« 実家の花々 | トップページ | 小田原城 »

2014年12月16日 (火)

今年最後の温泉旅行

消臭芳香剤の 「 イオンシトラス 」 と言う 香り名を見ると

「 美しく青きドナウ 」 が 頭の中に流れます。

 

              いや、あれは ヨハン ・ シュトラウス だったな ・・・ 。

 

 

今の当地の 外は雨。

雨が降ってる〜 物語の終わりに〜

こんな雨の日〜 似合い〜 過ぎてる〜 ♪

 

いあ、終りませんってば。

これから 始まるんですから。

 

何だか ここしばらく 色んなことがあったもので

頭が筋肉痛 なのかもしれないです。

 

 

 

さて、気を取り直して。

先週、2日間かけて またもや 温泉に行って来ました。

 

寒くなったし、

また しばらく 冬ごもりする時期が近づいているので

思い切って 行ったのです。





 
 

Rimg0003

乗ったのは 新幹線ではなく 「 踊り子 」 。

行き先は 湯河原温泉です。

 

こんなに近くに 有名な温泉地があったのに

一度も行ったことが なかったとは。

不覚であった spa

 

 

 

途中、小田原で下車し 観光することに。

 

まずは いつものように 観光案内へ行き、

短時間で回れる場所と 食事処の情報を GET。

 

でも、オススメされた お食事処は ひとつが貸し切りで 入れず

ひとつは 人が たくさん並んでいたので

時間つぶしに 海へ行くことにしました。

 

 

 

 

 

Rimg0006

バイパスの下の隧道から 海が見える。

 

 

 

 

 

Rimg0007

先を行く人。

 

 

 

 

 

Rimg0009

今は〜 もう 秋〜 maple

                  冬かな ・・・ snow

 

 

 

 

 

Rimg0008

誰も〜 いない海〜 wave

 

この日は ちょっと 波が荒いように見えました。

右手の奥に見える島影は 大島です。

 

 

 

 

Rimg0011

海岸は 小石とか礫が 多かった。

 

 

 

 

 

Rimg0015

隊長! 綺麗な巻貝 発見です!!

 

 

 

 

 

Rimg0014

隊長!恐竜の卵も 発見です!!

 

 

 

波に洗われてか、こんな丸い石が たくさん ありました。

 

 

 

 

 

Rimg0018

隊長!遠くに 漁船発見です!!

干物にする魚を 獲っているのでしょうか fish

 

 

 

 

Rimg0016

真鶴半島方面。

今宵は あちらで宿泊です。

 

 

 

ん?

何やら 後ろで ワイワイと ・・・ 。

 

 

 

 

 

Rimg0017

波消しブロックだ。

みんな 手を挙げて 「 Y 」 「 Y 」 と、でしょ ( ´艸`)プププ

 

 

次は 市内に戻って 目玉観光をしますよ soon

|

« 実家の花々 | トップページ | 小田原城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
湯河原温泉ですか!いいなあ~!!
湯河原には、よく行きましたよ。
私は、カラスの行水派なので、あまり温泉の良さは分からないのですが、魚が美味しくて・・・・
もちろんbeer bottleがメインです。

投稿: ソングバード | 2014年12月16日 (火) 20:58

>ソングバードさま
 
おはようございます。
 
おぉ、よく行かれたのですね spa
考えてみると 近場ですし
趣きのある温泉宿の多い 素敵な場所なのですよね。
なぜ 今まで行かなかったものやら・・・。
 
温泉の質としては 弱食塩泉、弱アルカリ性の
肌にやさしい湯で
傷や打撲などや腰痛、神経痛にも良いとされています。
泊まった宿には 大風呂、貸し切り風呂(半露天)、足湯と
泊まった お部屋には 内風呂もありましたので
行ってから帰るまで ひっきりなしに温泉に浸かっていた感があります。
 
お料理も お酒も 美味しかったです。
海が近いので お魚も美味しいですね fish
神奈川で造られたお酒を おそらくは初めて頂き
美味しかったので買って来ましたよ bottle

投稿: 花mame | 2014年12月17日 (水) 10:24

こんにちは
 

おぉ こっち方面(ちょっと違うけど神奈川は神奈川)の
温泉にいらしたのですね。
一度だけ(一度だけかい)、真鶴のホテル泊で湯河原を
通って(通っただけかい)箱根に抜けたことがあります。
真鶴では金目鯛の煮付けの美味しさに感動して、
湯河原の温泉地の雰囲気の良さにも感動したのを覚えています。
 

おっと、先走ってしまった、花mameさんはまだ小田原に
いらっしゃるんでした。小田原は新幹線に乗るために利用
することは多いのですが、観光にはこれまた一度だけ行った
ことがあります。(ほんとに神奈川県民なんだろうか?)
花mameさんのこと、途中下車の駅でも、目的地でも、
きっと素適な発見を色々されたに違いありませぬ。
拝見するのが楽しみです~

投稿: ポージィ | 2014年12月17日 (水) 12:14

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
はい♪お邪魔させて頂きましたよ (o^-^o)
 
一度だけでも 通っただけでも
その雰囲気は伝わりますよね spa
そして、わかっていたつもりだったんですが
箱根の近さにも ちょっと驚きました。
 
わぁ、金目鯛の煮付け!
それは美味しいに違いありませぬ ヽ(´▽`)/
 
小田原。
新幹線で ご利用されるとのこと。
便利な場所ですのに どこか のどかな雰囲気も併せ持つ街でした。
地元って いつでも行けると思うせいなのか
意外と足を運んでいなかったりしますよね。
他所の土地の人の方が 地元をよく知っていたりします。
花mame、いまだにスカイツリーに行ってなくて
イナカの友人などに様子を聞かされたりしていますよ ( ´艸`)プププ
 
さて、素敵と思って頂ける発見をして来たでしょうか、
ちょっと不安ですが 引き続きご覧くださいませ o(_ _)oペコッ

投稿: 花mame | 2014年12月17日 (水) 17:47

こんばんは~
>消臭芳香剤の 「 イオンシトラス 」 と言う 香り名を見ると
「 美しく青きドナウ 」 が 頭の中に流れます。
大大爆笑happy01goodだす
また美味しいもの編待ってます
お蔭様で、、って私のおかげもあるんだけど日常の日々に戻ってます coldsweats01

投稿: aron | 2014年12月17日 (水) 18:56

>aronさま
 
こんばんは☆
 
うふふ、どうも 条件反射のように
脳内プレーヤーが勝手に動き出すのです (=´Д`=)ゞ
 
はい〜 美味しいもの、頂いて来ましたよ♪
ボチボチ アップしますね。
 
おぉ、日常生活に戻られた由、
良かったですね〜 ヽ(´▽`)/
もちろん、aronさんの おかげですよ (*^ー゚)b

投稿: 花mame | 2014年12月17日 (水) 19:42

おはようございますにゃん☆
おおお~!
今年は、花mameちゃん、旅行にいっぱい行かれたのですなあ~♪
ゴン太はあまり行けなかったので、花mameちゃんの旅行記で満喫させていただきマンモス♪

踊り子号。
あの列車を見ると、ああ、行楽っぽいな~と感じる素敵な列車ですよなあ~。
乗られたのですか!
今回の旅も、列車からワクワク☆盛り上がりますですよな☆

小田原の海。
今年の秋、平塚に向かう時に通りましたですよ~。
そーいえば、小田原って通過することが多くて、
ゆっくりしたことがないですが、
海には、お写真のような風景が広がっているのですなあ~。
オレンジ色の巻貝、かわいいですなあ。
イチョウの葉、鮮やかな色が砂浜に映えますですなあ~。
海の向こうには、大島が!
やはり花mameちゃんはラッキーガールですなあ~。
海辺のお散歩、楽しまれたようですなあ~。


>ヨハン ・ シュトラウス

ぷぷぷっ。

次は、市内観光ですか☆
「Y~Y~!」 ← わーい わーい なんちて。

投稿: ゴン太 | 2014年12月19日 (金) 09:59

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
 
はい〜 いつになく旅行に出かけましたが
今年は帰省を除いて これが最後となりました。
いつもは 花mameがゴン太さんの旅行記を拝見して
旅気分を味わわせて頂いているのですよ (◎´∀`)ノ
少しは お返し出来たでしょうか。
 
踊り子号。
つい 写真を撮り忘れてしまったのですが
行きと帰りで 電車のペイントが違ったのですよ。
昔々、伊東に行った時に踊り子号に乗っているのですが
どんなだったか 全然記憶にないのです ( ´・ω・`)
本当なら スーパービューがいいのですが
走っていませんでした。
 
おぉ、今年、小田原の海を ご覧になったのですね。
皆さん 小田原は駆け足の様子、
ほんの触りですが ご紹介出来て良かったです。
 
普段、海から離れた場所で生活しているので
海を見ると 気持ちが おおらかになるような気がします。
色々な発見があって 楽しかったですよ♪
 
ヨハン・シュトラウス。
えへへ。
 
はい、市内観光です〜 「Y〜Y〜」 ( ´艸`)プププ

投稿: 花mame | 2014年12月19日 (金) 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実家の花々 | トップページ | 小田原城 »