« しんせつ | トップページ | アルパカ牧場 »

2012年12月20日 (木)

室内に咲く花

今朝、北海道の一部では マイナス26度に なったとか。

 

今冬、道内の最低気温を観測した その地域の住民全員に

本日、某ファストファッションのメーカーが あるプロジェクトの一環として

発熱保温のインナーを プレゼントしたのだそうですよ。

 

何とも 羨ましい、そして 何と タイムリーな話です。

 

 

 

我がイナカは マイナス12度。

朝起きると 細かい雪が降っていました。

今日も今日とて 除雪が待っておりましたよ。

 

それにしても

まだ 年内だと言うのに

異常な程の積雪量と シバレ。

 

 

先日の お天気コーナーで

これは 「 負の北極振動 」 によるもの、と言う説明が ありました。

 

 

ん?

負の北極振動 とは 何ぞや??

 

 

 

ちと 難しい話になりますが ・・・ 。

 

 

 

これは 北極の気圧と北半球中緯度の平年気圧の差 のことで

 

北極の気圧が 例年より 高く

中緯度の気圧が 平年より 低ければ

その 平年差は小さい と 言うことになり、

そう言う状態を 「 負の北極振動 」 と 言うのだそうです。

 

逆に 平年差が大きい場合を 「 正の北極振動 」 と 言うそうですよ。

 

 

 

で、問題は 「 負の北極振動 」 が もたらす影響でして。

  

極を取り巻く 偏西風 ( ジェット気流 ) が 弱く、

極からの 寒気の南下が活発となり

中緯度の気温が 平年より下がる、と 言うわけです。

 

つまりは 寒冬となり

シバレは来るわ、雪は異常に降るわ、の

今年の日本の冬の状態 となるのです。

 

 

今年の冬の豪雪などの理由は

ガッテンして 頂けましたでしょうか。

 

                             ガッテン ガッテン ガッテン ・・・ ??

 

 

 

 

外は雪が多く 寒さが厳しくても

室内には 今年も 花が咲いています。 

 

 

 

  

 

121212_085455_ed

カニバサボテン。

ぼちぼちと 咲き始めています。

 

この勇ましい花の形が 大好き ♥

 

 

 

 

 

121218_212300_ed

ベル型カランコエ。

正しい名前は わかりませぬ。

 

秋に切り戻したので 形が悪いのですが ・・・ (;´▽`A``

切り忘れたものに 花芽が付いたようです。

まだ あちこちに花芽があるので

もう少し 咲いてくれそう。

  

 

 

 

 

Rimg0279

白いカラー。

画像は 実は 夏に咲いた花。

あまりに大きくて 見事だったので 撮影してあったのだけど

アップしそびれてました。

 

 

 

 

  

Rimg0280

この優雅な曲線が とてもエレガントな感じです。

 

 

 

 

  

Rimg0278

こう見ると アンスリウムそっくり。

 

 

夏になると

畑に下ろすので 風に当たったり 栄養が良かったりするのか

葉や茎が 太く短く どっしりとしています。

 

だから 花が立派だったのかなぁ と思ったんですが

冬のカラーも 全体にスリムではあるものの

なかなか 立派なものでした。

 

 

 

 

 

そして、今が季節、と 言うものも ありまして。

 

 

 

 

 

121212_084931_ed

ポインセチアです。

 

最初は プレゼント用の 小さな鉢に入っていた、

ほんの10cm程のものだったのに

夏になると 畑に下ろし、時季が来たら 剪定し ・・・

を 繰り返すこと 4年。

今年も 見事に赤くなってくれました。

 

でも、今年は 剪定の時期を逸してしまって

ちょいと 大きくなり過ぎてしまいました。

9月になったら 鉢上げして 短日処理を始めるんですが

その時期も逸して 上げたのが 10月中旬過ぎ。

それに、その丈 70センチ超。

光を遮る段ボール箱を探すのに 苦労しました (;´Д`A ```

 

もう少し 早かったら

赤い部分が もっと 多かったんですけどね ・・・ 。

 

 

 

 

 

121212_084958_ed

ちなみに この赤い部分は 花びらではなく

「 苞 ( ホウ ) 」 と言うもの ・・・ と言うことは 何度も説明してますね。

 

花は 苞の真ん中に見える 小さな粒々です。

 

 

なぜ 苞が こんな目立つ色なのか。

一説には 本物の花に 虫を寄せるため、と言うのがあります。

 

だとしたら

花びらと 大きな違いがないような気もするのですが

花びらは 花びらで 苞は 苞、なのですねえ ・・・ 。

 

 

 

そう言えば、上で紹介した カラーも

白い部分は 花びらではなく やはり 苞 ( 仏炎苞 ) なのですね。

 

 

 

寒い季節、

雪景色をバックに見る 花たちも

なかなか 乙な物ですよ (◎´∀`)ノ♪

|

« しんせつ | トップページ | アルパカ牧場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
 
負の北極振動 うんうん、気象予報士のお姉さんが言ってました。
でもどういう現象かはよく分からなかったなぁ。
今日の花mameさんの説明でだいぶ ガッテン ガッテン!
あとは自分の理解力の問題 catface
いつまでその状態が続くものやら…
 
関東はお天気下り坂で明日は雨だそうです。
そしてその後クリスマス寒波到来だそうですね (>_<)
せめてクリスマスの日くらい、ドカドカ降らずに
ホワイトクリスマスをお楽しみになれると良いのに。
どうなるかなぁ。
 
白い世界をバックにお部屋の中で愛でるお花たちは、
ほかではなかなか味わえない雪国ならではの美ですね。
白に白も 白に赤も 美しいです。
ポインセチア、見事ですね!
(私は1シーズンで枯ら… ごにょごにょ)
 
 

投稿: ポージィ | 2012年12月21日 (金) 12:11

>ポージィさま
 
こんばんは ☆
いつもいつも コメントをありがとうございます ♥♥
本当に ありがたいです。
 
負の北極振動。
説明している花mameも わかっているような わかっていないような・・・ (=´Д`=)ゞ
 
 
 
これは 正しい説明ではないかもしれませんが
 
物は何でも 高い所から低い所に流れるので
北極が高く 中緯度が低い場合には
北極の寒さが 日本など中緯度帯に流れやすく
寒い冬になるのだ、と言うことですね。
逆だと 寒さが日本に来ないので 暖冬になると。
 
覚えるには こっちの方がいいかと思います (◎´∀`)ノ
 
クリスマス寒波は こちらにも しっかりと来てくださるようで
空からのクリスマスプレゼントが ドカドカやってくるみたいです snow snow snow
サンタさんが大雪で来られなくなるのでは・・・と
良い子同様 心配しています。
 
室内の花。
ポインセチアは・・・・ゴニョゴニョですか (*ノv`)
今年は手入れのせいか ちょいと無理のようですが
アマリリスやブーゲンビリアも咲くことがあるのですよ。

外が白い分、家の中はカラフルでありたいな と思っています ♪

投稿: 花mame | 2012年12月21日 (金) 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しんせつ | トップページ | アルパカ牧場 »