« ヒオウギ | トップページ | 白い季節の前の・・・ »

2014年9月29日 (月)

赤い季節

ご無沙汰しておりました。

2週間程前に イナカに辿り着いております 花mameです。

 

 

 

只今の肩書は 「 なんちゃって庭師 」 。

 

まもなく 10月を迎えるので

そろそろ 庭木の冬囲いなども視野に入れた 庭の手入れを始めています。

 

 

 

前回の記事ではないですが

やはり 普段使わない筋肉を 駆使しての作業に

あちこちに痛みを覚えながら 日々、庭との格闘が続いています。

 

 

庭木の剪定とか 草むしりでは

腕もですが 手先の筋肉痛が 結構 来まして

箸を持つ手が 何となく 震えている感じがします ( ´・ω・`)

 

鍛え方が足りないのは 重々 わかってはいるけれど

このへんの筋肉って 普段 どう鍛えればいいんだろう?

 

 

 

さて、作業は 大変なことだけでなく

庭に咲く花や 景色に 楽しみもあるものです。

 

 

 

 

 

 

20140927_171239

庭に咲く 赤いグラジオラス。

実際の色は 上の方に チラッと写っている ツボミくらいの 少し濃い赤。

ビロードのような質感の花弁は

深まる秋に ますます 色が冴えて来ています。

 

 

 

 

 

 

20140927_171329

ダリアの色も もうちょいと 濃い牡丹色。

夏は 元気に見える花ですが

秋には 少し エレガントさを感じる花となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

20140927_084921

こちら 鉢植えの ハナキリン。

 

上の花と 下の花は 別物です。

ハナキリンにも 色々な種類が あるものですねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140927_064649

こちらも 鉢植えの ナンテン。

日本で一番早い紅葉は 大雪山系旭岳 とのことですが

我が実家では 鉢植えナンテンから 紅葉が始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140927_064756

苔の上に散った葉も 美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140927_172315

スズランの実は 赤く、葉は 黄色くなって来ています。

 

 

 

 

 

赤い実 と言えば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140927_065125

オンコ ( イチイ ) の実。

今年は 随分と 豊作の模様。

 

先日は 一日かけて この木の散髪をしました。

 

 

 

もうひとつ 赤い実と言えば

我が実家には ありませんが ナナカマドもあります。

街路樹などに なっていて

今の季節、赤い実が たわわに なっています。

 

 

 

 

 

「 赤 」 が 目に付く 季節なのでしょうか。

それとも うちに 赤い植物が多いのか ・・・ 。

そんなわけで 今日は 赤で まとめてみました。

 

 

 

 

 

 

そそ、もう ひとつ。

花畑の片隅に こっそりと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140926_171224

アマリリスが ツボミを付けていました。

 

花mame的に アマリリスは 春から初夏にかけて 咲く花だし

実家で咲くのは 真冬のこと。

 

何の気まぐれで こんな季節に 咲こうと言うのか ・・・ 。

 

 

 

どんな花が咲くのか

また後日 報告致します。

 

 

 

 

 

 

 

ところで

御嶽山が 大変なことになってしまいました。

亡くなられた方、まだ 救助を待つ方、怪我をされた方 と

たくさん いらっしゃいます。

紅葉の季節、楽しい山登りだったはずなのに。

 

どうにかして 早くに 噴火の予兆を見つけられなかったものかと

悲しい思いです。

 

 

 

先日、帰省途中に 登別に寄り、地獄谷を 見て来ましたし

こちらに戻ってから 大雪山系黒岳にも 行って来ました。

 

でも、観光地と言う感覚だけで

ひょっとしたら 何か起こるのでは ・・・

なんてことを 真剣には 思わなかったのです。

 

楽しみの時間に 災害の予想など することはないものですが

自然に 季節も 休日も 晴天も 関係ないのですから

自分自身も どこかで気を付けなくてはいけないのでしょうし

その道の学問が 更に更に 進歩していくことを 心から願います。

|

« ヒオウギ | トップページ | 白い季節の前の・・・ »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

