« どれもカラフル | トップページ | 2014秋 ・ 北へ向かう旅 »

2014年10月28日 (火)

とてもパワフル

昨日は 近畿地方で 昨年より8日、昨夜は 東京地方で 同じく15日 早く

木枯らし1号が 吹いたとのこと、

道理で 昨夜の風は 冷たく すごい音を立てていました。 

昨年より早い、と言うことは 冬も早く訪れる、と 言うことなのでしょうか。

 

北海道では 各地で初雪が。

我がイナカも 例外ではなく、朝 ライブカメラを見ましたら

屋根の上が うっすらと 白くなっていました。

こちらは 平年並みか 遅いくらいのようです。

 

北の冬は 出来るだけ遅い方が 望ましいです snow

 

 

 

 

 

さて、花mame、

その冬に備えて 今年も 雪囲いを始めとして 冬支度をして参りました。

 

雪囲いをする前に 木の剪定もします。

 

うちでは 雪囲いをしない オンコの木なども

雪で 枝が折れたりしないように

今年伸びた 新しい枝を含めて 四角くカットするのです。

 

他の植物は 雪囲いをしやすいように 余計な枝を切ってしまいます。

 

 

 

 

 

Rimg0700

例えば 紫陽花の木。

まずは 来年の花に影響しないような枝を切って

まとめやすくしてから 枝を 紐でグルグルと巻いて行きます。

 

 

 

 

 

Rimg0752

その後に 丸太で囲いを作ります。

この三角を バランスよく立てるのが 一苦労。

 

最初に 2本の丸太を紐で結わえてから

三角に開いて 植物の周りに立て、

最後の1本を 上の結わえた部分に立てかけて

さらに しっかり縛ります。

 

って、文章で説明しても 実際にやってみなければ わかりませんよね。

 

無事に バランスよく立てられたら

地面に少し穴を掘って 丸太の下の部分を軽く埋め、

3本の丸太を 紐で動かないように しばっていくのです。

 

ツツジなど 枝の繊細なものは

画像 奥にあるように ネットで さらに囲います。

 

そんな雪囲いを 庭木の分だけ作るのです。

今年も10囲いくらいありました。

 

 

期間も限られていたので

職人 花mame、パワフルに 動き回りましたよ。

 

 

近所の人たちは まだ早いんじゃないの?

なんて 言ってましたが

職人の都合上、仕方がなかったのです。

おかげで 近所一早く 雪囲いの完成です ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

Rimg0702

余計な枝に付いていた葉っぱは

枝から外して 畑に埋めて 来年の肥料にします。

米ぬかを一緒に入れておくと 発酵が進み

来年の春には 跡形も なくなっているのです。

 

 

 

 

 

そんな仕事を終えて 帰京した週の 週末、

前々から行きたいと思っていた 大井川鐵道へと 出かけて来ました。

 

 

 

 

 

Rimg0023

箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ大井川。

 

 

 

 

 

Rimg0027

車窓には お茶畑。

いい風景です。

 

 

 

さて、何をしに行ったか と言いますと。

 

 

 

 

 

Rimg000102

「 きかんしゃトーマス 」 に 乗るため。

前々から 乗りたい と思っていたのですが

なかなかスケジュールが合わず

今年の営業運転が 明日に終わる、と言う日に なってしまいました。

 

駅には 親子連れが多く、お子たちの歓声が 響き渡っていました。

この日も 満席だったそうです。

 

 

 

 

 

 

Rimg000202

まさしく トーマスブルー。

「 新 」 、 「 大鐵 」 と言うところが 大井川トーマス ならでは。

 

 

 

 

 

Rimg0056

C11を 改装して作っているので

本来のトーマスと違う部分は たくさんあるのだけれど

ドームが2つあると言うのが 一番 大きな違いでしょうか。

左側のドームの下には 「 架線注意 」 の文字。

 

 

 

 

 

Rimg0009

客車も アニーと クララベルの色に なっている。

でも、客車の数は 7両。

他の5両の客車たちは 何て言う名前なんだろう。

 

 

 

 

 

Rimg0010

客車の中。

椅子には トーマスと仲間たちのカバーが かかっていて

客車ごとに そのキャラクターが違います。

 

 

 

 

 

Rimg0013

昔々の客車。

窓の下には 小さなテーブル、

その下には もう見ることのなくなった 灰皿が付いています。

 

 

 

 

 

Rimg0014

普通の電車などでは 企業や商品の広告の入っている場所に

キャラクターの絵が 飾られていました。

この客車は エミリー。

 

 

 

 

 

Rimg0018

こちらは ソドー島の地図が 入っている。

 

網棚が まさしく 網。

先程のテーブルや灰皿と言い、

この時代を知っている方には とても懐かしいものだと思います。

 

 

 

さぁ、新金谷から千頭まで トーマスに連れて行ってもらいますよ。

 

 

 

 

 

Rimg0037

パワフル フ〜ルフル♪ 車輪は ク〜ルクル ♪

行こう 汽笛 鳴らせ〜 PiPi〜 ♪

 

ガタンゴトンと揺られ 時々 汽笛を聞きながら

煙の匂い、煤のザラザラを 感じつつ

川に近づいたり 離れたり

茶畑を通り 木々のそばを通り トンネルを通り ・・・

トーマスは どんどん 進んで行きます。

 

線路脇や 途中駅では

たくさんの人たちが 手を振りながら 待っていてくれます。

その人たちに 手を振返しながら

これは 蒸気機関車ならではだなぁ と 思いました。

 

乗らなくても 走る姿を見るだけで

夢を 与えてもらえそうな気がします。

 

 

きっと 毎回の運行を 楽しみにしてくれているのでしょう。

線路そばの お宅では トーマスの うちわや 旗を持ち

身を乗り出して 見送ってくれている おばあちゃまが おりました。

 

この企画イベントも

たくさんの方たちの尽力に寄るものでしょうが

これだけ たくさんの人たちに喜ばれたなら

苦労の甲斐があった と言うものですよね。

 

 

 

 

 

 

Rimg0089

終点の千頭。

撮り鉄さんの脚立が置いてある ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

Rimg0049

ここ千頭には 日本のきかんしゃ ヒロがいます。

花mameの 大好きなキャラクターの ひとつです。

 

 

 

 

 

Rimg0043

どこから見ても カッコいい heart02

 

 

 

 

 

Rimg0047

なんと、ラスティも いました。

 

 

 

 

 

Rimg0083

この駅での 見ものは

 

 

 

 

 

Rimg0073

トーマスが 転車台に乗って方向転換し

ヒロに会いに行く と言うもの。

 

この転車台は 人力で

7人くらいで 動かしていました。

確か イギリス製だったと思います。

 

 

 

 

 

 

Rimg0042

他にも トーマスのシールが付いた 元近鉄の電車や

 

 

 

 

 

Rimg0063

元南海の電車なども いました。

 

 

 

 

 

Rimg0092

向こうに見えるのが 井川線 トロッコ電車。

 

 

 

 

 

Rimg0091

バスと変わらないくらいの 小さな電車。

見た目が とても可愛らしい (o^-^o)

 

これで 隣の川根両国駅まで お試し程度に乗って来ました。

初めての場所で 初めての電車は お子じゃなくても ワクワクします。

 

 

 

 

 

Rimg0099

C11蒸気機関車。

トーマスと同じ形の蒸気機関車です。

 

これも とても人気者。

 

 

帰りは 普通の電車で 金谷駅まで戻り

往きと同様、静岡から 新幹線で帰京しました。

 

 

 

トーマスは、と 言いますと

もうすでに 普通の C11 227に 戻っていて

トーマスとしては 来年の春までの 長い眠りに就いているのです sleepy

|

« どれもカラフル | トップページ | 2014秋 ・ 北へ向かう旅 »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 

職人仕事、お疲れさまでした(^^)
雪囲いの仕方、お写真と文章でよく分かりましたョ。
杭を3本まとめてくくってから三角錐の形に開くのかと
思っていましたが違いましたね。そして、確かに2本それから1本の方が
合理的かつしっかりするなぁ、と得心がいきました。
アジサイは落葉樹ですが、葉があるうちにぐるぐる巻きに。
これは職人さんのご都合による今年ならではの様子?
それとも恒例の方法?葉ごとの方がクッションにも防寒にも
なりそうと思いました。
取り除いた葉は糠と一緒に畑へ。なんと寒い季節にも関わらず
ちゃんと発酵分解が進んで春までにはすっかり堆肥になっている
ということにびっくりしました。糠ってこんなところにも使える
優れものなんですね。
 

さてさて、続く大井川鉄道(正しくは鐵道ですか?変換出ませんでコピペ)の
旅を拝見して、花mameさんは「やっぱり鉄ちゃんだ!」との認識を
強くしました。楽しい嬉しいワクワク感があふれているんでうもの♪
にしても、日本に機関車トーマスやお仲間がいるとは知りませなんだ。
大井川鐵道といえばSL とまでは知っていましたが、そこどまり。
今年の運行は終了したのですね。ギリギリ間に合われて良かったです~
大人も子供も大勢の方が楽しまれ、来年を心待ちにしている方もまた
たくさんいるでしょうね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2014年10月29日 (水) 10:54

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
労いのお言葉を ありがとうございます heart04
 
拙い文章で わかって頂けたとのこと、
ポージィさんの理解力が優れているからでしょうね。
やはり 普段から お庭の植物や自然に触れていらっしゃるからだと思います。
 
実は2本を先に、と言うのは 今年の雪囲いで
そう言えば こんな方法が・・・と 母が思い出したのですよ。
昨年までは 3本まとめて結わえる方法でやっていました。
今年の方法だと 1人でも出来るので 良いことを思い出してもらったなぁ と感謝しました。
 
紫陽花は 毎年 葉を付けた状態で ぐるぐる巻きにします。
紫陽花には ちょっと窮屈でしょうが
雪に埋もれるまでは 葉としての仕事をしてくれるかもしれない と言う思いもあって。
でも、ポージィさんの おっしゃるように
クッションや防寒の意味合いも あるんじゃないかと思いましたよ (o^-^o)
 
米糠は とても役に立つものですね。
作物を抜いてしまった畑に いくつか大きな穴を掘り
その中に その抜いた作物の残骸や
剪定した植物の葉、時には 料理に使った野菜くずなど
色んな物を どんどん放り込みます。
そして 少しずつ米糠を振りまいて
穴を埋める時に 多めの米糠を撒いておくのです。
寒い冬の間に消えてしまうと言うのも 不思議な話ですよね。
自然の成すことは素晴らしいです。
 
大井川鐵道。
はい、「鉄」は「金」を「失」うと書くので 縁起が良くないとのことで
こちらの会社では「鐵」と書くのだとか聞きました。
 
いやいやいや、
飽くまで 鉄分多め程度ですよ〜。
本物の鉄ちゃんには とてもとても敵いませぬ。
でも、「楽しい 嬉しい ワクワク感」が伝わったのなら
とても嬉しいです ヽ(´▽`)/
鉄道と言うのは ただの移動手段ではなく
本当は もっと楽しいものなのですから。
 
大井川トーマスは 今年の7月中旬から10月中旬までの3ヶ月間
大井川鐵道の新金谷から千頭までの間を
休日を中心に走っておりました。
蒸気機関車は 3ヶ月ごとに点検整備が必要とのことで
この期間と言うことらしいです。
本当なら 年中走ってもらいたいくらいなんですけどね。
3年間走る予定なので、来年、再来年と
また たくさんの人を楽しませることと思います。
 
乗らないまでも 沿線で見ることが出来ますので
機会がありましたら その勇姿をご覧になって頂きたいなぁと思います☆

投稿: 花mame | 2014年10月29日 (水) 11:52

こにゃにゃちにゃん♪
って、随分ごぶさたしていたクセに、なれなれしい挨拶で失礼なヤツだな!
ごめんなさい。
しかも、お邪魔するのが、あまりに久しぶりすぎて、記事がアップされた時から1ヶ月くらい経ってしまいました。
ああ・・・。

大井川鐵道といえば、機関車でしょう!
と思ったら、「トーマス」の機関車でしたか!!!
スゴイ!すごいです!!!
以前、鉄道の博物館でご覧になったトーマスのことをブログにアップされていましたが、
今回は、ついに乗られましたか!
いいなあ~、トーマスに乗るだなんて。
子どもだけでなく、大人の夢をも実現されたのですなあ~。

>客車も アニーと クララベルの色に なっている

大井川鐵道さん、気合が入っているのですなあ~。
機関車だけでなく、客車まで抜かりなしとは。
乗客が実際に乗るのは、機関車でなく、客車ですもの、
やはり、客車も本格派の方が嬉しいに決まってますですよなあ~♪

> 日本のきかんしゃ ヒロがいます

お~ぅ!
お気に入りの彼がいらっしゃったのですか~。
それは、テンションが更に上がりますですよなあ。
ヒロさん、温厚そうなお顔ですなあ~。
しかも、

>トーマスが 転車台に乗って方向転換し
>ヒロに会いに行く と言うもの。

そんな、ゴージャスな演出があったのですか!
転車台に車両が乗って方向転換するだけでも、
豪華な演出なのに、それが、トーマスとヒロだなんて!
ああ、さぞや楽しまれたことでしょうなあ~。

>トーマスは、と 言いますと
>もうすでに 普通の C11 227に 戻っていて

おお!
走る期間だけでなく「トーマスの姿」自体も、期間限定なのですか。
それは、かなり貴重ですよなあ。
大人気なのも納得です。
花mameちゃん。素敵な体験をされたのですなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2014年11月22日 (土) 14:12

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
 
いえいえ、お忙しかったのですから、
って 今もお忙しいに違いないのに その中来てくださって
ありがとうございまんもす heart04
しかも、1ヶ月経つと認証画面が出て めんどくさいのに
本当にありがとうございます!!
 
はい〜大井川鐵道と言えば 蒸気機関車ですね♪
おぉ、前の記事のことも覚えていてくださったのですね!
確か 横浜の鉄道模型博物館の記事でしたね。
見るに飽き足らず 乗って来てしまいました。
 
おっしゃるように 乗るのは客車ですから
そのあたりは抜かりないのですね (o^-^o)
しかも、車内販売でトーマスの玩具を売ってたりするんですよ ( ´艸`)プププ
どこまでも トーマスワールドです。
 
ヒロ、いい感じでしょう。
日本の子には とても人気のキャラクターなのです。
残念ながら重量があり過ぎて 橋を渡れないとかで
動くことは無いのですが。
会いに行く演出も なかなかのものでした。
 
蒸気機関車は3ヶ月ごとに整備点検が必要なので
どうしても 3ヶ月以上走ることは出来ないそうなのですよ。
おぉ、走る期間だけでなく 姿も期間限定!
おっしゃるとおりですね!
今年 見られなかったとか 乗れなかった方たちは
来年を楽しみにしているでしょうから
しっかりと整備をしてもらって
また来年 元気に走ってほしいものです (o^-^o)

投稿: 花mame | 2014年11月27日 (木) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どれもカラフル | トップページ | 2014秋 ・ 北へ向かう旅 »