« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

長野市観光 - ほぼ善光寺 -

昨日も 夕方あたりに 突然の雷雨 thunderrainthunder 

 

またもや 窓ガラスをキレイにしてもらったのは いいのですが

時は 我が愛するファイターズの ゲーム中。

 

悪天候で 電波が受信出来ない状態となり、

放送が観られないまま ゲームセットと なってしまいました。

花mameの応援が 届かなかったせいでしょうか、

負け試合となってしまいました ・・・ 残念 ( ´・ω・`) sign04 baseball

 

今のお空も、何だか 雲行き怪しく

冷たい風が 窓から入って来ています。

この後 来るかのな。

 

 

 

 

 

さてな。

長野旅行の続きです。

 

この日のうちに 移動が決まっていたので

制限時間は 4時間程。

とっとと 行動です。

 

 

 

 

 

Rimg0181

駅前から出ている 循環バスに乗り、まずは 善光寺 へ。

 

川中島バス。

戦国の匂いがしますが 普通のバスです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0183_2

善光寺大門で 下車、そこから 徒歩で 善光寺に向かいます。

 

ちと ボケてますが、仁王門。

宝暦2 ( 1752 ) 年に 建立されたけれども

善光寺地震などで 2度 焼失して 現在のものは

大正7 ( 1918 ) 年に再建されたものだそう。

 

真ん中には 善光寺の山号である

「 定額山 」 の額が 掲げられています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0187

仁王門から 山門を 臨む。

参道が 賑やかです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0188

仁王像。

こちらは 「 阿形 」 。

 

 

 

 

 

 

Rimg0189

こちらが 「 吽形 」 。

 

画像はありませんが、二体の仁王像の背後には

三宝荒神 ・ 三面大黒天が おわします。

 

サイトによると

これらは、高村光雲、米原雲海の作 なのだそう。

 

 

 

 

 

Rimg0190

足だけ見ても 素晴らしい!

まるで 今にも動き出しそうなくらい 生き生きとしています。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0192

寛延3 ( 1750 ) 年 建立。

二層入母屋造りの この山門は 重要文化財です。

 

屋根は 大正年間の葺き替えで 檜皮葺き となったけれど

平成の大修理に於いて 建立当時と同じ サワラ材を用いた

栩葺き としたそうです。

 

小さくて見えないけれど 真ん中の額には

「 善光寺 」 の 文字が。

通称 「 鳩字の額 」 と 呼ばれていて、

3文字の中に 5羽の鳩が 隠れているのです。

更に 「 善 」 の文字が 牛に見えると 言われているそう。

 

善光寺 と言えば

「 牛に引かれて 善光寺参り 」 ですもんね taurus

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0207

この山門には 上ることが出来て

長野市内を 見渡すことが出来ます。

 

中には、四天王に囲まれた 木像文殊菩薩坐像、

四国 八十八ヶ所の 札所本尊を模刻した 百体仏が 祀られています。

一回りすると 八十八カ所を回ったことになる ・・・ んだったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "長野市観光 - ほぼ善光寺 -"

| | コメント (5)

2014年6月28日 (土)

さぁ、旅に出よう!

予報どおりの どんよりした空模様 cloud

時折 雨も落ちて来る 週末となりました。

 

梅雨時ですから

あまり 大降りにならなければ、

こんな天気の方が 例年どおり、と 安心出来ます。

 

と言う訳で 今日も 在宅で過ごすことになるかな。

 

 

せめて 記事の中身だけでも 旅に出てみましょうかね。

 

 

 

 
 
 
 


Rimg0149

東京駅。

 

また 「 鉄分多め 」 の 記事かぃ ・・・

と 思われても 仕方のない 鉄の香りのする画像からですが

5月末日に、ちと 旅に出かけて参りました。

 

「 行きあ旅 ばっ旅 」 が 信条の 我が家にしては珍しく

10日くらい前に 旅館を予約。

比較的 ゆったりとした気持ちで 当日を迎えました。

 

 

 

 

上の画像は 東北新幹線 「 はやぶさ 」 と 「 スーパーこまち 」 の チュ〜と

山形新幹線 E3系 「 つばさ 」 。

 

