« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

実家の花 その7

今日も 猛暑日。

晴れてはいるけれども、スモッグが かかっているような

グレイっぽい 空の色です。

 

今日になって

初めて 外でセミが鳴いているのに 気が付いた ・・・ 。

 

いえ、道端などに セミが落ちている姿は見ていたので

今日から突然 鳴き出したわけではないのでしょうが。

 

暑さの中で 生活するのが精一杯で

セミの声に耳すると言うような余裕が なかったのかな。

 

青空、入道雲、緑濃き山、ヒマワリ、セミの声が

花mameのイメージする夏。

今日、欠けていたピースが はまった感じがしますわ (◎´∀`)ノ

 

 

 

さて、実家の花シリーズ、今日を最終日と致しましょう。

 

 

 

 

Rimg0006

ヒメナデシコ ( だと思う ) 。

いつからあるか 記憶にない程、昔からある 花。

この季節に ピンクの絨毯となります。

 

 

 

 

 

Rimg0032

シロミミナグサ ( 白耳菜草 ) 。

ちと調べましたら、夏雪草とも セラスチウムとも 言うそうです。

昔々、母が購入した

花のカーペットと言う商品に入っていた 花のひとつ。

色んな花があった気がしますが、これだけ 生き残りました。

 

たくさん咲くと、雪が降ったように 白くてキレイな花です。

 

 

 

 

 

Rimg0033

大きさは1、5センチくらい だったかなぁ。

葉は シルバーリーフと言うんでしょうか、

ちょっと産毛の生えたような 白っぽい緑です。

 

 

 

 

 

Rimg0049

ツボサンゴ。

実家では 「 サンゴソウ 」 で通っています。

蛍光色のような ピンク色がキレイな 小さな花で

ユキノシタ科の植物です。

 

 

 

 

 

Rimg0168

ご存知 ドクダミ。

庭の地面の下には、東京の地下鉄のように

このコたちの根が 縦横無尽に張り巡らされていることでしょう。

 

 

 

 

 

Rimg0169

黄色い部分が花、白い部分は苞です。

こう見ると キレイな花なんですけどね ・・・

実家では 雑草扱いです。

 

 

 

 

 

Rimg0080

ムスクマロウ。

植えたわけではないのに、庭や家の周りに たくさん生えています。

なので 野草なのかと思ったら

コレ、園芸種なんですね。

 

 

そんな花まで加えたら

まだ切りなくあるんですが、写真の在庫は ここまで。

次回のご紹介は 秋の帰省後のことになると思います。

さて、その頃は 何が咲いているものやら ・・・ 。

 

 

ここから下は、ご近所の花を少しだけ。

 

 

 

 

続きを読む "実家の花 その7"

| | コメント (12)

2015年7月30日 (木)

実家の花 その6

「 暑い、って言ったら 1回100円ね。 」

 

なんて ゲームのようなことを、昔 勤めていた職場で

夏になると 行っていました。

 

北海道の短い夏とは言え、我がイナカは 盆地。

7月には 真夏日を越すことも 珍しくはなかったですし

職場の建物は 鉄筋コンクリート、

暖まらないうちは 涼しくていいのですが

暑さが続くと 蓄熱して 絶えられない暑さになるんです。

 

     当然、当時の北海道の職場には

     冷房なんて 贅沢品 ( 無駄な物? ) は ありません。

 

てなわけで、

職場の人は 口々に 「 暑い 」 を 連発。

聞いているだけで 暑苦しくなるもので、

上のような約束事が出来た、と言うわけです。

 

みんな 出費は抑えたいから グッと我慢。

でも、つい出てしまう 「 暑い 」 の 一言。

 

貯まった お金で、美味しいアイスを買って

ひとときの涼を みんなで 楽しんでいました。

 

あの時 いたメンバーが、今の当地に いたとしたら

レストランで 食事が出来るくらいに 貯まったかも ( ´艸`)プププ

 

 

 

今日も そんな 「 100円 」 な日、と なっています moneybag

 

 

 

さて。

少しは涼しくなれるような お花を 紹介出来ると いいのだけど。

 

 

 

 

 

Rimg0171

まずは 「 実家の花 その3 」 で ご紹介した クレマチス。

一つの花を見ると とても綺麗だったもので アップで ご紹介。

 

 

 

 

 

Rimg0170

シベの部分が、何だか イソギンチャクみたい。

花弁の青い海の中に シベのイソギンチャク。

ちょと涼し気な気がしますが いかがでしょ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0047

クレマチス 「 篭口 ( ろうぐち ) 」 。

ツル性のクレマチスなので 行灯仕立てにして 誘因しています。

紫色のタコのような形ですよね。

これ以上は 開きません。

 

 

 

 

 

Rimg0046

これは、名前がわからないけど 木立性のクレマチス。

ウェーブのかかった花弁が キュートです。

 

 

 

 

 

Rimg0045 

結構 お花を付けています。

 

 

 

 

 

Rimg0007

モモバキキョウ。

キキョウによく似ていますが、キキョウ科ホタルブクロ属 だそう。

むしろ、カンパニュラに 近いのですかね。

 

 

 

 

 

Rimg0163

紫色のアイリス。

 

 

 

 

 

Rimg0164

白のアイリス。

葉がネギのように細いので ダッチアイリスだと思います。

 

 

 

 

 

Rimg0177

こちら、花mame滞在中には ここまででしたので

どこかに 開花の写真はなかったか、と思い 探しましたが

見つからず ・・・ ( ´・ω・`)

いつか ご紹介致しましょう。

 

紫色のアヤメです。

いずれ アヤメか カキツバタ、なんてコトバが ありますが

すっくと立った花姿が、とても日本的で 美しい花です。

 

 

 

 

 

続きを読む "実家の花 その6"

| | コメント (10)

2015年7月29日 (水)

実家の花 その5

恒例のご挨拶となっておりますが

「 今日も お暑うございますね sweat01

気温は 昨日よりも低そうだけれど 今の当地は 曇り。

日射しがない分、さも あらん、と言ったところですが

何せ 蒸し暑いわ ・・・ 。

 

午後から sun マークが 付いてましたが

今のところ、曇りのままです cloud

 

 

 

  今日から 御岳山の捜索が 再開されたとのこと、

  かの地も 山とは言え、暑い日も あるでしょう。

  不明の方が 早く見つかりますように、

  捜索隊の方たちが 安全でありますように、と 願っています。

 

 

 

我がイナカも ここしばらくは 真夏日前後の暑さとなっている様子。

寒い日が続いていたので 作物には いいのでしょうが

人間には ツライ毎日に違いありません。

 

さて、2回程 芝桜の記事が続きましたが

実家の花ご紹介の記事を 再開です。

はい、まだ あったのですよ ・・・ (=´Д`=)ゞ

 

 

 
 
 
 

Rimg0002_2

実家に 昔からあるバラ。

何年か前に ご近所から 昔々に頂いたものだと判明。

 

画像は 終わりかけゆえ、キレイな一部だけと なっていますので

昔の画像を 掘り起こしてみました。

 

 

 

 

 

Nec_2559

全体像は こんなロゼット咲きのバラです。

そして、香りもいいのですよ shine

 

 

 

 

 

Rimg0082_2

こちらは まだ咲き切ってはいないのですが

いつぞやの 母の日に プレゼントしたミニバラ。

病気も 虫も 付かず、毎年 数多くの花を咲かせてくれます。

 

 

 

 

 

Rimg0038_2

こちらも 頂きものの 小さなバラ。

儚いくらいの 薄いピンク色です。

 

昔、隣に住んでらした方が いなくなった後に

親戚の方に 頂いたもの。

その時は 大豆くらいの 小さな小さな花のバラだったもので

うちでは 「 メルヘンのバラ 」 なんて呼んでましたが

実家の庭に移植したら 見る見る 大きくなってしまいました。

ちと残念な気もしますが、絶えることなく 花を咲かせてくれています。

 

 

 

 

 

Rimg0037_2

満開になると 中心に黄色いシベが見えるのも 可愛らしいです。

 

