« 春が近づいて来た | トップページ | 帰京します »

2013年3月20日 (水)

姿は無くも光は残る

当地も 少しずつ春が近づいてきたようで

陽に 雨に 風に

雪が 少しずつ 少なくなってきています。

 

でも、明日には また ちと荒れるとか。

とは言え、多分 これは冬将軍の悪あがき。

これから いくら降っても

家の周りの雪の山は それほど高くは ならないでしょう。

 

                                と 信じましょう。

 

 

これからの季節が ある意味 雪国の醍醐味。

雪の山を崩しながら 解けやすくする 「 雪割り 」 と言う作業をしつつ

あぁ、昨日より こんなに雪が解けてきた、

なんて 思いつつ ほくそえむ。

いや、嬉しいものなのですよ。

 

足元の悪い日々は まだ しばらく続きそうですけどもね。

北国のみんな、長靴履いて 頑張ろう!!

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

130317_133937_ed

春の花、チューリップ。

お子が絵に描く チューリップそのものの姿です。 

 

 

 

 

 

時は さかのぼって 1月末の話になります。

 

いつも 懇意にして頂いている、

当地のお花屋さんの お父様が亡くなりました。

 

大きな身体に いつも笑顔を絶やさず、

赤いチェックのシャツが よく似合う方でした。

 

数年前に入院されてから

家族の方たちが 一生懸命 お店を守り立てていました。

でも、やはり 家族の方も お店も ちょっと寂しそうだった。

 

 

訃報を聴いた日、お通夜に参列しました。

一通りの儀式が済んだ後

友人始め 遺族の方に ご挨拶をして 外に出ました。

 

ポツポツと歩いて 帰宅の途に付いたわけですが

息も凍るような 寒い夜、

ふと 夜空を見上げると 真正面に オリオン座が見えました。

 

 

 

冬の星座の代表格。

いつになく クッキリと姿を見せた その星座の ひとつの星、

ベテルギウスが 既に無いかもしれない、との話があります。

星座を象る 星々の中で

最も 寿命が近づいている と言われている星なのだとか。

 

 

ベテルギウスは 地球から 640光年 離れている天体で

今 地球上から見える この星は 640年前のものなので

ひょっとしたら もう超新星爆発を起こして 消滅しているのかもしれない、

と言うことなのだそうです。

 

 

 

既に 消えていても 光は残る。

 

 

きっと お花屋さんの お父様も 同じなのでしょう。

 

大事な人を亡くした 家族の心の中には

その存在は キラキラと残っているし

受け継いだことも 多いに違いない。

 

 

そんなことを思った 帰り道。

 

 

 

 

今日は早くも お彼岸の中日となりました。

 

 

 

 

 

130317_134045_ed

|

« 春が近づいて来た | トップページ | 帰京します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - その他」カテゴリの記事

コメント

赤い星ベテルギウス
あ~富良野で星空見てみたいですshine

投稿: kei | 2013年3月20日 (水) 18:37

こんにちは
 

お花屋さんのお父様、ご家族にもご友人にも
愛され親しまれてきた方なのですね。
どんなにか寂しい思いをしていらっしゃることでしょう。
でも、そうですね。姿は消えても皆さんの心の中に
いつまでもキラキラと光を放つ存在であり続けるでしょう。
花mameさんのこのお言葉、そのままご家族に
お届けしたいですね。
 

オリオン座は私が初めて知った星座の名前。
小3のとき、祖父が亡くなった12月の空に輝いているのを
見上げてのことでした。祖父を思い出す星座です。
そのうちの一つが、もしかしたらもう存在しないかも
しれないのですね。知りませんでした~
 

彼岸荒れ… 被害が出ませんよう祈ります。
お気を付けくださいね。

投稿: ポージィ | 2013年3月21日 (木) 10:00

こんにちは♪

北海道の暴風雪のニュースをテレビで見ました。typhoon
あちこちの道路で多重事故が起きたようですね。
今の時季にこんなに荒れるとは想像できませんね。
花mame家は大丈夫でしたか?
関東は昨夜から今日にかけて、怖いくらいの強風が
吹き荒れました。coldsweats01
もうソメイヨシノが咲き始めているというのに・・・cherryblossom
「雪割り」という作業があるのは知りませんでした。
今回の積雪でまた雪の壁が高くなってしまいましたか?

投稿: りんちゃんパパ | 2013年3月21日 (木) 16:42

>keiさま
 
こんにちは ♪
 
そう、赤い星。
「赤」と「星」と見ると「赤い彗星シャア」を思い出します ( ´艸`)プププ
 
富良野ですか (o^-^o)
きっと いらっしゃったことがあるのでは?と思っています ♪
 
我がイナカも 星空の綺麗な場所として有名で
国内2番目の大きさを誇る望遠鏡のある
天文台があるんですよ ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
 
 
 
>ポージィさま
 
こんにちは ♪
 
お花屋のお父様は 昔からの商売人と言いますか、
とても愛想がよくて お花がよく似合う方だったんですよ。
 
おぉ、そうですか、
最初に知った星座だったのですね。
花mameは 北斗七星だったような気がします。
 
そして何と、偶然にもポージィさんにとっても
お祖父様の思い出の星座なのですね。
 
星座の外枠を作る、左上の星が ベテルギウス。
和名は「平家星」と言うのだそうです。
そのベテルギウスが無くなった星座の姿を
見ることはないのでは?とは思いますが
その光が消えてしまうと
何とも 寂しい形になってしまいますよね。
 
彼岸荒れ
ご心配ありがとうございます ♥
やはり 昨日今日は荒れました。
風景も気温も まるで真冬に戻ってしまっています。
そして、やはり地吹雪による車の多重衝突事故が・・・。
今年は いつまでも苦しめられますねぇ・・・ snow

投稿: 花mame | 2013年3月21日 (木) 17:01

>りんちゃんパパさま
 
こんにちは ♪ 
 
ご心配ありがとうございます ♥
当地は 昨日も今日も
晴れたり降ったりと めまぐるしい天気で
晴れ間を見て 出かけたり除雪をしたりしていました。
荒れた日には 少々の用事なら出かけない方が賢明ですね。
 
そう、多重衝突事故がありました。
郊外に伸びる道々、
どうしても 積もった雪が強風で吹き飛ばされる
地吹雪で視界が悪くなります。
車に乗っていて 10m先が見えないと かなりコワイですよね。
 
御地も 風が強かった由、
どうか 桜が散ってしまいませんよう cherryblossom
 
はい、あの雪の山を そのままにしておくと
今年の場合、特に北側の日陰では
夏まで残っていそうな感じがします。
どうせなら崩さずに残しておけば
夏にはクーラー代わりになるかもしれませんが ( ´艸`)プププ
 
雪の山は また少々高くなりましたが
少し気温が上がれば 解けてくれるに違いありません snow

投稿: 花mame | 2013年3月21日 (木) 17:12

お花屋さんの お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

ゴン太は一昨日、業者さんのお父さんの告別式に参列しましてなあ。
業者さんが喪主だったのですが、
会葬御礼の挨拶で、涙にむせながら必死に
お父さんのことを話す姿に貰い泣きしましたですなあ。

癌で亡くなったお父さんは83歳で、
一般的に「早かった」と言われる年齢ではないのですが、
最期に本人が苦しむ姿を見て家族は辛かったみたいでしたなあ。
生きるってことは必ず死ぬってことなのですよなあ。

でも

>大事な人を亡くした 家族の心の中には
>その存在は キラキラと残っているし
>受け継いだことも 多いに違いない

花mameちゃんの様に考えられたら
残された人々も先に進めるのかもしれませんなあ。
っていうか、そうあるべきなのですよなあ。

投稿: ゴン太 | 2013年5月26日 (日) 10:03

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます。
 
お花屋さんの お父様が亡くなって 早くも明日で4ヶ月。
今頃 お父様は どこにいらっしゃるのか、と思います。
四十九日までは家の近くにいると言う話を聞いたことがありますが
いやいや、2~3年はいるんだよ、なんて話もあって
本当のところは どうなのかわかりませんが
少なくとも 家族の心の中には いつまでもいるのですよね。
 
今は 長生きの時代なので
いくつになっても 年齢に不足はない、
という言葉は 当てはまらない気がしますね。
 
人間は 記憶はないにしても 生まれる時も
母親と同じくらい 苦しみがあると思うのですよ。
命を全うする時は 魂の生まれる時と、花mameは思うのです。
だから 多かれ少なかれ 皆 きっと苦しい思いをするのですよね。
それを 近くで見ている家族は それは辛いものです。
 
でも、辛かった記憶ではなく 楽しかった思い出を
いつまでも忘れないでいたいものですね。

投稿: 花mame | 2013年5月26日 (日) 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春が近づいて来た | トップページ | 帰京します »