« あさんぽの猫たち | トップページ | 銚子電鉄に乗って 犬吠マリンパークへ »

2012年8月 9日 (木)

アーティフィシャルフラワーで トロピカル

オリンピック たけなわな頃、

夏の甲子園も 昨日から始まりましたね。

大好きな プロ野球も ありますし

どこのチャンネルを入れても スポーツばかり ・・・

というような 毎日です。

 

しかし、この オリンピックという

大きなイベントが 終わってしまった後が こわい。

 

まさしく 「 祭の後 」 的 寂しさが 襲って来そうな気がします。

でも、寝不足から解き放たれて

ある意味 ホッとする方も 少なくないでしょうかね。

 

さぁ、あと少しの間

熱い夏を 楽しみましょう。

 

 

 

 

ところで 「 暑い 」 夏の方。

当地は ここ数日 涼しいのですよ。

もちろん 日中は それなりに暑くなるんですが

朝夕が涼しい。

これは まるで 北海道ではありませぬか。

 

当の北海道、我がイナカは 今年は寒いそうで。

最高でも 20度 プラスアルファの日が 続いていたとか。

今日は 晴れて気温も上がったようですが

寒い夏だと 農作物が心配です。

 

 

 

 

 

さて、前置きは このくらいにして

今日の本題、7月のレッスン報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「 夏は お花が持たない って言うのよ 」

と 一緒にやっている友人が

生徒さんに聞いた と言って こう 話しました。

 

暑さに強い花を 使ってみたり

グリーン中心のデザインで 考えてみたり

お手入れ法を 念入りに 伝えたり

ドライフラワーや プリザーブドを 使ってみたり 。

 

何せ 教室も もう長くなりましたから

毎回 同じような方向での提案は 飽きてくるだろう ・・・ 。

 

と いうことで

今年は 「 アーティフィシャルフラワー 」 を 使っての

アレンジにしてみました。

 

 

 

 

 

 

Rimg0004

< 使用資材 >

 ・ ランタン

 ・ マルコハイビスカス ( 黄 )

 ・ スプレンダーアンスリウム ( ピンク )

 ・ ゼラニウムスプレー ( 赤 )

 ・ プルメリアマナ ( 白 )

 ・ クッカバラ

 ・ ミニモンステラ

 ・ ワイルドセダム

 ・ タカラシェルリング

 ・ ワイヤー ( 緑地巻き )

 

生徒さんには シェルリングが あったのですが

見本の分が なかったので パールで 代用です。

 

 

ミニモンステラで リースを作り、

好みに合わせて 材料を ワイヤーやグルーで 付けていくだけ。

簡単です。

 

 

 

Rimg0005

こちら 友人のアレンジ。

ハイビスカスを 後ろに持って行ったので

清楚な感じに 仕上がっています。

 

 

夏は 持たないから ・・・

の理由で アーティフィシャルを 選んだのだけれど

 

考えてみれば

一日花だったり 水揚げが難しかったりして

普段 使うことの出来ない花材を

アーティフィシャルで 使うのも良いものだ、

ということにも 気づきました。

 

今回の ハイビスカスや プルメリアは

使いたくても 難しいものがありますから。

 

最近の こういうお花は

かなり 本物に近い出来にも なっていますしね。

 

 

 

 

で、

自宅に アレンジを持ち帰ったのですが

置く場所に 困ってしまい、

 

 

 

 

 

 

Img_0101

リースにして ドアにかけてあります。

夏の間中、楽しめそうですよ (◎´∀`)ノ

|

« あさんぽの猫たち | トップページ | 銚子電鉄に乗って 犬吠マリンパークへ »

花 - アレンジ」カテゴリの記事

コメント

おおお!
南国ムード満載のアレンジですなあ~。
すてき!

プルメリアなんかは、生花よりもかえってアーティフィシャルの方がアレンジの幅も広がりそうですなあ。
よくわかりませんが。

ランタンと南国なお花、という組み合わせ、
なんだかストーリーチックな感じでいいですよなあ。
こういう組み合わせも素敵なのだなあ、と
しみじみ感心、というか、目からウロコ的な感動を得ましたですなあ~。

夏、生花っていたみますよねえ。
はは。

投稿: ゴン太 | 2012年8月13日 (月) 16:29

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます~ ♥
 
今回 なぜか友人が「トロピカル」なアレンジにしよう、
と言いだしまして
夏のことでもありますし、南国チックに行きました。
 
そして、資材を買いに行きましたら
ランタンフェアをやっていて
これも使いたい、なんてことになったもので
不思議と言えば不思議、
合っていると言えば合っている作品になりました。
 
アーティフィシャルは 枯れない良さと
普段使えない花材が使える、生花では出来ない形に出来る、と言う、
おっしゃるようにアレンジの幅を広げるのに
とてもいいものだと思います (o^-^o)
 
そうなのですよね~。
気温が高いだけで花の成長(老化?)が 早まりますし
水が温まりやすくて悪くなるのも早いですからね・・・。
出来るだけ 水を頻繁に替えることが大事です。
その時 花瓶に 氷をひとつふたつ入れてあげると
少しは水温上昇を抑えられると思います。

投稿: 花mame | 2012年8月15日 (水) 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あさんぽの猫たち | トップページ | 銚子電鉄に乗って 犬吠マリンパークへ »