« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月24日 (日)

帰京します

帰京します
北国の 春に思いを残しつも
心沸き立つ 南帰航
雪降る町から 花咲く街へ

| | コメント (13)

2013年3月20日 (水)

姿は無くも光は残る

当地も 少しずつ春が近づいてきたようで

陽に 雨に 風に

雪が 少しずつ 少なくなってきています。

 

でも、明日には また ちと荒れるとか。

とは言え、多分 これは冬将軍の悪あがき。

これから いくら降っても

家の周りの雪の山は それほど高くは ならないでしょう。

 

                                と 信じましょう。

 

 

これからの季節が ある意味 雪国の醍醐味。

雪の山を崩しながら 解けやすくする 「 雪割り 」 と言う作業をしつつ

あぁ、昨日より こんなに雪が解けてきた、

なんて 思いつつ ほくそえむ。

いや、嬉しいものなのですよ。

 

足元の悪い日々は まだ しばらく続きそうですけどもね。

北国のみんな、長靴履いて 頑張ろう!!

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

130317_133937_ed

春の花、チューリップ。

お子が絵に描く チューリップそのものの姿です。 

 

 

 

 

 

続きを読む "姿は無くも光は残る"

| | コメント (7)

2013年3月14日 (木)

春が近づいて来た

また 北海道の お天気ネタで 恐縮ですが。

 

 

 

 

降って 照って 積もって 解けて。

 

こんなことを繰り返しつつ 北海道に 春はやって来ます。

でも、まだま だ引っ込み思案の春。 

大手を振って 「 春が来た~♪ 」 と言えるのは

もうちょい 先のことのよう。

 

 

だってね。

 

 

 

 

 

130311_094822_ed

物置へ通じる道は

まだ 花mameの身長を 優に超える、こんなに高い 雪の壁。

 

 

                     花mameの身長?

                     2メートルです ( ´艸`)プププ 

 

 

 

地面の方は 昨日降った雨で 少し解けましたが。

 

 

 

 

近くの道路は

 

 

 

  

 

130313_150716_ed

解けてるわ、水溜りは出来てるわ。

グチャグチャ ビシャビシャ ・・・ 。

北海道人なら わかりますよね、歩きにくいこと この上なし。

 

 

 

 

 

130313_150755_ed

冬の間、除雪車が 削りに削っていた 道路。

 

道路の硬い雪の塊を 玄関前や車庫前に置いて行かれる、と

ブーブー 文句を言ってましたが

それだけ 削って行ってくれてたから こそ

車の轍も この程度で済んでいる。

 

 

冬の間 文句言って ごめんなさい。

除雪車さん、ありがとう ♥

 

 

 

 

しかし、道路脇の雪の壁は まだまだ 高いですな ・・・ 。

 

 

 

 

ところで、室内では。

 

 

 

 

 

続きを読む "春が近づいて来た"

| | コメント (11)

2013年3月11日 (月)

時の流れと言うもの

130311_170850_ed  

 

此処にいても 彼の地にありても 同じニ歳 ( ふたとせ )

もう、と言う人 まだ、と言う人

 

 

 

時の流れの速さ と言うものは

その立場立場で 感じ方が 違うものだ。

  

 

 

心を寄せているつもりでも

そこから 遠くに暮らす者にとっては

もう2年なのか、と言う気持ちであっても

 

震災に遭って、まだ 先の見えない方たちにとっては

まだまだまだ ・・・ いくつ重ねても 足りないくらいなのだ と思う。

 

 

 

 

 

あの震災で たくさん学んだことの中の ひとつに

「 絆 」 と言うことがあった。

 

自分の周りの人たちを 大事にしよう。

つながりを 大事にしよう。

と 誰もが思ったはず。

 

 

周りの人たちの大切さ、労いの言葉、感謝の気持ち。

特別なことではなく

当たり前過ぎて 気が付かなかったようなこと。

 

 

 

でも、あれから たった2年なのに

忘れかけては いないだろうか。

 

 

 

朝の番組の中で 家族を亡くした人が

「 あの日 どうして一言 『 気を付けてね 』 と 言ってあげられなかったのか 」

と言うようなことを 話していた。

その気持ちが 痛いようだった。

 

 

 

 

人間と言うものは とかく

余計な一言は 多いのに

大事なことは 言葉足らずだったりする。

 

言ってしまったことは 消えないし

その時 言うべきだったことを

その時に戻って 言うことは出来ない。

 

時間の悲しさ、怖さは

決して戻らない と言うことなのだ。

 

 

 

今日のこの日を機に 思い出すのではなく

常に 忘れずにいたいもの。

 

 

 

 

 

14時46分。

 

我がイナカでも サイレンが鳴った。

改めて 亡くなった人たちに 黙祷を捧げ、

一日も早い復興を祈った。

| | コメント (6)

2013年3月 8日 (金)

今日は何の日

昨夜は、強風の、雨の、と ちと荒れ模様の当地でした。

雷注意報なんかも 出てたりして。

 

あ~ いよいよ 春ちゃんも 足音を立てて

冬将軍を 追い出しにかかってきたかなぁ ・・・ なんて 思いましたが

このまま スムーズに 春になるとも思えず。

 

もう 一波乱 二波乱 ありそうな気も するけれど

ないことを 希望します (*゚▽゚)ノ 

 

 

 

 

さて。

本日、3月8日は 花mameの 誕生日 (* ̄ー ̄*)

今年の土higeさんとのディナーは 先送りだけれど

また1年 平穏に 過ごして行きたいと思います。

 

 

 

今日の 「 3 」 と 「 8 」 を  語呂合わせとする 記念日が いくつかあります。

 

・ みつばちの日 ・・・ 3 ( みつ ) 8 ( ばち )

・ 土産の日 ・・・ 3 ( み ) 8 ( や ) げ

・ サワークリームの日 ・・・ 3 ( サ ) 8 ( ワ ) ー

・ さやえんどうの日 ・・・ 3 ( さ ) 8 ( や ) えんどう

・ ビールサーバーの日 ・・・ 3 ( サー ) 8 ( バー )

・ 鯖の日 & 鯖寿司の日 ・・・ 3 ( さ ) 8 ( ば )

・ 赤ちゃんと子供のカットの日 ・・・ 3 ( 散 ) 8 ( 髪 )

                                など。

 

( 「 今日は何の日 ~ 毎日が記念日 ~ 」 を 参考にさせて頂きました。 )

 

 

 

語呂合わせしやすい数字だからか

何でもあり って 感じですかね。

 

皆様の お誕生日は 何の記念日でしょ。

 

 

 

本日の記念日は まだ 他に・・・。

 

 

 

続きを読む "今日は何の日"

| | コメント (27)

2013年3月 3日 (日)

The Girl's Festival

早いもの 3月に入って もう 3日目。

今日は 桃の節句。

 

 

2月の末も 近い頃に

ご存知 実家の桜の木を 手折って来ました。 

 

 

 

 

 

130303_090431_ed

今日に 間に合うはずだったのだけれど

持ってくるのが 少々 遅かったようで

ツボミは まだまだ 硬い状態。

 

 

 

 

 

130303_090652_ed

でも、ちょっとだけ 緑色が見えてきた ♪

この調子で行くと 来週には ピンク色のツボミになるかな cherryblossom

 

 

 

 

ところで 昨日の北国の猛吹雪。

交通機関は ストップ、道路網も マヒ、

北海道では 8人もの方が亡くなると言う 悲しい事態となりました。

亡くなられた方たちには 心より ご冥福を お祈り致します。

 

 

家の中にいれば 風の音は するものの

特に問題は なかったのですが

他の地域に比べると 荒れ方の大人しかった当地でも

出かける用事のあった方たちは 大変な思いをされたと思います。

 

 

今日は 一転、晴れ間の広がる 穏やかな日。

台風一過のように

荒れた日の翌日とは そう言うものなのでしょうか。

 

そして、荒れた翌日には 除雪作業が待っている ・・・ 。

 

もう最後、もう最後と 思っているのに

今日も 除雪のやるせなさ ・・・ (´・ω・`) 

 

「 怠け者の節句働き 」 とは よく言ったもの。

今日は まさしく 「 花mameの 節句働き 」 でしたわ ( ´艸`)プププ

 

ただひたすらに スコップを振るうのも

無心になれて いいものですが

今日は何だか 色んな 「 お歌 」 が 頭の中を グルグル typhoon

 

いえ、J - POP とかではなく

和歌、短歌などの 「 お歌 」 です。

 

 

うん、

これも 退屈しなくて いいものですな (o^-^o) 

 

 

 

 

 

ひさかたの~ 光のどけし 春の日に~~

 

 

 

 

 

130303_124455_ed

静心なく~ 雪を掻くらむ

 

 

 

なんちて。

百人一首のパクリ ですけどね。

 

 

 

 

 

130303_132934_ed 

雪垣に 建ててみたきは < つち * はな > 城

夏になったら エコに 一役

 

 

                       ・・・ お粗末 ♪

 

 

でもなぁ ・・・ 実のところは

 

季節巡れば 儚くも 消ゆ 

                 てな もんですね。

 

 

ちなみに 写っている 除雪道具は

花mameの 「 戦友 」 です。

 

 

 

お口 ( 耳?目? ) 直しに ・・・

 

 

 

 

 

続きを読む "The Girl's Festival"

| | コメント (13)

2013年3月 2日 (土)

二刀流

3月に入りましたね~ いよいよ 春も近づいてきましたかね。

 

そして 野球も始まりました。

今日から オープン戦。

我がチームは 札幌ドームにて

土higeさん ご贔屓の ヤクルトスワローズと試合を行っています。

 

二刀流を目指す大谷選手は 卒業式の為、

今日は いませんが、

キャンプの様子を見るに

シーズンが とても 楽しみです。

 

 

そして 夜には いよいよ WBCが開幕、対 ブラジル戦。

我がチームからも 2選手が参加。

是非 頑張ってもらいたいものです。

 

 

 

 

 

さてな。

 

そんな 球春の今日の当地は

強風で 吹雪模様の日。

上から降る雪よりも

積もった雪が飛ばされて来る 地吹雪の方が

激しい感じです snow typhoon

 

 

 

昨日、晴れ間を使って

この数日間で 屋根から落ちた雪の始末をしました。

屋根下の雪の整理と 埋まった窓の救出。

例によって サンダーバードのテーマと共に ( ´艸`)プププ

 

それにしても 今年は何度 こんな仕事をしているのでしょ。

例年2回もやれば 間に合っているのに。

 

  

 

 

 

130218_164215_ed

見飽きた感のある 裏庭の様子。

これは 以前に 掘り出した時の山。

 

昨日、窓を掘り出したらば 除雪で出来た雪山は

下から見ると おそらく3メートルを 優に超えております。

 

 

 

 

 

130220_124011_ed

その、以前 掘り出した日の 翌日の画像ですが

また雪が積もって なめらか~な 雪山に。

 

 

 

 

 

130220_124037_ed

物置も 入り口を除いて 埋まっております。

 

ここの後の雪の整理の為には

手前の雪山に 梯子をかけて 登らなくてはいけませぬ。

 

 

この時の雪は まだ柔らかく 軽かったし

スコップで 四角く切り取っても 崩れなかったので

作業も 比較的 楽だったんですが

昨日の雪は 既に 春の雪。

 

ザラメ状の雪は

塊でスコップに乗せても

ちょっとの振動で すぐに バラバラ ・・・ と 崩れてしまうし

それを 雪山に放っても

雪山の方も 硬雪なので

滑り台に乗ったかのように コロコロ ・・・ と 転がり落ちてくる ・・・ (-ε-)

作業効率の悪いこと この上なし。

 

             雪国の人が 我慢強いのは

             こんな冬を 過ごしているからなのだろうなぁ。

 

 

 

 

 

130301_121823_ed

その雪の硬さたるや

ペットボトルが 刺さらないほど。

 

表面の雪が 暖気で解けて 氷状になっているのでしょうね。 

 

 

 

 

 

 

ところで。

 

 

 

続きを読む "二刀流"

| | コメント (5)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »