« 朝の散歩 | トップページ | 松本市内観光 »

2014年7月 4日 (金)

松本城観光

九州地方の大雨も 落ち着いたようで 良かったです。

 

当地は、何となく 梅雨らしい空模様となっています。

梅雨寒 って言うんでしょうかね、

22度だそうですが 長袖でもいい感じの肌寒さです。

この後、雷雨や突風に注意するように、との お達しが出ていますので

気を付けて過ごすことに致しましょう。

 
 
 
 
 

さて、しつこくも まだ旅行記です・・・( ´・ω・`)

もう 1日 2日、お付合いの程。

記憶も 曖昧なのに

記録をしようと言うのには 無理がありそうですがね ・・・ (=´Д`=)ゞ

 

 

 

 

 

タイトルに あるように

今日向かったのは 「 松本城 」 。

 

 

一番最近 攻め落とした ( 違 ) お城は 確か 名古屋城。

あれから 何年 経ったことだろう ・・・ 久々の お城です。

 

 

 

 

 

Rimg0347

堂々と しておりますね。

天守は 国宝です。

 

市民からは 「 烏城 ( からすじょ う) 」 とも 呼ばれているのだとか。

確かに 黒い。

 

そういえば 先頃、姫路城の大修理が ほぼ終わったとかで

大天守が その美しい姿を現したのだそうですね。

キレイにしたのだから 当たり前なのですが

あまりにも白すぎる、と言うことで 「 白鷺城 」 ならぬ

「 白過ぎ城 」 だと言う話も 聞かれます。

 

今度は是非、その 白過ぎ、否、白鷺城を

攻め落としに行きたい と思います。

 

いや、話は 松本城。

 

 

 

 

 

Rimg0353

どこから見ても いいですね〜。

お堀の水に映った 逆さ松本城も いい〜 (*´ェ`*)

 

 

 

 

 

Rimg0361

中に入ると 6階まで 上がれます。

それは 急な階段だったり 梁があったりと

なかなか大変でしたが 上がった先には

画像のような ご褒美が待っていました。

 

この日は 快晴で 雲ひとつなく

遠くの山まで 綺麗に見渡せました。

 

 

 

 

 

 

Rimg0362

花mameは 盆地で育っているので

周りを山に囲まれた松本には とても 親近感を覚えます。

 

 

 

 

 

Rimg0367

旧開智学校 も 見えました。

 

元は 旧制小学校で 国の重要文化財なのだそうです。 

 

 

 

 
 

Rimg0366

しゃちほこ。

 

 

 

 

 

Rimg0368

しゃちハト ( ̄▽ ̄)?

何か カメラ目線だし ・・・ 。

 

 

 

 

 

Rimg0372

最上階の天井。

梁なども 当時のままなのでしょうかね。

歴史を感じます。

 

 

 

 

 

Rimg0375

月見櫓から 外を見ると、ややっ!!

武将が攻めて来ているではないかっ!!!

 

どうやら 一緒に写真などを撮ってくれる キャラクターのよう。

左にいる女性が 撮影してくれていました。

 

 

 

 

 

Rimg0376

武将を見つけた 月見櫓。

昔は お月を愛でながら 一杯 酌み交わしていたのでしょうかねえ。

 

 

 

 

 

Rimg0378

松本城も 堪能いたしました。

 

ここに来るのでしたら 足腰の丈夫なうちに。

手すりがあっても 階段は かなりの急勾配です。

 

 

 

 

 

Rimg0356

お庭に 「 宇宙ツツジ 」 なるものが。

 

向井千秋さんと 宇宙の旅をした種から 発芽したツツジなのだそう。

花の時季じゃなかったのは 残念でした。

 

 

 

 

 

Rimg0342

モミジは ちょうど プロペラの季節。

新緑が 瑞々しいですねえ。

 

 

 

 

 

Rimg0380

黒門。

 

 

 

 

 

Rimg0381

立派です。

 

 

このへんで お昼をば。

やはり お蕎麦でしょうかね ♪

 

それから 街中散策へと参ります。

|

« 朝の散歩 | トップページ | 松本市内観光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 

お城! 好きなんですよぅ。そもそも時代劇が好きっ♪
好きな割には攻め落としたお城はほんの2つか3つ4つですが…
やはり昔ながらが残っているお城が良いですね。
コンクリート建てで再建されエレベーターでびゅーんと
上がるのは、階段上るのに不自由な片でも天守閣からの
眺めを楽しめるという良い面はあるものの、やはり趣は
そがれます。
実は高校の修学旅行で白鷺城こと姫路城へ行ったのですよ。
初めての昔ながらの本格的なお城に興奮。
ところが、睡眠不足とバス酔いでグッタリ状態で歩いたので
ほとんど記憶が残っていない… いつの日かゆっくり
マイペースでじっくり味わいたいとの夢を持っています。
そんな城攻めの候補に、こちら松本城も入れねば。
良いですね良いですね。ますます行きたくなりました。
 

