« 箱根旅行 - 箱根美術館・富士屋ホテル編 - | トップページ | 手仕事 »

2015年8月13日 (木)

箱根旅行 - お宿と お帰り編 -

今日は 涼しいですわよ〜 penguin

どうやら 真夏日には到達したようですが、

朝に比べると 湿度は低いし、心地よい風も 吹いています。

 

外では セミが せわしなく鳴いていますが

夜になると 虫の声が するようになりました。

秋近し、かな。

そんなこと絶対に無いな ・・・ 。

 

どのへんを起点にして 虫が鳴くように なるんだろう。

暦を見られるわけがないから 日にち ってことは ないだろうけど。

温度?

いやいや、夜中だって まだ熱帯夜になることはあるものなぁ。

 

あ〜 それにしても セミが やかましい!

せっかく涼しいのに 暑くなるわ!

 

 

 

 

 

さてな。

長々続いた箱根旅行は 今日で おしまい。

どうして一泊二日の旅が 6回にも渡ってしまうのか。

グダグダが長過ぎるからです ( ̄ー ̄) 

 

                         ・・・ 八ィ (´・д・`)ノ

 

 

では、本題へ。

 

 

 
 
 

Rimg0242

こちら、今回のお宿、結いの宿 「 禰榮館 ( やえいかん ) 」 と言う

和風旅館。

道路を はさんで 右側に川が流れています。

 

 

 

 

 

Rimg0240

ロビーには 豪華なお花。

 

 

 

 

 

Rimg0241

その奥には お休みどころ、シンプルな感じが素敵です。

 

 

 

 

 

Rimg0238

キーホルダーは 年季が入っている。

真ん中には 「 縁 」 の デザイン文字。

 

 

 

 

 

Rimg0228

お部屋は 和室に広縁が付いています。

 
 
 
 

 

Rimg0201

3階建てのお宿でしたが、泊まったのは 2階。

避難経路図を見ても、位置関係が よくつかめない感じで

ちょっとした迷路状態でした。

 

 

 

 

 

Rimg0204

こちら、ボケてますが、チェックイン時に予約出来る

貸し切り露天風呂。

とは言っても、湯船の向こうからが 外 ( 坪庭 ) なので

半露天風呂、と言う感じでしょうかね。

 

他に、空いていれば入れると言う 貸し切り風呂と

もちろん 大浴場 ( 内湯 ) も ありました。

 

他の宿泊客と そう遭うこともなく、ゆったりと入れる温泉でした spa

 

 
 

 

 

 

Rimg0256

温泉を楽しんだ翌日は、昨日の記事に書いたように

宮の下で 富士屋ホテルを楽しみ、

バスに乗って 箱根湯本に戻り、

興が乗ったので、駅前からバスで 小田原まで 向かったのでした。

 

小田原は 去年の12月以来。

残念なことに 雨だったので、行動範囲が限られてしまい

駅近辺を ウロウロするに 留まりました。

 

そして、時間になったので お帰りのロマンスカーへ。

上の画像は 小田原駅。

ホームの天井の感じが、まるで ヨーロッパの駅のようだと思いました。

 

 

 

 

 

Rimg0268

帰りは 白いロマンスカー 「 VSE 」 にて。

この画像は 新宿駅に着いてからのものです。

 

 

 

 

 

Rimg0261

わわ、ボケボケだなぁ。

白いボディに 文字がカッコ良かったのだけど。

 

 

 

 

 

Rimg0262

車内。

天井が まぁるいドーム型。

「 VSE 」 の 「 V 」 は、

まさに このドーム型の空間を表す 「 Vault 」 の 頭文字。

シートは シブいピンク色にも見えたけれども

ひょっとしたら ロマンスカーでは お馴染みの

オレンジ色だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

Rimg0267

「 EXE 」 。

今度は これに乗ってみたいものです。

 

 

 

 

 

Rimg0273

新宿を歩いていたら ゴジラに遭遇。

ゴジラって、日本人にとっては 永久のアイドルなのかもね。

 

 

 

 

 

 

Img_012102

今回の お土産。

 

上から 「 ひみつ箱 」 、右が 「 箸置き 」 、左が 「 ファスナーチャーム 」 。

箸置きとファスナーチャームは、お土産店で購入です。

 

「 ひみつ箱 」 は、

箱根湯本で 観光物産館に寄って

寄木細工の工程などを 熱心に見ていましたら

係員の方が 色々説明してくださり

「 ひみつ箱 」 についても、色々 レクチャーくださいまして。

 

   「 ひみつ箱 」 と言うのは、ある手順通りに動かして行かないと

   箱が開かない仕組みに なっているもの。

   「 宝箱 」 の一種かな。

 

公共機関とのこと、別に 売るつもりは なかったのでしょうが

販売も しているとのこと、

レクチャーの お礼も込めて、ひとつ購入して来ました。

もちろん、2ステップで開くようになっている 初心者用のもの。

それすら 今や、ちとアヤシイ ・・・ (;´▽`A``

 

確か、21回動かさないと開かない ひみつ箱も!

何かを入れてしまうと

花mameには 2度と開けられない高度なものです。

 

しかも、パッケージを 取ってしまうと、

何回で開くか、なんてことは 買った本人にしか わからないわけで

これを最初に考えた人は スゴい人だなあ、と思います。

 

あ、ちなみに この2ステップの ひみつ箱は

500円玉貯金が出来て、1万5千円 貯まるのだそう。

 

貯まったら、

  それを使って また箱根に来てね、

                    と言うことだそうですよ spa

 

 

 

約1週間に渡って、長い記事を見て頂き、ありがとうございました heart04

箱根の旅は これにて 一巻の終わりです o(_ _)oペコッ

|

« 箱根旅行 - 箱根美術館・富士屋ホテル編 - | トップページ | 手仕事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
楽しい箱根旅行でしたね。
寄木細工は私も見学しましたし、
お土産もゲット!

冨士屋ホテルはいつも横目でみながらスルー!
お食事だけでもいつかは?と思いつつ実現してませんよ。

投稿: マコママ | 2015年8月14日 (金) 11:12

>マコママさま
 
こんにちは♪
 
はい、初めてと言うこともあって、
どこも興味津々で楽しんで来ました ヽ(´▽`)/
 
やはり マコママさんも、寄木細工の見学をなさいましたか〜 それに、お土産も (o^-^o)
あんなに手間のかかるものだとは 思いませんでした。
 
富士屋ホテルは、晴れていれば もっと楽しめたでしょうに、と思います。
今は 大湧谷の方には行けないので
観光場所も限られてしまいますしね。
お食事、いつか ご主人や妹さんたちと、ですね heart
 
いつも ありがとうございます shine

投稿: 花mame | 2015年8月14日 (金) 15:26

花mameさん こんにちはぁ~♪ (◎´∀`)ノshine

こちらは2日間雨の日が続きましたが
今日は晴れてはいるものの 以前より少し暑さが和らいでるように思いました。
そして夜には虫の鳴き声が聞こえますね~♪
っで、日中はセミがうるさーい。(笑)
小田原駅のホームの天井素敵ですね~♪
写真の撮り方も・・・goodshine

投稿: ひめ子 | 2015年8月14日 (金) 17:04

>ひめ子さま
 
こんにちは♪
 
雨が続いたんですかぁ・・・蒸し暑かったのでは?
でも、雨のおかげで 今日は暑さが和らいだのでしょうかね (o^-^o)
 
虫の声が聞こえると 秋って感じがしますよね。
でも、日中は 同じくセミがうるさーい!! o(*^▽^*)o
 
ね、天井、素敵ですよね shine
あは、写真の方は・・・ (*´ェ`*)
お褒め頂き ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2015年8月14日 (金) 17:17

こにゃにゃちにゃん。

秋の虫の鳴き始め・・・
今年のシャトーは、立秋の前の晩からでしたなあ~。
(少なくとも、ゴン太が泣き声を耳にしたのは)。
たぶん、秋の虫は、暦を把握しているのだと思いますですよ。
うんうん。

おお!
お宿!!!なんだなんだ、このステキさは☆
「箱根に行ったら泊まりたい旅館」をカタチにしたような素晴らしきお宿ですなあ~。
ロビーのお花もきれいですが、お部屋も落ち着ける感じが良いですなあ。
貸切風呂。
おお、ゆったりとつかって、1日の疲れが癒されそう~。

小田原の駅。
こんなに立派な駅なのですなあ。
小さめな町だから、もっとこぢんまりした駅かと思って痛ました。
前回の小田原では、お城と町を散策なされたのですよなあ♪
お!
ロマンスカー「VSE」
外観だけでなく、車内も雰囲気ですなあ~。
こんな列車で帰路に着いたら、
帰りも旅を満喫できますですなあ。

箱根細工のお土産も良いですなあ。
ひみつ箱・・・
以前、箱根に行った時に「欲しい」と思ったのですが、
けっこう高価なお品だったので諦めた記憶がありますです。
手間がかかっているお品は、やはり、それなりの価値がありますですからなあ。

箸置きが箱根細工とか、ココロ満たされる食卓になりそうですな♪

投稿: ゴン太 | 2015年10月 3日 (土) 09:51

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます heart04heart04
 
もう 外に虫の声も聞こえないような時季に お返事となってしまいました。
聞こえないのは 鳴いていないのか、窓を閉めているせいなのか・・・
はてさて?
あ、きっと 暦が読めるので
今年の「鳴き」は9月いっぱいまで、と決まっていたのかもしれませんね ( ´艸`)プププ
 
お宿。
お宿の決め手は 小規模の純和風旅館と言うことにしているので
いつも同じような感じになってしまうのですが
今回も なかなかステキなロケーションのお宿でした。
口コミではイマイチの評価もあったのですが
実際に泊まった感想では そんなことはなかったです。
 
貸し切り風呂、予約制のと 空いていたら入れますよ、の2種類あったんですが
両方とも満喫致しました。
 
小田原駅。
新幹線も停まる駅なので 結構立派なものでした。
そうそう、さすがゴン太さん、よく覚えていらっしゃいます。
前回は お城と町の散策をしました。
今回は雨だったので駅近辺でしたが
ういろう屋さんとか 梅干屋さんとか
なかなか興味深いお店を除いて楽しみました。
 
初ロマンスカーだったんですが
ステキな電車でした。
今度はゴン太さんがおっしゃった
ベージュ系のEXEに乗って行きたいものだと思います。
 
箱根細工。
その工程を知ると この上なくステキなものに見えて来るもので
いくつも買ってしまいました。
ひみつ箱、この2ステップのものは 確か800円でした。
寄木細工の素敵さと ひみつ箱を楽しむには
これで十分な気が 花mame的にはしています (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年10月 9日 (金) 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根旅行 - 箱根美術館・富士屋ホテル編 - | トップページ | 手仕事 »