« SPRING MUM | トップページ | 府中市郷土の森博物館 »

2013年4月24日 (水)

「 かわいい江戸絵画 」 展

夏のような気候だったか と思ったら

先週末には 冬の気候に 逆戻り。

 

皆様、気温差に風邪など 召してはおられませぬか?

 

昨日 今日は 幾分 暖かな気がしますが

今日は 昼前から チョボチョボと 雨が降っていました。

予報では 雨、雨、と 言っていたので

ものすごい雨か と思ったら そうでもなく。

とは言え、陽射しがないと 肌寒いものです。 

 

風は 相変わらず 強し。

 

つい先程から 太陽が顔を覗かせています。

けど、この記事が上がる頃には きっと沈んでいるな ( ´艸`)プププ

 

 

 

さて。

花mameの 何となく不調は ゆる~く 継続中。

でも、休んでばかりいると 生活のリズムが狂ってしまう。

 

と 言うことで

先週の土曜日から 積極的に お出かけするようにしています。

 

5日間の総歩数は 59000歩程。

最初は 足が痛かったりしましたが 今は もう慣れてしまいました。

 

 

 

で、昨日は 仲の良い友人とともに 美術館に出かけて来ましたよ ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

Img_0147

「 かわいい江戸絵画 」 in 府中市美術館。

 

「 かわいい 」 と言う感情に注目して 江戸の絵画を観る。

新しい切り口だなぁ と思います。

 

 

まずは 「 かわいい 」 とは 何ぞや?

と言うところから 始まり、

掛け軸、屏風絵、扇面、などなど

たくさんの絵を 楽しむことが出来ました。

 

 

「 かわいい 」 の 最初の意味は 「 恥ずかしい 」 だったんだそうですよ。

 

こう言う 内向きの感情だったのが そのうち 外向きのものになって

「 かわいそう 」 などの 意味合いとなり

そう言う 弱いものを守りたい、と言う 気持ちから

小さいものを 愛でる、ぽつねん とした存在を 可愛らしい、

と思う感情となり、

今現在の意味となった のだそう。

 

花mameの頭での 理解ですから

正しくは 間違っているのかもしれませんが

概ね このような説明書きが ありました。

 

 

 

もうひとつ 花mameが思った この展示会での 「 かわいい 」 は

ひょっとしたら

掛け軸とか 屏風絵とか、

日本の絵画は 難しい、と 捉えられているのではないか。

 

  

なので 円山応挙とか 狩野派の絵師たちなどの 大御所が

イレギュラーで わかりやすい、

単純化されたような絵を描くと

「 かわいい 」 と 思うのではないか。

と言うこと。

 

 

見たこともない トラの絵を

想像だけで ( 想像だから? ) ユーモラスに 描いてあったり

猫の絵、犬の絵、猿の絵、鳥の絵、人の絵 ・・・

どれも 観ると どこか おかしみがあったり、ホントに 可愛くて

思わず 微笑んでしまう絵が 多かったです。

 

 

 

展示を 見終わった後、

出た所で 何やら 人だかりが ・・・ 。

 

 

 

 

 

Img_0148

テーブルがセットされていて

江戸絵画の中から いくつかの絵が印刷された用紙と

様々な色のリボン、それを 留めるためのシールが 置かれてあり

オリジナルのブックマークが 作れるようになっています。

もちろん 無料。

 

花mameは、上の画像の2枚を 作ってきました。

 

 

 

もうひとつ。

 

 

 

  

 

Img_0149

真っ白な葉書と スタンプも いくつか置かれてあったので

ポストカードも 作ってきました。

 

これは 単純なだけに センスが問われそうですが

何だか とっても 楽しかったですよ ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

この美術館は 府中の森公園の中にあり、

テニスコートがあったり 日本庭園があったり

季節の花々が楽しめる 憩いの場所となっています。

 

 

 

 

 

 

Rimg0001

藤が満開の季節。

 

 

 

 

 

Rimg0002

微妙に ピンク色の 藤も。

 

 

 

 

 

Rimg0005

日本庭園に あった池。

近くで 男性が絵を描いていました。

さすが 美術館の近く (o^-^o)

 

 

 

 

 

Rimg0007

空腹を満たすのに 美術館に併設された レストランに入ったのですが

大きなガラス窓から こんな花が見えました。

 

友人が アレは 何の花?と ・・・ 。

近くの人も 花に気が付いて

「 ライラック?? 」 と 言っていましたが

 

 

 

 
 

Rimg000702_2

これは 「 桐 ( キリ ) の花 」 。

ひとつの花が 3~4センチ くらいでしょうか。

花序になると 結構な大きさです。

 

桐は 木材として タンスなどに使われますし、

家紋としても 知られていて、

特に 「 五三の桐 」 は 豊臣秀吉の家紋として 有名ですね。

 

 

ところで、

体調不良だの 何だのと ウダウダ過ごしているうちに

ネタだけは たっぷり溜まってしまいました (;´▽`A``

 

ゴールデンウィークまでに 少し アップしていかないと

夏になっても春の話題、と言うことに なりかねないので

出来るだけ スピードアップして行きたいと 思っています。

 

いつもながらに 備忘録のような記事なので

興味のないところは 遠慮なく スルーして行ってくださいませ o(_ _)oペコッ

|

« SPRING MUM | トップページ | 府中市郷土の森博物館 »

おでかけ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

藤が見事ですね。
美しさにうっとり(´∀`人)

投稿: 魔人ぷぅ | 2013年4月24日 (水) 20:25

>魔人ぷぅさま
 
こんばんは ☆
 
藤の 一番綺麗な季節ですねえ。
昨日は 別の場所でも満開の藤を見つけました。
また後日アップしますので お時間のある時に
ご覧になってみてくださいね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2013年4月24日 (水) 22:31

こんばんは♪

まだ体調が万全とはならないようですね。
外出して気分転換するのはいいことですね。good
美術館で江戸絵画を観たり、公園内を散策して
季節の花を楽しんだり、良い一日を過ごせましたね。
なにげなく使うかわいいという言葉も
最初はぜんぜん違う意味だったんですね。w(゚o゚)w
桐の花の写真、いまでは珍しいですね。
最近は桐の木をあまり見かけなくなりました。
5日間で59000歩~けっこう頑張っていますね!(*^_^*)

投稿: りんちゃんパパ | 2013年4月25日 (木) 00:13

>りんちゃんパパさま
 
おはようございます。
 
はい~ 朝起きて スッキリしていると
今日はイケるぞ!と思うのですが
リズムが狂っていると なかなか そうもいかないことに
身体の方が やっと気づいてくれました (;´Д`A ```
血が滞っていたのか、
ここ数日の散歩で だいぶ良い感じになってきましたよ (o^-^o)
素晴らしい絵を観て 公園の良い空気に触れて
気分転換出来たのも大きいと思います。
ご心配かけて すみません。
 
かわいいの意味、驚きでした。
普段使っている「かわいい」も その定義は かなり広くて
この先 また違った意味に変化していくのかもしれない
と考えると
言葉というものは生き物なのだなぁ と改めて思います。
 
 
桐の花、大きさに圧倒されますが、薄紫で 綺麗ですよね。
花mameも 久しぶりに見ました。
以前、近所にもあって この季節 楽しませてくれていたのですが
マンション建築の為に いつのまにか無くなっていました。
それなのに 敷地には新しい緑を植えたりして・・・。
生かす手立ては なかったものか、
何だかオカシイものだなぁ と思います。

投稿: 花mame | 2013年4月25日 (木) 09:46

初めて見た桐の花にびっくり

「五三の桐」って秀吉の家紋だったのね

よくみたらパスポートも五百円玉も桐だった
勉強になるなぁ

昔は身近にもっとあったんでしょうね~

投稿: あずさ | 2013年4月25日 (木) 11:46

こんにちは
 

リズムを取り戻されるべく、行動開始ですね。
それもいいかもしれませんね。でもすごい歩数に wobbly
 

私は夫共々(夫の方がもっと)慢性の睡眠不足でくたくた。
大型連休は毎年春休みとしてブログもお休みするのですが、
今年は休みを指折り数えて待ってます。
でも、休みに入ってからゴロゴロばかりではきっと
10日後もリフレッシュできていないかもしれませんね。
まぁ、剪定とかやらなきゃいけないこともあるので…
 

