« 滝上公園へ | トップページ | 実家の花 その6 »

2015年7月29日 (水)

実家の花 その5

恒例のご挨拶となっておりますが

「 今日も お暑うございますね sweat01

気温は 昨日よりも低そうだけれど 今の当地は 曇り。

日射しがない分、さも あらん、と言ったところですが

何せ 蒸し暑いわ ・・・ 。

 

午後から sun マークが 付いてましたが

今のところ、曇りのままです cloud

 

 

 

  今日から 御岳山の捜索が 再開されたとのこと、

  かの地も 山とは言え、暑い日も あるでしょう。

  不明の方が 早く見つかりますように、

  捜索隊の方たちが 安全でありますように、と 願っています。

 

 

 

我がイナカも ここしばらくは 真夏日前後の暑さとなっている様子。

寒い日が続いていたので 作物には いいのでしょうが

人間には ツライ毎日に違いありません。

 

さて、2回程 芝桜の記事が続きましたが

実家の花ご紹介の記事を 再開です。

はい、まだ あったのですよ ・・・ (=´Д`=)ゞ

 

 

 
 
 
 

Rimg0002_2

実家に 昔からあるバラ。

何年か前に ご近所から 昔々に頂いたものだと判明。

 

画像は 終わりかけゆえ、キレイな一部だけと なっていますので

昔の画像を 掘り起こしてみました。

 

 

 

 

 

Nec_2559

全体像は こんなロゼット咲きのバラです。

そして、香りもいいのですよ shine

 

 

 

 

 

Rimg0082_2

こちらは まだ咲き切ってはいないのですが

いつぞやの 母の日に プレゼントしたミニバラ。

病気も 虫も 付かず、毎年 数多くの花を咲かせてくれます。

 

 

 

 

 

Rimg0038_2

こちらも 頂きものの 小さなバラ。

儚いくらいの 薄いピンク色です。

 

昔、隣に住んでらした方が いなくなった後に

親戚の方に 頂いたもの。

その時は 大豆くらいの 小さな小さな花のバラだったもので

うちでは 「 メルヘンのバラ 」 なんて呼んでましたが

実家の庭に移植したら 見る見る 大きくなってしまいました。

ちと残念な気もしますが、絶えることなく 花を咲かせてくれています。

 

 

 

 

 

Rimg0037_2

満開になると 中心に黄色いシベが見えるのも 可愛らしいです。

 

 

 

 

 

Rimg0077_2

京かのこ の ツボミ。

ピンクの粒々が 北海道の雛おこし ( 菱餅形のお菓子 ) を 思わせる。

 

 

 

 

 

Rimg0079_2

まだ咲いていなかったので 葉の方が目立ちます。

葉の形や色も とてもキレイな植物です。

 

 

 

 

 

Rimg0160_2

咲くと こんな感じ。

遠目には フワフワと 泡立ったかのように見えます。

バラ科シモツケ属の花です。

 

 

 

 

 

Rimg0173_2

同じく、バラ科シモツケ属の 本家 「 シモツケ 」 。

シベが長いので モヘアで編んだかのようにも見えます。

 

 

 

 

 

Rimg0176_2

アスチルベ。

こちらも 粒々したツボミすが、ユキノシタ科の植物。

母は 昔から 「 ホウキグサ 」 と呼んでいます。

う〜ん、言い得て妙、確かに ホウキのようにも見えます。

 








Rimg0034_2

さて 6月下旬頃、本州の方で しっかり咲いている紫陽花が

我がイナカでは まだまだ未熟もの。

 

 

 

 

 

Rimg0162_2

7月上旬で やっと色づいて来たと言う段階です。

でも、未熟なツボミから ここまで2週間弱。

北海道の短い夏のうちに 花を、と 植物も 一生懸命なのでしょう。

 

 

 

 

Rimg0161_2

黄緑とブルーが混在する この時が

一番キレイな気もします。

 

 

 

 

 

Rimg0030_2

これは また違う紫陽花。

 

 

 

 

 

Rimg0166

まさしく 「 紫 」 陽花。

色がキレイだから欲しい、と言う方に お分けしたら

色が変わってしまったのだとか。

土が変わったせいなのでしょうね。

このコは とてもキレイな秋色紫陽花になります。

 

ご紹介した2種類の紫陽花は

今年、異常な程に 花を付けました。

昨年は その前年の剪定が響いてか、あまり咲かなかったんですが

今年は それが回復したせいなのか

それとも 雪が少なく 暖冬だったせいなのか。

 

長い間 付き合っていますが

いまだに 植物の性格が よくわかっていません。

 

 

実家の花には、もう少しだけ お付合いくださいませ ♪

|

« 滝上公園へ | トップページ | 実家の花 その6 »

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みをさせて頂きます。
ココログの方で『いいね!』をありがとうございました!

実家の花その1~その5を拝見致しましたが沢山の草木が植えられていますね。

春から夏にかけての花が色々楽しめました。
ありがとうございました!

投稿: YOSHI | 2015年7月30日 (木) 08:28

こんにちは
 
暑いですね~ お暑うございます  今しばらく定番の挨拶になりそうですね sweat01
この気温でも湿度がせめてもう10%低いか、程よい風があれば
随分過ごしよく感じるはずなのですが。なかなか良い塩梅にとはいきませんね。
 
ご実家のお花、苧環で終わりではなかったのですね。
そうですよね! 今回登場のアジサイだって。
そう、たしか雪囲いのお話の中に登場していたけれど
お花の時季の登場はまだでしたもの。
6月下旬から2週間で色づき始めへと咲き進んだアジサイの花。
本州よりもぐんと短い夏を、駆け足で、でもきっちり踏まえて
一生懸命生きていくのですね。
 
バラも素適な子がいますね。
豪華な子から、で愛らしい子まで、みな美人さんです。
病気も虫も付かず、という優等生もいるとは。
北海道の気候ゆえも大きいでしょうか。うちの放任バラたちは
病気で葉を落とし、現在ほとんど丸坊主に近い状態になっています…
とはいっても、アジサイもバラも気温など適応範囲が広い植物ですね。
ほかにもそういう植物たちのすべての生命力に感心します。
人と違ってコートも暖房もないのに…
 
さて、次は何を見せていただけるのかな? 楽しみです~
 

投稿: ポージィ | 2015年7月30日 (木) 10:45

>YOSHIさま
 
こんにちは♪
長い記事を お読み頂いた上、初書込みを ありがとうございます heart
そして、こちらこそ、
ココログの方での「いいね!」を ありがとうございます ヽ(´▽`)/
 
何だか まとまりのない ご紹介になってしまっていますが
楽しんで頂けたなら嬉しいです。
 
お時間がありましたら、またお寄りください。
どうも ありがとうございました。

投稿: 花mame | 2015年7月30日 (木) 11:12

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
ホントに 「お暑うございます sweat01 」。
おっしゃるように、湿度が もう少し低いか、少しでも風があれば
過ごしやすいでしょうに、
なかなか人間の都合には合わせてくれませんね (;´▽`A``
 
はい〜 苧環で終了ではなかったんです。
ダラダラと しつこく申し訳ないです。
 
アジサイ、そうでした、
冬か 春浅い頃にしか ご紹介してませんでしたものね。
アジサイには花が咲くのですよね ( ´艸`)プププ
 
夏から秋まで ずっと花を付けているので考えた事がなかったんですが
小さな花芽から大きくなって 色づくまでの早いこと。
片や、急ぎ足で咲いて 消えて行くコも。
小さな庭でも ひとつひとつを じっくり見たことがなかったんだなぁと
改めて思いました。
 
バラ。
みな美人さんですか〜ありがとうございます heart
大きなバラは 以前、うどん粉病が付いて仕方ありませんでした。
それは 少し場所を移動して 風通しをよくしましたら解消されたんです。
でも、移動した先には 京かのこが繁茂して来て
また再発しなきゃいいなぁと思っている次第。
虫には食われ放題です・・・仕方なく薬剤散布です。
 
