« あさんぽ色々 | トップページ | 植物園 その2 »

2012年8月30日 (木)

植物園

一昨日のニュースですが

ニホンカワウソが、

本州以南で 1979年以降 目撃されていないとのことで

絶滅種に指定されたそうです。

 

そう身近な動物ではないし

ニホンカワウソと 他のカワウソの区別も 付かないのですが

とても とても 残念に思います。

 

この時 見直されて

新たに 絶滅種となった動植物は 8種、

絶滅危惧種には 419種が 「 格上げ 」 されて

3430種と なったのだそうです。 

 

この前の改訂が 6年前だそうなので

恐ろしい勢いで 野生生物が 絶滅に向かっているということになります。

 

今回、特に多かったのが 昆虫類なのだそうですが

原因は 何なのでしょう。

生息環境の悪化は 間違いないのだろうけれども ・・・ 。

 

 

 

状況は少し 違うかもしれないけれども

クニマスの例もあるので

とんでもない所で また

ニホンカワウソ 始め 絶滅種と言われた動植物が

発見されることを 願ってやみませぬ。

 

 

 

 

 

さて、それとは 関係のない話題でありますが

7月に とある植物園に行ってみました。

 

 

 

  

Rimg0418

まだ ハナショウブも 残り咲いている頃のこと。

 

 

 

 

Rimg0429

秋の七草の ひとつ、キキョウが 咲き始めておりました。

 

結構 あちこちで見かけるので そうとは知らずにいましたが

この花も 絶滅危惧種なのだそうですよ。

 

 

 

 

Rimg0431

ヤブカンゾウ だったかな。

この日は 雨上がりだったので たくさんの水滴が付いていました。

 

 

 

 

 

Rimg0433

萩のトンネル。

遠目には よく見えませぬが

 

 

 

 

 

Rimg0434

花が 咲き始めていました。

 

そういえば 殿ヶ谷戸庭園も

萩のトンネルが 出来ているのかしら。

 

 

 

  

 

 

 

Rimg0438

黒いアゲハが 留まっている。

ピンクと黒が合うことを 知っていて来たみたい。

この花は 何て 言うのかな。

 

 

 

  
 

Rimg0422

ハンゲショウ。

半夏生の時季に咲くから、という説と

葉っぱが 半分白いことから

半分 お化粧をしたみたいだから、という説と。

 

花mame的には 後者がいいなぁ。

最初に その名を付けた人に 拍手を贈りたい (´・∀・ノノ゙☆パチパチ

 

でも、半分だけ お化粧して どうするつもりだったんだろうね (。・w・。 )

 

 

 

 

 

Rimg0423

奥の葉の上に

小さな ショウリョウバッタのような昆虫が。

まだ 子どもかなぁ ・・・ 。

 

 

 

 

 

Rimg0475

スイレン。

この池には 他に ハスや コウホネなんかも あるのだそうです。

 

 

すごく かいつまんでの記事ですが

季節に応じて 色んな花が見られるし

万葉集に詠まれた植物が植えられていたり

香りの散歩道、と 称して

芳香のある花木を並べて、更に 点字の説明板を置いて

誰でも 植物園を楽しめるようにしてある など

とても 心遣いが利いています。

 

そして 入場料が無料なのが、何とも 嬉しい植物園なのでした。

 

 

 

 

 ***  2012.9.4 追記  ***

 

クロアゲハの留まっている ピンクのお花は

「 ボタンクサギ 」 というのだと ポージィさんに教えて頂きました。

ポージィさん、ありがとうございました ♥

それと、満開のボタンクサギの画像も 追加しておきます。

 

 

Rimg0435

|

« あさんぽ色々 | トップページ | 植物園 その2 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

無料で堪能できる植物園…充実ですね!
萩のトンネル♪通ってみたいなぁ~。

投稿: saruru | 2012年8月30日 (木) 22:58

こにゃにゃちにゃん

>ニホンカワウソ

このニュース、ゴン太は先日新聞で読みましたですなあ。
絶滅の原因を追及して、広く一般に公開して欲しいなあ
と思いましたですよ。
「いなくなっちゃった!」では、どうしようもないですからなあ…。