 

 

 

 

Rimg0077_2

京かのこ の ツボミ。

ピンクの粒々が 北海道の雛おこし ( 菱餅形のお菓子 ) を 思わせる。

 

 

 

 

 

Rimg0079_2

まだ咲いていなかったので 葉の方が目立ちます。

葉の形や色も とてもキレイな植物です。

 

 

 

 

 

Rimg0160_2

咲くと こんな感じ。

遠目には フワフワと 泡立ったかのように見えます。

バラ科シモツケ属の花です。

 

 

 

 

 

Rimg0173_2

同じく、バラ科シモツケ属の 本家 「 シモツケ 」 。

シベが長いので モヘアで編んだかのようにも見えます。

 

 

 

 

 

Rimg0176_2

アスチルベ。

こちらも 粒々したツボミすが、ユキノシタ科の植物。

母は 昔から 「 ホウキグサ 」 と呼んでいます。

う〜ん、言い得て妙、確かに ホウキのようにも見えます。

 








続きを読む "実家の花 その5"

| | コメント (8)

2015年7月28日 (火)

滝上公園へ

昨日から、天気予報では 「 雨 」 の予報が出ていた 当地。

洗濯物の乾きやすさも 「 △ 」 だったので

今日は 肩のリハビリ通院もあることだし、洗濯はやめにしました。

洗士の休息 」 ってとこです。

 

ところが ドッコイ。

雨なんて 一粒も降りやしない。

 

           ・・・ どころか 太陽さん テッカテカの一日です sun

 

 

洗濯は 明日でもいいですけど

雨を当てにして 水やりをサボったベランダの植物たちには

申し訳ないことしちゃったなぁ。

日が沈んだら やっておくことにしましょう。

 

 

 

 

本日も 6月上旬のこと。

快晴ではなかったけれど 雨の予報もなかったので

久しぶりに遠出をしました。

 

母が まだ行ったことがない、と言うので

温泉に入りがてら、

芝桜で有名な 滝上公園へ 行くことにしたのです spa

 

 

 

 

 

20150608_113504

途中寄った、西興部 ( にしおこっぺ ) の

花夢 ( かむ ) と言う 道の駅に こんな楽団がいました ♪

 

からくりオルガン 「 音木林 ( おとぎばやし ) 」 と言うそうで

木の人形が 音に合わせて演奏するように 動くのです。

何でも、電力で動く 「 ふいご 」 の風を使っていて

中に仕込んである 112本の木の笛が 鳴るのだそう。

動きの可愛らしさと まろやかな音に 癒された ひと時でした。

9時から16時半までの間、30分に1回の演奏だそうですよ。

 

 

こちらの道の駅の売りは お花のようで

外には フラワーパークが併設されています。

今回は 目的地が別にあったので

室内のアトリウムだけ 拝見させて頂きました。

 

 

 

 

20150608_114031

たくさんの種類のゼラニウムや

 

 

 

 

 

20150608_114117

あ、こちらも ゼラニウムの写真だ ・・・ (;´▽`A``

球根ベゴニアとか クリスマスローズ、インパチェンス類、

アカシア ( サンカクバ、ミモザ ) など

たくさんの植物があり、目を楽しませてくれました。

 

 

 

 

20150608_115225

外には パンジーが、それは たくさん。

お手入れも 大変なことでしょう。

 

 

 

 

 

20150608_113239

お手洗いの洗面ボウルにも お花が (o^-^o)

まさに フラワーパークでした。

 

そう言えば、この西興部には

夏の間だけ見られる 「 氷のトンネル 」 と言う場所があり

真夏でも 4度と言う気温だそうですよ snow

でも、13年に崩落があって以来、

残念ながら 今は一般の見学者は立ち入れないそう。

東京の近くに そんな観光地があったら

真夏には 大挙して訪れそうですよね runrunrunrunrunsnow

 

 

休憩をさせてもらい、出発です。 

 

 

 

 

 

続きを読む "滝上公園へ"

| | コメント (6)

2015年7月27日 (月)

我がイナカの公園の芝桜

今日も お暑うございます。

 

