« お花見 - 2013 - 番外編02 | トップページ | 懲りずに4月中旬のこと »

2013年6月 2日 (日)

中山道・板橋宿近辺 散策

梅雨に入ったと思ったら、すぐに 晴れ間続き。

今年の梅雨には 体力が ないのかしら。

まさか 空梅雨 ・・・ なんてことは ないですよね。

 

 

 

昨日から 6月。

なのに、今日も また 4月の話題なんて (´・ω・`)

来年のことを言うなら 鬼が笑うのだろうけど

過去のことを記事にしたら 何に笑われるのでしょ。 

 

 

 

さて、過去のことは 簡単に ・・・

と言いつつ、また 長くなったりして、ね。

 

 

 

 

 

 

Rimg0043

これは 近所の幼稚園にあった 菜の花畑。

背も高いし たくさん植えられていて なかなか 壮観でした。

 

 

 

この日も ただ お散歩に出かけたはずなのに

なぜだか たまたま行き着いた駅から 電車に 乗ってしまい ・・・ 。

 

 

着いた先は 中山道の ある街。

 

 

 

 

 

 

Rimg0044

街道の途中にあった 植え込みの中にいた 猫にゃん。

かなり 貫禄が ありました。

 

 

 

 

 

 


Rimg0045

板橋の地名の元となった 「 いたばし 」 。

 

 

 

 

 

 

Rimg0048

日本橋から出て 中山道六十九次のうち

最初の宿場町が 板橋宿だそう。

 

 

 

 

 

Rimg0046

4月下旬のこと、川には 近くの小学生が作った、

こいのぼりが 飾られていました。

 

紙で作られたものなのかな、と 思ったら

しっかりと ビニール風のもので加工して 作られていました。

これなら 雨風にも耐えられます。

 

 

 

歩いて行くと近くに 「 ボローニャ子ども絵本館 」 が あったので

ちょとだけ 寄ってみました。

 

絵本館とは言え、閉校になった学校を利用した施設で

絵本を所蔵しているのは 昔 学級だっただろう 小さな部屋。

世界の絵本が 2万冊以上 見られるのだそうですよ。

ただ 貸し出しはしていなくて 部屋の中で 読むだけの様子。

親子連れが 結構 来ていました。

 

ただ 駅からは 結構あるので

歩いて来ようと思うと 大変そう。

 
 
 
 
 

Rimg0052

駅へ向かう途中にあった 鐘楼のようなもの。

さすが 昔の宿場町。

江戸情緒たっぷりな感じです。

 

 

今年は 「 街道歩き 」 なんてのも いいかもなぁ、

と 思った おでかけでした。

|

« お花見 - 2013 - 番外編02 | トップページ | 懲りずに4月中旬のこと »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

おおおっ!!

板橋とは地元ですよ~happy02
私の生まれ育った街ですhappy01
今は、同じ区内でも離れたことに住んでますが
もうちょっと早い時期でしたら
その辺は桜が見事なんですよheart01
ボローニャの小学校から
旧中山道に出てきた所に
縁きり榎があって、結構有名なんですよ。
旧中山道を歩くなら、三田線の駅が近いですhappy01

投稿: だーしょんまお | 2013年6月 3日 (月) 05:12

おはようさん。


街道の 四月の端を 遊びけり 海ton

梅雨晴れ間 ほんにお前は 空梅雨よ 海ton


・・梅雨は梅雨らしくぅ・
まあね、うちは毎とし空梅雨っぽい。
こう降らないと雨が恋しい。

出かけるときには、晴れててほしい。

「中山道・板橋宿近辺 散策」
・・猫がいい味だしてますなぁ。

投稿: 海ton | 2013年6月 3日 (月) 06:04

>だーしょんまおさま
 
おはようございます。
 
おぉ、そうなのですね。
すっかり お邪魔させて頂きましたよ♪
 
この日は 三田線の区役所前で降りて歩き始めました。
さすが 街道沿い、商店が たくさん並んでいて
昔から賑わっているのだろうなぁ と思いました。
 
そうかぁ、桜がキレイなんですね。
来年の花見コースのひとつに 加えさせてもらいます cherryblossom
 
縁切り榎。
聞いたことがあります。
皇女和宮が輿入れする際に ここを避けて通ったとか。
 
まだまだ見所が多いですね。
また 行ってみたいと思います (o^-^o)
 
 
 
 
 
>海tonさま
 
おはようございます。
 
おぉ、今日も お歌を ありがとうございます。
 
今日も 当地は晴れです。
今週いっぱいは雨の予報がなく
ちょっと間違って 早めに入梅を告げてしまった、
なんて話も聞きました。
前線が戻って来たら また雨になるのでしょうが
生活する上において 晴れは ありがたいです。
もちろん、適度に雨は必要ですが rain
でも、これは 人間のわがままですね。
 
中山道散策の猫にゃんは このコと
その近くにいて草むらに逃げ込んだ もう1匹だけでした。
この日も雨模様だったので 他の猫にゃんは
お家の中だったのでしょうかね cat

投稿: 花mame | 2013年6月 3日 (月) 10:05

こんにちは
 
 
関東地方の梅雨入り発表は、ちょっと急ぎすぎたかも
しれませんね。6月10日前後の例年でも、発表後しばらくは
空梅雨か?なんて感じの日が多いものですが…
 
 
そっか、板橋は中山道の宿場町だったのですね。
地名の元になった板橋… まぁ 本当にこの板の橋が?
ちょっと思いがけないことでした。今でもちゃんと
木の橋を守っているのですね。
幼稚園のたくさんの菜の花、可愛い鯉のぼりたち、
閉校になった学校を利用しての絵本図書館…
なんだかここに暮らす人たちの温もりが感じられる
ような気がします confident
ニャンコちゃんも幸せ○とりでしょうか~ smile
目を細めて、ニャ~ンと懐っこい鳴き声がしそうですcat
  

投稿: ポージィ | 2013年6月 3日 (月) 11:03

そのあたりは私の散歩コース
……というか、やっぱりほとんど地元です~。
でも、その絵本館は知りませんでした。
今度探してみよう^^

地名の由来だというその橋を見たときは、
私も「お~!」と思いましたが、
ネットで調べてみると、
板橋氏という豪族もそのあたりに住んでいたそうで。
どっちが先やら???

投稿: Robin | 2013年6月 3日 (月) 11:56

>ポージィさま
 
こんにちは。
 
ちと 早まったようですね rain
長らく予報をしている人たちでも
なかなかピタリとは当てられないようで。
天才気象予報士 安倍晴子
(ご存知でしょうか?ドラマお天気お姉さんのヒロインです)
なら、ピッタリ 言い当てたかもしれませぬ。
 
旧中山道の宿場町。
今回行ってみて ほぉ、と納得しました。
日本橋の方には よく出かけるので
今度 歩いて板橋宿に行ってみようかと思いましたよ。
しかし10キロ642メートル。
一日じゃあ無理だなぁ ( ´艸`)プププ
そう考えると 昔の人は健脚でしたね。
 
この板橋は 結構 新しそうなので
多分 何度も架け替えたのでしょうね。
最初に「板橋」と付いたのは 800年程前だったそうですから
当然 その頃のものではないですよね ( ̄▽ ̄)
 
あぁ、そうですね。
今日は 本当に温もりを感じるようなことばかりでしたね♪
 
猫にゃん。
顔に対して 身体のデカさよ・・・。
まるで 巣で卵を温めているふうでした cat
 
 
 
 
 
>Robinさま
 
こんにちは。
 
おぉ、そうなのですね。
Robinさんの地元でも ありますかぁ。
ここを お散歩コースにされているとは羨ましいなぁ。
 
何か 面白いものがあったら
今度の お散歩の参考にしますので 教えてくださいませ。
 
絵本館。
教室、否 お部屋の戸が閉まっていたので
何だか 入りづらくて
廊下の展示絵本を見ただけで 帰って来ました。
世界の絵本、今度は 「勇気」を持参して 見て来たいと思いますbook
 
名前の由来。
豪族説も あるのですね。
郷土史などを見れば 何か わかるかもしれませんね。

投稿: 花mame | 2013年6月 3日 (月) 13:54

猫さん。。。。
顔と体のバランスわる~~m9(^Д^)プギャー
そうとう良いもの食べさせてもらってるんでしょうね。
顔は太らなかったのねんo(*^▽^*)o

投稿: マック | 2013年6月 3日 (月) 14:12

>マックさま
 
こんにちは。
 
あはは o(*^▽^*)o
ホントに バランス悪しですよねえ。
見た目、野良さんみたいだったのだけれど
これだけメタボさんてことは 飼い猫でしょうかね。
 
それとも、この街は 野良さんにも優しいのかしら ( ´艸`)プププ

投稿: 花mame | 2013年6月 3日 (月) 14:56

こにゃにゃちにゃん。

おおお~!
お散歩のつもりが、ふらりと電車に乗って小旅行・・・なんて素敵な気分でしょうかなあ~☆
ええですよなあ、そういう「ふらり」って♪

それにしても、植え込みの猫にゃんは、かなりデカリンとお見受けしましたですぞ。
お顔は小さいのに、首から続くボディが・・・!!!
まるで首と身体が別もののようですなあ。
あははっ。
でもカワイイから、それでいいのだ♪

こいのぼりんも、かわええですなあ。
大人が作成したクオリティの高いこいのぼりんも良いですが、
子ども特有のフリーダムな感じのもステキですなあ。
なんか、見ているだけでほのぼのしますですな。

菜の花、橋、猫にゃん、こいのぼりん・・・
花mameちゃんの、リラックスした雰囲気を映したようなお写真を満喫させていただき
ゴン太もリラックスさせていただきました~♪

投稿: ゴン太 | 2013年6月 6日 (木) 14:44

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます〜 heart04
 
いつもながらの 「行きあ旅ばっ旅」で (o^-^o)
これで思ったのが 「ICカードは常に持って歩かなくてはいけないなぁ」 と言うこと。
行く先を決めてから チケットを買わなくてはいけませんものね。
 
猫にゃん。
かなりのデカリンでしたぞ!
なのに 頭が小さい。
いや、頭は普通で 身体がデカリン過ぎるのかもしれませんね。
きっと カメラを向けても逃げなかったのは
人慣れしているせいと言うより
動きたくなかったのかもしれませんね ( ´艸`)プププ
 
こいのぼりんも なかなか味があって良かったですよ。
お子の描くものは 時にハッとするほど魅力的だったりします。
おっしゃるように「フリーダム」なんでしょうね。
大人は 頭で描くところがありますが
お子は 心で描くのかもしれないです art
 
のんびりした感じが伝われば 良かったです (*゚▽゚)ノ

投稿: 花mame | 2013年6月 6日 (木) 19:55

再※お邪魔しまんもす。
&おはようございますですなあ。
花mameちゃんのお言葉に「はっ」としたので、
ついコメントしてしまいましたです。

>お子は 心で描くのかもしれないです

!!!
まさに!
そういう発想で子どもの作品を見たことがなかったですが、
いわれてみれば、確かにそのとおりですよなあ。
感じたままをあらわしたのが、子どもの作品の特徴なのかもですなあ。
花mameちゃんの観察眼には、脱帽ですなあ~☆

投稿: ゴン太 | 2013年6月 7日 (金) 09:12

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん♪
 
再※ ありがとうございまんもす ヽ(´▽`)/
 
あは、「はっ」とさせてしまいましたか〜。
いやいや、観察眼などではなく
ゴン太さんのおっしゃる「子供特有のフリーダム」は
どこから来るんだろう、なんて考えてみたのですよ。
 
時に 大人の絵画サークルの展示会より
何かのイベントで飾られている お子の絵の方が
描いているものの 心を突いていることが ありますものね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2013年6月 7日 (金) 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お花見 - 2013 - 番外編02 | トップページ | 懲りずに4月中旬のこと »