 

 

Rimg0154_2

反対側は E2系。

時間から考えると 「 やまびこ 」 かなぁ。

 

 

E2系には 2タイプの編成があって

ひとつは 上の画像の 東北新幹線用の 「 J編成 」 。

長い10両連結で E3系と連結出来る、

「 自動分割併合装置 」 を 持っています。

 

もうひとつが 長野新幹線用の 「 N編成 」 。

長野新幹線は 急坂が多いため、

急坂でのブレーキと 高速性能が 優れているのだそうですよ。

 

 

 

 

Rimg0167

J編成には リンゴの形のマークが付いています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0161

N編成のマークが こちら。

風をイメージしたマークなのだそうです。

 
 
 

このホームでは 他に ・・・ 。

 

 

 

 

 

続きを読む "さぁ、旅に出よう!"

| | コメント (6)

2014年6月27日 (金)

紫陽花の季節

今週末も 芳しくない お天気のようですねえ。

どこかに出かけたい と 思っても

雨だと、ついつい 引きこもりがち。

 

 

 

 

雨と言えば、紫陽花。

 

今年は しっかりと 紫陽花を見に行っていないのですが

こんなことをしているうちに

行かずに 終わってしまいそうですわ。

 

 

 

まぁ、それもよし。

 

 

 

 

 

見に行かないのであれば

自宅で 見てしまおう。

 

 

 

と 言うことで

< つち * はな > 的 紫陽花鑑賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0095

紫陽花の箸置き。

 

半磁土 タタラ作り

長さ 4、5 ㎝ 幅 2、5 ㎝

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0101

葉の形を作ってから 花弁を抜きます。

そして 着色の上、透明釉で 仕上げます。

 

 

 

 

その 抜いた花弁を ・・・

 

 

 

 

 

 

Rimg0097

別のデザインに使用。

小さいものなので 抜くのも 付けるのも なかなか難しいです。

 

 

 

 

 

え?

紫陽花に見えない?

 

じゃあ、こんなのは 如何でしょ (◎´∀`)ノ

 

 

 

 

 

 

続きを読む "紫陽花の季節"

| | コメント (8)

2014年6月26日 (木)

鉄道博物館 - その2 -

昨日の当地は 激しい雷雨 thunderrainthunder

 

雹こそ 降りませんでしたが、大粒の雨が 窓に打ち付け

おかげで 窓ガラスが ピカピカになりました。

閃光と 大きな雷の音に 珍しく 不安な面持ちになりましたが

手間いらずに なるようなこともあるんだなぁと

ちょっとだけ 感謝しましたよ。

 

皆さんのところは 如何だったでしょう。

 

今日は 寒気が去るとのことで

少しは 落ち着いた空模様になりそうです。

 

 

 

 

  
 
 
 
 

さて、昨日に引き続いての 鉄道博物館 ヒストリーゾーン。 

 

 

 

 

 

 
 
 

Rimg0115

特急 「 富士 」 の 一等展望客車。

 

この展望車は

小津安二郎の 「 お茶漬けの味 」 と言う映画に

その車窓風景が 出て来るのだそうです。

 

展望部分に乗って

雰囲気を味わうことが 出来るようになっています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0113

豪華客車ですねえ。

 

この豪華で荘厳な感じの内装は 桃山様式と言うのだそう。

あ、そう言えば、お城や寺院の内装に 似ていますわね。

 

白いカバーの かかった椅子。

お偉い方々が 乗っていたのでしょうかね。

 

 

 

そそ、こちらには 「 御料車 」 も 展示してありました。

写り込みがあって うまく撮影出来なかったので

画像はありません。

 

 

 

 

 

 

Rimg0129

東北新幹線の模型。

雪国を走るゆえに スノープラウが付いています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0130

こちら 本物。

連結器が 出ているところ。

時間によっては こんなスタイルを 見学することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

Rimg0131

貨物コンテナ。

環境にやさしい 鉄道貨物輸送。

 

我が出身地では 先頃、また 脱線してましたけどね ・・・ ( ´・ω・`)

そんなことがないように もっと気を引き締めて欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0132

植物油用って あるんだ ・・・ 今も あるのかな?

