« お雛様 | トップページ | 春は恥ずかしがりや »

2014年3月 6日 (木)

楽しむこと

昨日は公立高校の入試の日でしたね。

受験生の皆様、お疲れ様でした。

 

今朝、新聞に 問題と解答が出ていたので

ない頭を ひねって、ちょいと 挑戦してみました ( ̄▽ ̄)

 

意外と ・・・

 

 

 

 

 

意外と ・・・・・・ ね ・・・

 

 

 

 

 

出来る!

 

 

 

 

 

ものと

当然 忘れていて 出来ない!

ものが ありました (;´д`)トホホ…

 

 

 

花mameは 受験生ではないので

出来なくても問題は ないのだけれど (=´Д`=)ゞ

 

 

遥か 昔の日の

ちょっとした 緊張感と

ちょっとした 充実感、そして

問題をと解く と言う 楽しさを 思い出していたのでした。

 

 

 

 

 

さてな。

お約束の お天気話。

 

今日は 北海道の沿岸部で 荒れ模様の様子。

我がイナカは 青空ですが、風が冷たいです。

 

雪は かなり解けて来たけれど

今日の風の冷たさで 解けた部分が 氷になって

歩くのも 運転も 十分に気を付けないと 滑って危ない状態です。

 

ちなみに 今の我がイナカの積雪量は 90センチ超。

これだけ見ると

春まだ遠し、って とこでしょうかね。

 

 

 

 

 

少し前の画像ですが。

 

 

 

 

 

 

 

20140213_094731

花の前に 樹氷が 「 咲いた 」 実家の桜。

極寒の日でしたが

いつまで見ていても 飽きることがない美しさです shineshineshine

 

 

 

 

 

 

20140220_121415

2月下旬に 家の前の排雪をして行きました。

( 排雪 : 道幅を広げる為に 雪を持って行ってくれるのです )

地層ならぬ 「 雪層 」 が 出来ています。

真ん中より上の グチャグチャした部分は

花mameが 除雪で積み上げたものです。

まだ 2メートル以上 あった頃です。

 

 

 

 

そして。

 

 

 

 

 

 

 

 

20140220_121506

お正月に 土higeさんが

小さな 「 かまくら 」 を 作って行ったんですが

積雪の重みで だんだん 穴が小さくなり

2か月程 経ったら こんなんなっちゃいましたの図 ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

で、土higeさんのアドバイスにより

 

 

 

 

 

 

 

20140220_125320

こんなのにしてみました ( ´艸`)プププ

 

 

 

 

前にも書きましたが  

昨シーズンに比べると

雪が少なめで 楽だった とは言うものの

日常の除雪は ないわけではなく。

 

今年は 関東などでも 大雪で 大きな被害があったり

大変な思いをされた方も 多かったので

雪は 嫌なもの、と言うイメージが 染み付いてしまったかもしれません。

 

 

毎年 冬になると 雪との付き合いのある北国でも

そう思わないわけではない。

 

でも、どうせ降るなら 嫌だ 嫌だ、と 嫌うより

どこかで 楽しんでしまおう と言うのが 北国の人間です。

これを 「 親雪 」 と 言います。

 

そして、「 利雪 」 と言う 言い方もします。

エネルギーの元として

地域おこしの資源として など、

有り余る雪を 資源として使おう と言うことですね。

 

ウィンタースポーツ 然り。

雪まつり 然り。

作物を 雪の下で保存すると言う知恵は

昔々から あったことですし

某酒蔵では 雪のドームを作って

お酒を搾ったり 保存したりしている。

 

そのうち 冷房は電気ではなく

雪で行う、なんて時代が 来るかもしれない。

多分 どこかで

鋭意 研究中だと思います (◎´∀`)ノ

 

 

 

 

 

2月に行われた

我がイナカでの 「 親雪 」 イベントの ひとつが コチラ。

 

 

 

 

 

 

20140216_174530

スノーランタンフェス。

雪のキューブを 器のような形に削り

中に キャンドルを灯すのです。

たくさんあると ちょっと 幻想的。

 

 

 

 

 

20140216_17454902

携帯画像なので 色が うまく出ていませんが

雪に透けたキャンドルの灯りが 何とも 優しい感じです。

 

 

 

 

 

このフェスティバルのあった場所の

前のお宅には こんなのが ありました。

 

 

 

 

