« 我がイナカの公園の芝桜 | トップページ | 実家の花 その5 »

2015年7月28日 (火)

滝上公園へ

昨日から、天気予報では 「 雨 」 の予報が出ていた 当地。

洗濯物の乾きやすさも 「 △ 」 だったので

今日は 肩のリハビリ通院もあることだし、洗濯はやめにしました。

洗士の休息 」 ってとこです。

 

ところが ドッコイ。

雨なんて 一粒も降りやしない。

 

           ・・・ どころか 太陽さん テッカテカの一日です sun

 

 

洗濯は 明日でもいいですけど

雨を当てにして 水やりをサボったベランダの植物たちには

申し訳ないことしちゃったなぁ。

日が沈んだら やっておくことにしましょう。

 

 

 

 

本日も 6月上旬のこと。

快晴ではなかったけれど 雨の予報もなかったので

久しぶりに遠出をしました。

 

母が まだ行ったことがない、と言うので

温泉に入りがてら、

芝桜で有名な 滝上公園へ 行くことにしたのです spa

 

 

 

 

 

20150608_113504

途中寄った、西興部 ( にしおこっぺ ) の

花夢 ( かむ ) と言う 道の駅に こんな楽団がいました ♪

 

からくりオルガン 「 音木林 ( おとぎばやし ) 」 と言うそうで

木の人形が 音に合わせて演奏するように 動くのです。

何でも、電力で動く 「 ふいご 」 の風を使っていて

中に仕込んである 112本の木の笛が 鳴るのだそう。

動きの可愛らしさと まろやかな音に 癒された ひと時でした。

9時から16時半までの間、30分に1回の演奏だそうですよ。

 

 

こちらの道の駅の売りは お花のようで

外には フラワーパークが併設されています。

今回は 目的地が別にあったので

室内のアトリウムだけ 拝見させて頂きました。

 

 

 

 

20150608_114031

たくさんの種類のゼラニウムや

 

 

 

 

 

20150608_114117

あ、こちらも ゼラニウムの写真だ ・・・ (;´▽`A``

球根ベゴニアとか クリスマスローズ、インパチェンス類、

アカシア ( サンカクバ、ミモザ ) など

たくさんの植物があり、目を楽しませてくれました。

 

 

 

 

20150608_115225

外には パンジーが、それは たくさん。

お手入れも 大変なことでしょう。

 

 

 

 

 

20150608_113239

お手洗いの洗面ボウルにも お花が (o^-^o)

まさに フラワーパークでした。

 

そう言えば、この西興部には

夏の間だけ見られる 「 氷のトンネル 」 と言う場所があり

真夏でも 4度と言う気温だそうですよ snow

でも、13年に崩落があって以来、

残念ながら 今は一般の見学者は立ち入れないそう。

東京の近くに そんな観光地があったら

真夏には 大挙して訪れそうですよね runrunrunrunrunsnow

 

 

休憩をさせてもらい、出発です。 

 

 

 

 

 

20150608_122757

山の中を しばらく走り、

町に入ると 山腹にある 芝桜公園が見えて来ました。

 

 

 

 

 

20150608_122814

山がピンク色って 何だかシュールな感じもします。

 

 

 

 

 

20150608_123557

実は この日の前日まで 「 芝桜まつり 」 と言うのをやっていたそう。

今年の開花は 早かったそうで、芝桜自体は もう終わりかけでしたが

観光客も少なく、パーキングも 駐め放題。

ゆっくりと楽しむことが出来ました。

 

ずっと昔に 職場の人たちと行ったことがあり、

その時は この公園内でジンギスカンをした記憶があるのです。

今は そんなことも出来ないのでしょうが。

 

公園内からは その広さを お伝え出来る写真が撮れなかったので

コチラ を リンクさせて頂きます。

盛りの時季には,

こんなピンクの絨毯が広がるのですね。

これが、ミカン箱一杯の苗から始まった、

と言うのですから 驚きです。

 

 

 

 

 

20150608_130521

園内には オオデマリも花盛り。

写真を撮っていましたら

地元のカメラマンと思しき男性の方が

こういうふうに撮りなさい、と ご指導くださいました。

 

それで撮ったのが コチラの写真です ↓

 

 

 

 

 

20150608_130550

もっと近くで撮れば良かったかな (=´Д`=)ゞ

携帯画像のせいか、今ひとつ 良さが伝わらない ・・・ 。

 

それにしても、お出かけに カメラを忘れるとはね。

 

この後、近くのホテルで 日帰り入浴 させて頂き、

満足な一日を終えたのでした car

|

« 我がイナカの公園の芝桜 | トップページ | 実家の花 その5 »

おでかけ」カテゴリの記事

北海道の暮らし」カテゴリの記事

花 - その他」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
お休みの間に更新upされた記事がいくつも~!
もちろんみな拝見いたしました。
ご実家のオダマキの多彩さにほぉ~と感動しつつ、
お近くの公園の芝桜にもうゎ~!と感嘆の声が。
これでも広くない!? 私が見たことのある芝桜が
玄関マットレベルだからでしょうか、十分素晴らしく広く
見えました。写真マジックだけではないような。
そして、芝桜にも色だけでなく大きさも含め色々な品種があるのですね。
いつか見る機会がありましたら、思い出して、一つ一つのお花とも
ちゃんと向き合いたいです。
 
そしてそして… 今回の山肌芝桜公園には目が点になりました。
みかん箱一杯の苗をここまで広げたという、その労力・努力には
もちろん感嘆しますが… 一部木がなくなった山肌がピンクに染まっている
という景観は、仰るようにシュールにも感じまする。
でも、山肌とあって、上から見下ろしても下から見上げても
綺麗に広がる芝桜カーペットが楽しめますね。
(関東の辺りだと、本栖湖近くの富士芝桜まつりが有名でしょうか。
 一度見に行ってみたいような、人出が恐ろしくて敬遠したいような…)
オオデマリも見事ですね。ちょうどいちばん素適な時季の観です。
 
素適なお母様孝行の一日でいらっしゃいましたね。

投稿: ポージィ | 2015年7月29日 (水) 13:26

>ポージィさま
 
こんばんは。
 
お休み明けから早速来て頂き ありがとうございます heart04
しかも ロングスクロールな記事を いくつも見て頂き コメントまで♪
いつもいつも ありがとうございます heart
 
オダマキ、年々新しいものを発見しておりますよ。
ホントに新種が出来ていたりして ( ´艸`)プププ
 
我がイナカの芝桜の公園は ホントに さほど広くないのです。
東京ドームで言うなら 外野の3分の2くらいかなぁ・・・
って この上なくわかりにくい説明ですね (;´▽`A``
 
はい、種類も色々ありまして
秩父の羊山公園だと、しっかり名札があるので
名前が わかったんですが。
やはり人間と同じで 名前がわかった方が親近感が沸くような気がしますね。
 
あぁ、そうそう、富士の芝桜まつり。
芝桜で富士山の形を作っているのではありませんでしたっけ?
本物の富士山と 芝桜の富士山。
とても美しい映像を TVで見た記憶があります。
うんうん、一度行ってみたいですが
人の多さに 二の足を踏みそうですね fuji
 
山肌の芝桜と言うのは ひょっとしたら珍しいのでしょうかね。
公園の場所が わからなくても、こうして遠くから見えると
迷わずに行くことが出来ます。
 
ミカン箱ひとつから こんなに広い公園に、はビックリです。
将来的には もっと広がるのかな。
 
はい、お陰様で 良い一日を過ごせました (o^-^o)
ありがとうございます shine

投稿: 花mame | 2015年7月29日 (水) 18:41

おはようございますにゃん
ご無沙汰しておりましたので、この記事がアップされてから、20日近く・・・きっとお写真を撮られた時からだと、2ヶ月以上が経過しているのしょうか。
ある意味、タイムトラベルを満喫☆
あは。

>西興部 ( にしおこっぺ )

北海道の地名は、シャトー周辺の地名と違い、聞きなれない言葉が多い気がしますが、
地名の響きがやわらかくてよい感じですよなあ。
名前を聞くだけで、行って見たいな~って思いますです。

木人形の楽団さん。
見た目と違わず、優しい音色を奏でてくれたのでしょうなあ。
30分に1回の演奏があるだなんて、嬉しいサービスですなあ。
それくらいの待ち時間であれば、聞き逃しなし!ですよなあ。

滝上公園
みかん箱1箱の苗から10万平方メートルですか☆
10万平方メートルという単位が大きすぎて想像がつきませぬが、
「山がピンク」になってしまうのですがら、すごい広さですよなあ~。
ピンクの山・・・なんかパンクっぽいですな。
あは。

オオデマリ
緑がかった白いお花がきれいですなあ。
たわわだ。
オオデマリの2枚の写真を見ていて、
漠然と、写真って、生け花にもにているなーと思いましたですなあ。

投稿: ゴン太 | 2015年8月15日 (土) 09:28

>ゴン太さま
 
こんにちにゃ♪
 
たくさんたくさんのコメントを頂いてしまって
ありがとうございました ヽ(´▽`)/heart04
それなのに お返事が遅れてしまって ごめんなさい ( ´・ω・`)
 
面倒な認証など、させはしなかったでしょうか。
だとしたら、お手間を取らせて申し訳ありません!
 
タイムトラベル。
そう思って頂けたら とっても嬉しいです。
うちのブログは どうも こうして熟成(笑)させないと
アップすることが出来ないようなんですよ ( ´艸`)プププ
20日くらい前の記事を 丁寧に読んで頂いた上に
コメントを頂けるなんて これ以上ないと言うくらい嬉しいです *・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 
西興部。
北海道にいると こうした地名は当たり前のように聞くので
ゴン太さんの感想は、なるほどなぁ と新鮮に思いました。
アイヌ語が基本になっているせいか
促音や拗音の付く地名が多かったりするんですよね。
それが 何だ可愛らしかったりします♪
 
楽団。
ちょうど こちらに入った時に演奏していまして
見た目同様、何とも まろやかな音を奏でていましたよ。
それだけ頻繁に演奏すると言うことは
こちらの施設の目玉のひとつなのでしょうね。
 
ピンクの山。
あは、確かに ピンク=パンクのイメージがありますね o(*^▽^*)o
昔、何度か行ったことがあったんですが
その始まりについては 今回初めて知った次第。
まぁ、当時は ほぼ花見と言う目的で
ジンギスカンに行っていたようなものでしたから。
若かったなぁ・・・ ( ̄▽ ̄)
 
オオデマリ。
実家の近所にも この木があって、あるのが当たり前のような植物だったんですが
考えてみたら お江戸のお宅のお庭などで見たことがないような・・・?
 
写真と生け花。
どちらも その人の個性が出ますしね。
撮ったものが花なので なおのことでしょうかね。

投稿: 花mame | 2015年8月17日 (月) 17:05

しつこくも再※おじゃましマンモス

すみませぬ、一度にコメントしすぎちゃいました。
久々に、花mameちゃんの記事を読み始めたら、とまらなくなってしまいました。
あは。
認証、大丈夫でした。
ギリギリセーフだったのでしょうかなあ♪

>促音や拗音の付く地名が多かったりするんですよね。
>それが 何だ可愛らしかったりします♪

わかりますー!
かわいらしい雰囲気なのですよなあ~。
「おこっぺ」とか、いいですよなあ~♪
それに比べると、関東の地名は、苗字っぽいものが多くて、味気ない感じがしますですなあ。

>ジンギスカンに行っていたようなものでしたから

あはっ。
でも、若い時って、何かに付けて集まるのが楽しいですよなあ。
しかも、ジンギスカン!絶対に楽しいに決まってますですなあ~☆
ゴン太、先月、ジンギスカン食べましたよ。
讃えよ!ジンギスカン

オオデマリ。
涼しいところでしか育たないのでしょうかなあ?
ふ~む?

投稿: ゴン太 | 2015年8月18日 (火) 11:10

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
再※ ありがとうございまんもす heart04
いえいえ、ゴン太さんの お時間さえ許すなら
一度に どのくらいのコメントが入っても
万歳三唱でお迎え致しますよ ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
 
認証、大丈夫だったようで ホッと致しました。
ある一定の時間(1ヶ月でしょうか)が経つと
管理者にまで認証を求めて来るんですから・・・ (´-д-`)
 
地名。
きっと 関東あたりは
昔の殿様やら武士のお名前を頂戴している所もあるのでしょうから
苗字っぽいのも また歴史を感じていいと思いますよ♪
 
そうそう、集まりたがるのは
若い時の特権ですかね、
縛られるものが ないせいでしょうかね。
北海道は何に付け、ジンギスカンです aries
おぉ、ゴン太さん、ジンギスカンを召し上がりましたか!
クセがあるので、好き嫌いの分かれるもののようですが
大丈夫だったでしょうかね。
ラムとかマトンとか 種類によっても味が違ったりしますので
もし今回 イマイチだなぁと思っても、懲りずにまた試してみてくださいね。
 
オオデマリ。
ググってみましたら、
どうやら ヤブデマリと言う植物の園芸品種のようです。
しかも、寒さに強くないとの説明が!
だんだんと 置かれた環境に慣れて行くものなのかもしれませんね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年8月18日 (火) 16:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我がイナカの公園の芝桜 | トップページ | 実家の花 その5 »