今は ペットボトルなんかで 運びますよね。

 

「 戸口から戸口へ 」 って いいキャッチコピー。

戸口から戸口へ 植物油 ・・・ って ことではないよね ( 意味不明 ) 。

 

昔々の国鉄には チッキと言う 荷物輸送の業務があったそうです。

いわゆる 手荷物をあずける ( 空港手荷物を預けるみたいな ) 場合と

送る荷物を あずける場合が あったとのこと。

 

送る荷物については 駅留めだったので

駅まで 取りに行かなくては いけなかったようです。

 

なので 戸口から戸口へ、と言うのは

かなり 画期的だったのだと思います。

 

 

 

 

 

 

Rimg0133

その貨物を引く ディーゼル機関車。

姿を見ただけで 音が わかります。

 

 

 

 

 

ヒストリーゾーンには まだまだ 興味深い車両が あったのだけど

載せて行くと きりがないので こんなところで とりあえず終了。

 

 

 

 

 

続いては。

 

 

 

 

 

続きを読む "鉄道博物館 - その2 -"

| | コメント (5)

2014年6月25日 (水)

鉄道博物館 - その1 -

サッカー日本代表、残念でしたね ・・・ ( ´・ω・`)

 

一生懸命やった結果ですから

試合の評価云々は 専門家に任せて

まずは 選手の皆さんを 労ってあげたいものですね。

 

次は ロシアでしたっけ。

それまでに 良い選手を育てて

また 頑張って欲しいと思います soccer

 

 

 

 

 

さて。

 

サッカーは 4年後を見据え始めていると言うのに

花mameは まだ

5月の出来事なんぞを書こうとしている ・・・ (;´д`)トホホ…

 

後ろ向き なのではなく

ある意味 自分の記憶力への挑戦です (* ̄ー ̄*)

 

 

 

おそらく、多分、いや、間違いなく

今日の記事は おそろしく 長くなります。

 

ま、記録と 記憶のため、と 言うことで。

 

 

 

 

 

5月25日 前々から 行きたいと思っていた、

さいたま市大宮にある 鉄道博物館 へ 行って来ました。

 

 

 

 

  

Rimg0081

ニューシャトルを降り、入り口に付くまでの エントランスにも

動輪や 輪軸などの 展示物が置いてあります。

 

 

 

 

 

Rimg0078

記念撮影スポットとなっている D51 ( デゴイチ ) の カットモデル。

大好きな蒸気機関車の ひとつです。

 

 

 

 

 

館内に入ると

画像は無し ですが

メインエントランスの床には

SLの ナンバープレートが 展示してありました。

 

 

 

 

 

まずは ヒストリーゾーン。

 

 

 

 

 

 

Rimg0137

転車台に乗った C57 を中心に 実物車両が展示されています。

日本の鉄道の 歴史と変遷などが

資料、模型などとともに 紹介されています。

 
 

  

 

 

 

 

Rimg0091

こんなような資料や説明書きが 所々に。

 

これは 「 鉄道と日本人の出会い 」 についての 説明。

 

  日本に まだ鉄道がなかった幕末、

  欧米で はじめて機械文明に接した日本人は 大きな衝撃を受け、

  それを 「 生き物 」 に たとえ、

  汽車が 煙をはいて走る姿を 「 火龍 」 と 表現しました。

  そうした中で、

  鉄道は 近代国家を築くため 欠かせないひとつの要素として、

  積極的に 取り入れられることになりました。

 

と あります。

 

 

左上の絵は 「 ペリーの持参した蒸気車を描いた瓦版 」 。

 

左下は ジョン万次郎が アメリカで乗った蒸気車の絵 と

蒸気車についての 記述。

 

右上は 1890年頃のロンドン ・ パディントン駅 の写真。

 

そして、右下は 勝海舟の描いたとされる 「 蒸気車運転の図 」 。

勝が宮中から請われて 鉄道の話をすることになり

その際に 1872 ( 明治5 ) 年に 仮開業した

品川 〜 横浜間の鉄道を見た記憶を元に 描いたものとのことです。

 

なかなか 興味深いでしょ?