 

20140216_175014

アイスキャンドル。

 

これは バケツに水を張って

完全に凍り切らないうちに 取り出して

やはり キャンドルを入れて 楽しむものです。

これもまた 美しいものです shineshine

 

 

 

 

北国の冬は 白一色、寒い、辛い、と言うイメージですが

老若男女、結構 楽しんでいますよ。

辛い除雪だって、ご近所との語らいの場になったり

冬場の運動不足解消の エクササイズになったりしますからね (*^ー゚)b

 

雪を楽しむ とは言っても

もっと 楽しみなのは もちろん 春が来ること。

多分、日本で一番 春を楽しみにしているのは

北海道人だと思うのですよ。

 

さぁ、

花mame、もう少しだけ

春の訪れを感じながら 北海道で活動することにしますわん (◎´∀`)ノ

|

« お雛様 | トップページ | 春は恥ずかしがりや »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「かまくら」のち「スマイル」
も~土higeさんったらおちゃめ!
見ちゃったら寒さも忘れて和んじゃう

スノーランタンフェスティバル、幻想的だね
雪で作ったものはほんわかやわらかな光
氷で作ったものは光がきらきらしてまたきれい

雪もいいけど
早く春が来るといいね

なんたって山菜

とりあえず「ふきのとう」で天ぷら、ふきみそ

いいなぁ~


投稿: あずさ | 2014年3月 6日 (木) 22:52

こんにちは
 
天気図を見ながら、花mameさんのふるさと地方は猛吹雪…?と
案じておりました。今日も青空でしょうか。
真っ青な空を背景にくっきりと咲いた雪桜がなんて綺麗なんでしょ!
そうそう、一年の3分の1くらいを雪と共に暮らすのですから、
嫌だ嫌だと思い続けていたら精神的にも参ってしまいますよね。
「親雪」のポジティブな考え方、やっぱり大切と思います。
どんなものにも両面あるなら、積極的に良い面を見つけて行きたいものです。
雪の少ないハズの関東も、滅多にないことながら大雪への備えが
されるようになったら、今度のような大被害を被ることもなくなり、
たまの大雪を楽しみにできるようになるかもしれませんね。
 

農業用ビニールハウスがたくさんダメになった映像を見ながら、
ハウス栽培などなかった時代は、さすがに関東でも冬に採れる野菜は
限りがあり、どんな食生活の工夫をしていたのかなと、ふと思いました。
真冬にトマトやキュウリやイチゴを食べるなんて、想像だに
しなかったでしょうね…
 

スノーランタンフェス 綺麗ですね~ 素適です。
器にするものがいらない=ゴミにならない エコなフェスティバル
というのも魅力的に感じます(笑)

投稿: ポージィ | 2014年3月 7日 (金) 10:39

>あっちゃん
 
こんにちは♪
 
あは、土higeさんらしいでしょ ( ´艸`)プププ
「目」になるものを探すのに ちと難儀しちゃったよ~。
ちなみに 吸湿用の「炭」です。
 
スノーランタン、
置き方が微妙でしょ?
実は上から見ると
我がイナカの ゆるキャラの形になっていたんですわ。
横の公共施設の2階から見るのが
正しい鑑賞法だったようだよ ( ̄▽ ̄)
 
でも やわらかい光が いい感じでした。
アイスキャンドルのキラキラも、ね☆
 
春が待ち遠しい~ cherryblossom
今日は午後から ちと吹雪模様。
そんなに荒れてはいないけどね。
久しぶりに雪かきをしたよ snow
 
山菜料理、そっちは もう間もなくだね♪

投稿: 花mame | 2014年3月 7日 (金) 17:18

>ポージィさま
 
こんにちは♪
 
いつも案じて頂き ありがとうございます heart02
今日は 昼過ぎまでは青空でしたが
そのあとは ちょっと吹雪模様でした。
でも テレビで言われている程ではないのが
我がイナカらしいところです (o^-^o)
 
樹氷の花咲く 桜の木。
青が とっても鮮やかだったので
白い木が よく映えました。
 
北海道全域のことではありませんが
早ければ 11月から4月まで雪があるのです。
それですもの、嫌も応もありませんよね ( ´艸`)プププ
親雪も利雪も 生活の知恵と言うわけなのです。
 
関東地方も多い少ないに関わらず
必ず 毎年降るのですから
今までよりも もう一歩踏み込んだ雪対策が必要だなぁと思っています。
 
今年の大雪で思ったのが
もし 富士山噴火などの災害があったら どうするのか、
と言うこと。
雪は消えますが 火山灰は消えませんものね。
大雪対策は 災害対策のひとつのヒントになるのでは、
と思います。
 
今の時代でも 当然「旬」はありますが
年中 どの野菜も店頭にあり 食べられるのが当たり前、
と言う意識がありますね。
旬の時季にしか 食べられない時代には
今回のような大雪での被害は なかったことでしょう。
どちらがどう、と言うことではありませんが
時代は戻れませんから 国主導などで
少しずつでも 何か対策をするといいですよね。
 
スノーランタン。
何百個だかを作ったとか。
出来上がりだけでなく
作る段階から 雪を楽しむお祭りですね snow

投稿: 花mame | 2014年3月 7日 (金) 17:41

こにゃにゃちにゃん。

おおお!
受験問題、解かれたのですか~。
できるかな?できないかな?なんて思いながら
やってみるのって、案外たのしいものですよなあ~。
受験生と違って、もし不正解でも不利益をこうむりませんし、
クイズを解く感覚に似た楽しみがありますですよなあ。
あは♪

桜の樹氷・・・
お~ぅ。
これまた、青空に煌めく氷の花が美しいですなあ。

>いつまで見ていても 飽きることがない美しさです

そうでしょう、そうでしょう!
写真で拝見しても、こんなに感動するのですから、
実際に見たら、ずっと見ていたい美しさなのでしょうなあ。
雪国ならではの、お楽しみ♪ですなあ~。

スマイルくん。
かわいい!
口の部分だけを見て、目をつけ足すことを思いつかれるあたりは、
クリエイティブなお仕事をなさっている方ならではですよなあ♪
でも、元はカマクラだっただなんて、
お写真からは、想像できませんでした。
あはは。

>スノーランタンフェス

幻想的なイベントですなあ~。
主催者さんの「雪を楽しもう★」って気持ちが、ビシビシ伝わる良い企画だと思いますです!
昼間の雪、とは、また違った角度から
雪を楽しめてすてきですよなあ~。
ゴン太の貧相な脳ですと、
雪というと、ウィンタースポーツか雪像くらいしかおもいつきませぬが、
こういうイベントでしたら、年齢にかかわらず、
幅広い層の方が楽しめて良いですなあ~。

やはり雪は、良いものですなあ~。
しみじみと感じましたです。

>春の訪れを感じながら 北海道で活動することにしますわん

春も待ち遠しいですが、
冬が終わってしまう、と思うと少し淋しい気がしなくもなかったり。
花mameちゃんは、春頃まで、そちらでお過ごしなのでしょうかなぁ。
働き過ぎないように、ご自愛くださりマセですなあ~。
あは。

投稿: ゴン太 | 2014年3月10日 (月) 16:09

桜の木の樹氷、美しいですね。と、
テレビで、「屋根の雪下ろし」で亡くなったなどの
ニュースを聞くと、雪国の方って大変だなあと
思いますが、生まれた時から雪国(言い方が悪かったら
ごめんなさいね)だとしたら、雪と一緒に共同生活?
できるのだなあと、記事を読ませてもらって感じました。

こちらは、瀬戸内ですので、雪がたまに積もると、山々が
粉砂糖をふりかけたような景色になり、それが楽しい
という、感覚です。
でも、夏は猛暑日が何日も続き、海風がない日は、
エアコンがないと体にこたえます(苦笑)

雪で作ったキャンドルの灯りが、いっそう温かく心まで包んでくれるように見えます。
つぶれた「かまくら」の写真、微笑ましく拝見しました。
北海道の春は、梅、桃、桜と一緒に咲くので美しいと聞いていますが、そうなのでしょうか?

投稿: トムジェリ | 2014年3月13日 (木) 19:14

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
いつものこととは言え
お返事が遅れてしまって ごめんなさい!
 
受験問題。
はい!解いてみました。
根っからの文系なので 理数系には難儀しましたが
おっしゃるように クイズ感覚でチャレンジしてみました (◎´∀`)ノ
 
文系・・・と書いてから
それなのにブログの記事は こんな程度か・・・
と、ちと 恥ずかしく思いました (*´ェ`*) 
 
樹氷。
もっと ちゃんと撮影出来たら よかったんですが
見て頂けて嬉しいです heart
いつか北海道に 実物を見にいらしてくださいね♪
 
スマイル。
あは、作った かまくら(穴だけですけどね)が
つぶれちゃったよ、と写メールをしたら
ニコちゃんの口だね、と返事が来たもので
作ってみましたよ。
今の穴は もっとつぶれてしまっています ( ´艸`)プププ
 
スノーランタンフェス。
花mameが行ったのは この時だけでしたが
2月中には 何か所かで 日にちを分けて開催されていたようです。
冬期間に街中を回ると 結構 個人のお宅前でも
小さな雪まつりをやっていたりするんですよ (*゚▽゚)ノ
 
何事も 良い面、悪い面とありますが
悪い面ばかりを見るのは 決して建設的ではないですから
それを良いことに生かしていくことが大切だなぁ と思いますね。
 
3月になっても 大雪のこともある北海道ですが
少しずつ春の足音が聞こえてきていますよ。
冬も幕を下ろしかけてるので
花mameも南下しようかな と思っています。
いつも お気遣いありがとうございます ヽ(´▽`)/

投稿: 花mame | 2014年3月14日 (金) 12:31

>トムジェリさま
 
こんにちは♪
 
樹氷、実際に見ると 小さな氷の粒が木にびっしりと付いていて
本当に綺麗なのです shine
こんなふうになるのには 放射冷却で気温が とても下がった日の朝で
なので その日は とてもよく晴れるのです。
青空を背景にすると白さが際立って ますます美しいです。
 
北海道に生まれた者は ひょっとしたら
DNAに 雪との上手な付き合い方が刷り込まれているのかもしれないですね ( ´艸`)プププ
いやいや、古来からの経験に裏打ちされているのですよね。
 
瀬戸内ですか。
いい場所ですね。
そうそう、未明の地震での被害はありませんでしたか?
大きな地震だったようなので心配です。
 
粉砂糖を振りかけたような山々。
こちらの初冬の風景のようです。
温暖そうに見えますが 夏はやはりキツイのですね。
 
我がイナカも
元々盆地で 夏暑く冬寒い土地柄なのですが
ここ数年、夏はエアコンが必要じゃないかと思うほど
(実際 付ける方も増えてきています)
暑い夏になってきました。
期間は そう長くないですけども。
初夏あたりでは日本一の暑さになることもあるのです。
夏と冬の差が60度以上なのですよ (;´д`)トホホ…
 
雪も結構楽しめます♪
売るほど(売れませんけど)あるので
何かで使わないと o(*^▽^*)o
 
当地は 北海道の北の方なので
梅や桃は ありませんが
南の方では 一度に咲くと聞いていますよ。
桃源郷のようなイメージですね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2014年3月14日 (金) 12:49

こんにちは♪
花mameさんの実家の桜・・・
青空が樹氷の美しさを際立たせて
ずっと見ていたい気持ちになります。
北国ならではの美しい光景ですね。
スノーランタンフェス、
キャンドルの暖かみのある優しい色に
包まれてすごく幻想的ですね。shine
雪の多い北国の人が、暮らしの中に
楽しみを見つけて暮らす様子が
よくわかります。(*^_^*)

やっと待ちわびていた春がそこまでやってきた
ような気がします。happy01
今日の関東地方は気温が上がり春の陽気になりました。


投稿: りんちゃんパパ | 2014年3月16日 (日) 14:35

>りんちゃんパパさま
 
こんばんは☆
 
こちらも ようやく降っても積もらず
解けてくれるようになってきました。
とは言え、まだまだ安心は出来ませんけどね ( ´艸`)プププ
 
これからは 雪を早く解かすための
雪割りと言う作業が始まります。
スコップを入れると ザラメのようになった雪に
サクッと入っていきます。
 
樹氷、青空が際立たせていますよね。
雪の積もった木とは また違った美しさです。
 
スノーランタン。
話には聞いていましたが
実際に見たのは初めてでした。
数があったので ますます幻想的な感じがしましたよ♪
 
御地も春が近付いて来ましたか (o^-^o)
春の訪れとともに 花mameも そろそろ南下致します cherryblossom

投稿: 花mame | 2014年3月16日 (日) 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お雛様 | トップページ | 春は恥ずかしがりや »