「かわいい江戸絵画」他のブログ友さんも観にいらして
記事になさってましたが、花mameさんの記事も拝見して、
あらためて「かわいい」という表現に思いを巡らせました。
時代と共に変わりつつ、そして色々な意味のある言葉
なのですよねぇ。
日本の特に若い女性たちが好んで使う「かわいい」の対象は
コロコロ変わって色んなタイプのものに「かわいい」と
言ってますけれど、多少ニュアンスは違えども、根本には
昔から日本人の中に培われてきた「かわいい」があるのかも
しれないなぁ…などと(^^)
 

しおりにポストカード♪ ちょっとしたこんな手作りも
楽しいものですね。
 

明後日から春休みに入りますので、コメントもお休み
してしまうと思いますが、花mameさんの記事はみんな
見せていただくつもりです~(^^)
 

投稿: ポージィ | 2013年4月25日 (木) 11:51

もう、藤が咲いてる季節だったんですねぇ~。
いやぁ~。毎日が無駄に過ぎていくような気がしてしょうがない私(笑)。
そんかし、体と心は癒されまくりです(ノω<;)
ホントに可愛いものを愛でながら、楽しい毎日を過ごしていたいものですよね。
花mameさんのそこはかとなく続いている体調不良の方、気付いたら「あれ?元気になってる!」って日が早く来るといいですね。

それから「可愛い」の語彙?語源?ありがとうございましたぁぁ~ヾ(o´▽`o)ノ

投稿: saruru | 2013年4月25日 (木) 12:17

こんにちは~

美術館楽しまれたようですね。note
葉書、可愛いです。
中々センス良いですよ。

藤、桐の花、とても綺麗~shine

「かわいい」美術品と美しい花を楽しまれ、体の不調も和らいだことと思います。

投稿: part_h | 2013年4月25日 (木) 16:11

桐の花初めて見ました~感動~
桐って燃えにくいらしいから
大切な物を入れて置くのに最適みたいです


投稿: | 2013年4月25日 (木) 21:11

>あっちゃん
 
こんにちは ♪
先日は お付き合い頂き ありがとう ♥
桐の花、最近は めっきり見かけなくなったので
あの日見られて 嬉しかったですわ。
 
そう、桐花紋(とうかもん)は 政府の紋章なので
パスポートに付いているのよね。
500円玉!
身近すぎて気が付かなかった!
教えてくれて ありがとう ヽ(´▽`)/
 
 
 
 
 
>ポージィさま
 
こんにちは。
 
きっと 身体も やっと目覚めたのでしょう。
動きたくない時は
いくら頭で動かなきゃいけないと わかっていても
身体が許してくれないのです。
 
なので、ポージィさんも この大型連休には
ご夫婦ともども 十分お休みになって
日頃の睡眠不足を解消なさってくださいね。
 
うちのブログは逃げませんから
お時間のある時に覗いてみてくださいね。
って、昨日もアップしようと思っていたのに
やること満載で手が回りませんでした。
この調子で行くと 夏まで春の記事・・・が
現実のものとなりそうです (;´Д`A ```
 
かわいい展。
女性が圧倒的に多かったです。
やはり「かわいい」は 女性を引き付けるのですよね。
おっしゃるように 根本にあるかわいいの意味は
不変なのかもしれませんね。
それが何なのかは うまく説明出来ませんが・・・。
 
かわいい に 注目しつつも
絵師たちの力量も 十分に堪能出来るのです。
絵の上手な人は 基本デッサンが上手なので
どれだけ崩した絵でもバランスが良く
観て満足出来るのですね。
 
おまけの手作り。
よく考えられているなぁ と思いました。
展示会の感動が そのまま持ち帰られるのですもの (o^-^o)
 
では、十分お休みになって
サーカスも楽しんで来てくださいね ♪
 
 
 
 
 
>saruruさま
 
こんにちは。
 
はい~ 藤は満開の時期を迎えています。
東京では 亀戸天神のものが有名ですが
そこかしこの公園で 見事な花を見ることが出来ますね。
 
いやいや、毎日が無駄に過ぎることはないですよ~。
何もしない状態であっても
この次のステップの為の時間だと思います。
 
かわいいの最初の意味、ビックリですよね~ w(゚o゚)w
そして、かわいいものは癒されますね ♥
人それぞれ「かわいい」と思うものは違うでしょうが
見つけた時に だれもが ほっこりするものですよね。
 
そう!
体調の良くない時って、良くない状態を すごく意識して
いつまで続くのかなぁ、なんて思うんですけど
治る時は 気が付かないものなんですよね。
今は GWを有意義に過ごすべく 身体も整える気になったようで
少しずつ行動出来るようになって来ましたよ。
ご心配 ありがとうございます ヽ(´▽`)/
 
 
 
 
 
>part_hさま
 
こんにちは。
 
はい~ 楽しんで来ました ヽ(´▽`)/
美術館も 季節の花も 癒してくれた感じで
体調は戻りつつあります。
 
おぉ、part_hさんに褒められたら 上出来ってことですね!
ありがとうございます ♥
 
 
 
 
 
>No Nameさま
 
こんにちは。
 
初めて ご覧になりましたか (o^-^o)
何せ 高い所に咲いていたので
あまり良い写真が撮れませんでしたが
雰囲気だけは伝わっているでしょうかね。
 
なるほど~
軽いと言うことと 湿気を防ぐと言うことは 知ってましたが
燃え難いと言うことは 初めて知りました。
ありがとうございます ♥
 
昔は 火事も多かったでしょうし
そういう用途で作られたものも たくさんあったのでしょうね。

投稿: 花mame | 2013年4月26日 (金) 11:36

こにゃにゃちにゃん。
日が経ち過ぎて、おそらく花mameちゃんがこの記事をアップされた頃と近い気温と思われる秋になってしまいましたが、コメントさせていただきマンモス。
はは。

かわいい江戸絵画。
展覧会のコンセプトを、この切り口でもってくるとは、
流石、絵のスペシャリストさんは素晴らしいですよなあ。
古い絵画は敷居が高いイメージがあったりしますが、
こんなタイトルの展覧会でしたら、
様々な人が、江戸時代の素晴らしい作品をご覧になったことでしょうなあ~。
絵画に造詣が深い花mameちゃんや土higeさまは楽しまれたご様子ですし、
絵と関わりがないゴン太ですら、見たかったなぁ~と思いましたですなあ。
って、それは、花mameちゃんの記事が良く書かれているからでしょうかな。

ブックマーク!
素敵なコーナーですなあ~。
さっき見てきた作品が、自分の「しおり」になるだなんてステキです!
お気に入りの作品が印刷されていたら、
更に嬉しいことでしょうなあ。
あは♪

投稿: ゴン太 | 2013年10月 1日 (火) 11:56

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ☆
いつもコメントありがとうございます♥
ゴン太さんなら いつであろうとウエルカムですよ ヽ(´▽`)/
 
「かわいい」と言うコトバが もてはやされている昨今ですから
ある意味 タイムリーなテーマを持ってきたのですよね。
それにしても 江戸絵画を かわいいで くくるとは
企画した方は素晴らしいと思います。
 
ゴン太さんが見たいと思ったのは
記事のせいではなく、切り口の新しさだと思うのですよ (o^-^o)
きっと ゴン太さんなら楽しめたと思います。
直球でかわいい、変化球でかわいい、
様々な可愛らしさが あふれていましたから♪
いつかまた どこかで こんな展示会があるといいなあと思います。
 
ブックマーク。
見終わって すぐ作らせるところがニクイですよね。
興奮冷めやらぬところですから
どんどん作りたくなってしまいますもの ( ´艸`)プププ
でも もったいなくて使えないので
実用的とは言えないかもですね。

投稿: 花mame | 2013年10月 3日 (木) 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SPRING MUM | トップページ | 府中市郷土の森博物館 »