« 季節のおさらい - 東北旅行 〜 瑞鳳寺と瑞鳳殿 - | トップページ | 季節のおさらい - 東北旅行〜平泉と一関 - »

2015年6月 7日 (日)

季節のおさらい - 東北旅行〜仙台城跡と大崎八幡宮 -

またもや 寒い日となっております。

暖パンにセーターでも 決して暑くは なさそうなくらい。

 

「 もう一度 早春 」

            って 感じです。

 

どうせなら 「 青春 」 の方がいいのだけどね ・・・ なんちて。

 

 

 

 

 

さて、どうでもいい話は 置いておいて。

東北旅の続きです。

 

るーぷるバスで 次に向かったのは 「 仙台城跡 」 。

 

 

 

 

 

Rimg0535

広瀬川〜 流れる岸辺〜♪

仙台城跡からの景色です。

杜の都 仙台は 大都会ですね。

 

 

 

 

 

Rimg0534

遠くに 「 仙台大観音像 」 が 見えました。

知らなかった〜 こんな 大きな観音様が いらっしゃるとは。

 

 

 

 

 

Rimg0539

ここには もちろん、伊達政宗公 に お目通りに参りました。

 

この場所に 袴姿の若い男性の方がいらして

写真などを 気軽に撮ってくださったのだけど

あの方は一体 どなただったのだろう??

 

写真を撮る時のコトバは この土地らしく

ずんだもち♪ でした。

 

この日は 休日と言うこともあってか、

城跡内にある神社さんでは 結婚式が行われていました。

どなたかは わからないけれども、末永い お幸せを祈ります heart

 

お土産店や資料館などを覗いた後、バスに乗って

大崎八幡宮 へ 向かいます。

 

 

 

 

 

Rimg0549

桜ゲートの向こうの 赤い鳥居 ( 三之鳥居 ) が とても綺麗。

長く 急な階段を上ります。

 

 

 

 

 

Rimg0548

八幡宮。

「 八 」 の字が 向かい合った鳩の形になっている。

 

 

 

 

 

Rimg0550

まだ咲いては いるものの、すでに 花筏 と化した桜も多数。

 

 

 

 

 

Rimg0556

この枝垂れ桜は盛りでした。

可愛らしい桜色だし、

女の子のドレスのスカートのようだと いつも思います。

 

 

 

 

 

Rimg0563

長床と呼ばれるもの。重要文化財です。

通路を入って左側に 屋根の葺き方の展示がしてありました。

杉の薄い板の間に 銅板を入れての造りだとか。

40年に一度修理するそうで、

その前の修理を知っている人がいないのと

材料を手に入れるのが大変なのだと聞きました。

 

今回は ボランティアの方の説明を聞かせて頂いたので

ただ見るだけでなく とても勉強になりました。

やはり 人の話は聞くべきですね (o^-^o)

 

 

 

 

 

Rimg0572

重要文化財なので

傷んだ部分は、出来るだけ その部分だけを修理するのだそうです。

 

文化財を管理して行くと言うのは 大変なことですね。

 

 

 

 

 

Rimg0574

よく見えないかなぁ ・・・ 。

「 大崎八幡宮 」 の 「 八 」 の字が

さっきのとは逆に そっぽを向いた鳩になっています。

昔は こうだったのだとか。

 

 

 

 

 

Rimg0575

長床の通路の中。

こちらは 「 八幡神社 」 に なっています。

え〜と ・・・ 理由を聞いたのだけど 失念してしまいました (;´Д`A ```

 

 

 

 

 

Rimg0573

このような絵も かかっていました。

どこにも 歴史を感じます。

 

 

 

 

 

Rimg0571

御社殿、国宝です。

数年前に 塗り替えなどの保存修理工事を行ったとのことでした。

塗り直した当時は どうにも落ち着かない色合いだったとのこと、

数年経って いい感じに こなれて来たのだそうです。

 

姫路城も 最近 修理が終って 真っ白な姿を見せましたが

あまりに白過ぎて 「 白鷺城 」 ならぬ 「 白過ぎ城 」 なんてことも

言われているとか。

でも、現在に 見たことのある人は いないけれども

創建当時は そのくらい白かったのでしょうね。

 

 

 

 

 

Rimg0568

近くで見ると 瑞鳳殿のように 極彩色で華やか。

こちらも 塗り替え当時の鮮やかな色が 本来のものだったのでしょう。

 

社殿の中には 様々な絵や彫刻などがありますが

こればかりは 塗り直すわけにはいかないようで

よぉく 見なければ あることにも気付かないかもしれません。

 

その中に 「 にらみ猫 」 なる彫刻が あるそうでして。

「 牡丹の花に翅を休めている蝶を狙う猫 」 の図 だとか。

「にらみ猫」?

どこかで 似た名前を聞いた覚えが ・・・ 。

 

 

そう、日光東照宮の 「 眠り猫 」 。

 

どちらも

伝説上の名工 左甚五郎のモデルとなった方が

彫られたのだそうですよ。

 

 

ご覧の皆さんの中で

もし 行かれることがありましたら、是非 ガイドを お願いして

じっくりと 説明を お聞きするのが いいと思います。

 

 

それと、るーぷるバスのチケットを 提示したら

絵はがきの お土産を頂きましたよ ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0579

上り下りする階段の脇に こんな置物が ・・・ 。

灯籠なのかしら ・・・ ??

何だか 傘をかぶった人が 笑っているように見えたので

思わず パチりとな camera

 

 

この後は バスに乗って 今宵のお宿へと向かい、

荷物を置いた後、どうしても ここに行きたくて 出かけました。

 

 

 

 

 

 

Rimg0580

コボスタです。

この日は土曜日、デーゲームだったのですが

我が愛する日ハムが 楽天と戦っていたのです。

 

チームが戦っている時に、のん気に 観光なんぞ していたせいか

この日は 負け戦でした。

 

 

 

 

 

Rimg0587

もうね、街中に クリムゾンレッドが あふれているの。

 

駅に降り立った時から アウェイ感 たっぷり ・・・ baseball

お店の人たちも みんな

イーグルスのレプリカユニフォーム着てるしね。

 

だけど、仙台を 楽しませて頂きました。

ありがとう 仙台 heart04

 

次は 隣の県まで出かけます。

|

« 季節のおさらい - 東北旅行 〜 瑞鳳寺と瑞鳳殿 - | トップページ | 季節のおさらい - 東北旅行〜平泉と一関 - »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

わ~!ついに出た~!「ずんだもち」
食べてみましたか!!
大崎八幡宮には行ったことないですが、ハトが向かい合った「八」、よく気づかれましたね。
次回は岩手??

投稿: ソングバード | 2015年6月 8日 (月) 07:21

こんにちは
 
6月なのに…の肌寒い陽気、エルニーニョなどと関係あるのでしょうか。
続くようだと、体調もですが、農作物への影響も心配になりますね。
 
さて、瑞鳳殿に続いては仙台城跡と大崎八幡宮に行かれたのですね。
仙台城跡の馬に乗った伊達政宗公像は、さすがの私も知ってましたが、
仙台大観音は知りませんでした~ 大きな観音様が、この仙台の街を
見守っておられるのですね。この観音様には、お隣鎌倉市の大船観音を
思い起こさせられました。大船の観音様は胸から上の像ですが。
もしや関係のあるお寺? とググッてみましたが、違う宗派でした(^^;)
 
八幡宮への急で長い階段は心臓破り膝破りとなりそうな…
この階段の奥行き観も鳥居もすべてが「八」に見えてきました。
その「八」の字には、鳩が隠されていたのですね。
いやだゎ 八幡宮と鳩の関係、鎌倉の鶴岡八幡宮と鎌倉銘菓鳩サブレーの関係に、
今頃やっと気づきました。自分が恥ずかしい。
でも、おかげさまで気づかせていただいて感謝です。