こにゃにゃちにゃん

>庭木の冬囲いなども視野に入れた 庭の手入れを始めています

おおお!
11月頃には、雪吊の時期となるのでしょうかなあ~。
きっと、雪吊とか雪囲いしやすい「カット」とかあるのでしょうなあ。

>手先の筋肉痛が 結構 来まして

剪定ばさみとか使うと、親指の付け根が痛くなったりしますですよなあ~。
本当に、手のひらとか指とかって、鍛える方法ってないものでしょうかなあ?
植木屋さんは、どうしているのでしょうかな。
慣れしかないのでしょうかなあ。

グラジオラス。
シャトー周辺ですと春とか初夏に開花というイメージでしたが、
秋にも咲くのですなあ~。
写真の真紅のグラジオラス、大輪な雰囲気で、ゴージャスですなあ~。
きれいだなあ。

>我が実家では 鉢植えナンテンから 紅葉が始まっています

お!
ナンテンさんは、ご実家の紅葉さきがけさんですな☆
ピンクがかった赤がキレイですなあ。
シャトーにも確かナンテンはあったような気がするのですが、
お写真のように、綺麗に赤くなったっけなあ?
う~む。

らっりら~りらっりら~♪(お約束なので、一応)
アマリリスさん、頑張ってらっしゃいますですなあ。
違う時期に蕾が付くと、ちゃんと咲けるのか心配になっちゃいますが、
開花した時は、珍しさも加わって、喜び倍増ですよな~。
どんなお色の花が咲くのかな?
わくわく。

御嶽山。
本当に悲惨な事態になってしまいました。
実は、本日のランチタイム、その話をしていたのですが、
今後、登山する時は、入山カードをちゃんと書くようにしよう、ということで話がまとまったのですよ。
でも、予知にかんしては、研究者に任せる他ないのですよなあ。
そう遠くない将来に、こういう惨事が起こらないことを期待するしかないのでしょうか……。

投稿: ゴン太 | 2014年9月30日 (火) 14:10

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/
1番コメントですよ ♪
 
 
はい~ この季節に剪定など するものではないのでしょうが
今年は この時期しかいないもので、
風通しがいいようにとか 見た目がいいように
適当にカットしてみましたです。
何せ「なんちゃって庭師」ですから♪
 
冬囲いをするのに 一度 木を全体に縄でしばってまとめるのですが
その時に 邪魔になりそうな枝、折れそうな枝を
あらかじめカットしておくと やりやすいのですよ。
 
鋸とハサミを使って行うんですけど
特に ハサミを使いすぎると 手先が疲れるのですよね。
この時しかやらない庭師は 耐えるしかないんでしょうね。
 
このグラジオラスの赤は 本当に綺麗ですよね。
栄養がいいのか 花は おっしゃるように大きめです。
 
ナンテンは 花の咲かないものなので
色付く季節が 一番華やかな時なのです。
きっと 当地は寒くなるのが早いですし
日中と朝夕の寒暖差が 赤さを増すのでしょう maple
 
らっりらっりらっりっら~♪
うまく咲いてくれるといいんですが
今日など とても寒いのですよ。
雨が降らなければ 夜は紙袋をかけたりしているんですが
明日の最低気温は 4度程なのだそうです。
 
御嶽山。
4日経ちましたが 行方のわからない方や
救助出来ないでいる方がいらっしゃって
その救助も 噴火の危険などで思うに任せないのが
歯がゆくて仕方ないのですが
増してや ご家族の方の心労はいかばかりかと 心が痛みます。
 
ゴン太さんも 山登りをされる際には 必ず入山カードを書くことは もちろん
事前に 山の様子をよく調べてくださいね。
 
予知出来た噴火もありますから
きっと遠くない将来に
水蒸気噴火についても 予知出来るようになるものと
信じていますよ。

投稿: 花mame | 2014年9月30日 (火) 17:42

なんちゃって庭師の花mameさん、こんばんは(^^)
 

いえいえ、年中従事していらっしゃるわけじゃなくても
プロはだしのお仕事されているのだと思っています。
それでも、普段使わない筋肉が悲鳴を上げるのはいたし方の
ないことですよぅ。 本職の植木屋さんとて、2週間もお休みしたら
復帰するときにはきっと筋肉痛です。言わないでしょうけれど smile
でも、使いすぎと無理な力の入れようにはくれぐれもお気をつけ下さい。
軟弱な私、昨年でしたか、高枝切りバサミを集中して使ったら、
親指付け根を傷め、半年くらい痛みが続きました。トホホ
 

明日から10月ですが、もう雪への備えをする季節なのですね。
南関東とは季節の進み方が全然違うと改めて気付かされます。
現在のお庭は赤い季節なのですね。 夏の花のイメージの
グラジオラスと、南天の紅葉が同時に存在することも
ちょっとした驚きです。
どの赤も美しいですねぇ。グラジオラスの深い赤は触れてみたくなります。
ダリアが秋になるとエレガントさを感じるようになるとのお言葉に
いたく納得です。
アマリリスさんにもびっくりです。地植えですよね。
この先の運命やいかに~~
 

御嶽山の噴火は、多くの登山者にとって、楽しみがいきなり
とんでもない悲劇になってしまって、本当にお気の毒で
なりません。救助活動も思うようにできず、救助隊の方も
ご家族もお辛いでしょうね…。

投稿: ポージィ | 2014年9月30日 (火) 20:55

>ポージィさま
 
こんばんは☆
 
いえいえ、ちゃんとした庭師は 作業をするのに季節を選ぶでしょうし
きっと 木々と対話しつつ「適切」な剪定を行うことでしょう。
「テケトー」な剪定をする花mameは やはり「なんちゃって」なのです (*´ェ`*)
 
でも、お褒め頂いたようで とても嬉しかったです。
ありがとうございます。
 
わは、本職の植木屋さんも やはり筋肉痛になりますかね。
それなら安心?です (o^-^o)
 
>使い過ぎと無理な力の入れよう
本当に そうなのですよね。
特にハサミは 大きな筋肉を使って 負担を減らすことが出来ませんし
細かく動かすので すぐに疲れてしまうのです。
ポージィさんも痛められた親指の付け根は
普段から よく使う場所なので 更に痛めやすいのですよね。
言われたことを頭に置いて 気を付けますね。
ありがとうございます heart01
 
早くも明日から10月ですねえ。
本当なら10月末までの間に やればいい作業なのですが
帰京の都合もあって 取りあえずは上旬までに
ひと通り終えてしまおうと思っています。
 
植物のサイクルと言いますか、開花期などは 特に
御地とは まるで違いますでしょう。
同じ植物でも 寒さに耐えられるように変化していっているのかもしれません。
 
そう、アマリリスは地植えです。
冬の間は 球根を掘り上げて おがくずの中に保存するか
鉢植えにして 室内の暖かな所で育てるのです。
鉢植えの方は うまく行けば真冬に開花です。
 
今回のように こんな時期に花を付けたことがなく
ましてや もう最低気温は ヒトケタとなっているので
咲いてくれるかどうか・・・
夜は紙袋をかぶせて 寒さから守るなど
出来るサポートを して行こうと思っています。
 
咲きましたら また報告させて頂きますね (◎´∀`)ノ
 
御嶽山。
思うように進まない救助に
救助隊の方も悔しそうでしたね。
全ての方を救い出す間、少しでも山が納まってくれたらと
願ってやみません。

投稿: 花mame | 2014年9月30日 (火) 21:44

再※おじゃましマンモス。

1番!!!
奇跡って起こるものなのですな。
いやぁ、嬉しかです。
これで、ス●ーカーの面目が保てるってものですな。
あは。

冬囲い。
やはり手順があるのですなあ~。
丁寧に囲ってあげれば、ちゃんと雪から守られて、
枝が折れたりしませんものなあ~。
うんうん。
でも、作業なさるのは、大変でしょうなあ。
あは。

>花の咲かないものなので

おお!
ナンテンというと、赤い実が思いつきますが、
花が咲かないものもあるのですか~。
実に栄養が奪われない分、
葉が綺麗な色になるのは、なんか納得ですなあ。
ホントに、綺麗なお色ですよなあ~。
アマリリスさん。
花mameちゃんの愛情に応えて咲いてくれるといいですなあ~。

登山。
最近は行かなくなったのですが、
下調べこそ重要ですよなあ。
もしも行く場合には、きちんとしたいと思います!

投稿: ゴン太 | 2014年10月 2日 (木) 10:57

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/ 
 
はいっ! 1番コメント頂きました shineshineshine
さすが ス●ーカーさんです (^ー゜)
いつもいつも 丁寧に読んでくださり 楽しいコメントありがとうございます heart04
何番コメントでも いつもいつも とても嬉しいのですよ♪
 
冬囲い。
一番大変なのは 気持ちを高めることでしょうかね。
基本グータラなので やる気になるまでが大変なのです (;;;´Д`)ゝ
あとは 丸太を運んだり立てたり 縄で縛ったりの 力技ですね。
 
ナンテン。
花の咲かないものがあるとは 花mameも知らなかったんですが
ホントに 咲かないんですよ。
でも、夏には 緑色の葉っぱが サヤサヤと涼しげだし
秋には ご覧のように燃え上がるような赤になるので 気に入っています。
それに 名前がナンテン。
難を転じる と言う意味合いがあるので
家にひとつあると 縁起がいいように思うんですよ。
気を抜くと伸びすぎる嫌いがあり、その辺が「難点」と言ったところですけどね ( ´艸`)プププ
 
アマリリス。
最低気温がヒトケタの日が続いているので
今日 とうとう鉢に上げてしまいました。
家の中だと たとえ玄関でも 外よりは格段に暖かなので
開花も近いことと思います (o^-^o)
 
登山。
そうですか~以前は よく行かれていたのですね。
今回の噴火で たくさんの山(火山なのでしょうが)で
キャンセルが出ているとテレビが伝えていました。
亡くなられた方の多い中、二の足を踏む方が多いのもわかります。
でも、経済的な面は どうなんでしょうね・・・。
どこも秋の風景の美しい時ですから
それにつけても 御嶽山は罪な噴火をしたものだと思います。

投稿: 花mame | 2014年10月 2日 (木) 21:38

しつこくもお邪魔しマンモス。

>丸太を運んだり立てたり 縄で縛ったりの 力技ですね

ああ、そうでしたよなあ~。
雪囲いって、ただ縄をグルグル巻けば良いものではないのでしたよなあ・・・。
なんかちょっと忘れていましたです。
剪定や支柱の設置まで考えると「なんちゃって庭師」なんておっしゃられていますが、ご自分でなさるだなんて、相当にすごいコトですよ。
自慢できる域だと思いますですなあ。
そりゃあ当然、腰を上げるまでに時間もかかるでしょう!
って、花mameちゃんのことですから、ダラダラしているとは思えませんですしなあ。
あは。

>その辺が「難点」と

ぷぷっ!
来たか☆ 花mameちゃんの本領発揮ですな。

アマリリス。
おお!
鉢に移してあげたのですか~。
いやあ、これで突然の冷え込みも安心ですな☆
開花、楽しみにしておりますです~。
どんなお色かな?

噴火。
なんとも言いようがないです・・・。
活火山ばかりの日本ですから、登山を控える方が多くなるのも当然なのでしょうなあ。
山の周辺観光地としては、経済に大きな打撃となることは・・・。
最近、自然災害が多いような気がするのは気のせいなのでしょうかなあ。
これでは、いつになっても経済なんか回復しそうにないですよなあ。

投稿: ゴン太 | 2014年10月 3日 (金) 10:13

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
何度でも いらっしゃいませ♪
 
そんなに褒められたら鼻がドンドン高くなってしまう って言う病にかかってしまいますですよ~
えーと、テング熱って言いましたっけ?
 
きっと 北海道で お庭を持っていらっしゃる方々は
皆さん ご自分で冬囲いをされるのだと思います。
なので エッヘンしたいところなのですが
そんなに特別なことではないのです (=´Д`=)ゞ
 
来週には 一時帰京を考えているので
色々と 早くやっつけてしまいたいのですが
お空のご機嫌が悪くて なかなか出来ないのですよ。
で、気が急きながらも ついダラダラ・・・(;´д`)トホホ…
 
ここが花mameの難点・・・しつこいですな ( ´艸`)プププ
 
アマリリスのツボミ、少し大きくなってきたように思います。
いるうちに咲いてくれるかな。
 
経済の回復。
何だか 明るい兆しが見えてきたかな と思うと
災害が起きるような気がします。
今年は 特にヒドかったですね。
大雨、台風、その上に 噴火。
まだ16人の不明者が いらっしゃるとのこと。
早く見つかりますようにと 祈っています。
そして 二次災害がありませんように、と。

投稿: 花mame | 2014年10月 3日 (金) 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒオウギ | トップページ | 白い季節の前の・・・ »