« 市川バラ園 | トップページ | 野球を観に横浜へ »

2012年6月23日 (土)

市川さんの薔薇

さて、昨日に引き続きの 市川さんの記事。

 

やはり 行ったからには お土産が欲しいものですが

市川さんは ちゃんと花束にして 用意しておいてくださいました。

 

ピンク系と オレンジ系が あったのですが

一緒に行った友人も 花mameも ピンク系にしました。

 

あ、もちろん 購入したのですよ (*^ー゚)b

 

 

 

 

 

Img_0117

イヴ ・ ピアッチェ、イヴ ・ シャンテマリー、ロワイヤル、

あとはイヴ ・ シルバなのか、イヴ ・ ミオラなのか ・・・ 。

 

それに ドラセナと レモンリーフを 加えての花束です。

 

さすが バラのことをよく知っている方が 作った花束、

色の組み合わせ、形の組み合わせ、

サブ花材の加え方など とても素敵です。

 

そして 香りが たまらなく良いのです。

 

 

 

市川さん 曰く

「 香りのするバラは弱い 」 。

 

確かに そうかもしれないなぁ ・・・ 。

 

 

数日経つと

少しずつ 頭を垂れて来てしまいましたもの。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

Img_0158

ダメになったバラを 少しずつ 抜いていき

2本になったところで こんなふうに 生けてみました。

ちょっと 和洋折衷てな感じ?

 

 

 

 

 

さらに ダメになったところで

 

 

 

 

 

Img_0134

ポプリにでもしようか、と 花弁をカップに。

手ですくって 鼻に近づけると

とても いい香り ♡

 

この いい香りのする花弁を 蒸留すると

ローズウォーターが 出来るのだそうですよ。

作り方を聞いたけれど

大量のバラと それ用の道具がなければ 無理そうでした (;´д`)

 

 

友人は この花弁で バラ風呂にしてみたそうで

香りが とても良かった♪ と 言っていました。

 

 

 

 

 

そして 花弁を取ってしまった バラは、と 言うと。

 

 

 

 

 

Img_0161

こんな様子。

 

いつも言っているように

花弁が落ちた後や

枯れかかった 「 第二の花 」 にも 美しさがあります。

 

このバラは 葉がまだ綺麗だったし

ガクと シベの様子が 面白かったので

そのまま 一輪挿しに 生けました。

 

もうちょっと ベースの高さがない方が よかったけれど。

 

あと少しだけ

このバラを 楽しむことにして。

|

« 市川バラ園 | トップページ | 野球を観に横浜へ »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

おはようございますにゃんころりん♪
あは。

おおお!
バラ屋さん、みなさんにお土産を用意してくださっていたとは☆
嬉しいサービスですよなあ~♪
綺麗なバラを見たら、手にしたくなるのが人情というものですからなあ~。
あは。
ピンクのバラ。
シャクヤクみたいな開き方なのですなあ~。
う~ん、ゴージャス!
しかも香りが良いだなんて~。

器に入れた花弁、素敵な生ポプリ?ですなあ。
生のバラの花弁の香りを楽しむだなんて、
中世ヨーロッパの王侯貴族のような雰囲気ですなあ(勝手なイメージですが、あは。)☆

>第二の花

種になったりするのでしょうかなあ。

投稿: ゴン太 | 2012年6月27日 (水) 08:18

>ゴン太さま
 
たくさんのコメント ありがとうございます ヽ(´▽`)/
 
作業場に置いてあったバラも売れていましたし
今回の目玉のように紹介されていた「ジャルダン・パヒューメ」も
お一人の方が お買い求めになっていました。
きっと お高かったのでは?と思います。
 
そうですね~。
シャクヤクっぽい感じかもしれません。
 
バラと言うと
高芯剣弁(いかにもバラらしいアレです)が 頭に浮かびますが
これらはカップ咲きのような 丸い感じのバラたちでした。
 
生の花びらも香っていましたが
完全に乾燥したら したで
更に凝縮されたような香りがします。
しかも 白いバラなどは 紅茶のような香りがするのですよ。
本当はダメになった花ではなく
新鮮なまま ドライにすると もっと綺麗に出来るのかもしれないのですが
生でも最後まで楽しみたいのが人情ですよね (◎´∀`)ノ
 
第二の花は
やはり切り花なので 結実はしないみたいです。
木のままだと実になりますよね。
それが いわゆるローズヒップです (o^-^o)

投稿: 花mame | 2012年6月29日 (金) 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市川バラ園 | トップページ | 野球を観に横浜へ »