« 冬のフェスティバル | トップページ | 明日、一時帰京予定 »

2015年2月19日 (木)

雪の美術館

相変わらず 暖かで 穏やかな日々の当地です。

ずっと 3月下旬くらいの気候なので

来月には 4月になるんじゃないか、と 錯覚しそうな程ですよ。

 

一方、東京の方は 例年に比べると 随分と寒い日が続いているよう。

それでも 梅の花も咲いてきている様子、

春は きっと そこまで来ていますよね。

 

 

 

 

 

さて。

そんな 暖かな冬に

本格的な寒い冬が 恋しく思ったわけではありませぬが

先日、雪の美術館 に 行って参りました。

 

大雪山系に降る

日本で最も美しい雪の結晶をイメージして作られ、

「 アナと雪の女王 」 に 出て来る お城にそっくり と言うことで

昨年から話題になっている美術館です。

 

 

 

 

 

20150216_112028

でも 実は、ここを目的に行ったわけではなく

小学校の時の友人に 会いに行った際に

行ってみよう、と言うことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

20150216_112554

受付をして 入って行くと

そこかしこに 雪の結晶のモチーフが ちりばめられています。

 

 

 

 

 

20150216_112633

坂状の地形の場所に立っているんでしょう。

上の画像の入り口を 入っていくと

下に降りる らせん階段が待っています。

手すりにも雪の結晶がデザインされていますし、

らせんの形が 雪の結晶と同じ 六角形です。

 

 

 

 

 

20150216_112721

上を見上げると やはり六角形、

真ん中には 結晶が。

 

 

 

 

 

20150216_113126

一番下には 泉?があり

コインが たくさん投げ込まれていました。

何か 願い事が叶うんでしょうかね。

 

 

 

 

 

20150216_113052

らせん階段を 降り切ったくらいから

ちょっと 空気が冷えてきます。

 

少し歩くと

ガラスの向こうに 氷の造形を見ることの出来る

「 氷の回廊 」 が あります。

 

 

 

 

 

20150216_113343

ガラスの こちら側、回廊の温度は 15度、

向こう側は マイナス15度に設定されているとのこと、

その差 30度ですが

季節によってのことなのか、最大40度になることも あるのだとか。

 

今の季節の外気は 最高気温でもマイナスですから

回廊の15度と言うのは 決して寒さを感じる気温ではないんですが

室内の温度が 25度前後はあるので

ひんやりとした感じを受けるのです。

 

 

 

 

 

20150216_113358

ガラスの様子は こんな感じ。

エルサが 出て来そう?

 

 

 

 

 

20150216_113617

美術館の中央には 音楽堂があり

コンサートや 講演を 行うことが出来たり

最近は 結婚式場としての利用も あるのだとか。

 

 

 

 

 

20150216_114238

席数は 200、天井には 2万8千号の油絵 「 北の空 」 が 広がっています。

こんな場所で愛を誓うなんて ロマンチックだわぁ ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

 

 

 

20150216_113814

控室に使うんでしょうかね、

着替え室の付いた 小さな部屋が隣接していました。

 

椅子は 旭川家具かしら。

貼ってある布は  「優佳良織 」 でしょうかね。

座り心地が 良かったですよ。

 

 

 

 

 

20150216_113822

そして、やはり ここの お約束の雪の結晶が snow

 

 

 

 

 

20150216_114350

同じく隣接している お部屋。

披露宴などを行うのに良さそうな 素敵なお部屋でした shine

 

 

 

 

 

20150216_114304

ホールには 文楽人形。

帯の柄が 雪の結晶です。

う~ん ・・・ 凝ってる .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 

 

 

 

20150216_114511

はい、通路のカーペットにも お約束が付いています。

 

 

 

 

 

20150216_114607

こんな所にも ♪

 

中に入ってから

どんなところに 雪の結晶が あるのかを

探しながら歩くのも 楽しいと思います (゚▽゚*)

 

 

今回は 時間の関係で見られませんでしたが

「 スノークリスタルミュージアム 」 と言う場所では

雪の結晶の顕微鏡写真や 映像を見ることが 出来るのだそうです。

 

外で いくらでも 雪景色や 氷の世界を見ることの出来る時期に

わざわざ 行くこともなかろうに、と

北海道の方は 思われるかもしれませんが

いやいや ・・・ 冬でも 十分 楽しめましたよ。

 

真夏の暑い時期だと なお 楽しめるかもしれませんけどね (*^ー゚)b☆

 

 

目的は、友人との旧交を温めるためだったので

多少 寒い場所でも 良かったのかもしれませんね ( ´艸`)プププ 

|

« 冬のフェスティバル | トップページ | 明日、一時帰京予定 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~ もう10年以上前になるでしょうか、、優佳良織館の方へ行ったついでに行きましたが こんなに素敵なディスプレーもなく換算としていた記憶がありました
今こんなに素敵になってるんですね~
旭川は結構雪が無い時期出かけますので寄ってみます
花さんのところも暖かいのですね
このまま雪が無くなればいいのに、、って言ってたら駄目駄目
期待していたらがっかりするから それなりに春に向かってくださーいと言いなおします happy01

投稿: aron | 2015年2月19日 (木) 17:52

>aronさま
 
こんばんは☆
 
おぉ、行かれたことがあったんですね。
今回は 時間が2時間と限られていたので
優佳良館の方には行かなかったんですが
両方行くと チケットも お得なようですね♪
 
去年のアナ雪の影響で 少し賑やかになったものでしょうかね。
随分と客足が伸びたとか聞きました。
 
はい 雪のない季節だと行きやすいですので
また お出かけになってみてくださいませ。
 
暖かいですねえ。
今年は雪解けが早いとか 聞きますね。
雪割りをしてもいいくらい 雪も柔らかいんですが
やってしまうと 何だか大雪が来そうで やらずにいます ( ´艸`)プププ
ふふ、期待しないように春を待ちましょう cherryblossom

投稿: 花mame | 2015年2月19日 (木) 20:39

こんばんは ♪
 
雪の美術館 白い雪道を歩いていくと…向こうに見えてきたのは
物語の世界のお城? もう、ここからファンタジーの世界が
始まりますね。建物のいたるところに散りばめられた雪の結晶とその6角形、白を基調に落ち着いたナチュラルカラーも心地よくて
素適なところですね。地下には本物の雪と氷もあるのですねぇ。
暖かな中で雪の世界を堪能できるというのは、私のような
寒がりにはうってつけです(笑)
雪のない季節、新緑の美しい頃などにもこのお城、いえ美術館は
美しい景色を見せてくれそうですね。

そうそう、リンクしてくださっていたHPから、優佳良織も拝見してきました。
優佳良織を知らなかったのですが、こちらにもすっかり魅了されました。

投稿: ポージィ | 2015年2月19日 (木) 21:34

こにゃにゃちにゃ

うわ~ぁ、なんてすてきな美術館でしょう!
ここが話題の雪の美術館ですかぁ~。
外観も良い雰囲気ですが、内部はさらに素敵ですな。
こんなところで結婚式を挙げられるなんて、
お姫様みたいですよなあ。
まさに、エルサ!

内部の装飾がこっているだけでなくて、
回廊から氷を見られるというのも良いですなあ。

>旭川家具
>優佳良織

おお~、そういう名産があるのですな。
調度品に地元の名品を使用しているのも素晴らしいですなあ。

あらゆる所に雪の結晶の模様。
カーペットに帯に・・・きっとどれも特注なのでしょうなあ。

>天井には 2万8千号の油絵

スケールの大きな作品ですなあ~。
2万8千号・・・???
ちょっと想像がつきませぬが、天井いっぱいに描かれているのでしょうなあ~。
実際に行って見て、その迫力を味わってみたいものですなあ。

お友達との再会。
楽しまれたことでしょうなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2015年2月20日 (金) 13:25

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
ちょうど冬のこと、雪の美術館らしい感じが 外観からも楽しめたかと思います。
玄関横にはアイスキャンドルも置いてありました。
暖かさのせいか キャンドルの熱のせいか 一部壊れてはいましたけれども
これも冬ならでは の演出ですね♪
 
おっしゃるとおり、美術館と言いながら まるで お城。
映画のヒットとともに客足も伸びた由、良かったなぁと思いました。
 
地下18mでしたか、そこに氷の回廊など メインの場所があるのですが
レストランも同じ階なのに 窓の外には冬木立。
レストランは 外からも入れるとのこと、
山腹のような場所に建っているのでしょうね。
 
はい!
寒がりさんでも 氷の世界を覗くことが出来ますので
暖かくなった頃(初夏あたり?)、北海道観光の途中にでも お訪ねくださいな (o^-^o)
白樺の若葉の中に建つ お城も また美しい風景と思います。
 
優佳良織。
リンク先まで見て頂き ありがとうございます ヽ(´▽`)/
昔からの濃い色に模様の入るデザインが 頭に残っていたのですが
レストランやショップに ディスプレイ用として置いてあったものは
爽やかで繊細な柄の物で 新鮮な思いで見てきました。
 
関東でも 北海道物産館などで見かけることがありますので
ちょっと探してみるのも いいかもしれませんね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年2月20日 (金) 18:16

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
 
うふふ、きっと ゴン太さんにも気に入ってもらえると思いました (o^-^o)
 
あ、そうそう、お姫様で思い出しましたが
お姫様体験と言うのがありまして、
たくさんあるドレスの中から 好きなものを選んでお着替え出来るのです。
写真も撮ってもらえるようですよ。
4000円くらいとのこと、意外と手の届く金額設定だなぁと思います。
 
地元の産業が入っているのは いいことですよね。
北海道では有名なものなのですが、これで全国規模になってくれると
作家さんや職人さんは 嬉しいコトだろうなぁと思いますよ。
 
雪の結晶。
そうですね~特注なのだと思います。
文楽人形の方は どこかから頂いたんでしょうかね・・・。
今度行った時に聞いてみましょう。
 
天井画は7人の画家さんの合作なのだとか サイトに書いてありました。
室内なのに 外のような開放感がありますよ。
あぁ、こんな所でコンサート、結婚式、何にしても
参加してみたいものだなぁと思いました ヽ(´▽`)/
 
お時間と機会がありましたら 一度いらしてみてくださいませ♪
雪の美術館だけでなく 優佳良織工芸館や国際染色美術館などもありますし
ちょっと距離はありますが
旭山動物園もありますので 見どころ満載の街となっています (*^ー゚)b
 
はい、メインは友人との再会でしたから 楽しめましたよ shine

投稿: 花mame | 2015年2月20日 (金) 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のフェスティバル | トップページ | 明日、一時帰京予定 »