一昨日、昨日と

ちと 遠出をして参りました。

 

昨日行った先は 甲府。

盆地と言う お土地柄上、暑い暑い ・・・ sweat01

更に 抜けるような青空の 快晴の日。

最高気温 36、8度だったそう ・・・ 。

そんな中、広場でやっていた ビアフェスタで 美味しいものに 舌鼓。

 

太陽熱で 痛い程に暑い一日を 過ごして帰って来ました。

 

この旅は そのうち、旅日記で ご紹介したいと思います。

 

 

さて、閉め切った自宅も それは暑く

当地は 何度くらいになったものか ・・・ と

データ放送で確認すると、37、2度。

あら、こちらの方が 高かった ヾ(;´Д`A

 

でも、何だか 暑さの質が違う気がしましたね。

 

当地は ちょっと暑さが重い感じ、

甲府は スッキリと暑い感じでしたもの。

山の緑濃い場所と、

コンクリートのビルが林立する場所との違いでしょうか。

 

 

 

 

 

そんな暑い夏の日に

6月上旬の 我がイナカの公園の風景を。

 

 

 

 

 

Rimg0111

タンポポの綿毛が かたまっていて 可愛らしかった♪

何となく 口を大きく開けて歌っているふう。

 

タンポポの まぁるい歌声 フワフワと♪

 

 

 

 

 

Rimg0115

さて、こちらは 我がイナカの公園の ひとつ。

芝桜満開の季節、と聞いたもので 行ってみました。

 

あは、お手入れが 追いつかないのか、やっていないのか、

花よりも 緑色の草の方が 目立ちます。

でも、芝桜の花畑が 広ければ広い程、草を取るのは 大変なのです。

 

とは 言っても、

ここの芝桜の公園は 東京ドーム何個分、と言う程 広くはありません。

もし、広く見えたなら、それは 写真マジックです ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

Rimg0116

道を歩きながら 愛でることが出来ます。

 

 

 

 

 

Rimg0131

白いのは 草わらに降った雪のよう snow

ところどころに ピンク色が見えるのは ご愛嬌ですね (o^-^o)

 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "我がイナカの公園の芝桜"

| | コメント (2)

2015年7月23日 (木)

実家の花 その4

昨夜から 少し雨模様で、

ついさっきまで 風に乗って、細かい雨が 降ったり止んだりしていましたが

今は 少し薄日が射して来ています。

どうせ降るなら 一気に ザーッと来てくれた方が

空気もキレイになるし、少しは 涼しくもなるでしょうに。

 

昨日の我がイナカ、

午前中に 地響きを伴うような雷が鳴ったのだそう thunder

これは どこかに落ちたな ・・・ と 思ったら

意外にも ご近所だったとのこと。

 

 

 

121219_155008_ed

この画像の 左上の方に写っているトランスに 落ちたらしい thunder

それにしても、今見ると 涼し気な画像だわ ・・・ snow 

 

被害は無かった模様ですが

大きな音に ご近所の皆さんも ビックリされていたようです。

 

ゲリラ豪雨などと言われ始めて 久しい昨今、

落雷なども 珍しくなくなりましたね。

こちらでも くれぐれも 気を付けて行きたいものです。

 

 

 

本日も シリーズものを。

今日は 「 オダマキ 」 に絞って お送りします。

 

実家の周りには 様々な種類、色の オダマキが あります。

ご紹介するのは 1種類を除いて 全て実家にあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0004

きっと、ちゃんとした名前があるのでしょうが

うちでは 「 ○○の所にある オダマキ 」 で 通じています ( ´艸`)プププ

なので、今日は それに倣って ご紹介して行きましょう。

これは 「 南側にある 」 オダマキ。

 

 

 

 

 

Rimg0003

紫と白の ツートーン。

 

 

 

 

 

Rimg0103

正面から。

星形に開いているのが 「 萼 」 で、白の縁取りのあるのが 「 花弁 」 です。

 

 

 

 

 