元気なうちに、ですね。
夫にもうちょっと時間ができないかなぁ…

投稿: ポージィ | 2014年7月 4日 (金) 12:57

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
おぉ!お城好きさん でしたか!!
お忙しいでしょうに 4つも攻め落としていらっしゃる!
おっしゃるように 昔ながらが残っているお城は
当時を偲ばれていいですね。
そんなポージィさんには ここは是非オススメしたいです。
 
中には 資料も展示してあるのですが
それほど現代風に改装されていなくて
画像にあったような 古い柱や梁などが見られます。
 
コンクリートにエレベーター。
確かに足腰の弱った方には 便利なものですが
おっしゃるように 趣きが違いますよね。
中が明るくて 博物館のようになってしまっているお城も
結構あるでしょう。
あれには ちと残念な気持ちになるのです。
 
修学旅行で 姫路城に行かれたのですね。
修学旅行って 若くてもツライ強行軍ですもの、
体調を崩された中では お城どころではなかったでしょう。
 
まだまだ ご主人がお忙しい渦中にいらっしゃる様子、
お城は逃げませんから
お時間が出来ましたら 是非ゆっくりとご覧くださいね。
 
足腰の件は
今回 結構 高齢の方がいらしたので
当分は大丈夫かと思います (*^ー゚)b
 
そそ、時代劇。
最近 めっきり放送がなくなってしまいましたね。
痛快な時代劇、また復活しないものかしら (o^-^o)

投稿: 花mame | 2014年7月 4日 (金) 14:14

おおお!
松本城に行かれたのですな~。
実は、来週、松本城に行くのですよ♪
花mameちゃんから2カ月?くらい遅れてですが、
この記事を拝見したのが本日ですので、
ゴン太的には、ニアミス☆的親近感を覚えましたですなあ。
あは。

>市民からは 「 烏城 ( からすじょ う) 」 とも 呼ばれているのだとか

カラス城は、松本城のコトでしたか。
先日、そのことが身内で話題になったのですが不明なままだったのですよ。
お教えいだたき、ありがとうございますです。

>どこから見ても いいですね

松本城、カッコイイですよなあ~。
写真映えするお姿ですよな~。
内部もちゃんと木造ですしなあ。
そーいえば、松本城って、明治かそこらの時代に、廃れてしまったのを再建したのでしたか?
以前、廃れていた時代の写真を見て、ビックリした記憶がありますですな。
壊してしまわずに、再建してくれた人々に感謝したいくらい、立派なお城だと思いますですなあ。

>やはり お蕎麦でしょうかね

お!お!お!
長野といば、お蕎麦ですよなあ~。
天守閣に登られて、お腹もちょうど良い具合に
隙間ができましたかな?
おいしいお蕎麦を召しあがられたことでしょうなあ~☆

投稿: ゴン太 | 2014年7月 4日 (金) 15:09

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます heart04
 
おぉ、来週、松本城に行かれるのですか!
何と言う 偶然!!
1ヶ月や2ヶ月の差など 大したものではありませぬ。
あぁ、もっと ちゃんとした記事を書いたら
ゴン太さんの松本城見学の参考になりましたものを・・・ ( ´・ω・`)
 
ホントに カッコいいお城なのですよ。
何より その時代を感じさせる佇まいがいいのです。
 
明治時代に 天守が競売にかけられて
一時 解体の危機に瀕したのだそうですよ。
それを 市川量三氏ら地元の有力者の尽力で買い戻したのだそうです。
その後 天守が傾いたのも
中学校長の小林有也氏ら 地元の有志によって
大修理が行われて 現在に至ったらしいです。
 
松本城の黒門を入って 右側でしたか、
このお二人のレリーフがありましたよ。
 
で、このお城の城主は 何人か変わっているらしいのですが
天守を建てた石川数正氏と
今回泊まったお宿の当主の方は 関係が深いようでした (o^-^o)
 
お蕎麦。
きっと この町の人たちは自分のお気に入りのお店を
何軒か持っているのでしょうね。
それぞれのお店で お蕎麦の味は違うのでしょうが
本場ですから きっと どこで食べても美味しいのだと思います。
 
ゴン太さんも 美味しいお蕎麦を食べて来てくださいませ 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

投稿: 花mame | 2014年7月 4日 (金) 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝の散歩 | トップページ | 松本市内観光 »