« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

帰京しております

雑事忙殺 のち 体調不良。

 

花mame、10日程前に 無事 帰京致しておりますが

この10日の前半は バタバタ、後半は グダグダ。

 

天候不順も手伝って 今ひとつ 元気の波に乗れずにおります。

昨日、一昨日と 冷たい雨でしたしね ・・・

気圧と体調は リンクするものだなぁ と思いますよ。

 

あ、だからと言って 寝込んでいるとか そういうことではありませんので

くれぐれも ご心配なきよう。

季節の変わり目 ( 冬から秋に 戻っちゃったしね ) の

何となく不調 と言うヤツなのです。



今日は 久々に お日様の顔を拝んだ気がします。

昨日と比べて 何と 気温差のあることか ・・・ 。

でも、やはり 快晴は気持ちの良いもので

今日は 比較的 身体も動いてくれました。

 

で、

やっと 更新しようかな、と言う気になったのです。

 

コメントを くださった皆様、

そんなわけで 大変 お返事が遅くなりまして 申し訳ありません!!

これに懲りずに 今後とも 宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

続きを読む "帰京しております"

| | コメント (7)

2014年11月18日 (火)

ある日の大雪山

朝、チラチラと 雪が降っていました。

まとまった雪は 先週の金曜日以来 降っていませんが

一日を通して 0度前後の気温なので 解けることはありませぬ。

 

週末には 雨が予報されていますが

全て解けることは ないだろうなぁ。

 

 

 

 

 

時は またもや 9月に さかのぼります。

土higeさんが 帰京する日に

空港まで 送りがてら ドライブに行きました。

 

 

 

 

 

 

Rimg0653

まっすぐに 延びた道。

北海道らしい。

空気が澄んでいれば 正面に 大雪山が見えるのですが。

 

 

 

 

 

Rimg0662

その 大雪山。

この時期ですから 当然 冠雪しています。

 

田んぼには まだ 稲穂が揺れていました。 

 

 

 

 

 

 

今日、同じような景色を見ながら 帰京致します。

大雪山は 完全に 白い山になっているかしら。

それも 曇って見えないかしら。

 

また 気温差 激しい 移動になりそうなので

体調に 気を付けなくては、ね。

| | コメント (7)

2014年11月16日 (日)

層雲峡温泉 と 黒岳

雪は ここ2日 降っていません。

気温は 2度~3度の間で 低いとは言え、プラスですから

屋根の雪は ドスンドスンと 落ちて来て

家の周りに 少しずつ 雪の壁が出来つつあります。

 

そして、公道。

大雪の後、除雪車が 当然 入ったのですけど

その後にも 雪が降り続いたため いまだに 雪が たくさん残っているし

日中解けて 夜間に凍る、を 繰り返して

グチャグチャ、ツルツルの 歩きにくさ。

 

しっかりと 冬道として固まるまでには

もう少し かかりそうです。

 

 

 

 

 

さて。

時系列が 我がイナカの公道並みに グチャグチャですが

旅をして帰省した折の話。

 

 

 

 

 

 

温泉づいていたので もう一湯 行って来ましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0604

層雲峡温泉。

日帰り入浴が出来るホテルに 行きました。

 

 

 

 

 

上の画像の左手の方に こんな説明書きが ありました。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0605

温泉を こよなく愛する お客様へ

 

当ホテルでは 皆様に温泉を十分に堪能していただくため

泉質を損なわないよう、泉源から ろ過せず 直接湯船に流しております。

浴槽内に 黒砂状のもの、浮遊物がございますが、これは全て

天然の泉源に含まれているもので 体に害はございません。

温泉から上がった後も 湯冷めをすることもなく、体にも大変良く

永年ご愛浴されている お客様も いらっしゃいます。

石狩川源流横にある泉源は、自然に左右されることが多々あり、

温度差が生じたり、湯量が変わったり、天然ガスが溜まったりと

日々 さまざまな変化を起こし、皆様にも ご迷惑を

おかけしていることと存じますが、これも大自然の いたずらと

お許し下さいませ。

 

 

 

 

 

 

泉質は、単純硫黄泉、単純泉、炭酸水素塩泉の混合泉で

その効能は

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、

関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、

冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進 だそう。

 

平日だったことや

まだ チェックインの時間前だったこともあり

温泉には 人が まばら。

広い浴場に ゆったりと浸かることが出来ました spa

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "層雲峡温泉 と 黒岳"

| | コメント (6)

2014年11月14日 (金)