Rimg0172

オダマキって、同じ株から 形の違う2種類の花が咲くんだ、

と、今年になって 気が付きました。

考えたこともなかったですが、雄花と雌花なんでしょうかね。

シベの感じに 違いはないように見えますが ・・・ 。

 

花弁の部分など、柔らかい布で作った コサージュのようにも 見えます。

 

 

 

 

 

 

Rimg0108

コチラは 「 オンコの木の下にある 」 オダマキ。

 

 

 

 

 

Rimg0093

オール紫です。

あ、萼の先が ちょっと色変わりしてるなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0107

左にあるツボミの上の部分は 「 距 ( きょ ) 」 と言いますが

この時の姿は

4本足で ぶら下がっている 生き物のようなのですよね ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

Rimg0058

コチラ、 「 ベランダ横の 」 オダマキ。

可愛らしいピンク色です。

 

 

 

 

 

Rimg0101

花弁に 白の入ったタイプと

 

 

 

 

Rimg0059

全部ピンクのタイプ。

上を向かせると、オダマキらしくないですね。

デルフィニウムっぽく 見えませんか。

 

 

 

 

 

Rimg0135

コチラは、道の駅にあった オダマキ。

上のと同じ ピンク系でも、形が まるで違うのです。

 

 

 

 

 

Rimg0136

ふふ、ここにも 「 生き物 」 が ぶら下がっていますね (*^ー゚)b

 

 

オダマキと言うのは 自然交配がしやすいのだそうです。

なので、実家のように

そんなに間が離れずに 違う種類のオダマキがあると、

交配して 新しい種類が出来てしまうことが あるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "実家の花 その4"

| | コメント (8)

2015年7月22日 (水)

実家の花 その3

外は 朝から強風が吹いています。

今日も今日とて、猛暑日。

窓を開けておくと、室内を 風が通り抜けて行きます。

 

そう、

ビュービューと、そのへんの物を まき散らしながら。

我が家に吹く プチ台風だわ typhoon

 

適度な風なら 涼しいものを

あまりに強くて 開け放っていられないから

返って 暑い日を過ごしています (;´Д`A ```

 

雲ひとつない快晴なのに 明日は雨とか rain

 

なので、今日は 家中のカーテンを洗いまくりました。

暑さと風で あっと言う間に乾きましたよ。

レースのカーテンがキレイになると

家の中が 明るくなった気がします。

 

 

 

 

 

さて。

今日も シリーズものです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0013

「 立てばシャクヤク 」 に、アリさんが 遊びに来ていた。

 

 

 

 

 

Rimg0142

白のシャクヤクですが

手前の赤いのは どうしたものか。

 

 

 

 

 

Rimg0016

白いシャクヤクなのだけど、本当に どうしたものか ・・・ 。

 

 

 

 

 

Rimg0015

白いシャクヤクなのだけど ・・・ え? もう わかった、って?

 

 

 

 

 

Rimg0017

本物 ( ? ) の 白いシャクヤクは こちら。

 

 

 

 

 

Rimg0029

2度目の帰省時、

もう終わりになっていたけれど、これが 実家の元祖シャクヤク。

退色して ピンク色に見えますが

元々は 牡丹色のシャクヤクです。

 

 

 

 

 

Rimg0027

かろうじて 若い花を見つけました。

でも、色は薄いなぁ ・・・ 。

オシベの様子が 見事だな と思います。 

 

 

 

 

 

Rimg0035

様子が シャクヤクに 似ていますが

こちらは 「 座ればボタン 」 の方。

 

 

 

 

 

Rimg0048

ツボミも 尖っていましたが

開きかけも 三角形で カドがある。

 

 

 

 

 

Rimg0054

満開になると 丸いのにね。

一重でもなく 八重でもなく ・・・ 二重くらい?