歴史観たっぷりの大崎八幡宮の御社殿は国宝ですか。補修工事が終わって
間もないとのこと、たしかに瑞鳳殿と似た雰囲気がありますね。
私たちは長年の雨風にさらされ渋く色変わりしてきた姿が普通になって
いますけれど、建築された当初は鮮やかな色のことが多かったのですね。
以前、京都の清水寺の入り口の建築物(名前を忘れてしまいました~)でも
極彩色にびっくり仰天して、日本の侘び寂びは何だったの??と
少々うろたえたのを思い出します。
とかく人は、段々の変化には気づかなくても、急な変化にはうろたえる
ものなのかもしれません。保守的?
 
今日も楽しく見学させていただきました。
あ、石の灯篭(?)、パッと見た瞬間、私の目には笑顔のドコモダケに
見えてしまいました~(笑)
 

投稿: ポージィ | 2015年6月 8日 (月) 10:55

こにゃにゃちにゃん

おおお!
やはり、行かれましたか青葉城♪
前回の記事を拝見して、もしかして次はお城かな?と思ったのですが、
もし訪れていなかったらアレなので触れずにおりましたですなあ。
はは。
袴姿の方、親切ですなあ~。
まさかレイヤーさんってコトもないでしょうから、観光案内のボランティアの方とかでしょうかなあ。
「ずんだもち」!
絶対にイイ!ご当地合図、はやりそうですなあ~。

大崎八幡宮
赤い鳥居のしたの桜、葉が出てきていますが、
初夏っぽくて良い雰囲気ですよなあ~。
さわやかな空気が、写真からこちらに届きそうですよ。
花筏は、たっぷりと積もっていて、ちょっとやそっとでは崩れない筏っぽいですなあ。
こんなに花びらが積もって豪華ですなあ。
国宝の社殿と桜の取り合わせ、「和」な雰囲気がすてきです。
桜が咲いているときに訪れることができて、
本当に良かったですなあ。
桜の花がある景色を見られるのは1年でも、ほんの少しの間だけですものなあ~。
ああ、きれいだなあ。

長床?の社額の、そっぽ向いたハトさんは、珍しいのではないでしょうかなあ。
向かい合っているのは、たまにありますが、
互いが反対方向を向いているハトさんは見たことないですなあ~。
これもかわいい。

>伝説上の名工 左甚五郎

!!!
うわっ。
左甚五郎って本当にいた人かと思っていましたですなあ。
はは。

灯篭。
ゴン太には、キノコがニヒルに笑っているように見えましたです。
フフフッ。

投稿: ゴン太 | 2015年6月 8日 (月) 13:09

>ソングバードさま
 
こんにちは♪
 
あは、ついに出ました~ ずんだもち (◎´∀`)ノ
残念ながら、食べたい物がたくさんで
ずんだもち様が入る お腹の余裕がありませんでした・・・ ( ´・ω・`)
 
大崎八幡の鳩。
はい、気付きました (o^-^o)
そして そっぽを向いた鳩については
ボランティアさんに教えてもらいました♪
 
うふふ、さすが ソングバードさん shine
次は岩手へ向かいます train

投稿: 花mame | 2015年6月 8日 (月) 17:47

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
エルニーニョ、2期連続は観測史上初めて、とか聞きました。
エルニーニョの年は冷夏暖冬と言いますが
以前、今年の夏は猛暑が予想されていたような気がするのですが
冷夏に変更になりましたかね。
あまり暑くない夏は 過ごしやすさでは ありがたいですけど
人の都合だけで地球は回っていませんものね。
 