 

 

 

 

 

では、実物の車両を いくつか。

 

 

 

 

 

 

Rimg0084

150形式蒸気機関車 ( 1871年製 ) 。

イギリスから輸入された 10台のうちの ひとつ、1号機関車。

鉄道記念物であり 重要文化財。

「 きかんしゃやえもん 」 の モデルになったものと 言われています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0419

1号機関車の後ろにあった 客車。

明治期の3号客車を模して 作られたのだそう。

 

屋根の上の おじさんは ・・・

 

 

 

 

 

 

Rimg0087

灯りを 入れたり出したりと 手が動くのですよ。

 

今は スイッチひとつで 点灯しますが

昔は こんなふうに 灯りを点していたのでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

Rimg0092

佐賀藩で作った 蒸気車の模型 ( 模型 ) 。

1855 ( 安政2 ) 年製の 日本初の蒸気機関車模型だそうですよ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0097

7100形 蒸気機関車 ( 1880年製 ) 。 鉄道記念物。

開拓期に北海道で走った アメリカ製の蒸気機関車で

「 弁慶号 」 と 呼ばれています。

牛よけと ダイヤモンド型の煙突が アメリカ製の特徴ですね。

 

小樽 ( 手宮 ) と 札幌を 結んでいたようです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0099

弁慶の火室。

機関士が 石炭を くべる姿が 見えてくるようです。

 

 

 

 

 

 

Rimg0100

こちら 炭水車 ( テンダー ) 。

くぼみの中に 石炭、まわりの部分に 水を積んでいます。

これを装備した機関車を テンダー式機関車と言います。 

 

 

 

 

弁慶の後ろには ・・・ 。

 

 

 

 

 

続きを読む "鉄道博物館 - その1 -"

| | コメント (2)

2014年6月19日 (木)

手作りアシストのグリーンスタイル

雨が降る〜 雨が降る〜、と 予報では言っていたのに

昨日の当地は 降った様子が ありませんで。

  

とは言え、花mame,

昨日はレッスン日で 朝から夕方まで 地下にいたので

降っても わからなかったのかもですが。

  

土higeさんによると 勤め先の近辺は

お昼頃に 少し降ったよ、とのことでした sprinkle

 

 

 

さて、そのレッスンの話ですが

今回は 少し工作のような作業を組み入れましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "手作りアシストのグリーンスタイル"

| | コメント (6)

2014年6月17日 (火)

グランド ・ ブタペスト ・ ホテル と ヴァロットン展

こんな日に 試合を観ずに出かけたら

ヒコクミンだとして ケンペイが 飛んで来るかもね。

なんて 冗談っぽく語りながら出かけた 日曜日の朝。

 

 

 

 
 
 
 

ベスト10に ランクインしているものの

いつ終了とも わからない映画だったので

行ける時に行こう と 映画館に出かけたわけです。

 

とは言え、会場は 満席に近かったです。

年齢層は ちょい高めな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

Img_0124

グランド ・ ブタペスト ・ ホテル。

 

名匠 ウェス ・ アンダーソンによる

壮大なミステリーにして 極上の大人のファンタジー。

 

上の画像は 予告のパンフレットなのだけど

この可愛らしい色のホテルを見ただけで

どんな映画なのかと ワクワクしてしまうのです。

 

“ 伝説のコンシェルジュ ” が

究極のおもてなしと ミステリーで

皆様を お待ちしております。

 

なぁんて 誘い文句に乗って

いそいそと 出かけてしまいましたよ。

 

 

舞台は 東ヨーロッパの架空の国 「 ズブロフカ共和国 」 。

その中心地から離れた 美しい山々の間に 優雅に そびえ立つのが

タイトルにもなっている

ヨーロッパ最高峰の 「 グランド ・ ブタペスト ・ ホテル 」 。

 

主人公は レイフ ・ ファインズ扮する

伝説のコンシェルジュ ムッシュ ・ グスタヴ ・ H。

彼の 「 サービス 」 を お目当てに

ヨーロッパ中の 裕福な貴婦人たちが 集まっていた。

 

その上顧客の一人 「 伯爵夫人 マダムD 」 が 何者かに殺され、

貴重な絵画を譲られたグスタヴが 容疑者に されてしまう。

ヨーロッパ大陸を 逃避行しながら

愛弟子のベルボーイ ゼロと

コンシェルジュの秘密結社の力を借りて

殺人事件の謎と 陰謀に 挑んで行く ・・・ 。

 

果たして グスタヴの運命や いかに !