まさしく 牡丹色のボタンです。

 

 

 

 

 

Rimg0144

こちらも ボタン。

土に近い ・・・ (;´▽`A``

 

 

 

 

 

Rimg0012

これが 咲いたの図。

見事な大きさ と 重さ でして ・・・ 。

あまりに頭が重いので、みんな 下を向いて咲いていました。

この花だけ ちょっと花首が しっかりしていたので

何とか お顔を写せた次第。

 

伯母の庭から お輿入れした花のひとつ。

伯母 曰く 「 下ばかり向いて つまらない花 」 。

                     だから 寄越したのか ・・・ (-ε-)

 

とは言え、こんなに豪華で 美しい花です。

 

 

 

 

 

Rimg0145

これも、フロム 伯母の庭。

 

トロリウス ( キンバイソウ ) 。

まだまだ 未熟なツボミたち。

 

 

 

 

 

Rimg0018

これが咲くと こんなふう。

ちょっと 透明感のあるような、光っているような、蝋細工のような 花。

 

花弁のように見えるのが 萼で

右の花の中に見える 細長いのが 花弁なのだそうな。

 

 

 

 

Rimg0148

え〜と、名前は ・・・ っと ・・・

そうそう! シラーだ!

以前は ピンク色のもあったのだけれど 気が付けば 紫だけ。

 

 

 

 

 

Rimg0151

ピンクの ミヤコワスレ。

 

 

 

 

 

Rimg0013

紫色のも あります。

 

 

 

 

 

Rimg0152

タイツリソウ ( ケマンソウ ) 。

今年も 大漁です fishfishfishfishfish

 

 

 

 

 

Rimg0153

すでに 実が成っているものも。

きっと タイの卵が入っているのだな ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

Rimg0155

サクラソウ。

増えては減り、増えては減りしている、父の お気に入りの花です。

 

 

 

 

 

Rimg0159

アッツザクラの 白。

 

 

 

 

 

Rimg0004

少しだけ 群生しています。

バッタさんが 遊びに来ていました。

 

 

 

 

 

Rimg0003

ピンク色の アッツザクラ。

本来は もっとピンクが濃いのだけど、これも 終わりに近いせいかしら。


 

 

 

 

 

Rimg0164

テッセンと、実家では呼ぶ クレマチス。

今年は 時季を逸して 支柱を立てなかったら

見事に咲いてくれました。

植物も 自由奔放が いいのかな。

 

 

 

 

 

 

Rimg0157

コルチカムの葉、だと思うのだけど

葉の間に 実が付いていまして。

 

 

 

 

 

Rimg0058

しばらく経つと、その実が こんなふうに割れました。

中には 種らしき物が いっぱい。

これで 増えて行くものなのでしょうかね。

 
 
 

そして

↓ こちらの植物たちは ・・・

 

 

 

 

続きを読む "実家の花 その3"

| | コメント (8)

2015年7月21日 (火)

実家の花 その2

ご無沙汰でございました。

 

と言っても、花mameが 2〜3週間くらい 音沙汰なし、と言うのは

珍しいことではなく ・・・ 。

 

そういう場合は、 「 ネタ切れ 」 ではなく 「 息切れ 」 だと言うことも

ご承知の通りです ( ´艸`)プププ

 

 

10日に帰京致しました。

今年の我がイナカ 含め 北海道は 寒いくらいの気候で

畑作 ・ 稲作の行方が心配されます。

どうか これから、そこそこ暑い夏が訪れますように。

 

そんな所から いきなり真夏日の東京に放り出されますと

少しずつ疲れが出て来ると言うものです。

 

なのに、溜まった家事があったり、レッスンがあったり、

3連休があったりと、それなりに 忙しい毎日。

昨日は さすがに ダウンしておりました。

 

今日は復活!

時間が出来たので 整形外科へ通院開始です。

肩の炎症も落ち着いて来たようなので 今日から運動療法です。

 

肩の小さな筋肉を鍛える 筋トレを習って来ました。

そのテキストを もらったんですが、そのタイトルが

“ 野球少年よ! 「 肩 」 「 肘 」 を守ろう!! ”

 

「 野球少年の花mame 」 には ピッタリではありませぬか (*≧m≦*)

 

花mameの肩は、ちょうど 野球をやって壊したのと 同じ状態なのだそうな baseball

早く治さないと シーズンも後半に入って来ていますからね ・・・ 。

来年の査定にも 響いて来ます。

 

               って ・・・ 何のこっちゃ ってところですが ( ̄▽ ̄)

 

 

何にしても 悪化させずに 早く治す為に これから週1で通院です。

暑い中 ご苦労さん heart ( 誰も言ってくれないので 自分で言っときます。 )

 

 

 

さて。

前回の記事が 「 実家の花 その1 」 だったので

シリーズを まず完結させなくてはね、と言うことで

「 季節のおさらい 」 的記事が しばらく続きます。

 

 

 

 

Rimg0001

母の日に もらったと言う 赤いカーネーションが

まだキレイに 咲いていました。

 

 

 

 

 

Rimg0012

庭には 「 スズラン 」 の群生。

どんどん 増えて来るのよね。

 

 

 

 

 

Rimg0011

以前、おいで頂いているポージィさんとの間で 話題になったのですが

これは多分、ドイツスズランと思います。

葉が多いこと、葉よりも上に花を付けること、香りが強いことが

その理由ですが

これ以外のスズランを知らないので 間違っているかもしれません。

 

ちなみに 「 鈴蘭 」 は 夏の季語です。

 

 

 

 

 

 

Rimg0016

こちらは 我が実家の芝桜。

これは 「 多摩の流れ 」 に似ていますが、実際はどうでしょ。

 

 

 

 

 

Rimg0017

濃いピンク。

中から雑草が たくさん出ています。

この後 随分退治したのですけど ・・・ 切りがない ( ´・ω・`)

キレイに保つのは 大変なことです。

 

昔は 白や紫もあったのですが

経年とともに 消えてしまいました。

 

 

 

 

 

Rimg0023

最後の水仙。

もう 傷んで来ていますね。

 

 

 

 

 

Rimg0051

マーブル模様のチューリップ。

 

 

 

 

 

Rimg0032

ご存知、花mame家の本家の 八重チューリップ。

さすが 地面に咲く花は 大きく豊かな感じがします。

 

 

 

 

 

Rimg0025

雑草化している スミレ。

 

 

 

 

 

Rimg0029

こちらは 絞りの入ったような 白いスミレ。

 

 

 

 

 

Rimg0026

ワスレナグサに似ているけれども エゾムラサキと言ったかな。

花が 5ミリないくらいの大きさです。

 

 

 

 

 

続きを読む "実家の花 その2"

| | コメント (4)

2015年7月 2日 (木)

実家の花 その1

先月下旬に 北海道に戻ってから

お日様の顔が なかなか拝めずにいますが

今日は 先程から少しだけ 青空が見えて来ました。

 

何より 気温が なかなか上がらず

いまだストーブのお世話になることも しばしば。

もう7月なのに、今年は 夏がやって来るのかなぁ ・・・ ( ´・ω・`)

なんて思わせる 我がイナカです。

 

 

 

 

さて。

前回の帰省時 ( 5月下旬~6月上旬 ) の実家の 庭の様子を

これまた 「 季節のおさらい 」 となりますが、ご紹介したいと思います。

 

今日は 「 木 」 編。

 

 

 

Rimg0002

7月に入った今は もう随分と 緑も濃くなって来ましたが

オンコの新緑です。

まだまだ萌えたばかりの 初々しい黄緑色です。

 

 

 

 

 

Rimg0019

今年は どうしたんだ? と言うくらい咲いた シモクレン。

 

 

 

 

 

Rimg0078

外が濃く、中が 薄い色。

大きさは 15センチくらいでしょうか。

今も 時折、ポツンポツンと 咲いています。

 

 

 

 

 

Rimg0079

花が終わりに近づいて来ると

苞が 一枚ずつ 落ちて行きます。

中に 花が見えますね。

 

 

 

 

 

Rimg0080

完全に落ち切ると こんな感じになります。

 

 

 

 

 

Rimg0092

ふふ、何だか 靴のインソールみたい ( ´艸`)プププ

 

 
 

 

 

Rimg0005

これは エゾヤマツツジ。

最後の一輪です。

 

 

 

 

 


続きを読む "実家の花 その1 "

| | コメント (10)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »