« 冬将軍は突然に | トップページ | ある日の大雪山 »

2014年11月16日 (日)

層雲峡温泉 と 黒岳

雪は ここ2日 降っていません。

気温は 2度~3度の間で 低いとは言え、プラスですから

屋根の雪は ドスンドスンと 落ちて来て

家の周りに 少しずつ 雪の壁が出来つつあります。

 

そして、公道。

大雪の後、除雪車が 当然 入ったのですけど

その後にも 雪が降り続いたため いまだに 雪が たくさん残っているし

日中解けて 夜間に凍る、を 繰り返して

グチャグチャ、ツルツルの 歩きにくさ。

 

しっかりと 冬道として固まるまでには

もう少し かかりそうです。

 

 

 

 

 

さて。

時系列が 我がイナカの公道並みに グチャグチャですが

旅をして帰省した折の話。

 

 

 

 

 

 

温泉づいていたので もう一湯 行って来ましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0604

層雲峡温泉。

日帰り入浴が出来るホテルに 行きました。

 

 

 

 

 

上の画像の左手の方に こんな説明書きが ありました。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0605

温泉を こよなく愛する お客様へ

 

当ホテルでは 皆様に温泉を十分に堪能していただくため

泉質を損なわないよう、泉源から ろ過せず 直接湯船に流しております。

浴槽内に 黒砂状のもの、浮遊物がございますが、これは全て

天然の泉源に含まれているもので 体に害はございません。

温泉から上がった後も 湯冷めをすることもなく、体にも大変良く

永年ご愛浴されている お客様も いらっしゃいます。

石狩川源流横にある泉源は、自然に左右されることが多々あり、

温度差が生じたり、湯量が変わったり、天然ガスが溜まったりと

日々 さまざまな変化を起こし、皆様にも ご迷惑を

おかけしていることと存じますが、これも大自然の いたずらと

お許し下さいませ。

 

 

 

 

 

 

泉質は、単純硫黄泉、単純泉、炭酸水素塩泉の混合泉で

その効能は

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、

関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、

冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進 だそう。

 

平日だったことや

まだ チェックインの時間前だったこともあり

温泉には 人が まばら。

広い浴場に ゆったりと浸かることが出来ました spa

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0607

層雲峡は、大雪山に源をもつ 石狩川沿いに連なる 一大渓谷。

四角、六角の断面を持つ 柱状節理の大岸壁が そそり立つ

大景観が広がっています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0638

細長い柱状の岩の形を 柱状節理と言い、

大雪山より 噴出した軽石流が

高温と圧力のために 特殊な固まり方をして 出来たもので

層雲峡周辺のものは 断面が ほぼ六角形だそうです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0635

ついでなので 黒岳へ行ってみることにしました。

標高 1984メートルの大雪山系の山です。

 

 

 

 

 

Rimg0611

お天気には恵まれなかったけれども

ロープウェイで登っていく途中に 少しだけ 紅葉した木々が見えました。

雲が降りて来ている感じです。

 

 

 

 

 

Rimg0612

5合目のロープウェイ黒岳駅で下りると こんな風景。

手前のカラフルなのは 高山植物。

高さは 1300メートルだそうです。

 

 

今回は ここまでしか 行きませんでしたが

ここから 少し行ったところに リフトがあり

それに乗ると7合目1520メートルの高さまで行くことが出来ます。

その後 1時間半程で 頂上に立つことが出来るのだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0617

駅の屋上から。

景色が はっきり見えたり

こんなふうに 雲 ( 霧? ) で かすんだり。

 

めまぐるしい変化を見せるあたりは やはり山です。

 

 

 

 

 

Rimg0620

もっと上は 紅葉が美しい季節だったでしょうが

5合目は こんな感じでした maple

 

 

 

 

 

Rimg0622

白樺に まだ葉があります。

 

 

 

 

 

Rimg0627

高山植物 シラタマノキ。

 

 

 

 

 

Rimg0628

これは チングルマかなぁ。

 

 

夏の山の花畑は もちろん いいものですが

秋の花たちも 趣があって いいものです。

 

 

 

今の黒岳は すでに 80センチ程の雪の中。

しかも 今日から スキー場がオープンしているのだそうですよ。

 

四季折々に 自然を楽しめる黒岳。

今度行くときは 頂上を目指してみたいものです (o^-^o)

 

 

 

 

 

 

Rimg0645

帰路で見た 山。

紅葉しているようですが

実は 針葉樹林に 夕陽が当たっているのです。

 

 

 

 

 

Rimg0646

その夕陽が沈んで

何とも 郷愁をそそる風景を 作っていました。

|

« 冬将軍は突然に | トップページ | ある日の大雪山 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
spa happy01

投稿: aron | 2014年11月18日 (火) 12:26

>aronさま
 
こんにちは。
 
spagood

投稿: 花mame | 2014年11月18日 (火) 13:24

おおお!
「層雲峡温泉」
こちらも有名温泉じゃないですか!
いいな、いいな。
名前しか存じませんでしたが、大雪山わりとの近くにあるようですな♪

温泉。暖簾の説明書き。
本来ならば、こんなコトを書かずにすむでしょうに、
やれ湯の色が写真と違うだの、表記と温度が違うだの、
湯に浮かんでいるものがアレだの言うヤカラがいるから、
温泉側は、こんなコトまで、いちいち説明しなくちゃならんのですよなあ。
人造でなく自然の恵みなのですから、日によって状況が異なって当たり前なのに。
だから温泉なのに入浴剤を入れるなんて事件が過去に起こったりするのですよ。
ぷんぷん。

すみません、熱くなっちゃいました。
温泉、こちらもゆるりと楽しまれたようで何よりでしたなあ~♪
贅沢な望みとはいえ、温泉は少ない人数で入りたいものですからな~。

柱状節理。
おお、噴火。

>ついでなので 黒岳へ行ってみることにしました

低木が紅葉したお写真、秋ですなあ~。
流石は有名観光地。
人がいっぱい訪れていたようですな♪

シラタマノキ。
かわいいですな。
花ガラを見て「チングルマ」だとあたりがついてしまうのは、流石としか言いようがありませんですな!
平地に生えているものだけでなく、高山植物にも造詣が深いのですな☆

>何とも 郷愁をそそる風景を 作っていました

お家が恋しくなりましたですかな。
って、もうお帰りになってますですな。
あは。

投稿: ゴン太 | 2014年11月27日 (木) 11:55

>ゴン太さま
 
はい〜 こちらも有名所ですね spa
大雪山の麓と言いますか、住所的には 上川町にあります。
ほら、ジャンプ女子の高梨沙羅ちゃんの故郷です。
 
暖簾の説明書き。
あ、なるほど、疑問や苦情があってこその説明と言うこともあるのですね。
何とも丁寧な説明が されているものだなぁ と思っていました (*´Д`*)
ゴン太さんの お気持ち わかりますよ〜
温泉愛ですよね。
 
温泉と言うのは それだけ自然の状態に左右されると言うものなのですから
そういうことをふまえて 入らせて頂く、くらいの謙虚な気持ちで行きたいものですね。
 
それにしても ここの浴槽?は とても広くて泳ぎたくなるようでした。
そして 温度が 高い、中くらい、低いの3段階に分かれていましたし
露天風呂もあったのです。
さすが 有名所、施設は きっちり揃っておりました。
 
そう、やはり活火山を抱える場所は
噴火とは 切っても切れないものなのですね。
そういえば、御岳山の噴火から 昨日で2ヶ月でしたね。
改めて 亡くなられた方に哀悼の意を・・・。
 
黒岳には 花mameたちのようにピクニック気分の人もいましたが
登山客が多かったです。
紅葉シーズンでしたから 見に来られた方々だったのでしょう maple
 
高山植物で知っているのは 記事中の2種類ほかあと少しでして (=´Д`=)ゞ
チングルマかどうかも アヤシイ感じですが
形が それっぽいように見えたのですね〜 えへ。
 
夕焼け空を見ると どうも切ない気持ちになりますね。
太古の昔から 人間に備わった気質のような気がしますです。

投稿: 花mame | 2014年11月28日 (金) 13:31

こりずに再※おじゃましまんもす。

>そういうことをふまえて 入らせて頂く、くらいの謙虚な気持ちで行きたいものですね

うんうん、流石は花mameちゃん。
いいことをおっしゃいますですなあ。
「させて頂く」の精神って大切だと思いますですなぁ。

それにしても、良いお風呂だったようですなあ~♪
広い上に、温度が3段階に分れているだなんて、贅沢だなあ。
露天風呂。
やはり、温泉には欠かせないですよなあ~。
きっと気持ち良かったのでしょうなあ。

御嶽山。
今朝の新聞の一面に、雪と氷に覆われた山頂付近の写真入り記事が載っていました。
まだ見つからない方のご家族は、やり切れない冬をすごされるのでしょうね。
亡くなった方も無念だったでしょうし、ご家族も無念だったと思います。
この場をお借りして、ご冥福をお祈りします。

>形が それっぽいように見えたのですね〜 えへ。

                     ↑ かわいいっす。

投稿: ゴン太 | 2014年11月28日 (金) 16:31

>ゴン太さま
 
いらっしゃい いらっしゃい♪
何度でも いらっしゃいませ〜♪♪
 
人って 結構 傲慢で
サービス業には 対価を払っているのだから
それに見合うと 自分が思うものを返してよこさなかったら
けしからん と思ってしまって
苦情とか文句を言ってしまうもの なのかもしれません。
 
いや、花mameとて 苦情や文句を言うことはありますから
大きなことを言えたものでもないんですが。
 
でも 謙虚さって 日本人が昔から持ち合わせているものではないでしょうかね。
これが 思いやりにつながって行くものではないかと思うのです。
 
層雲峡は かなり久しぶりに行ったのですが
温泉の良さがわかる年齢になった今回が
一番楽しめたような気がします。
 
御岳山。
亡くなられた方も そのご家族も とてもお気の毒なことでしたが
帰らぬ家族を待つ ご家族は もっと大変な冬を過ごさなくてはいけないのですよね・・・。
早く春が来て 捜索が再開されますことを
ご冥福とともに お祈りしたいです。
 
えへ、
ありがとうございます (*´ェ`*)

投稿: 花mame | 2014年12月 1日 (月) 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬将軍は突然に | トップページ | ある日の大雪山 »