虫も病気も付かないミニバラも 同じような場所にあるんですが
元々の体力や性質が違うのでしょうかね。
 
ポージィさんの お庭のバラさんたちは
きっと何より 暑さと湿気ですよね。
それでも 健気に花を咲かせているバラさんもありましたね。
人間なら ヘトヘトしてしまうような気候でも
植物は しっかりと根を張って生きていますね。
大したものだと心から思います shine

さてさて、次は何でしょう (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年7月30日 (木) 11:28

こにゃにゃちにゃん
ご実家のお庭のお花、続編ですな♪

プレゼントしたミニバラさん
色もきれいですし、表情豊かなバラですなあ。
小さいのに、雰囲気にあふれている幹事ですなあ。
開いてもカワイイのでしょうなあ~。

「 メルヘンのバラ 」 さん
お写真を拝見した瞬間、息が、ハッと止まるような感覚に襲われましたですよ。
花の写真を見て、こんな感情を覚えることはないのですが・・・
それほど美しく感じたのでしょうかなあ・・・
心臓のど真ん中に響きましたですなあ。

紫のアジサイ
他のお家では、色が変わってしまったのですか~。
土によって花の色が変わるというのは、本当なのですなあ。
よく聞く話ではありますが、実際に、花の色が変わった!という人を知らなかったので、
そういわれているだけでは?なんて疑っていたのですが、
本当だったのですなあ。
アジサイって不思議なお花ですなあ。
紫のアジサイさん、満開になったら、迫力あるのでしょうなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2015年8月15日 (土) 09:42

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます ヽ(´▽`)/heart04
 
プレゼントしたミニバラ。
雰囲気に溢れていますか (o^-^o)
贈った時は そのバラの何が良かったから、と言うのではなく
多分、色と 実家にはない大きさだと言うこと、
そして お値段だったのだろうと思います (*´ェ`*)
でも、今になって 病気も虫も寄せ付けない良いバラだったなぁ、
なんて思ってますよ (自画自賛?)
 
メルヘンのバラ。
薄暗いバックに フワッと浮いたような薄いピンクのバラが写っているせいでしょうかね。
花mameも、この写真を見た時に 何とも言えない感覚に陥りまして
アップしてみようと思ったんですよ。
ゴン太さんにそれほどの感覚を覚えて頂き
とても嬉しく思います shine
 
紫陽花。
酸性とアルカリ性で 色が違うって言いますものね。
うちの土が どちらなのかはわかりませんが
ずっと濃い紫色なのです。
ただ日の当る所と日陰では 若干 色の濃さが違うように思います。
9月に帰省した時に どんなふうになっているか
また ご紹介出来たらなぁと思います (◎´∀`)ノ

投稿: 花mame | 2015年8月17日 (月) 17:15

季節はずれの所からやってきました。。
キョウカノコを近くで見るとこ〜んなに
モコモコして可愛いのですね!
それになんだか美味しそうにも見えます(^^)
シモツケのアップ画面は、美しいです。
着物の柄にもなりそう。
いつも何気なく眺めていた茶花も、
観察すると面白いものですね。

投稿: トムジェリ | 2015年10月 6日 (火) 19:32

>トムジェリさま
 
こんにちは。
お返事が すっかり遅れてしまいまして申し訳ありません!
お変わりありませんでしょうか。
 
キョウカノコ。
はい〜ツブツブのツボミも 何だか美味しそうですよね。
モコモコのも美味しそうなんですが
これはいったい 何を連想するのか といつも思います。
 
シモツケは美しいですか (o^-^o)
ありがとうございます。
たしかに この花の形は着物の柄に良さそうです。
 
あ、茶花かぁ・・・。
うちでは 単に庭に咲く花になってしまっています。

 
お花は サラッと見た感じと
じっくり見た感じとでは 印象の違うものが少なくないようで
色々見ては楽しんでいますよ。

投稿: 花mame | 2015年10月 9日 (金) 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 滝上公園へ | トップページ | 実家の花 その6 »