« あさんぽの猫たち vol.3 | トップページ | 酔っ払ったにゃあ »

2012年12月13日 (木)

スタペリアヒルスタ

今朝も シバレました。

最低気温が マイナス 19,5度。

でも、道内には マイナス20度を下回った所も いくつかありました。

 

北海道だけで 寒いのでなく

きっと 全国的にも寒いのだろう と思います。

 

どちらさまも ご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

さて、本日のタイトル。

「 ? 」 と言う方が 多いかもしれません。

 

 

これは 実家にある 植物の名前なのです。

 

秋になると 毎年 花が咲きまして。

 

 

 

 

 

Rimg0273

これが ツボミです。

 

 

 

 

 

Rimg0272

そして、これが 花。

モヘアの毛糸で 編んだわけではありませぬが

ふわふわの毛で 覆われています。

 

 

 

 

 

Rimg0267

花は もともと星型なのですが

邪魔するものがないと クルンと 丸まってしまいます。

 

 

 

 

 

Rimg0270

花の中心にあるのは シベ。

 

実は とても変わった匂いが しまして ・・・ (;´Д`A ```

野生の花が呼び寄せるのは ハエなのだそうです。

あ、いや、

実家のものも 外に置いてあれば 呼び寄せるのでしょうね。

 

 

 

< プロフィール >

 ・ 分   類 : ガガイモ科 ( キョウチクトウ科 ) スタペリア属

 ・ 原産地 : 南アフリカ、タンザニア、ケニア、インド東部

  

 

画像に チラッと写っている本体を見ると

まるで サボテンのようなので

ずっと サボテンの類だと思っていたのだけれど

先日のサクラランに続き、ガガイモ科だった と言うのが

つい最近 判明致しました ( ̄▽ ̄)

 

 

このスタペリアの品種名は

「 犀角 ( さいかく / スタペリアヒルスタ ) 」 と言うそうです。

 

何ゆえ 「 サイの角 」 なんでしょうかねえ??

|

« あさんぽの猫たち vol.3 | トップページ | 酔っ払ったにゃあ »

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

花mameさん、こんにちは♪

とっても珍しいお花ですね。
こういうワインレッドが好きです。
どんな香りなのか気になります(笑)

原産地が暑い地域のようですが、北海道でも育つのですね!
部屋の暖房がついていれば大丈夫なのかしら?

投稿: シンディ | 2012年12月14日 (金) 12:03

こんにちは。
ふぇ~ん どんどん下がってますね、気温。
まだまだ下がるのですか? 真冬はこれからですものね…
こちらは、この週末はちょっと暖かくなるようですよ。
土・月は雨がちのようですが。 
 
スタペリアヒルスタ ??? またもや見るも聞くも初めて。
うんうん モヘアで編んだかのよう。
見た瞬間、私の目には毛羽立った布で作った花に見えました。
茎?なんてシャコバサボテンのようですよね。
なんとこの方もガガイモ科なんですか。 それで毛が…笑
ハエさんが好む匂いを出すのですか。
他の花が少なくなってきた頃咲いて、ハエが集まるって
ヤツデの花みたいな作戦なんですね。
いや~ それにしても面白い!
花mameさんのご実家には珍しい植物がおありですね (゚m゚*)
 

投稿: ポージィ | 2012年12月14日 (金) 12:26

こんにちは~

珍しい花ですね。
初めて見ました。
やはり寒さには弱いんでしょうね?
毛は、ハエが入って来た時逃げないようにする為かな…?

投稿: part_h | 2012年12月14日 (金) 16:27

>シンディさま
 
こんばんは ☆
コメント ありがとうございます ♥
  
珍しいですよね。
どこでも見たことがなくて
科だけでなく 名前も最近知ったのですよ。
 
色は 花mameも好みです (o^-^o)
他の品種では黄色っぽいものもありました。
 
香り・・・と言うより
花なのに「匂い」、いえ、「臭い」と言った方がいいような感じです (;´▽`A``
何せ、ハエが好むのですから ( ´艸`)プププ
 
おっしゃるように 原産地の通り
暑さには強いのですが
寒さには弱いのだそうですよ。
でも 越冬温度は 5~10度だとのこと、
なので 暖房している北海道の室内なら大丈夫なのです ♪
 
 
 
 
 
 
 
>ポージィさま
 
こんばんは ☆
いつも ありがとうございます ♥
 
御地は暖かくなるのですね。
土曜は雨も降るのですかぁ・・・
土higeさん、洗濯物干せないかもかなぁ (;´д`)トホホ…
 
気温は1月、2月が底でして
マイナス20度を超える日が出て来ます。
でも 温暖化のせいなのか、
以前は マイナス30度を下回っていた日もあったのですが
そこまでは行かなくなりました。
 
やはり ご覧になったことがありませんか。
花mameも 実家以外では見たことがないので
珍しいのだろうなぁ とは思っていました。
 
そうですね、毛羽立った布で作った花。
クルンと丸まったものを見ると
コサージュみたいにも見えます (o^-^o)
 
そう、ガガイモ科なのですよ。
実家には毛深いコが多いですね ( ´艸`)プププ
 
それにしても
ヤツデと言い、なぜ ハエなのでしょうねえ。
しかも ちと調べてみましたら
ハエが、ではなく
そのお子様が受粉させるようなのですよ・・・(;;;´Д`)ゝ
 
 
 
 
 
>part_hさま
 
こんばんは ☆
コメント ありがとうございます ♥
 
やはり 初めてご覧になりましたか。
そうなのです、寒さに弱いので(とは言え、越冬温度は 5~10度だそう)
冬は 暖かなリビングにあるガラスのケースの中で育てます (o^-^o)
 
毛は なぜなんでしょうね。
受粉を手伝うのが ハエのお子様だとのことなので
ひょっとしたら そのお子様たちが
滑って落ちないようにするためでしょうかね (;´▽`A``

投稿: 花mame | 2012年12月14日 (金) 17:22

はなまめさん こんばんは(*^。^*)

初めて見ました!
お毛毛のある花びら・・
不思議ですねぇ~
勉強になりますm(__)m

投稿: tarou57 | 2012年12月14日 (金) 22:41

>tarou57さま
 
こんばんは ☆
コメント ありがとうございます ♥
 
tatou57さんも 初めてご覧になりましたか。
やはり珍しい花なのですね~。
毛のある花、
冬の今見ると 暖かそうですよね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2012年12月14日 (金) 22:46

こちらにも、おじゃましまんもす。

ほ~。
サクラランに続き、こちらもガガイモ科の植物なのですかあ。
ホント、1枚目のお写真を見た感じではサボテンと思いましたのにぃ。
でも蕾は、あまりサボテンぽくない雰囲気ですなあ。
って、だからサボテンじゃないのですよな、はは。

それにしても、なんで「犀角」なのでしょうなあ。
ツボミのカタチが似ているとか?
う~ん、もしくは
本体の伸び方が、犀のツノっぽいとか?
まさか、花弁のカタチが似ているとかではないですよなあ。
むむむ、謎ですなあ。
それは、さておき、
珍しいお花を見せて頂き、ありがとうございますですなあ♪

投稿: ゴン太 | 2013年1月11日 (金) 11:44

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます ♥
 
そう、ずーーーーーーーーーーっと
サボテンだと思っていたのですよ。
トゲのないサボテンも なくはないですもんね。
 
そう!
なぜに犀角なのか。
ちと調べてみましたら
シベの形が似ているとか 花の一片の形が似ているとかありました。
花mameは ひょっとしたら本体の形によるのかなぁと思います。
柱状の本体に 新しい茎?が出てくるのですが
その新しい茎に 更に新しいものが・・・と
段々になるのです。
その様子が なんとなくサイの角のように見えるのですよね。
 
百聞は一見にしかず。
スタペリアで検索をすると 画像が出てくると思いますので
そちらで見て頂く方が わかりやすいですね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2013年1月11日 (金) 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あさんぽの猫たち vol.3 | トップページ | 酔っ払ったにゃあ »