« 実家の花 その1 | トップページ | 実家の花 その3 »

2015年7月21日 (火)

実家の花 その2

ご無沙汰でございました。

 

と言っても、花mameが 2〜3週間くらい 音沙汰なし、と言うのは

珍しいことではなく ・・・ 。

 

そういう場合は、 「 ネタ切れ 」 ではなく 「 息切れ 」 だと言うことも

ご承知の通りです ( ´艸`)プププ

 

 

10日に帰京致しました。

今年の我がイナカ 含め 北海道は 寒いくらいの気候で

畑作 ・ 稲作の行方が心配されます。

どうか これから、そこそこ暑い夏が訪れますように。

 

そんな所から いきなり真夏日の東京に放り出されますと

少しずつ疲れが出て来ると言うものです。

 

なのに、溜まった家事があったり、レッスンがあったり、

3連休があったりと、それなりに 忙しい毎日。

昨日は さすがに ダウンしておりました。

 

今日は復活!

時間が出来たので 整形外科へ通院開始です。

肩の炎症も落ち着いて来たようなので 今日から運動療法です。

 

肩の小さな筋肉を鍛える 筋トレを習って来ました。

そのテキストを もらったんですが、そのタイトルが

“ 野球少年よ! 「 肩 」 「 肘 」 を守ろう!! ”

 

「 野球少年の花mame 」 には ピッタリではありませぬか (*≧m≦*)

 

花mameの肩は、ちょうど 野球をやって壊したのと 同じ状態なのだそうな baseball

早く治さないと シーズンも後半に入って来ていますからね ・・・ 。

来年の査定にも 響いて来ます。

 

               って ・・・ 何のこっちゃ ってところですが ( ̄▽ ̄)

 

 

何にしても 悪化させずに 早く治す為に これから週1で通院です。

暑い中 ご苦労さん heart ( 誰も言ってくれないので 自分で言っときます。 )

 

 

 

さて。

前回の記事が 「 実家の花 その1 」 だったので

シリーズを まず完結させなくてはね、と言うことで

「 季節のおさらい 」 的記事が しばらく続きます。

 

 

 

 

Rimg0001

母の日に もらったと言う 赤いカーネーションが

まだキレイに 咲いていました。

 

 

 

 

 

Rimg0012

庭には 「 スズラン 」 の群生。

どんどん 増えて来るのよね。

 

 

 

 

 

Rimg0011

以前、おいで頂いているポージィさんとの間で 話題になったのですが

これは多分、ドイツスズランと思います。

葉が多いこと、葉よりも上に花を付けること、香りが強いことが

その理由ですが

これ以外のスズランを知らないので 間違っているかもしれません。

 

ちなみに 「 鈴蘭 」 は 夏の季語です。

 

 

 

 

 

 

Rimg0016

こちらは 我が実家の芝桜。

これは 「 多摩の流れ 」 に似ていますが、実際はどうでしょ。

 

 

 

 

 

Rimg0017

濃いピンク。

中から雑草が たくさん出ています。

この後 随分退治したのですけど ・・・ 切りがない ( ´・ω・`)

キレイに保つのは 大変なことです。

 

昔は 白や紫もあったのですが

経年とともに 消えてしまいました。

 

 

 

 

 

Rimg0023

最後の水仙。

もう 傷んで来ていますね。

 

 

 

 

 

Rimg0051

マーブル模様のチューリップ。

 

 

 

 

 

Rimg0032

ご存知、花mame家の本家の 八重チューリップ。

さすが 地面に咲く花は 大きく豊かな感じがします。

 

 

 

 

 

Rimg0025

雑草化している スミレ。

 

 

 

 

 

Rimg0029

こちらは 絞りの入ったような 白いスミレ。

 

 

 

 

 

Rimg0026

ワスレナグサに似ているけれども エゾムラサキと言ったかな。

花が 5ミリないくらいの大きさです。

 

 

 

 

 

Rimg0037

プリムラですかね。

 

 

 

 

Rimg0038

こちらも。

 

 

 

 

 

Rimg0039

こちらも。

どれも 終りかけなので 花数も少ないですし、花弁も傷んでいます。

 

 

 

 

 

Rimg0030

スノーフレーク。

我が実家では 「 スズランスイセン 」 が 通称です。

 

 

 

 

 

Rimg0066

畑を起こす際に ちょっと場所を移動したので

その時に 花だけ切ってしまいました。

 

 

 

 

 

Rimg0063

このコだけ 目いっぱい開いている ( ´艸`)プププ

こんな お花だよ、とアピールしているみたい。

 

 

 

 

 

Rimg0074

雨上がりの クロユリ。

このコは 香りが独特ですね。

 

 

 

 

 

Rimg0022

こちら、 この記事 で キレイな花を咲かせていた クロッカス。

この葉っぱたちが 他の植物の邪魔にもなっているのだけど

枯れるまでは置いておかないと、翌年の花に差し支えるようなのです。

|

« 実家の花 その1 | トップページ | 実家の花 その3 »

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
 
少し前にご帰京。でも、気温差やお忙しさについにダウンされましたか…
ダウンの翌日に、早、記事に整形にと大丈夫でいらっしゃいますか??
 
それはさておき、ご実家のお庭のお花たちの多彩さに、
春を振り返りながら大いに目を楽しませていただきました。
スズラン すご~い! 地植えで土地に適合していると、
こんなに増えていくものなんですね。
うんうん、ドイツスズランぽいお姿です。
でも、日本等に自生するスズランはドイツスズランの変種だそうで、
どっちでもいいや~ ですね。
エゾムラサキ はパッと目に入った瞬間 キュウリグサだ♪
って思っちゃいました(^^;)
そして、ぱかーっ! と開いたスノーフレークさんには、
スズランよりもスイセンにあこがれたのかしら? などと。
クロユリは実物に会ったことがないのです。どんな香りでしょ。
この色のお花を見ると、ついチョコレートコスモスの香りを思い出します(^.^)
 
はぁ~ やっぱり春はいいなぁ♪

投稿: ポージィ | 2015年7月21日 (火) 21:12

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
ご心配ありがとうございます。
昨日の疲れが 若干残っているようですが
今日も 朝からフル活動、元気でおります (o^-^o)
 
そんなに 広くも立派でもない庭なのですが
花好きの母が 自分で集めたり、どこかから お嫁に来たり
風か鳥が運んで来たり と、
いつの間にやら 百花園のようになっていました。
季節ごとに色々な花が楽しめると、
見にいらっしゃる近所の方もあります。
 
ポージィさんも楽しんで頂けたなら 嬉しいです shine
 
ドイツスズラン。
そうなのですね〜変種。
うんうん、どっちでもOKですね♪
はっきり知ろうとしたら DNA検査が必要かも (*^ー゚)
 
エゾムラサキ、キュウリグサより 少々毛深いかしら?
どちらも可愛いお花ですよね。
 
わはは o(*^▽^*)o
スイセンに憧れたスノーフレーク♪
お話になりそうです〜
どうして こんなにも開いちゃったものか・・・不思議です。
 
クロユリは 子どもの頃から庭にあって
今思えば 深い色や うつむき加減のしとやかさが魅力的ですが
香り(クサいと言った方が合っている)にばかり気を取られて
あまり好きな花ではありませんでした。
色はチョコモス、香りは別物です (;´▽`A``
何とも表現出来ないので、どこかで出会われたら
ちょっとだけ鼻を近付けてみてくださいな。
 
花いっぱいの季節は いいですね〜。
もう少しの間 おつきあいくださいませ☆
 
いつも ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2015年7月22日 (水) 17:16

こにゃにゃちにゃん。

記事がアップされた日から約1週間が経過しておりますが、
体調のほうは、戻られていると良いですなぁ。
でも、このところ暑いですから、ご自愛くださいマセですなあ。

野球少年の肩と同じ状態でしたか・・・
花mameちゃんのスワローズ愛が高まりすぎて
しまいましたか。

週1の通院。
整形外科って何時に行っても、混んでいるのですよなあ。
整形外科に通うような症状って、急に完治するものでもないですし、
時間と忍耐を要するのですよなあ。
ゴン太も週1で通っているのですが、
どうしても行けないこともあったりして、いまだに完治に至らないのですよ。
ちゃんと通わねばダメリンですよなあ。
花mameちゃんの症状が、早く治りますように!

ご実家のお花さんたち、鮮やかですなあ~。
目が冴えたくらい、鮮やかでした!
春よりも、いろんな色のお花が咲くから、そう感じるのでしょうかなあ。

スズランに、在来種とドイツスズランがあるとは存じませんでした。
シャトーにあるのは、きっとドイツのほうですな。
きっと、在来種は、珍しいのでしょうなあ。
ふむふむ。

本家本元、八重のチューリップさん、見事です。
地面で咲くと力強い感じがしますですなあ~。
きれいだ。

あっ!
スミレだ、スミレ。
花mameちゃんのご実家には、斑入りの白があるのですな~。
めずらしくてカワイイですなあ♪

クロッカス。
お花が終わると、ワサワサ感がスゴイですなあ~☆
この細い葉で太陽から栄養を作るのですから、
これくらい葉がワサワサしていないとダメリンなのでしょうなあ。
また、来年にきれいな花が咲くのでしょうなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2015年7月27日 (月) 11:26

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
お暑うございますね (;´Д`A ```
この暑さに緊張しているのか、取りあえず(笑)元気です。
 
肩の方も、明日2度目の通院なのですが
先週教えて頂いた ペットボトルを持っての筋トレをすると
どうにも痛みが出る気がして
明日 再度相談して来ようと思っています。
500mlのペットボトルに水を入れて500gなのだそうですが
痛みの具合を見ながら水の量の加減だったり
また腕の重さだけでの筋トレだったりをしていますよ。
無理して また痛めるのも嫌ですもんね。
 
ゴン太さんも なかなか良くならない様子、
整形外科的なものは即効性はありませんから
地道にコツコツ、様子を見ながら やって行くしか無いんですよね。
時々、これとは一生付き合わなくてはいけないのかなぁ、なんて思うこともありますね。
 
お互い、焦らずに やっていきましょう。
それが 一番の近道だと思います。
 
実家の花。
ひとつひとつ上げて行くと こんなに数があるものなのだなぁと思いました。
なのでシリーズ化してしまって 同じような記事が続き、すみません。
 
スズラン。
今は北海道の花と言えば ラベンダーと出て来ますが
昔はスズランが北海道の代表、と言う感じでした。
なので、在来種なのかなぁ と思っていたら
何と何と 外国の名前が付いていましたですよ。
今は ほとんどがドイツスズランなのでしょうね。
実家のは 元々はどこから来たものなのか、今度聞いてみようと思っています。
 
スミレ。
この斑入りのスミレは 雑草のように あちこちから出て来るのですよ。
昔は 珍しいと思ってたんですけど
たくさん出て来ると希少価値は低くなりますわね ( ´艸`)プププ
 
クロッカス。
今時季は 枯れ色になって 花畑に横たわっている頃でしょう。
そうなると 球根からもスーッと抜ける状態なので
気が向けば 片付けるのですが
暑い盛りのこと、そんなことしていないだろうなぁ (*^▽^*)
この花も よく増えるので 雪解け後とんでもない場所から花を咲かせたりしますよ。
でも、春一番の花なので 大事にしてしまうのですよね。
人間って勝手なものです (*´ェ`*)

投稿: 花mame | 2015年7月27日 (月) 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実家の花 その1 | トップページ | 実家の花 その3 »