ピンクのお花とクロアゲハさん、すてきなカップルですなあ~♪
お花、プチプチのつぼみがかわいい感じですなあ。
何か樹木のお花でしょうかなあ。

小さなバッタリン。
もしかして、オンブバッタのオスですかなあ?
違うかも。
チビチビさん、自分と同じ色の葉の上で、
お休み中でしょうか。
あは。

きちんとコンセプトがある植物園のようですな♪
点字があったり、香りも楽しめたりと
目が不自由な方も楽しめるというのも良いですよなあ。
最近は、目の見えない方も触って楽しめる博物館などもありますから、
こういう植物園が増えるのも良いことだと思いますですなあ。

万葉集に出てくる植物かあ、
どんなのが植えてあったのでしょうかなあ~。
昔、万葉集を勉強したハズなのですが、
なんかすっかり忘れてますです。
トホホ。

投稿: ゴン太 | 2012年8月31日 (金) 10:27

絶滅の理由は種によってさまざまなのでしょうが、
繁殖に適した環境が奪われたことも大きいのかも。
環境ホルモンも繁殖に影響するみたいですしね……。

投稿: Robin | 2012年8月31日 (金) 10:42

あぁ~ 緑やお花がたくさんな場所は
やっぱりいいですね。
しばらく公園歩きともお散歩とも離れているので
新鮮な空気を吸い込んだ気分を味わいました。

絶滅種に絶滅危惧種 わずか6年の間に
この数の増えようは驚きでした。
きっと、人間が絶滅に手を貸してしまったものも
相当なんでしょうね。
ほんとに、クニマスのように思いがけない所で
残っていてくれたらと思います。

投稿: ポージィ | 2012年8月31日 (金) 12:30

追伸
 黒いアゲハがとまってるピンクさんは
 ボタンクサギ です♪
 そういえばうちの庭のは全然咲きませぬ。
 やたらあちこちから顔は出すんですが。
 しいたげすぎたかな…

投稿: ポージィ | 2012年8月31日 (金) 12:34

>saruruさま
 
こんにちは clover
 
うんうん、すごく大きな植物園ではないのですが
様々な花木が 季節ごとに見られる素敵な植物園ですよ ♪
 
今頃の季節、saruruさんの お近くの植物園や公園などでも
萩のトンネルが出来ているかもですよ (*^ー゚)b
 
コメント ありがとうございました ♥ 
 
 
 
 
>ゴン太さま
 
こんにちにゃん cat
いつも ありがとうございます ♥
  
本当に何が原因なのか知りたいものですが
きっと 種によって原因も違ってくるのでしょうね。
ここ何年もの異常気象であるとか
それにともなう生息環境の変化であるとか
人間が その環境を壊しているためとか
その動植物を 必要以上に獲(採)り過ぎたためとか。
でも、原因がわかってこそ
絶滅を防ぐ手立てが講じられるのですよね。
 
ピンクのお花、
コメントをくださったポージィさんに教えて頂きました。
「ボタンクサギ」というそうです (o^-^o)
 
今 オンブバッタを検索してみました。
確かにこんなでした ヽ(´▽`)/
名前は聞いたことがありましたが
初めて見ましたよ~ 教えて頂きありがとうございました ♥
 
何度か行ったことのある植物園だったのですが
香りの散歩道は初めて知りました。
おっしゃるように
美術館や博物館も 触れる所が増えて来ていますね。
どんな方も楽しめる場が ひとつでも増えるといいと思います。
 
万葉集自体には 約160種類の植物が詠まれているのだそうです。
ここには何十種類と植えてありまして、
セリ、ツユクサ、ヒガンバナ、カワラナデシコ、カタクリ、
アセビ、ネコヤナギなどなど。
 
万葉園には詠まれた歌も。
例えば ノカンゾウは万葉呼名が「わすれぐさ」で
『 わすれ草 わが紐に付く 香具山の
  ふりにし里を 忘れむがため 』(大伴旅人)
てな感じです (◎´∀`)ノ
 
 
 
 
 
>Robinさま
 
こんにちは note
 
そうですねえ。
生き物が生きて行くためには環境が一番大事ですものね。
環境ホルモンは以前から指摘されていますから
要因としては大きいのでしょうね。
 
人間が作り出したもので
人間自身も追い詰められていっているのかも。
 
コメント ありがとうございました ♥
 
 
 
 
 
>ポージィさま
 
こんにちは tulip
 
お花の名前を教えて頂き ありがとうございました ヽ(´▽`)/
ポージィさんのお宅では咲かないのですか・・・。
咲くまでの年数とか あるのでしょうかね。
 
緑の中は いいですよね。
でも、気持ちのよい思いをした代償として
結構な虫さされが・・・(;´▽`A``
 
絶滅種が増えているのには
多分 人間が手を貸したことが多いのだと思います。
これ以上 絶滅する動植物がないことを祈りたいですね~。
 
コメント ありがとうございました o(_ _)o

投稿: 花mame | 2012年8月31日 (金) 16:21

そういえば、
家の近所で蝶をあまり見なくなりました。
昔はクロアゲハもよく見たのに…despair
ちびっこヤモリだけは
ココのところあちらこちらで
接近遭遇しますけどhappy01

投稿: だ^しょんまお | 2012年8月31日 (金) 21:50

>だーしょんまおさま
 
こんばんは shine
 
そうですかぁ・・・
お住まいは街中なのでしょうか。
 
うちの周りでは まだ少し 蝶の姿を見ることが出来ます。
以前、ベランダで育てていたミカンの木に アゲハの子が付いて
我が家で羽化したことがありましてね。
と言うことは 親が産卵しに来たってことですもんね。
 
最近見たヤモリは皆、道の真ん中で2Dになっていました (;´▽`A``
ヤモリが活発な時期なんでしょうかねえ (・∀・)

投稿: 花mame | 2012年9月 1日 (土) 00:23

再※おじゃましまんもす。

ピンクのお花「ボタンクサギ」というのですか~。
初めてしりました~♪
かわいいお花なので、名前を覚えておこう!
とか言って、忘れちゃうのですよなあ。
トホホ。

オンブバッタ。
こんなのでしたか!
オンブバッタの雄って、小さくて面白いですよなあ。
メスは大きいのに、なんであんなに小さいのだろう。
ゴン太が小さい頃は、草むらにけっこういたりしましたですなあ。
多分、今でも探せばいると思います。

>ノカンゾウは万葉呼名が「わすれぐさ」

おお~。
いにしえの名前に触れられるというのも、
素敵な体験ですよなあ。
万葉園、じっくりと楽しめそうな植物園ですなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2012年9月 2日 (日) 09:50

>ゴン太さま
 
再※ ありがとうございます~ ♥
 
そうなのです、ボタンクサギと言うのですって。
 
検索してみたところ、
漢字にすると 牡丹草木かと思ったら
なんと牡丹「臭木」と書くそうです。
花は いい香りなんだそうですが
葉に異臭があるのだそうですよ。
こんな特徴を知りますと
ちょっと記憶にひっかかりますでしょ (o^-^o)
 
オンブバッタ。
うんうん、面白いですね ♪
子供かと思ったら オスなのですね。
ノミの夫婦とか言いますが
オンブバッタの夫婦でもいいような気がします ( ´艸`)プププ
きっと こんなに保護色なので
いても気が付かないことが多いのでしょう。
 
万葉園。
こちらも そんなに広くはないのですが
季節により 植物の盛りが違うので
ちょっと見ると
単に野草?と思えるものも少なくなかったです (;´▽`A``
じっくり見ると いろんなお歌を楽しめるのでしょうが
やぶ蚊の多い季節、ショバ代として しっかり献血させられるもので
とっとと 後にしましたです ( ̄▽ ̄)

投稿: 花mame | 2012年9月 4日 (火) 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あさんぽ色々 | トップページ | 植物園 その2 »