« 帰京しております | トップページ | 実家の花々 »

2014年12月 1日 (月)

10月のレッスン と 花材

12月に入ってしまいました。

入りの今日は お天気悪し。

朝は霧で始まり 雨降る一日でした。

 

「 師 」 も 走る月で ございますからね runrunrunrunrun

天気になど 振り回されては いられないのです。

体調も回復して参りましたし

花mameも 少しは 走り始めましょうかね runrunrun

 

まぁ ・・・

明日か 明後日あたりからにしようかな。

 
 
 
 
 
 

さて、そんな12月1日に、10月のレッスン報告です。

実は 旅日記にかまけて 忘れておりました ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

Img_0119

タイトルは 「 秋のモダンなクラッチブーケ 」 。

 

「 クラッチ ( clutch ) 」 とは 「 ぎゅっと つかむ 」 と言う意味。

花を束ねて 自然な茎を そのまま生かす、と言う ナチュラルさが信条。

 

昨今の結婚式などでは 和装にも洋装にも合う と言うことで

流行のスタイルのようです。

 

 

 

< 花材 >

 ・ アナスタシア ( ピンク、グリーン )

 ・ SPマム ( シャガール )

 ・ カーネーション ( ノビオバーガンディ )

 ・ バラ ( オール4ラブ+ )

 ・ ケイトウ ( 黄 )

 ・ 紅葉ユキヤナギ

 ・ ソリダスター ( タラ )

 

< 資材 >

 ・ ラフィア ( ワイン色 )

 

 

なぜか 本数が足りなかったので

画像のブーケに グリーンのアナスタシアは 入っていません。

 

それと ちょっと 絵的に面白かったので

紅葉ユキヤナギの葉を取らずに そのまま 束ねてみました。

 

もちろん 生徒さんには 取るようにお伝えしました。

ブーケとは言え、おうちに持って帰ったら 花瓶に挿しますし

その時、葉っぱが水に浸ると 水が腐りやすくなるからです。

 

 

 

 

 

Img_0121

上から見ると こんな感じ。

バラやカーネーションが入っていても

そこはかとなく 和風なブーケに見えます。

 

 

 

 

 

Rimg0005

レッスンが始まる前の 教室の様子。

バケツに入った お花のインパクトによって

生徒さんのモチベーションも 違って来ると思うので

お花の入れ方や バケツの向きにも 気を付けていますよ。

 

 

 

少しだけ 花材を ご紹介しておきましょう。

 

 

 

 

 

Rimg0007

SPマム ・ シャガール。

着物柄になりそうな 和風の装いなのに

随分と 洋風な名前が付いているものです。

静岡で生産されることが 多いのだとか。

今回のも 浜松から来たものです。

 

 

 

 

 

Rimg0008

バラ ・ オール4ラブ+。

光の加減で ちょっと渋いピンクに写ってますが

実物は もっと甘い感じのピンクでした。

大輪のカップ咲き、巻きが多く 豪華で 1本でも存在感があります。

 

 

 

 

 

Rimg0006

カーネーション ・ ノビオバーガンディ。

 

ノビオと言うのは

カーネーションの改良者として 業界に最も影響を与えた

イタリアの博士の名前だそうです。

バーガンディは 暗いワイン色とでも言いましょうか、

まさに 画像のカーネーションの色ですね。

 

 

 

ところで、このブーケを 花瓶に入れて 飾っておいたんですが。

 

 

 

 

 

Img_0101

紅葉ユキヤナギに 何やら変化が。

葉の付け根に 明るい緑の葉と ツブツブが見えますでしょ。

 

 

 

 

 

Img_0102

幾日も経たないうちに 花が咲いた。

 

 

 

 

 

Img_0105

これは まさしく ユキヤナギの花。

 

ユキヤナギの開花は 春のこと。

秋の紅葉ユキヤナギに 花が咲くとは

何だか お盆とお正月が 一度に来たような?

 

きっと この紅葉ユキヤナギは 出荷のために切らなければ

来春に 花の咲く枝だったのでしょう。

それが 家の中の暖かさを 春と勘違いして咲いたのかもしれません。

 

毎度 書くことですが

植物とは 不思議に満ちているものです。

 

 

 *** 追加 (12月6日) ***

 

ユキヤナギの お花のアップを 追加しておきます。

 

Img_0106

< プロフィール >

 ・ 原産地: 日本

 ・ 分 類 : バラ科シモツケ属

 ・ 別 名 : 小米花(こごめばな)

 ・ 和 名 : 雪柳

 ・ 英 名 : ツンベルグスパイレア

|

« 帰京しております | トップページ | 実家の花々 »

花 - アレンジ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
体調が戻って良かったです。

フラワーアレンジ(?)、素敵な趣味ですね。
お部屋に飾ると、部屋全体が華やかになりそう~!!
花瓶の花が成長するなんて・・・・不思議ですね。

ところで、このたび、容量オーバーで、ココログからgooへ、引っ越しすることになりました。
まだ整理が出来ていない新居にもお越しくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/senaga-mmb

投稿: ソングバード | 2014年12月 1日 (月) 21:34

こんにちは♪
 

しばらくご無沙汰してしまいました。(記事は拝見してました~)
お帰りなさい&お疲れさまでした。体調も戻られ、走りたい気分も
生まれてきたご様子、何よりです smile
 

花mameさんのレッスンのご様子垣間見られ、花材から机の上の
敷物まで、準備にそこまで気遣いされていることに感銘受けました。
私はこのようにお洒落な雰囲気の中でのレッスンは経験したことがありませぬ。
確かに、モチベーションが違ってきそうですね。
これから始められるといった方には特にかも (*^^*)
和やかなレッスン光景が目に浮かぶようです。
今回の花材の組み合わせ、なんだかとっても好き♪ と思いました。
秋の和モダンの雰囲気。どんなお部屋にも、和洋どちらのお召し物にも
しっくりと似合いますね。
 

おやおや、紅葉雪柳が花を咲かせましたか♪ 可愛いですねぇ。
地植えされている雪柳も、紅葉葉っぱと真っ白な花のコラボを
見ることがありますよ。春のあふれんばかりの花とは違って
チラホラと咲く花と紅葉が何とも素適な趣を見せてくれて、
見付けるとヤッタ~とテンション上がります。

投稿: ポージィ | 2014年12月 2日 (火) 11:44

>ソングバードさま
 
こんにちは。
 
ありがとうございます。
お天気の良い今日は 何だか絶好調です (o^-^o)
でも、油断しないように気を付けたいと思います。
 
はい、フラワーアレンジです tulip
これはレッスンしたものなので お花がたくさん入っていて豪華ですが
ほんの1本でも お部屋に花があると明るくなりますよね♪
 
植物は どんな環境にあっても
生きると言うことに一生懸命な気がします。
不思議なことも多いですが
学ぶことも また多いですね。
 
あぁ、やはり 容量オーバーですか・・・
お引っ越しのお知らせも ありがとうございます heart01
早速 お伺いさせて頂きますね♪
 
 
 
 
 
>ポージィさま
 
こんにちは。
 
週末は お忙しかったようですから
今日は お疲れではありませんか。
それなのにコメントを ありがとうございます!
そして、いつも記事を読んで頂き ありがとうございます heart04
 
何とか持ち直して来ましたよ〜
体調も戻りつつあるのでしょうが
師走と言う月の魔力?も あるのかもしれません。
 
教室の様子を お見せしたのは 多分初めてのことですね。
オシャレに見えますか〜
実は 写っていない部分に 色々とあったりするのですが ( ´艸`)プププ
 
まだ自分で学んでいた時の 教室の様子や
まさか教室を開くなんて思わずに学んだ レッスンのあり方の講義などが
とてもとても役に立っています。
生徒さんたちが教室に入って来た時の歓声が
今も力になっているんですよ shineshine
 
花材も お好みですか (o^-^o)
お花をされているポージィさんに言って頂くと
あぁ、良かった、と 心の中でガッツポーズです ヽ(´▽`)/
 
はい、花を咲かせました〜。
ちょっと気になって検索してみましたら
ポージィさんが おっしゃるように
あちこちで、チラチラと咲いていると言う お話がありました。
ユキヤナギとは そう言うものなのでしょうかね。
うんうん、春のなだれる咲き方と違い、
紅葉に気遣いを見せているようにチラホラと咲く姿は
また新しい ユキヤナギの魅力を発見した気分になりますね。
同じく ヤッタ〜とテンションアップです (*^ー゚)

投稿: 花mame | 2014年12月 2日 (火) 13:55

こんばんは~
やっぱりお花はいいですね~
雪柳の花がね~ 気温で目覚めると言うわけですね 
来年紅葉した時やってみようー

蟹は本当に北海道では安く並びますね
それもこの頃は身近なスーパーでもいいのが並んでお味も値段の割には良いですよね
それにしても身入りの良い蟹だった事 happy01

投稿: aron | 2014年12月 2日 (火) 20:38

おじゃましマンモス♪

おお!
この日のアップは、お花でしたか~♪
クラッチブーケ。
流行るのがわかる気がします。
ナチュラルな感じが、現代のウェディングに合っているのでしょうなあ~。
お写真のブーケを見ていると、
白人モデルさんが、ジル・スチュアートか何かのドレスを着て芝生の上に立っている姿が容易に想像されますですなあ。

>バケツに入った お花のインパクトによって
>生徒さんのモチベーションも 違って来ると思うので

おお、細やかなお心遣いでレッスンに望まれているのですなあ~。
花mameちゃんとお友達の方がなさっているお教室の生徒さんは幸せですなあ~。
教材のお花も、いつも素敵ですしなあ~♪
今回のお花も、どれもかわいいです!

ユキヤナギ。
5月頃だったかに、いろんなお家の庭先や公園で
ワラワラと白いお花が咲くイメージがありますですな。
そーですか、お部屋で咲きましたか☆
花mameちゃんのお家に、春の妖精さんが訪れたのかもですなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2014年12月 4日 (木) 15:09

>aronさま
 
こんにちは。
お返事が遅れて すみません!
 
そうですね〜 これから北海道は白い世界になりますから
ますます お花が鮮やかに見えますよね。
雪柳の花、関東あたりでは結構 紅葉時期に咲いているようなのです。
秋の気温の関係なんでしょうかね。
来年 やってみてください、きっと開花しますよ♪
 
蟹。
本当に。
旬は初夏ですのに 秋において この上質なお味、
素晴らしいです。
年末年始にかけては 少し値上がりするかもですね cancer
 
 
 
 
 
>ゴン太さま
 
こんにちにゃ♪
お返事が遅れてすみませぬ!
 
いらっしゃいませにゃ cat
はい〜 久々お花のアップです。
 
おぉ、このブーケを見ただけで
そこまでの想像をして頂いて ありがとうございます heart04
たくさんのお花を使って 雪崩れるように作っキャスケードなども
ウエディングには 十分素敵なのですが
世の中のナチュラル志向は こんなところにも出て来ているのですね。
 
教室に入った時に「わ〜」っと 思わなければ
アレンジするのも楽しくないですものね。
お花にとっても可哀想な気がしますから。
全ては 生徒さんのため、お花のためです shine
ゴン太さんにも 可愛いと思って頂けたようで 嬉しいです ヽ(´▽`)/
 
ユキヤナギ。
本当の?開花は 初夏なのですけどね、
秋にも 結構あちこちで咲いているようです。
なので、決して珍しいことではないようなのですよ。
秋にユキヤナギを使ったことがなかったので
このたび初めて知りました。
 
ふふ、そうは言っても 春の花、
きっと 暖かさに誘われて
妖精さんが来たのですよね ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投稿: 花mame | 2014年12月 6日 (土) 11:06

再※おじゃましマンモス

おお!ユキヤナギは秋にも咲くのですか~。
全然、想像もしなかったです!
しかも、あちこちで咲いているのなら、シャトー周辺で秋に咲いてもおかしくないのですなあ。
もしかしたら「5月頃に咲く」と思いこんでいるために、
どこかで咲いているのを見かけても
ユキヤナギと認識していなかっただけなのかもですなあ。

改めてお写真のユキヤナギの花を見ると、
小さくてかわいいお花ですな♪
この花を見る時は、多くなった株全体を見ることが多く、
一輪一輪の花を注視したことがなかったので、
この可愛さはちょっとした驚きでしたなあ。
素敵なお写真、ありがとうございますですなあ~。

投稿: ゴン太 | 2014年12月 7日 (日) 10:24

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆ 
再※いらっしゃいませ〜 ヽ(´▽`)/
 
初夏の、あの滝のような咲きようを見ますと
秋に咲くなんて 思いもしませんものね。
おっしゃるように 認識していないだけで
御地でも咲いているかもしれません。
来年の秋に 是非ご覧になってみてくださいませ♪
記事中の画像では 紅葉ユキヤナギとは言え
まだ緑色っぽい葉が多いのですが
見たサイトの紅葉ユキヤナギは 見事に赤い葉に開花していましたよ maple
 
お花、可愛いですよね。
ユキヤナギは バラ科シモツケ属の植物です。
バラ科だけあって 一重のバラのようにも見えたりしますね。
同じ仲間には シモツケ(属の名前ですものね)や
コデマリなどもあるのですよ。
皆、似た お花です。
 
載せた画像では小さくて お花の様子がわからないかも、と思い、
花のアップの画像を追加しておきましたので
ご覧になってみてくださいね (◎´∀`)ノ

投稿: 花mame | 2014年12月 7日 (日) 17:00

おはようございますにゃん

おお!
アップのお写真がアップされてる!(ダジャレです)
えっへん。

おおお、確かに良く見ると一重のバラのようなお花なのですなあ。
リンゴにも似ているあたりは、バラ科だからでしょうかなあ。

>シモツケ属

「シモツケ」と聞くと、シモツケソウの方しか思い浮かばないのですが、
調べたら、それはまた別に属するそうですなあ。
花ってすごく細かく分類されているのですなあ~。
勉強になります!

ユキヤナギの紅葉。
葉が緑っぽい雰囲気もありますが、
葉の縁とか、全体的に、これから赤くなるのだろうな~という感じが出てますですよなあ。
真っ赤になったら、綺麗でしょうなあ~♪
花mameちゃんのお家のユキヤナギさんも、
近いうちに真っ赤になってくれるかもですなあ~。
楽しみですな!

投稿: ゴン太 | 2014年12月 8日 (月) 10:39

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
 
はい〜 アップの写真をアップしました〜(ダジャレです)えっへん♪
 
そうなのですよ、リンゴの花にも イチゴの花にも似てますよね。
バラ科の花の似具合 恐るべし ( ´艸`)プププ
 
シモツケソウの花も 小さいながらに同じような形をしているのですよね。
実家には 京かのこと言うシモツケソウ属の花がありますが
シベは かなり長いのですが やはり似たような形をしています。
シモツケの方は 幾分大きいので わかりやすいですね。
 
本当に 植物だの動物だのの分類は 細かいし
似ているのに違う分類だったりして
ややこしいこと この上ないです。
 
ユキヤナギの紅葉。
画像では 先の方が赤くなって来ていて
この後の紅葉を期待させるのですが
実は 完全に紅葉する前に パラパラと落ちてしまった葉が多かったです。
10月のレッスン花材だったので
花が咲いたのは 11月に入ってのこと、
帰省している間にダメになったら捨ててね、と伝えて行ったので
こちらに戻った時には無くなっていまして
その後どうだったのかは 「?」なのです。
でも、切り花なので 赤くならずに
花も葉も枯れてしまったものと思います ( ´・ω・`)

投稿: 花mame | 2014年12月 8日 (月) 17:44

しつこくも再々※おじゃましまんもす。
本日は、晴れて気持ち良い日ですが、風が少し冷たいですな。
そちらはいかがでしょうか。

>イチゴの花にも似てますよね

!たしかに。
イチゴの花も、こんなですよなあ~。
梅とか桜もバラ科でしたっけ?
バラ科って多いのかな~。

>京かのこと言うシモツケソウ属

雅やかな名前だな~と思い、調べましたら、
ピンクが鮮やかなお花なのですなあ~。
お花の周りに、ふわふわと見えるのは毛じゃなくて「シベ」なのですな!
本当に、「シベが長い」ですが、花びらのカタチとかはユキヤナギに似てますですなあ~。

>10月のレッスン花材だったので

そうでした!
タイトルにも書かれていましたですよなあ。
切り花にすると、意外に早く葉が落ちちゃったり、
花がかれちゃったりするものもありますですものなあ。
葉っぱは、落ちちゃっても不思議はないですよな。
でもでも、かわいいお花を楽しませてくれて、
素敵なユキヤナギさんでしたなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2014年12月 9日 (火) 14:02

>ゴン太さま
 
こんにちにゃ♪
再々※ ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/
 
同じく 晴れて気持ちの良い日で、
大物の洗濯物も カラッと乾きましたよ〜。
風は 夕方になってから吹き始めました。
さすがに冷たい風です。
 
バラ科の花。
おっしゃるとおりです。
梅、桜、桃などもそうですし
実の成るイチゴやリンゴ、ナシ、ビワなども。
あ、桃も実が成りますね (o^-^o)
こう見るとバラ科、結構 多いなぁ。
 
京かのこ。
ビックリするような鮮やかなピンクですよね。
桜田麩のような感じのする花だなぁ と見るたび思います。
そう、ふわふわ見えるのはシベなのですよ。
どうして ここまで長くなったものでしょうね。
 
ユキヤナギは 比較的 持ちのいいお花なんですが
それでも 毎日のお手入れが必要ですし
天気や室温にも影響されてしまいますから
根の付いた庭木と違って やはり寿命は短いですね。
はい〜 お花が秋にも咲くことを教えてくれた
素敵なユキヤナギさんでした (o^-^o)

投稿: 花mame | 2014年12月 9日 (火) 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰京しております | トップページ | 実家の花々 »