« 湯河原温泉 「 源泉 上野屋 」 | トップページ | メリー ☆ クリスマス »

2014年12月23日 (火)

湯河原散策

今日も快晴の当地。

我がイナカの方は 雪で難儀している様子、

少し このお日様を 北の地に届けたいものですが ・・・ 。

届けられたら この上ない お歳暮になることでしょうに sun

 

 

 

さて、続きです。

お宿を チェックアウトしてから

前の日、観光ガイドでチェックしておいた 不動の滝を 見に行くことに。

お宿から 徒歩10分、と なってはいたけど

バス停の時刻表に 「 不動の滝 」 と言う名前を見つけたので

バスに乗ってみることにしました。



 

 

 

Rimg0112

多分、歩くと 本当に10分だったと思うなぁ。

バス停から見える位置に 「 不動の滝 upwardright 」 みたいな看板があって

上って間もなく 画像の滝が見えました。

「 湯河原五大滝 」 の ひとつだそう。

落差15メートルだとか。

 

 

 

 

Rimg0114

見上げると 竹の爽やかな緑と 紅葉のコントラストが 美しい。

 

 

 

 

 

Rimg0117

「 湯河原沸石 」 と言って、町指定の天然記念物が あるのだそうです。

 

滝壺の回りの岩盤の中から採れた石のことで

白い結晶が まだらに入ったもののことだそう。

 

画像のものが そうなのかは わかりませんけども。

もっと よく見てくれば よかったなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0118

水たまりに 紅葉が映って

水面には モミジが浮いての ダブル紅葉。

 

 

 

 

 

Rimg0123

藤木川。

不動の滝よりも ずっと奥の方から 流れて来ていました。

 

 

 

 

Rimg0125

だるま滝。

これも 五大滝のひとつです。

 

 

 

 

 

Rimg0126

こんな櫓が あちこちに。

上野屋さんの敷地内にも ありました。

源泉の櫓 なのでしょうかね。

 

 

 

しばらく 歩いて行くと

「 な〜な〜 」 「 ん〜ん〜 」 と言う 可愛らしい声が 聞こえて来た。

 

これは 花mameの好きな アレに違いない。

 

 

 

 

 

Rimg0130

ほら、いた ♪

声の様子からして 只今 ケンカ中。

白黒のコと 左手には 灰色のコがいます。

白黒のコが 優勢かな。

 

 

 

 

 

Rimg0131

また少し行くと 道路の真ん中に座っているコ。

近づくと 逃げてしまったので

どんな お顔だったのかは わからず仕舞い。

 

 

 

 

 

Rimg0133

街中には 南天の実も よく見かけたけれど

アロエの花も よく咲いていました。

これは 見事だったなぁ。

 

 

 
 
 
 
 

Rimg0137

味楽庵と言う 和菓子屋さんの前に 面妖なものが ・・・

と思ったら、これは 「 人車 」 と 言うもの。

こちらのは 「 豆相 ( ずそう ) 人車 」 と言うのだそうです。

 

昔、動力のない時代に 人力で押して 人を運んだと言う鉄道です。

3〜6人乗って、押す人は 3人とか。

いくら人件費の安い時代だったとは言え

その人件費が 経営を圧迫するとのことで

早くから 軽便鉄道への転換が検討されていたそうです。

 

歩いていると 新しい発見が たくさんありますわね。

行きは タクシーだったので

こんなに目立つものにも 気付かずに 通り過ぎてしまいました。

 

 

 

 

 

Rimg0140

歩いていて見つけた 五所神社。

参拝の後、振り向くと 紅葉の山がキレイでした。

 

 

 

 

 

 

Rimg0141

境内の紅葉も美しい。

 

 

 

 

 

Rimg0142

イチョウの木。

何でも 樹齢850年とか。

町の天然記念物だそうですよ。

以前の台風で 枝が折れて 危なくなったので

主幹を切ってしまったとのことですが

その太さに 往年の堂々たる姿が想像出来ます。

 

 

 

 

 

Rimg0143

そのイチョウの木の下に たくさん落ちていた実。

赤と緑が くっついて 何だか可愛らしい姿。

 

 

 

 

 

 

Rimg0145

多分、この真ん中の木が落としたもの。

槙の木です。

これも かなり立派なものでした。

 

歩くと 時間は かかるけれども

色々な発見があって 楽しいものです。

 

来年、また あさんぽを再開しようかな。

 

・・・ まぁ、

冬の北海道にいる間は 無理だけれどもね ( ̄▽ ̄)

 

今回の旅行記は これにて おしまい。

またもや 長々と おつきあい頂きまして ありがとうございました o(_ _)oペコッ

|

« 湯河原温泉 「 源泉 上野屋 」 | トップページ | メリー ☆ クリスマス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こにゃにゃちにゃん。

おお!
今回の旅行記のクライマックスですな☆
「不動の滝」に「だるま滝」・・・崖から流れ落ちる様は、壮観ですな。
「湯河原五大滝 」というくらいですから、こんな立派な滝が、まだ他にもあるということですか~。
湯河原は良い景観が楽しめる温泉でもあるのですなあ~。

猫にゃん。
花mameちゃんの旅行記に欠かせない存在になりつつありますですなあ♪
猫好きのところには、猫が寄ってくるのですな。
・・・ってそれで思い出しましたが、先日会社で上司に「ゴン太さんの車に猫がマーキングしていたよ」と言われましたが、あれも猫好きだから寄ってきたのでしょうかな・・・。

> 人車
なんか、妖怪の名前みたいだなあ~。
あは。
そーいえば、今でもアジアのどこかの国(インドとか?温かい方の国)では、
線路を勝手に使って、手押しの車にお客を乗せて運ぶ商売をしている人たちもいますですよなあ。
そんなことを思い出して、ちょっと面白くなっちゃいました。

五所神社
長い参道に鳥居が立っていて、静かな雰囲気の神社ですなあ。
紅葉と神社。
良い取り合わせですなあ~。

マキ
本当に大きい!
これだけ大きくなるのに、どれだけの時がかかったことでしょうかなあ。
う~ん、木はロマンですな。

イチョウ
ギャッ「樹齢850年」???!!!
凄すぎます。
平安末期頃から生きているのですな。
枝が折れたり、病気になったりは、きっとこれからもあるでしょうけれど、ずっと生き続けて欲しいイチョウさんですなあ。

今回の旅も、いろいろな発見に満ちたステキな旅でしたなあ~。
楽しませていただき、ありがとうございました!

投稿: ゴン太 | 2014年12月23日 (火) 13:35

こんばんは。
「不動の滝」「だるま滝」、知りませんでした。
もちろん、湯河原佛石も初めてですが、面白い模様が入ってるんですね。
温泉に浸かって、美味しいもの食べて、極楽!極楽!・・・・ですか。いいなあ~!

投稿: ソングバード | 2014年12月23日 (火) 18:02

こんにちは
 

お~ やはり歩いてみると、その土地ならではのことが
色々と見えてくるものですね。
湯河原だけで立派な滝が5つもあるとか(山道が結構険しいですもんね
さもありなん…)、こんなすごい銀杏が、はるかはるか昔から
この地の移り変わりと人々の生活を見守ってきたとか、
人車なんて乗り物があったとか…etc. etc.
車で温泉地を通り過ぎただけの私たちには知り得なかったことを
いっぱい見せていただきました。
あの子たちと、毎度必ず出会いがおありなのも良いですね~(*^^*)
 

花mameさんたちのようなご旅行は、私の理想形ですよ♪
ありがとうございました!
 

投稿: ポージィ | 2014年12月24日 (水) 10:17

>ゴン太さま
 
こんにちにゃ♪
 
はい〜 湯河原に行ったからには そこのことを知りませんと、ね。
 
滝。
他の3つは 駅に向かう道々にはなかったので
この2つだけのご紹介となりました。
その見なかった3つですが
不動の滝より少し奥に 五段の滝、
天照山ハイキングコースと言う道沿いに
白雲の滝、去来の滝が あるようです。
こちらは ちょっと覚悟を決めて行かなくては見られなそうです。
でも 白雲の滝は落差30メートルとか。
機会があれば見てみたいものです。
海が近い山の中にある温泉ですから
景観は とてもいいのですね。
 
猫にゃん。
その土地にゃんを 無意識のうちに探しているのかもしれませんね。
喧嘩中とは言え、出会えたのは嬉しかったです ヽ(´▽`)/
 
うぷ、猫好きゴン太さんの車にも寄って来ましたか ( ´艸`)プププ
マーキングは「これは自分のもの」と言う印ですから
猫にゃんも ゴン太さんを お気に入りと言うことですね cat
でも、後の洗車は必須でしたかしら・・・。
 
人車。
あは、妖怪の名前 o(*^▽^*)o
アジアのどこかでも いまだ手押しの鉄道がありますか。
さすがゴン太さん、よく ご存知ですね♪
これ、乗る方はいいけれど 押す方は大変ですよね。
台車だけでも かなり重そう・・・。
 
五社神社。
おっしゃるように 参道がちょっと長いので
道路を通る車の音なども あまり聞こえず静かな感じでした。
大きな木がたくさんあったので きっと歴史のある神社さんなのでしょうね。
イチョウの木も ずっと立っていてほしいものです。
その木々は どれだけの物を見聞きしてきたことでしょうね。
本当に 木はロマンです☆
 
いえいえ、こちらこそ 丁寧に読んで頂きありがとうございました heart04
 
 
 
 
 
>ソングバードさま
 
こんにちは♪
 
同じく 滝も湯河原沸石も初めて知りました。
不動の滝の奥に 五大滝の残り3つがあるようです。
特に 白雲の滝は落差30mとかで 見応えがあるようですよ。
石も 画像のものが そうかどうかは わからないのですが
検索して画像を見てみましたが
石の中に白い結晶が入っていて 綺麗なものでしたよ (o^-^o)
 
はい〜 極楽極楽でした spa

投稿: 花mame | 2014年12月24日 (水) 10:51

>ポージィさま
 
こんにちは。
 
観光で行くから見えることも たくさんあるのでしょうね。
地元だと 当たり前に見ていて 特別ではない物ばかりなのかも。
でも、新しく知った人車のことは もちろん、
猫にゃんや その土地を見守って来たご神木との出会いも
観光客にとっては 特別な嬉しいことですよね。
 
滝。
五大滝の残り3つは 不動の滝より更に山側。
1つは不動の滝の近くのようですが
2つはハイキングコース沿いのようで
きっと ポージィさんのおっしゃる険しい山道を
行かなければ見られないのでしょうね。
いつか登って見てみたいものです run
 
一泊二日の旅行ですから 見聞き出来ることも限られていますが
お楽しみ頂けたなら とても嬉しいです ヽ(´▽`)/
 
いつも丁寧にお読み頂き ありがとうございます heart01

投稿: 花mame | 2014年12月24日 (水) 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湯河原温泉 「 源泉 上野屋 」 | トップページ | メリー ☆ クリスマス »