冬将軍は突然に

昨日の昼頃から 当地で チラチラと降り出した雪。

 

 

 

 

 

20141113_125611

裏の畑は こんな程度だったのだけど。

 

 

そのうちに 大きな雪が モサモサ降り出し

それに 風が伴い始めました。

 

 

 

 

 

20141113_142324

その雪で 我が家の桜の下は こんなふう。

刈らなかった植物が 雪を かぶっています。

まだ 綺麗だなぁ、と思える程度だったんだけど snow

 

 

 

 

 

前々から 友人宅訪問を予定していたので 出かけましたが

3時間後、友人宅を出た途端に 絶句。

玄関前には 乗って来た 我が愛車の形をした 雪ダルマが ・・・ w(゚o゚)w

 

あまりにビックリしたので 画像は ありませぬが

車の上 30センチ近く 積もっておりました。

 

 

 

 

 

で、今朝 起きると、

 

  真冬か?! !!(゚ロ゚屮)屮

 

と、見まごう程の冬景色!

 

 

 

しかも 吹雪いていたので 玄関前の除雪も ままならず。

 

配達などの訪問者も 来るので

吹雪の隙を見て 除雪です。

 

 

今年も

「 除雪 始めました。 」

 

        ・・・ 冷やし中華か っちゅうの ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

20141114_090152

家の前のオンコの木も すっかり 雪化粧。

かなりの厚化粧です。

 

 

 

もう、これは どれだけ暖気が来ても

完全に消えることはない ですね。

 

何度か 降っては解け ・・・ を 繰り返して来た 我がイナカも

とうとう 根雪の季節到来。

 

それにしても

一晩で こんなに降ってしまうことは まずないことだし

昨年に比べると かなり早い根雪となりそうです。

 

 

 

 

 

20141114_090226

業者の除雪車や

家庭のパーソナル除雪車も 右往左往しておりました。

 

 

 

 

 

20141114_094821

庭の一部。

降った雪の量が わかりますよね。

 

昨日 午後から 今朝にかけての

我がイナカの積雪量は 43センチとか。

 

1時間かけての 朝の運動でした。
 

 

 

 

でもね。

 

ほんの数日前には、ね。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "冬将軍は突然に"

| | コメント (10)

2014年11月 9日 (日)

登別のおまけ などなど

昨夜の フィギュアスケート

グランプリシリーズ中国大会を ご覧になりました?

 

直前練習で 衝突負傷した 羽生選手。

アクシデントにも めげず テーピンクだらけ ではあったものの

最後まで演じきった 「 オペラ座の怪人 」 。

鬼気迫る演技は まさに 怪人だったように思います。

 

早く 怪我を治して、また 素晴らしい演技を 見せてもらいたいものです。

 

 

 

 

 

では、旅日記。

今日が 最後です。

 

 

 

 

 

Rimg0576

温泉から バスで駅に向かう頃、また 雨となっていました。

次の乗車までには 時間があったので

函館で買った 素敵なビニール傘を差して 駅近辺を散策。

 

街中の店を 覗いたりしながら

最後に 海に行ってみよう、と言うコトに なりまして。

 

完全に海に出るには ちょっと 距離がありそうだったので

港あたりを ぶらり。

 

カモメの幼鳥が いました。

 

 

港には たくさんの漁船が 波に揺られて 停泊していました。

 

 

 

 

 

その中から 花mame の好きな 小動物が

ピョンと 飛び出てきました。

 

 

 

 

 

Rimg0578

おや、何か くわえてる。

呼んでみると 振り向いた。

 

 

 

 

 

Rimg0579

その口には 大きな魚 fish

 

うぷぷ ( ´艸`)プププ

キミは 漁船から 失敬して来たのだね。

 

それにしても 魚を 横に くわえればいいものを

縦に くわえてるもんだから 背伸びをしながら 持って行きました。

 

 

 

 

 

Rimg0581

きっと あっちの方に 子猫がいるんでしょうね。

母猫、頑張れ ♪

 

 

 

 

 

続きを読む "登別のおまけ などなど"

| | コメント (10)

2014年11月 7日 (金)

登別観光 - 泉源公園と地獄谷 -

昨夜、我がイナカに 戻って参りました。

駅に降り立った時は 結構な雨でしたが、気温は 9,6度。

関東以南的には 冬の気温ですが

花mame的には 思ったより暖かいな、と言う 印象でした。

 

でも、雨に負けて タクシーで帰宅でした rain

 

 

 

今朝は 雨も上がり 快晴。

 

しか~し。

気が付いたら 空は 一面の雲に覆われ

午前のうちに 雪が ちらついて来ました。

さすがに寒く、最高気温でも 1,5度程でした。

 

まだ 根雪には 間がありそうですが

タイヤ交換を して来ましたよ car

本格的な冬も 目の前です。

 

 

 

 

 

では、引き続きの 旅日記。

 

 

夕食を終えた後、腹ごなしも 兼ねて

少し 散歩に出かけました。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0516

ふらふら 歩いていると

「 ドンドコドコドコ ・・・ ドンドコドコドコ ・・・ 」 と

太鼓を鳴らすような 大きな音と

画像のような 湯煙が ・・・ w(゚o゚)w

 

階段を下りて 湯煙が発生している場所を 見てみても

何せ 暗いし、この湯煙で 何も見えない。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0521

と言うわけで 翌日 見に行ってみましたら

こんなふうに なっていました。

 

間欠泉なのだそうですが

行った2度とも 「 ドンドコドン 」 。

 

 

 

 

 

 

Rimg0550

もう一度 行った時には 止まっていました。

その時いらした 観光客の ご夫婦が

何度来ても 出ているところが 見られない、と おっしゃっていました。

 

出るのを 見られる方が ラッキーなのか、

出てないのを 見られる方が ラッキーなのか??

 

 

 

 

 

Rimg0572

ここは 温泉街を 少し 奥に進んだ場所にある 「 泉源公園 」 と言う 場所。

地獄谷から流れる川沿いから 吹き出す間欠泉を 活用した公園で

約3時間の間隔で 迫力ある音、湯気とともに 吹き出す間欠泉を

体感することが出来ます。 ( 観光協会サイトより )

 

 

 

 

 

 

Rimg0538

街中には あちこちに鬼がいます。

こちらは、温泉街にある 「 夢元 さぎり湯 」 と言う

温泉銭湯の前にいた 鬼さんです。

 

鬼さんの 足元に流れる白いものが 登別温泉の お湯です。

 

 

 

 

 

Rimg0537

川も 白濁した温泉色。

手前で手を挙げている影が 今回の旅の主役たち ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/

 

 

 

さて、次に向かったのは 地獄谷。

 

 

 

 

 

続きを読む "登別観光 - 泉源公園と地獄谷 -"

| | コメント (4)

2014年11月 6日 (木)

登別観光 - くま牧場 -

今日は 自動更新で。

この時間は 飛行機の中か 空港に降り立っているか

微妙な時間帯だな。

 

 

 

では、今日も 旅行記。

登別の 「 観光地 1 」 です。

 

実は 花mame、

登別には 何度か 来ているのだけれど

登別温泉は 初めて。

 

 

 

 

 

Rimg0497

なので、こちら 「 クマ牧場 」 も 初と言うことになります。

 

お宿の横の階段を 登って行くと

ロープウエイの 発着場所があります。

 

 

 

 

 

Rimg0494

お!

すでに クマが乗っている!

 

あ、いやいやいや ・・・ これは 大きな ぬいぐるみ。

 

 

 

 

 

Rimg0443

クマも乗っていた 赤いゴンドラに乗って 出発ですよ。

 

 

 

 

 

Rimg0446

おぉ、絶景かな 絶景かな。

遠くの島影は 函館の方かな。

 

 

 

 

 

Rimg0453

夕景に浮かぶ島陰。

きっと渡島半島だね。

こう見ると キレイですねえ shine

 

実際には ボーッとしか 見えませんでしたが。

 

 

 

 

 

続きを読む "登別観光 - くま牧場 -"

| | コメント (6)

2014年11月 5日 (水)

スーパー北斗7号に乗って

昨日と打って変わって 曇天の当地、肌寒さも感じる 一日でした。

 

一方、北海道の 我がイナカは

昨日は 雪の朝を、今日は 快晴の朝を 迎えていた様子。

気温差が 結構 ありそうです。

 

明日から 少しの間、また 北海道人に変身します。

こちらとの季節差が ありそうなので

何を着て行ったら いいのか、今夜にでも 聞いてみることにします。

 

 

 

では、引き続きの 旅行記。

 

 

 

 


Rimg0401

函館観光を終え、

素敵なビニール傘とともに スーパー北斗7号に 乗り込みます。

線路は ここから延びて行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0406

ラベンダー色の座席。

北海道には この色が似合うのか

北海道新幹線のラインも こんな紫色です。

 