 

 

 

 

 

ウェス ・ アンダーソン と 言えば

どの俳優も こぞって その映画に出演したいと願う程の 人物。

 

今回も 有名な俳優が たくさん出ておりました。

 

 

セット、ファッション、音楽。

どれを取っても 上質な香りが漂う映画でしたよ。

 

 

 

映画が終わるとともに 立ち上がって 帰る人がいますが

最近の映画は

エンドロールの最後まで 楽しませる工夫が されています。

 

今回は 画面の右下に お楽しみが。

ついつい 見入ってしまいました。

 

 

 

それと、今回も

いつまでも 画面の前に立って 身支度をする女性が 一人おりましたが

途中で帰る人は 後ろの人に 気を配ってほしいものだなぁ と

常々 思います。

自分が興味ないから と言って 他の人も同じ と言う訳ではないのですから。

 

 

 

 

 

そんなわけで

ほぼ、コートジボワール戦と 同時間を

この映画とともに 過ごしました。

 

 

試合の経過は ワンセグで 確認。

花mame分の 応援が足りなかったせいでは ないですが

残念な結果でしたね。

次回、是非 頑張って頂きたいと思います soccer

 

 

 

 

 

さて

この後、丸の内 東京ビルの 「 お好み焼き きじ 」 にて

昼食を とった後、

三菱一号館美術館へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "グランド ・ ブタペスト ・ ホテル と ヴァロットン展"

| | コメント (4)

2014年6月11日 (水)

ホテルニュ−オータニの お庭

朝のうちは ちと 晴れ間も見えたのですが

やはり 梅雨時、夕方あたりから音を立てて 雨が降っています。

窓を閉めていると 蒸す感じなので 開けると

冷たい風が入って来ます。

まさに 梅雨寒と言った風情です。

 

 

 

 

そんな日には

清々しい青空の見られた 5月中旬の散歩の様子を。

 

 

って、最近は おでかけ記事ばっかりですね (;´д`)

 

 

 

 

いつも使っていた、軽い 折り畳み傘を

実家に置いて来てしまったので

ひとつ購入しようと 六本木まで 出かけた日のことです。

 

 

まずは 四ッ谷でランチ。

 

その後、運動も兼ねて フラフラと 散歩です。

 

 

 

ホテルニューオータニが見えたので

お庭を散策しようと お邪魔致しました。

 

 

こちらの日本庭園、

歴史的には

加藤清正公の下屋敷だったもの だそうです。

その後、井伊家中屋敷に引き継がれ、

時を経て 伏見宮邸宅となり、

戦後、外国人の手に渡りそうになったところを

ホテルニューオータニの創業者である 大谷米太郎氏が買い取り

今の庭園を 作り上げたのだそうです。

 

加藤清正公の時代からの 樹木や石灯籠が残っていて

400有余年に渡る歴史を 感じることが出来るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0019

宿泊客でしょうかね ( ´艸`)プププ

 

 

歴史の重みを語ったところで

何とも キュートな画像からの始まりですが

花mameですからね、猫にゃんは 外せません cat

 

快晴で汗ばむ程 暑い日でしたから

猫にゃんも 日陰が過ごしやすかったと見えます。

 

 

 

 

 

 

Rimg0022

いつものように呼ぶと こちらを向いてくれました。

おくつろぎのところ、失礼致しました o(_ _)oペコッ

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0023

さぁ、お庭散策の始まりです。

ここしばらく 5月の緑の様子ばかりですが

こちらの お庭も 例外なく 新緑の美しい季節でした。

 

画像は ビオトープへ続く 小川です。

この小川や池などに 石橋や赤い橋が かかっていて

何とも 趣きのある風景を 作っています。

 

 

 

 

 

Rimg0024

ね? 赤い橋が見えるでしょ。

手前には 小さな滝のような流れが あります。

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0027

ホテルの建物と 大きな滝。

滝の上には 池があり、そこから 落ちて来ています。

落差は 6メートルとか 聞きました。

 

見た目も 音も 涼しげ。

誰も写っていませんが、周りには 結構な人が いたのですよ。

写真を撮る人を見かけると

皆さん、写らないように そっと よけてくださるのです。

 

 

 

 

お庭には 色々な植物が植えられてありましたが

スダジイ、タブノキ、クスノキなど

歴史を見て来た巨樹も たくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 
 
 
 

続きを読む "ホテルニュ−オータニの お庭"

| | コメント (9)

2014年6月10日 (火)

大型連休後半のこと - その2 -

今年の梅雨は エルニーニョ現象により

いつもよりも 長引く様相だと 伝えられていますが

各地、梅雨の雨と言うより 台風の雨と言った感じで 降り続き

被害が出たり 避難しなければいけなかったりと

困った状態に なっています。

 

 

 

 

 

関東地方は 6月5日に 梅雨に入ってから

あちこちで 川の氾濫が危惧されて

真夜中に エリアメールが 2度程 入りました。

テレビの画面でも 時々 警報が出たりしていますしね。

 

 

 

昨夜の当地は大きな雷が鳴り続けました。

どこかに落ちていなければいいけれど。

 

 

入ったばっかりで こんなでは 先が思いやられます ・・・ ( ´・ω・`)

 

皆さん、十分気を付けて参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

その梅雨に入ってから 初めての晴れ間が見られた 昨日。

 

久しぶりに 洗濯物の外干しが出来ましたが

湿度が高いのか、完全に乾くまでに至らず。

 

こんな日々が いつもの年より 長く続きそうなのですよね ・・・ う〜む。

 

 

しかも、そんな季節になっても、まだ。

大型連休なんて 寝ぼけたことを書いている 花mameです。

 

 

今日 一日だけ お付き合いの程。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

テレビで 「 川崎大師 」 10年ぶり ご開帳奉修、とのニュースを見て

一度 行ってみたかったので、4日の朝 急遽 出かけることに。

 

何でも 10年に一度の 特別な護符 「 赤札 」 が 授与されるとのこと。

でもね、暑い中 ものすごい人数が 並んでいるのですよ。

 

これは 無理だなぁ、と思いましたが

せっかく来たのに ・・・ と言う気持ちも あって

境内の お店で お布施と交換致しました。

 

        

       つまりは 買ったの ・・・

       ご利益的には どうなのかは わからないけれど ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

Rimg004002

川崎大師。

 

画像にある 供養塔 ( 柱のようなもの  )に 手綱が付いていて

これが ご本尊様と 繋がっているので

触れると より親しく ご本尊様と ご縁を結ぶことが出来るのだとか。

 

こちらも たくさんの人々が 並んでおりました。

 

 

 

お参りをしてから 帰り道。

参道で ちょいと お土産など GET し、駅に向かいます。

 

 

 

 

 

 

Rimg0045

駅の前で くるりと 振り返り パチリとな camera

 

結構、葛餅屋さんと 飴屋さんが 多かったなぁ。

 

店の中で トントコと 拍子を取りながら 切る、

たんきり飴屋さんね。

普通の のど飴を ひとつ購入して来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0048

駅のホームにて 電車を待つ。

やって来た、やって来た train train )))

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg0049

赤い電車は 可愛いですねえ ヽ(´▽`)/

 

 

この線は 「 京急大師線 」 。

初めて乗る線です。

 

7駅程の 短い線で

川崎大師は 3つ目だったので あっと言う間だったけれど

よい お天気だったし 車窓を楽しみながら 乗って来ましたよ。

 

 

 

 

 

さて、翌日の 5日には。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "大型連休後半のこと - その2 -"

| | コメント (8)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »