« 北極から直行の寒気 | トップページ | 雪の美術館 »

2015年2月15日 (日)

冬のフェスティバル

昨日今日と、また 道央、道東の方で 荒天の様子、

交通機関の乱れや 通行止めなどが伝えられています。

 

当地は 今朝方から強い風が吹き、

昨夜 少しだけ積もった雪を 吹き飛ばしています typhoonsnow

 

 

さて、2月の北海道は 冬まつり月間。

札幌の雪まつりを始め、規模の大小は あれ、各地で行われています。

当地でも 金曜日から今日までの間が 冬まつり。

昨夜、この冬まつりの メインイベントとも言える行事があったので

ドライブがてら 見てきました。

 

その道々、街のあちこちで

冬まつりを盛り上げるような しつらえが してありました。

 

 

 

 

 

20150214_190911

そのひとつが、学校のグラウンドに作られた スノーランタン。

こんなふうに 通路が出来ていて

ランタンの間を 歩けるようになっています。

 

 

 

 

 

20150214_190836

何だか 夢の世界みたい。

後ろの住宅がなければ なおのこと、ね ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

20150214_190414

別の場所には 通路脇の雪の壁に 穴を開けての 照明が。

まぁ、なんて キレイなんでしょう shineshine

ランタンの形を作るのも 素敵ですが

こんな形のも いいなぁ と思いましたよ。

 

 

 

 

 

20150214_190734

お約束の アイスキャンドル。

 

念のためですが

上の画像の灯りには 全てキャンドルが 入っているのです。

 

その数を考えると

ランタンや アイスドームを 作るのも

その中に ひとつひとつのキャンドルを入れて 火を灯すのも

大変な ご苦労があったことだろう と思います。

何せ、寒い中で 行うことですしね。

 

 

バレンタイン 雪で心も 温まり

 

 

カップルにとっては ロマンチックな夜を 過ごせたことと思います。

 

 

 

 

 

さて、先に書いた メインイベントですが

携帯画像であることと、夜のイベントであることから

かなり 粗い写真となってしまったことを 最初に お詫びしておきます。

 

 

 

 

 

20150214_185005

もう 四半世紀を超える行事でしょうかね。

 

このあたりの町を線で繋ぐと 「 天 」 の字になる、と言うことで

山ひとつを使って 火で  「天 」 の文字を 描きます。

そばで見ると なかなかの迫力。

 

一時期、担い手がいないとのことで 中断されたのですけど

やはり 無いと寂しい、と言うコトなのか また復活したようです。

 

どんな片田舎でも 何かひとつ 目玉になるイベントがあると

人も 集まりますし

厳しい冬の寒さや 雪の多さも 忘れられると言うものですね。

 

 

 

バレンタイン 「 二 」 + 「 人 」 と書いて 「 天 」 と読む

 

ふふ、今日のお題は バレンタインだな (*´σー`) heart04 (゚▽゚*)

 

 

このイベントで 心熱くしたのは 二人どころか

かなり 大勢の方たちだったと 思います heart01

 

 

 

それにしても 風が強いなぁ ・・・ 。

どちらの行事も 火を扱うもの、今日でなくて 本当に良かった。

 

 

あ!

肝心の雪像群、携帯で撮るのを忘れたので

涼を呼ぶため、また 真夏にでも ご紹介出来れば、と思います。

|

« 北極から直行の寒気 | トップページ | 雪の美術館 »

お歌の会」カテゴリの記事

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
 
すてき すてき! 冷たい雪の世界のフェスティバルですが、
とっても温かなものが伝わってきますね。
多くの方の熱意と協力と楽しむ心で、雪も融けちゃうかも。
校庭の無数とも思えるスノーランタンの幻想感もアートなら、
雪の壁に穴を開けての光の点線もステキなアイデアのアートですね。
でも、これだけのものを作るのはほんとうに大変だったと思います。
花mameさんの一句も、すっかり心温められてのお作ですね。
そしてそして、天文字焼き?も、由来も含めてなんと素晴らしい。
見事ですね。ずっと拍手を送り続けたい、そんな気持ちになりました。
>…「二」+「人」と書いて…
あっ、ほんとだ~気付きませんでしたよ。 お見事です~ ヽ(´▽`)/ heart04

投稿: ポージィ | 2015年2月15日 (日) 19:44

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
もっと写真を うまく撮れれば良かったのですが
素敵と思って頂けたなら とても嬉しいです ヽ(´▽`)/
 
昔は キレイキレイで終わっていたのですけど
こういう完成品を見て感動すると同時に
この感動を作ってくださった方たちの ご苦労を思うようになりました。
ふふ、雪も融けちゃうかもですね~
気持ち的には融けて欲しいですが、この幻想的な世界を見せられると
ずっと融けないで~ とも思います。
人間って勝手なものだわ ( ´艸`)プププ
 
天文字焼き。
こちらは寒い中なのに 真夏の京都の五山の送り火を思わせるせいか
熱意を含めて「暑い」ような気持ちにもなりました。
だんだん消えてゆく様も見ていたのですが
何だか 切ない気持ちにさえなりました・・・。
 
いつも下手な お歌にまでコメント頂き ありがとうございます。
天文字焼きがなければ 意味の通らない歌ですよね (*´ェ`*)
 
いつも ありがとうございます heart01

投稿: 花mame | 2015年2月15日 (日) 20:19

厳冬の中でのフェスティバルに想いを馳せます

「夢さそう 灯すキャンドル 雪に舞い」~kei~

投稿: kei | 2015年2月16日 (月) 08:23

こにゃにゃちにゃん

バレンタインの夜、花mameちゃんはスノーランタンをご覧になっていたのですか~。
ロマンティックですなあ♪
ランタン、きれいだなあ~。

>大変な ご苦労があったことだろう

こういうイベントって、多くの方の協力なしではできないのですよな。
みんなで力を合わせて、イベントを開催してくれているのですよなあ。
すごいことだと思いますですな。
花mameちゃんがブログでご紹介なさったり、
感想をアップしたりするのは、
イベントを開催した方々の励みだったり、喜びだったりになっていることでしょうなあ♪
気持ちには、気持ちで応えるのが一番ですなあ。

>バレンタイン 「 二 」 + 「 人 」 と書いて 「 天 」 と読む

おっ!
きましたね、花mame語録。
いいこと言ってますですな☆

お題になっているので、蛇足ながら・・・
そのこころは「二人なら、どこにいたって、そこが天国heart03
・・・おそまつさまでした。

>肝心の雪像群

!!! おお、夏のお楽しみですな♪

投稿: ゴン太 | 2015年2月16日 (月) 11:40

ランタンもすてきだけど
雪の壁もきれい~
こんなすてきな回廊ずっと歩きたいわ~

「天文字焼」近くに行けば大迫力なんでしょうね
いつかこの目で見てみたい
真っ白の雪に浮かぶ炎、幻想的

どれも多くの人が関わって見せてくれてる物
「ありがとう」ですね~

投稿: あずさ | 2015年2月16日 (月) 17:23

>keiさま
 
こんにちは♪
 
寒さと雪が作る芸術ですよね (o^-^o)
 
おぉ、こちらも 芸術、素敵な句です ヽ(´▽`)/
また本文に上げさせてくださいね。
 
いつも ありがとうございます shine

投稿: 花mame | 2015年2月17日 (火) 14:26

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
はい~ 今年の冬まつりはバレンタインを含んだ日程になっていたのですよ (o^-^o)
 
雪に揺らめくキャンドルの炎は とても神秘的でロマンチックですよね。
 
スノーランタンは 地域住民が当日に作ったものだそうです。
なんと、その数1000個!
キャンドルも手作りだそうですよ~ shine
 
雪や氷、寒さを 素晴らしい自然の恩恵として捉えて
スノーランタンの灯火を楽しむことを目的にしたイベントで
もう15回目になるのだそうですよ。
 
当ブログで紹介して どのくらいの方に知られるかは別として
より多くの人に楽しんで頂けたら ご苦労も報われますよね (o^-^o)
 
わは、語録になりましたか~ありがとうございます heart
 
おぉ、お歌も ありがとうございます~ ヽ(´▽`)/
やはり「二人」と「天」を 入れてくださいましたね。
こちらのお歌は 本文に上げてもよろしいですか?
と言うか、是非 上げたいのですよ (*^ー゚)b
 