 

 

 

 

Rimg0410

函館を出て ややもすると 見えて来ました、駒ヶ岳です。

手前に見えるのは 大沼で

少し さざなんではいますが うっすらと 駒ヶ岳が映っています。

 

ここも 活火山。

過去に何度も 大きな噴火を 繰り返しています。

 

この山は 見る方角によって 形が異なり

学校の絵の展覧会で この山の絵を見ると

どこの子が描いたか すぐに わかるのだそうです。

 

 

 

 

 

Rimg0413

しばらくすると 海が見えて来ます。

内浦湾 ( 噴火湾 ) です。

綺麗なエメラルド色の 海の向こうに見えるのは

室蘭あたりかな。

 

 

 

 

 

Rimg0424

内陸に入ると

緑の山の向こうに 変わった山が見えて来ます。

 

 

 

 

 

Rimg0429

左の山が 先程のもの。

有珠山ですね。

右手に 小さく見えるのが 昭和新山。

 

 

 

 

 

Rimg0431

これが 昭和新山。

山の向こうで かくれんぼをしているけれど 頭が見えてますよ〜 ♪

てな 感じ。

 

 

 

 

 

Rimg0416

あら、こっちも かくれんぼですか?

でも こちらは 見つかるのを待ちきれずに 顔を出した、

って とこですかね (o^-^o)

 

 

 

 

 

Rimg0419

車内のものを もひとつ。

前の背もたれに付いている テーブルを押さえておく 器具。

上の部分には 切符を入れておけるようになっています。

これ、何かに似ている気がするのだけれど ・・・ 昆虫?

 

 

 

 

 

 

Rimg0435

そんなこんなをしているうちに 次の目的地 「 登別 」 に 到着。

 

 

 

 

 

Rimg0438

駅には 「 ゆ 」 の のれんや 鬼さんたちが お出迎え。

 

 

 

 

 

Rimg0575

ものすごく 威嚇しているようだけど

「 歓迎 」 してくれているのねん ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

続きを読む "スーパー北斗7号に乗って"

| | コメント (6)

2014年11月 4日 (火)

ちょこっと 函館市内観光

昨夜の西日本では 各地で 火球が見られたそうですね。

海に落ちたのでは、との 話でしたが

ふと、昨年の2月に ロシアに落ちた隕石のことを 思い出しました。

 

大きな火の玉ですから

流れる様を見ている分には 綺麗ですね ・‥…━━━☆

 

今日の当地は 一日快晴。

連休中に このくらい晴れてくれたら ・・・ と 思いますが

連休の洗濯物を片すには ちょうど良かったですかね。

 

 

 

 

今日も 引き続きの旅行記。

函館観光を 軽く。

 

朝は 雨だったのですが、旅館を出る頃には 快晴で

良い観光日和となりました。

 

函館駅に向かうタクシーの中で

運転手さんが 色々と 観光案内などをしてくれます。

海沿いを走っている時に

「 ここの対岸は 大間で 約30kmあります。 」

と 話し始めました。

 

大間・・・マグロで有名だな、なんて のん気に思ったのですが。

 

北海道にいると 時々 ニュースなどにもなって 聞く話ですが

こちらでは 新幹線よりも

大間の原発の方が 話題になっているように感じました。

 

 

 

 

 

Rimg0366

観光、と言っても モヤモヤ○まぁ〜ず では ないけれど

そんなに 有名な所には行っていませんで。

 

北海道の人は 学生時代の どこかで

修学旅行などで 函館の観光地を訪れているのです。

花mameたちも例外ではなく

函館山、五稜郭、函館ドックなど色々と行っています。

 

今回は 時間がなかったので手近なところで

観光案内の お姉さんに勧められたコースを 辿ってみました。

 

駅に 荷物をあずけて

路面電車で 末広町まで 行くことにしましたが

途中で 雲行きが怪しくなり、

降りると同時に 雨が降り出した ・・・ Σ(゚д゚;)

朝の あの青空は どこへ〜行って〜しま〜った〜の♪

歌ってる場合ではない。

しかも 何の歌??

 

雨宿り出来る場所を探して

花mameは そこに、

土higeさんは 傘を買う所を探して 歩いて行きました。

 

5分 ・・・ 10分 ・・・ 帰って来ない (´・ω・`)ショボーン

知らない土地で しかも雨の中の ポツーン は 不安なものです。

 

その後 無事、素敵なビニール傘を差して 帰って来たんですけどね rain

 

で、観光再開。

基坂 ( もといざか ) を 上った所にあったのが

上の画像の 「 旧 イギリス領事館 」 。

グダグダと 説明が長くて ごめんなさい。

つい 思い出に浸ってしまったとです。

 

こちらは 市の有形文化財指定だとか。

館内には ティールームがあって

英国から取り寄せた アンティークの調度品を眺めつつ

伝統のアフタヌーンティーが 楽しめるのだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0367

元町公園の階段を 上がって行くと

旧 函館区公会堂。

 

気が付きました?

青空が出ていることに。

 

実は 傘を差して歩いたのは ほんの ひととき。

 

まったく ・・・ ○○心と秋の空 ですわ。

 

 

 

 

Rimg0368

箱館奉行所があった場所だそう。

「 箱 」 と言うところに 時代を感じます。

 

 

 

 

 

Rimg0370

昼間の月。

何とも 綺麗に晴れたものだ。

 

 

 

 

 

Rimg0371

先程の公会堂。

ブルーと黄色、なかなか 派手やか。

明治43年に建てられた 木造建築で 国の重要文化財だそうです。

 

 
 
 
 

 

続きを読む "ちょこっと 函館市内観光"

| | コメント (5)

2014年11月 3日 (月)

はるばる来たぜ 函館

今日の北の方は 大荒れだったようで。

明日も続くようなので 注意が必要なようです。

 

昨夜は ちと夜更かし し過ぎまして。

所用で お出かけしただけで 連休の3日目は終了しました。

帰宅後は 睡眠不足を解消致しましたよ sleepy

年齢とともに 夜更かしが 出来なくなって来ております ( ´・ω・`)

 

 

 

さて、今日も今日とて 旅行記を。

昨日、やっと 北海道上陸。

 

ドアツードアでも 何時間かで 着く距離なのに

随分と 時間をかけて来たものです ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

Rimg0289

木古内。

青函トンネルから出て 初めての停車駅です。

新幹線の準備が 整いつつあります。

 

 

 

 

 

Rimg0305

函館駅 着。

ホーローの看板。

ハリストス正教会かな〜 函館らしい (o^-^o)

はい、お邪魔 致します。

 

 

 

 

 

Rimg0307

線路の端っこ。

駅としては 終点であり 始発であり。

 

 

 

 

 

Rimg0308

北海道観光PRキャラクター 「 キュンちゃん 」 の 函館バージョン。

イカの かぶり物を しています。

 

 

 

 

 

Rimg0309

こちら エゾシカの かぶり物をした 通常バージョン。

エゾナキウサギらしいですよ。

 

 

 

 

 

Rimg0311

ついでに

Kitaca の キャラ、エゾモモンガ。

当ブログの 右の方にも いますでしょ?

クリックすると ヒラリ〜と 動き出しますですよ ♪

 

 

 

 

函館駅から 路面電車で

今日の お泊まりの 湯の川まで 向かいます。

 

湯の川に着いた時は チェックインまで 時間があったので

海の方へ 散歩に行きました。

 

 

 

 

 

Rimg0317

海です wave

季節は秋なのに 何だか 夏っぽい。

見える島影は 松前半島あたりかなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0323

こちらは 函館山のある岬。

 

お天気はいいし、海風は 気持ちがいい。

波の音も 穏やかでした。

 

 

 

 

 

Rimg0325

砂とか 貝とか。

海に来た って感じです。

 

 

 

 

 

Rimg0327

秋の海も いいものですねぇ ○o。+..:*○o。+..:*

 

 

 

さて、海も満喫。

そろそろ お宿へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "はるばる来たぜ 函館"

| | コメント (4)

2014年11月 2日 (日)

青森へ、 そして ・・・

連休2日目。

朝のうち 日射しも見えていましたが、今は 曇り。

雨の予報も出ている 当地です。

 

昨日は 雨の中、

お誘いを受けて 声優さんたちの朗読会に 出かけて来ました。

それほど広くはないものの 会場は お客さんで いっぱい。

朗読会、と 聞いて行きましたが

マジックあり、寸劇あり、音楽あり、踊りあり。

目と耳に 幸せを感じた 2時間を過ごして来ました。

 

 

 

 

 

さてさて。

引き続きの 旅の報告。

 

 

 

 

Rimg0226

朝8時54分の 「 つがる3号 」 にて 青森を目指します。

 

 

 

 

 

Rimg0242

いえ、特に この駅に 思い入れがあったわけではなく

JRのマークが リンゴ apple に なっていたので

青森に入っていたのだなぁ と 意識した駅だったと

単に そう言うことでした。

 

 

 

 

 

 

Rimg0243

弘前駅で見た 「 弘南鉄道 」 の 跨線橋。

何とも 趣きが ありますねえ。

弘南鉄道は

弘南線、大鰐線の 2つの路線を運営している 鉄道会社です。

 

 

 

 

 

Rimg0246

青森のこちらの稲刈りも この時は まだでしたが

まもなく 刈られたことでしょう。

すすきのブレに 列車のスピードを感じます。

 

 

 

 

 

Rimg0250

沿線には リンゴ畑が たくさんありました。

これは 上の田んぼの横に あったもの。

リンゴ畑、田んぼ、リンゴ畑、田んぼ ・・・ てな 具合。

 

 

 

 

 

Rimg0252

あら、こちらは 稲刈り済み。

はさ掛けは 1本の丸太に ボッチのように してありました。

北海道では 洗濯物を干すような感じで してありますが

地域性なんでしょうか。

 

 

車窓の景色を 楽しんでいるうちに

青森駅に 着きました。

 

 

 

 

 

続きを読む "青森へ、 そして ・・・"

| | コメント (4)

2014年11月 1日 (土)

秋田市内観光 その2

11月に入りました。

今年も残すところ、あと2ヶ月ですね。

 

予報通りの 曇りがちの お天気。

朝方には 雨も ちらついていました。

でも、ちょっと 日が射して来たかな。

今日は お出かけ予定なので、

晴れないまでも 雨が降らなければ ありがたいです。 

 

 

では、旅の続きです。

 

ホテルにチェックインして 荷物を置いてから

再度 お出かけ。

 

今度は 「 千秋公園 」 と言う 場所へ。

 

 

 

Rimg0140

公園に入る前の お堀で

瞑想する 哲学者のような カラスを発見。

でも、カメラを構えると いきなりカメラ目線に ・・・ ( ̄▽ ̄)

まだまだ 勉強の足りないカラスです。

 

 

 

 

 

Rimg0141

こちらは仙人のような アオサギ。

じーっと 動きませんでした。

 

 

 

 

 

 

Rimg0149

ここは 元・秋田藩 佐竹氏の居城、久保田城跡。

 

 

 

 

 

Rimg0150

跡ですから 天守閣など お城らしいものは ほとんどありません。

 

 

 

 

 

Rimg0152

公園の北西方向に

久保田城 御隅櫓 ( おすみやぐら ) があります。

 

 

 

 

 

Rimg0154

見張り場と 武器庫の役割を担っていた建物で

市制100周年の記念事業として

平成元年に 建設したものだそう。

古いものでは ないのだね。

 

 

 

 

 

 

Rimg0157

まだ紅葉には早く カエデも 緑濃い季節。

 

 

 

 

 

Rimg0159

マンホールにも 蕗!

さすが 秋田です。

 

最近、外国人観光客の間では

この地域性豊かなマンホールが 人気なのだそうですね。

 

 

 

 

 

Rimg0160

稲荷神社の赤い鳥居と 蕗。

秋田観光の中では ベストショットかな camera

 

 

 

 

 

Rimg0165

形の良い山の見える 夕景。

 

 

 

 

 

 

Rimg0168

同じ公園内でも 色づいているカエデもあった maple

ほんの ちょっとした 条件の違いで

赤くなっちゃったり するのでしょうね。

 

 

 

 

 

Rimg0169

久保田城本丸の正門。

本丸の玄関口として 警備上からも 重要な地点だったそうです。

 

ただし、こちらも 文献や発掘調査などを元に 再建したもの だとか。

 

元々の建物が残っていると言うのは 珍しいことなのでしょうね。

 

 

 

 

 

Rimg0172

御物頭御番所。

 

久保田城の中で 唯一 現存する 藩政時代の役所建物。

宝暦8年 ( 1758年 ) から 安永7年 ( 1778年 ) の間に

建築されたものだとか。

ってことは、256 〜 236年程 経っていると 言うことかぁ ・・・ 。

一つだけでも 当時の建物を見られて良かった shine

 

久保田城の 二ノ門の開閉と 城下の警備、

火災消火を担当していた 物頭の詰め所で

秋田市指定文化財だそうです。

 

 

 

 

 

続きを読む "秋田市内観光 その2"

| | コメント (6)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »