« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

赤い季節

ご無沙汰しておりました。

2週間程前に イナカに辿り着いております 花mameです。

 

 

 

只今の肩書は 「 なんちゃって庭師 」 。

 

まもなく 10月を迎えるので

そろそろ 庭木の冬囲いなども視野に入れた 庭の手入れを始めています。

 

 

 

前回の記事ではないですが

やはり 普段使わない筋肉を 駆使しての作業に

あちこちに痛みを覚えながら 日々、庭との格闘が続いています。

 

 

庭木の剪定とか 草むしりでは

腕もですが 手先の筋肉痛が 結構 来まして

箸を持つ手が 何となく 震えている感じがします ( ´・ω・`)

 

鍛え方が足りないのは 重々 わかってはいるけれど

このへんの筋肉って 普段 どう鍛えればいいんだろう?

 

 

 

さて、作業は 大変なことだけでなく

庭に咲く花や 景色に 楽しみもあるものです。

 

 

 

 

 

 

20140927_171239

庭に咲く 赤いグラジオラス。

実際の色は 上の方に チラッと写っている ツボミくらいの 少し濃い赤。

ビロードのような質感の花弁は

深まる秋に ますます 色が冴えて来ています。

 

 

 

 

 

 

20140927_171329

ダリアの色も もうちょいと 濃い牡丹色。

夏は 元気に見える花ですが

秋には 少し エレガントさを感じる花となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "赤い季節"

| | コメント (8)

2014年9月13日 (土)

ヒオウギ

気候も 涼しくなって来たし

先日来、家の掃除を しています。

 

床磨き、ガラス拭き、網戸掃除 ・・・ などなど。

 

腕を伸ばす、中腰で立つ、前屈 ・・・

掃除は 立派な運動です。

 

床磨きの前に

昔、学校の廊下などを 雑巾がけしたように

両手で 雑巾を押して

足で タッタッタッタッタッ ・・・ と蹴りながら 前進する、

アレを やってみました。

拭き上がるのは 早いけれど

翌日から 大腿四頭筋の筋肉痛で 足が 重ダルく なりましてね。

 

人間、甘やかすと どこまで つけ上がるものなのか ・・・ 。

 

 

考えてみると

昔の生活より 現代の生活の方が グッと楽になっているのに

更に 楽な方向へと 向かっている気がするのですよね。

 

 

家電製品の進化は もとより

水道の蛇口は 回すものから 上下するだけで よくなったし

 

電話だって ダイヤルから プッシュするものに。

スマホなんて タッチするだけですもんね。

 

ドアも 回すノブから 上下動、

うちの場合は ノブを 押す引くだけで 開閉が出来るのです。

 

食事の支度だって

火を起こすことからは 考えなくていいし

作れなければ 買ってくればいい、と言う時代。

 

文明の進化は ありがたいものだけれど

人間は 逆に 退化して行っているのかもです。

 

それで 体重が落ちない、身体が もたついてきた、

なんて 言って

ジムに通ったり サプリメントに 頼る ・・・ 。

 

何か 違うよね。

 

毎日 しっかり 身体を動かしていたら

そんな必要も ないのかもしれないのに。

 

と、これは 花mameのことなのですよ ( ´・ω・`)

はぁ〜、いかん いかん、です。

 

 

まぁ ・・・

翌日に 筋肉痛が出た、と言うことだけが 救い って とこでしょうかね。

 

 

 

 

ところで。

 

土higeさんが 遅い夏休みを取れたので

明日から 帰省をして参ります。

 

今回は 鉄路で 旅をしつつ。

また 忘れた頃に 旅のリポートをアップすることになる と思います。

 

ちょいと 長い滞在になるかも なので

その間は 時間と気持ちに 余裕があって

パソコンの ご機嫌の良い時に

北海道の様子などを 更新したいと 思っています。

 

 

 

さて、本題。

 

何年か前から

ベランダに置いた鉢に

季節になると 生えて来るようになった ヒオウギについて。

 

最初は 居候らしく ささやかに生えていたものが

今や、主か?!と 言うように

鉢を占拠しつつある したたかなヤツ なのです。

 

 

 

 

 

Img_0156

でも、キレイな色の花を 咲かせるのですよね。

 

 

 

 

 

続きを読む "ヒオウギ"

| | コメント (19)

2014年9月10日 (水)

スーパームーン

昨日の 「 なんちゃって 」 だけじゃ ちと、ね ・・・ 。

 

と 言うことで

ちとボケてますが 昨夜のスーパームーンも

載せておくことにしましょう。

 

 

 

 

 

Rimg0008

今現在も 同じような感じで

雲の向こうに 月が出ていますが

昨日も なかなか 出て来ない 出て来ない ・・・ ( ´・ω・`)

 

 

 

 

 

Rimg0011

高野野十郎の描くような感じの月が やっと出て来たけれど

雲間なので やがて また お隠れに・・・。

 

 

そんなことを 繰り返しつつ

 

 

 

 

 

Rimg0014

やっとやっと 雲のないクリアな空の スーパームーン。

 

 

 

 

 

Rimg0016

月光の 静なる力を 身に受けて。

| | コメント (6)

2014年9月 9日 (火)

なんちゃって仲秋の名月

全米オープンテニス。

錦織選手、惜しかったですね。

大きな舞台には やはり 魔物が棲むものなのかもしれません。

優勝を目指しての準優勝は 悔しいものかもしれない。

でも、素晴らしい結果だと思います。

怪我なく 終えられたし、ね。


 

歴史尽くしの ここに到るまでのプレイもですけど

試合後のスピーチも 素晴らしいものでした。

また 来年を楽しみにしましょう。

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

さて、昨夜の仲秋の名月は ご覧になりましたか?

 

 

 

 

 

Img_0101

昨夜の 「 我が家の名月 」 です。

 

 

ん?

何か変?

 

えへへ ・・・( *´σー`)

画像に ちょっと手を入れましたが

バレバレですよねえ ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

 

昨夜の当地の空は

厚い雲に覆われて いつまで経っても月が出る気配がない ・・・ cloudfullmooncloud

 

 

 

帰るコールで 月が出ない旨、土higeさんに お伝えしたら

 

「 昔、学芸会で 金紙の月を作りませんでしたか? 」

 

ああ!なるほど!!

 

 

 

 

てな ワケで。

 

ます寿司の蓋に まずはアルミホイルを、

その上から 金色っぽいアレンジ用ラッピングネットを かぶせまして

吊るす用の 糸を付けて 出来上がり♪

子どもの工作ですわね (・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

Img_0106

こんなふうに出来ました。

 

 

 

 

 

一応ね。

 

 

 

 

 

Img_0103

月見だんごを 作ったもので ( ちょいと 崩れてますけど )

主役のお月様が必要だった、と言うわけです。

 

 

 

まぁ、

見られない時は こんなのもあり、と言う お話 (o^-^o)

 

 

 

Img_0105

| | コメント (4)

2014年9月 7日 (日)

「 根の出た種 」 の その後

錦織選手、決勝進出!

素晴らしい!

 

これ以上は 言わないことにしよう。

何か 触れるとイケナイ気がするから。

 

 

 

今日の当地は

涼しいも 肌寒いも 通り越して、寒い日となっています。

10月頃の気候だそうで。

どちらさまも 衣服で調節するなど 体調管理に気を付けましょうね。


 

 

さて、先日の記事の 最後に載せた植物の その後です。

 

前の記事は

スーパーの野菜売り場で買った 品物に入っていた

「 根の出た種 」 を 植えたら 芽が出た、

と 言うところまで。

 

 

 

 

 

Img_0149

これね。

 

 

 

 

 

Img_013602

ちょっとしたら こんなに成長してしまった!

 

この姿、葉の形などで もう おわかりの方には おわかりでしょう bud

 

 

正体は 「 大豆 」 です。

枝豆を買ったら 袋の中に 1個、

サヤから外れた ひときわ大きな豆があり

それから 根が出ていたわけです。

ずっと 「 種 」 と書いてましたが 「 豆 」 も 種の一種ですよね??

 

ダメ元で 空いていた鉢に植えてみたら

間もなく 芽が出て来て

あれよ あれよ ・・・ と言う間に ここまで大きくなったのです。

 

 

 

 

 

Img_013703

あまりに 細々としていたので、支柱を立てたら 巻き付いてしまった!

 

これは 決して いいことではないので

芯を 止めてしまいました。

 

 

 

 

 

Img_0153_2

細々は 相変わらずですが

巻き付くことは 諦めたみたい。

 

お、ちょっと見ないうちに 花まで咲かせている。

 

 

 

 

 

Img_0151

間違いなく マメ科の花、と言った 風体。

1センチにも 満たないような 小さな 小さな花です。

 

ここまで来ると

収穫 出来るかも?? と言う期待が 膨らみます。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "「 根の出た種 」 の その後"

| | コメント (13)

2014年9月 5日 (金)

角皿

8月後半の涼しさが 懐かしいような気がする、

今日は かなり 蒸し蒸し とした日です。

ずっと 曇り空かと思いきや 結構 日射しもあり

気温は 30度を超えました。

 

明日から当地は 雨の様子、また 涼しくなるのかな。

暑いのは 嫌だけれど

涼しくなると 寂しいと思う、人間とは ワガママなものです。

 

 

 

 

 

さて、7月上旬の話になります。

いつも 楽しみにしている 篠原希先生の個展が

某百貨店で開かれ、出かけて参りました。

 

 

いつもながらに ざっくりとした土の味わいを感じられる

素敵な作品が並んでいました。

 

 

 

土higeさんが 先生と

器とは関係のない 楽しい話をしている間に

じっくりと 拝見させて頂き

今回は こんな器を頂いて来ましたよ。

 

 

 

 

 

続きを読む "角皿"

| | コメント (10)

2014年9月 3日 (水)

万座温泉 - 嬬恋まで 足を伸ばして

昨日の当地は 夏が帰って来た〜!と言うような 暑さでした。

久々の30度超え、ちと堪えますな。 

 

そんな中、久しぶりに クリーニングのため 歯医者さんへ

 

1週間程前に 下前歯の一部が ほんの少し欠けたので

それも 埋めてもらいました。

いやはや、歯も欠けるものなのですねえ。

ここのところ 「 鉄 」 に関わることが多いから と言って

それを 食べているわけでも ないのに。

 

 

今日は 雲が多めの晴れ。

気温も 昨日程 上がっていないようですし 湿度も低め。

今も 爽やかな風が吹いています。

 

 

 

 

 

さてな。

川原湯温泉旅行の最後です。

 

 

 
 
 
 
 

Rimg0241

    ↑

    この写真を撮る時、

    リュックの重さに 尻餅を ついてしまった (=´Д`=)ゞ

    下から煽っていた とは言え、足腰 弱ってるなぁ。

 

 

行く前は 川原湯温泉から まっすぐ帰京する予定でしたが

どうせなら 吾妻線を もう少し進んでみようと

万座 ・ 鹿沢口まで 足を伸ばしました。

 

本当はね、画像の駅名標にある 「 大前 」 が 吾妻線の終点で、

ここまで行くと 吾妻線を制覇出来るので 行ってみたかったの。

でも、そうすると 帰りの時間に 間に合わなくなってしまうので

今回は 見送ることとしました。

 

 

 

 

 

Rimg0244

駅名標の後ろにあった 変わった岩。

川原湯温泉含めて このあたりは 浅間山が近いので

こんな 変わった岩が 多いのかもしれません。

 

 

 

 

 

Rimg0243

吾妻線に向かって。

山のようですけど ちょと 人工的な感じもします。

電車は 東京方面行き 特急草津 ですね。

 

 

 

 

 

Rimg0250

街中を散策すると こんな看板が。

いろはに ・・・ の順で 町のあちこちに あるようです。

 

嬬恋の 自然や歴史伝統文化などを わかりやすく 紹介しているとのこと。

 

画像の かるたの 中居屋重兵衛は

この地出身の 江戸時代の豪商であり 蘭学者であり ・・・ 。

詳しくは ググってくださいませ。

 

ちなみに 昼食を頂いたのは

この 中居屋重兵衛氏の 末裔の方が営む 割烹でした。

 

 

 

 

 

Rimg0249

いや〜 花mame、不勉強で

嬬恋が 日本一のキャベツの産地だったとは 知りませんでした。

こんな オブジェが あったり

あちこちの お店などで リーズナブルに キャベツが売られていました。

さすが 産地ですね。

 

お野菜の高騰する 今、

あの お値段で手に入ったら ありがたいものだなぁ と 思います。

間違いなく 美味しいでしょうしね。

 

 

 

 

 

Rimg0251

また 出て来ました。

かるたの看板の写真にあった 石碑ですね。

 

 

 

さて、昼食を頂いた お店で知った、

嬬恋郷土資料館に 行ってみることにしました。

中居屋重兵衛氏の展示会が 開催されているらしい。

 

駅から 2kmとのこと、歩けるかな ・・・ と ちょっと進んでみましたが

すぐに駅に戻り タクシーに 乗り込みました。

 

だって、狭い道だし すごい坂道だったんですもん。

その割に 車の行き来が激しいし ・・・ 。

行ってわかりましたが 時間の限られている中

徒歩で行くのは 無理でした。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "万座温泉 - 嬬恋まで 足を伸ばして"

| | コメント (5)

2014年9月 1日 (月)

川原湯温泉駅

早くも 9月に入りました。

久しぶりに 一日 雨模様の当地、

気温も かなり低めですが まだ真夏の装いの花mameです。

まだまだ ・・・ こんな程度の肌寒さでは 北海道人、負けません。

 

 

 

さて、旅の続き と言いますか、

今月いっぱいで 閉鎖されてしまう川原湯温泉駅を 少し ご紹介します。

 

 

 
 
 

Rimg0209

駅舎。

基本的には 無人駅ですが、地域のボランティアの方たちが

駅を守っていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

Rimg0218

駅前には かなり古い 「 タクシーのりば 」 の 看板 。

「 JR承認 」 だそうですよ。

ただ、ここで タクシーを頼んだら どこから来るのかしらね、

と、いつも おいで頂く ゴン太さんと コメントの中で話題になりました。

 

 

 

 

 

Rimg0214

駅の中には 「 かわらゆ観光案内図 」 。

前に訪れた時に行った 吾妻渓谷の見晴し台が 左上に見えます。

温泉街も 駅から15分程度で行ける場所に ありました。

 

確か、前に行った時は どこかの共同浴場にも 入ったんだった。

道路に面した とても鄙びた感じの所だったけれど

何て言う 浴場だったものか ・・・ 。

 

そして、温泉街から ちょっと奥に行くと

桑畑があって、牛乳屋さんが 1軒あり、購入して 飲んだのでした。

さらに奥に行くと 山に入り 林の中に ニホンカモシカを見たのも

懐かしい思い出です。

 

多分、この案内図は そんなに古いものではないのでしょうけど

そんなことを 思い出したりしたのでした。

 

 

 

 

 

Rimg0227

切符売り場。

昔々は みんな こんな作りだったような気がします。

 

 

 

 

 

Rimg0226

駅舎とホームの出入り口。

 

いいねぇ、この 鉄の柵。

そして、出入りを止める時には 鎖を繋ぐんですね。

出入り口が 2つあるところに 往年の賑わいを感じます。

 

 

 

 

 

Rimg0231

ホームの柱。

グラウンドを均す トンボに似ている。

 

我がイナカでは このトンボのような柱には

レールを使っています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0229

草津方面から 駅舎を臨む。

 

跨線橋、上ってみれば 良かったなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0224

向こうから 特急草津が やってきた。

 

 

 

 

 

Rimg0225

東京方面へのホームに建つ 待ち合い所。

ポツンとした感じが 可愛らしいですね。

 
 
 

 

 
 

駅外も 少し見てみましょう。

 

 

 

 

 

続きを読む "川原湯温泉駅"

| | コメント (5)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »