 

 

Rimg024902

もう半年近くも前のことなので、確かではないのだけれど

この画像のは 何位かに入っていたような気がする ・・・ (;´Д`A ```

 

これは キューブ状に積まれた雪の塊から

形を掘り出して行くのですよね。

いわゆる雪の彫刻です。

 

もちろん、デザインや 詳細な設計など

綿密に詰めてから 作り出すのでしょうけど

とても 人の手で作り出したとは思えない程、

どれも 美しい曲線や シャープな面で 構成されていました。

 

 

 

花mameは、こちらのが ストーリー性を感じて 好きだったなぁ snow

 

 

 

 

 

Rimg024402

大きな人が 女の子の頭に 手をかざしている像。

作者は 韓国の方だったと 記憶しています。

 

 

 

 

 

Rimg0251

何だか 可愛らしいですよね。

 

本日の画像の、見える限りの 「 白 」 は 雪です。

確か、この日も マイナス15度くらいだったはず。

寒さに 鼻の頭が痛くなって来たし

手も かじかんできたので

少しの時間 いただけで、車へと退散 car

 

 

 

 

 

 

Rimg0253

まもなく、冬まつりを彩る花火大会が 始まりました。

上がる場所がわからなかったので オロオロしてしまい ・・・ 。

見つけてからも ちゃんと撮れたのは

この情けないもの 1枚だけでした (*´Д`*)

 

今日の当地では、大きな花火大会が いくつも あります。

こちらは 夏を彩る 何千発もの花火。

少しは うまく撮れるといいなぁ と思います。

 

夏であれ、冬であれ、

花火は 人の心を 熱くしますね。

 

って、今日は 涼んでもらう記事だったのに

「 熱さ 」 で 結んじゃ ダメじゃん ・・・ (*´ェ`*)

 

では、暑さに負けず

よい週末を お過ごし下さいませ ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

|

« 実家の花 その7 | トップページ | 「猛」暑中 お見舞い申し上げます »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
ご実家のお花シリーズ最終回も楽しく拝見しました。
ご近所もまたお花好きの方が多そうです。何ヶ月間か雪で覆われる生活、
春から秋にとりどりのお花をお庭いっぱいに咲かせたいと思うのは
自然の感情ですよね。そして交換し合ったりのお花コミュニケーション・お花花外交
平和でお互い幸せな気持ちになれて話も弾む♪ いいことですね~(*^^*)
 
そうそう、わが家は日当たりが悪いこともあって、春から初夏に木の花が
何種類か咲く以外はほとんど花なしの庭なんですょぉ。
いまは…ヤブミョウガとペルシカリア・レッドドラゴンが数輪、地味~に。
 
 
さて、本日は暑さを吹き飛ばす冬の雪のお祭りですね。
主催関係者や雪像の作者の皆さんの情熱は、ほんとうは雪をもとかしそうな
熱いものでしょうけれど、そこはマイナス15℃という厳寒。
冷たさが勝っていますね。でもほんと素晴らしいです。
花mameさんが気に入られた、韓国の方の作品、ほんとストーリー性がありますね。
いろいろな想像をかきたてられます。
夜になってライトアップされると作品たちの持つ深みも増し、
また新たな表情が姿を現しますね。見ごたえたっぷり!
でも、超寒がりの私としましては、あったかな車の中から見て歩きたいです~
 
冬、雪の中で上げられる花火は見たことがありませんが、
美しいでしょうね。
夏の花火も冬の花火も、刹那の美しい光の花。
美しさに酔いしれつつ同時に切なくもあるよな…
昨夜はそんな夜空の花を存分にお楽しみになられたでしょうか。

投稿: ポージィ | 2015年8月 1日 (土) 14:20

>ポージィさま
 
おはようございます♪
 
実家の花、長い記事を たくさんご覧頂き、
本当に ありがとうございました heart04
 
短い夏を謳歌するのは 植物だけでなく 人間も (o^-^o)
増えたから あげる、珍しいから あげる、とは言え、
決して押し付けるのではなく「もし よければ」と言うのが
また平和な外交と言うところですね (*^ー゚)b
 
そうなのですか〜
ポージィさんのお庭には たくさんのお花が いつも咲いているイメージがあります。
でも、真夏のお花は暑くて 水もすぐに切れてしまって
何だか気の毒な気もします。
それでも 真夏に合っているから咲くのですけどもね。
 
暑さを吹き飛ばしてくれたなら 嬉しいです snow
この時のことを思うと 指先が冷たくなるような感覚を思い出すのですが
ご覧の方も 少しは涼しくなったらいいなぁ と思っています。
 

この冬まつりのために 半年くらい前か、
ひょっとしたら1年前からの準備があるのかもしれません。
おまつりなどのイベントを見ると、純粋に楽しむ傍ら、
それを作っている方々のご苦労を いつも思います。
寒くても 楽しむことが そのご苦労に報いることなのですよね。
 
あ、ポージィさんも ストーリー性を感じられましたか (o^-^o)
まだまだ たくさんあったんですが
特に市民雪像の方は ライトアップがなかったので
撮影が出来なかったのです。
来年、もし撮れたなら ご紹介したいです。
小学生たちの作ったものも、それは可愛いのですよ。
 
うふ、寒がりさんには 大変なイベントかもですね。
真夏に画像で見て頂くのが 一番かも?
 
真冬の花火は 真夏のそれとは違って
何と言いますか、心に染みる感じがします。
キーンと冷えた澄み切った夜空に上がる花火。
「熱さ」よりも「光の鮮やかさ」を より強く感じます。
 
土曜日の花火は反対に
十分な「熱さ」を感じましたよ ヽ(´▽`)/

投稿: 花mame | 2015年8月 3日 (月) 10:17

こんにちは。
有難うございます。
涼をたっぷり!頂きましたよ~!!
まさにかき氷の中に入ったようです。(笑)

あまりの暑さに、何をするのも億劫で・・・・・
風も熱風のようで、部屋の中の温度は・・・・昼間34度!
ブログネタが切れてきたので、温度計でも載せましょかね。coldsweats01

投稿: ソングバード | 2015年8月 4日 (火) 17:16

>ソングバードさま
 
こんにちは♪
 
少しでも暑さを忘れて頂ければ 良かったです ヽ(´▽`)/
うふふ、かき氷の中に入ったようでしたかぁ。
あぁ、今日も 入りたいような暑さですねえ (´д`)
 
何をするのも億劫・・・ わかりますわかります。
もう 頭がボーッとしていて、
時に何やってんだか・・・と言うようなこともありますよ。
ぷぷ・・・温度計 ( ´艸`)プププ
毎日載せていたら、夏休みのお子さんなどは
宿題の参考に 喜ぶかもしれませんね (*^ー゚)b
 
猛暑の間は 熱中症に気を付けつつ
おとなしく過ごすことに致しましょう penguin

投稿: 花mame | 2015年8月 5日 (水) 10:07

おおお!
まってました☆
リンクの記事で予告されていた記事の公開ですな♪
ではでは、さっそく涼ませていただきマンモス~snow

>滑り台が併設されているのは お約束

ほう!
もしかして、一般客が滑って楽しめる滑り台なのでしょうかなあ。
お子サマが、滑ってワイワイできるのでしょうかなあ。
見るだけでなく、体験できるって良いですよなあ。

雪の彫刻。
昼間見るのも良いと思いますが、
夜は、雪の白、闇の黒とライトアップで、
なんとも幻想的といいますか、異世界のような雰囲気で良いですなあ~。
きっと、昼間の作品とは違った顔が見られるのでしょうなあ。
作品の大きさは2~3メートルくらいでしょうか?
間近でご覧になった、作品は、迫力があったことでしょうなあ。

大きな人の雪像。
正面から見ると、なんともカワイイお顔なのですな♪
強そうなのに、ほのぼのとしていますですなあ~。

わお!
雪像だけでなく、花火まで上がったのですか☆
冬祭りの実行委員さんたち、すごく気合が入っていますですなあ。
冬は空気が澄んでいるから、きっと鮮やかな色彩を楽しめることでしょうなあ。

雪像と花火。
幻想的で贅沢な祭典ですな☆
涼やかな雪像&マイナス15度と聞き、かなり涼しくなりましたです♪
ビバ納涼!

投稿: ゴン太 | 2015年8月15日 (土) 13:56

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/shine
 
はい、前に予告していたので
そろそろ猛暑の頃だし・・・と アップしてみました snow
 
滑り台。
はい、一般の人が滑るものなんです。
とは言っても、ほとんど子どもばかりですけどもね♪
これだけ暗くなると 子どもも少ないので
大人でも こっそり滑れるかも?
でも 一人だと恥ずかしいなぁ (*´ェ`*)
 
雪の彫刻。
確かに 昼間見るより 夜見た方が雰囲気があります。
花mameのカメラの腕では 昼間のものは
ただの白い塊にしか見えないでしょうし ( ´艸`)プププ
 
大きな人の雪像。
そうなんですよ、何と言うか アニメチックとでも言いましょうか、
可愛いお顔をされていました。
 
花火は夏の風物詩ですが
北海道では 真冬に上がることは珍しくないんです。
そんなに大きなものは上がりませんが
それでも お祭りを彩るには十分で
見ている人たちは歓声を上げていました。
でも、冬の花火は なぜだか静かな感じを受けますよ。
 
あぁ、そうですね。実行委員の方達は
お祭りを盛り上げようと 一生懸命やってくれているんですよね。
感謝しなくては (o^-^o)
 
納涼になりましたか snow
暑い暑い御地ですから、少しでも涼んで頂けたら
とてもとても嬉しいです heart

投稿: 花mame | 2015年8月17日 (月) 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実家の花 その7 | トップページ | 「猛」暑中 お見舞い申し上げます »