雪像、そんなに たくさん撮ったわけではありませんけど
真夏のお楽しみにしていてくださいね♪

投稿: 花mame | 2015年2月17日 (火) 14:53

>あっちゃん
 
こんにちは♪
 
雪の壁の灯り、目からウロコでしたよ~。
雪を削り出して作るランタンも素敵だけど
壁に穴を開けて火を灯すのも 本当にキレイだよね shine
この通路は固まっていたのだけど
実は ランタンの方の通路は 砂丘を歩くかの如くに
歩きにくかったの (;´▽`A``
もともと雪野原だった所なので 雪が固まらなかったんだね。
 
天文字焼きも気分が上がりますよ~。
いつか機会があったら一緒に見ましょう (◎´∀`)ノ
 
大きなイベントですから
たくさんの人の力がなければ出来ないですよね。
本当に感謝です heart01
 
いつも ありがとう heart

投稿: 花mame | 2015年2月17日 (火) 15:11

こんばんは。
それにしてもすごい数のスノーランタン!!
一体いくつあるんでしょうね。スタッフの皆さん、本当にお疲れ様です。
夜空に浮かぶ「天」の字!!
まるで、京都の「大文字焼き」を思い出してしまいます。
地元でこんなイベントが楽しめるなんて・・・・贅沢ですね。
バレンタインと併せて、幸せそうなカップルの顔が浮かんでくるようです。

投稿: ソングバード | 2015年2月17日 (火) 21:40

>ソングバードさま
 
こんにちは♪
 
スノーランタンは1000個だそうですよ。
当日の午後から 地域住民が総出で作り上げたのだとか。
寒い中、本当に大変だったことと思います。
その分、たくさんの人が楽しむことが
そのご苦労に報いることなのですよね (o^-^o)
 
そう、京都の五山の送り火を思い出しますよね。
雪の上に文字を書くと言うことで
毎年、下書きの準備をしてから火を燃やすドラム缶を置いているようですよ。
 
冬の楽しみは限られていますから
こんなイベントがあると 万人が楽しめていいなぁと思います shineshine

投稿: 花mame | 2015年2月18日 (水) 13:40

おはようございますにゃん
再※おじゃまシマンモス

丁寧なお返事、ありがとうございます~。

>地域住民が当日に作ったものだそうです。
>なんと、その数1000個!

おおお~!
15回も続けているというだけでもすごいですが、
その行事が、地域の方々の協力によるものだというのが、
さらにスゴイですなあ~。
他所からボランティアをつのるのでなくて、
周辺にお住まいの方々が主力でなさっているのですなあ☆
ロマンティックな上に、本当に素敵なイベントなのですなあ。
しかも1000個ですか!
一言に1000って言うは易しですが、
1000個ものスノーランタンを作るのは、なかなかできることじゃないですよなあ。
みなさん、点灯したときの景色を思い浮かべながら、作られたのでしょうなあ~♪

>本文に上げてもよろしいですか

もったいないようなお言葉をありがとうございます~。
でもでも、アレは、コメント欄に潜ませておくのがよろしいかと♪

>雪像、そんなに たくさん撮ったわけではありませんけど

お~う!
いっぱいアップされるのも嬉しいですが、
少なめだと「貴重」な感じが増しますですよなあ~☆
夏が、待ち遠しいですなあ♪
あは。

投稿: ゴン太 | 2015年2月19日 (木) 10:01

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
再※ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/
 
地域住民の話は 翌日のローカル新聞に出ていたのですよ。
冬期間はイナカにいるのに 15回もやっていることも
そんな形で行われていることも 全然知りませんでした。
 
1000個は すごいですよね。
でも そのくらいないと きっと広いグラウンドに
夢の景色は作れないのでしょうね。
 
えええ、ダメですかぁ。
では コメント欄に こっそりさせておきましょう (o^-^o)
追記で また違う形の お歌をアップしようと思ってますので
そのうち 覗いてみてくださいませ。
追加のお歌があれば またコメント欄に頂ければ嬉しいです (◎´∀`)ノ
 
雪像。
はい、忘れた頃にアップしますので、楽しみに?していてくださいね♪

投稿: 花mame | 2015年2月19日 (木) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北極から直行の寒気 | トップページ | 雪の美術館 »