北海道では 6月でも寒い日が続くことは珍しいことではないのですが
それにしても ヒトケタ台の気温は
おっしゃるように 人にも作物にも影響が出そうですよね。
 
はい、今回は 仙台城跡と大崎八幡宮です。
花mameとて ポージィさんと同じですよ~。
騎乗の政宗公は知っていても 仙台大観音像は知りませんでしたよ~。
わわ、大船観音との関係を考えられて お調べ頂いたとのこと、
ありがとうございます~ ヽ(´▽`)/
宗派まで考えが及びませんでした。
さすが ポージィさんです!
花mameもググってみましたよ。
真言宗と曹洞宗、宗派は違っても その街を守るようなお姿は同じですね。
 
大崎八幡宮の階段。
確かに 心臓と足に不安を抱えていると
ちょとキツイ感じがします。
でも、こういう場所には その部分に何かしら抱えるようになってから
行く方が少なくないような気がするのですが
やはり神様は高い場所にいらっしゃる方だから
長い階段は仕方のないことなのでしょうかね。
東京千代田区にある山王日枝神社のように
エスカレーターがあるのなら 楽なのですけどもね・・・。
 
全てが 八の字!
ポージィさんの観察眼って 素晴らしいですね。
確かに そう見えますよ。
八の字って 末広がりで縁起が良いので
まさに八幡様に ふさわしいですね shine
そして、鶴岡八幡宮と鳩サブレーの関係、
あぁ、そういえば・・・です。
こちらこそ ありがとうございました heart01
 
そうそう、
日本の寺社仏閣と言うのは わびさびの効いた渋い佇まいと言うのが
日本人のイメージなのかもしれませんね。
なので、陽明門だったり瑞鳳殿だったり八幡宮の社殿だったり
あまりに鮮やかな色彩が使われていると ビックリしてしまうのでしょう。
それも いきなり創建当時の鮮やかさが蘇ると なおのことです。
少し年月が経って 落ち着いた頃の色彩に安心してしまうんですね。
きっと誰しも 急な変化には付いていけないものなのだと思います (o^-^o)
 
石の灯篭、
あはは o(*^▽^*)o
見えます見えます~♪
 
今日も丁寧に読んで頂き、ご丁寧なコメントをありがとうございました heart04

投稿: 花mame | 2015年6月 8日 (月) 18:51

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
 
はぁい、行って来ましたよ~ 青葉城。
ふふ、さすが ゴン太さん、花mameの行動は手に取るようにわかっておられますね (*^ー゚)b
 
袴姿の方、レイヤーさんのボランティアさんだったかしら? ( ´艸`)プププ
何だか とても如才ない方で そのコスプレ(?)も よくお似合いでした。
「ずんだもち!」これ絶対にイイですよね♪
仙台以外でも使ってしまいそうです o(*^▽^*)o 
 
大崎八幡宮。
今回の旅で 改めて寺社仏閣に散る桜の何と似合うことか!と思いました。
満開の桜は もちろん美しいのですが
散る桜に葉桜、どれも その時々で美しいのですよね。
散ってしまって花筏になっても美しいのは
もう桜しかないのかもしれない とすら思います。
 
この時季に行けて 本当に嬉しかったです。
少しでも その雰囲気が伝われば嬉しいですよ ヽ(´▽`)/
 
そっぽを向いた鳩さん。
うんうん、珍しいですよね。
プン!って感じが可愛かったりしますね。
でも、こちら的には 仲が良くなさそうなのが気になったようで
新しい方は向い合せたのだそうですよ。
 
左甚五郎。
はい、同じく実在と思っていたんですが
ボランティアさんが「モデル」とおっしゃっておられたので
架空の方なのでしょうね。
 
灯篭。
あは、やはりキノコが笑っているように見えましたか!
しかも ニヒルに o(*^▽^*)o
コメントを頂いているポージィさんも
笑顔のドコモダケと ご覧になられたようですよ (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年6月 8日 (月) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のおさらい - 東北旅行 〜 瑞鳳寺と瑞鳳殿 - | トップページ | 季節のおさらい - 東北旅行〜平泉と一関 - »