« ヒヤシンス | トップページ | 桜と蛙 »

2012年3月27日 (火)

ラナンキュラス

暖かな日と なっています。

 

昨日は 午後から曇ってしまい

陽射しがなくなると 途端に寒くなったのですが

今日は その心配はなさそう。

 

夕方近くには レッスンの打ち合わせの為 出かけるのですが

傘は必要なさそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は タイトルにあるように

先日のレッスンで使った

「 ラナンキュラス ~ M.ゴールド ~ 」 を。

 

 

 

 

 

Img_0110

花弁が、それは 湧いてくるように たくさん たくさん です。

 

 

 

Img_0111

ラナンキュラスは 真正面から見るより

ちょっと横顔気味の方が より この花らしい美しさが出るような気がします。

 

 

 

以前にも 載せましたが

改めて プロフィールを ・・・ 。

 

< プロフィール >

 ・ 学   名 : Ranunculus asiaticus

 ・ 分   類 : キンポウゲ科 ラナンキュラス属

 ・ 原産地 : 南西アジア から ヨーロッパ

 ・ 和   名 : 花金鳳花 ( はなきんぽうげ )

 ・ 英   名 : ペルシアンバターカップ、ターバンバターカップ

 ・ 花言葉 : 晴れやかな魅力、忘恩

 

今日は 「 学名 」 と 「 花言葉 」 を 加えてみました。

 

 

 

正式名称は ラナンキュラス アジアティクス。

ペルシア系、トルコ系、フレンチ系、ピオニー系、

ビクトリアストレイン系などがある。

 

色んな系統があるので 調べてみましたら 

ヤサシイエンゲイさん の方に 詳しく載っていましたので

そちらを ご参照くださいませ。

 

 

花は 茎に数輪付き、

原種は 一重咲きだが、半八重咲き、八重咲き、万重咲きのものもある。

 

さて、このM.ゴールド嬢は 何重咲き と 言えばいいのでしょう。

 

 

 

 

 

ところで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンから1週間経った 今日のラナンキュラスです。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0153

柔らかな花弁が フワッと開いて

より豪華な花に なりました。

 

 

  

 

 

 

 

Img_0154

直径は 7~8cm。

これは 万重咲きと言っても いいくらいでしょうか。

 

 

 

 

 

Img_0156

咲ききった中心は こんなふう。

同じキンポウゲ科の アネモネに 似てますよね。

|

« ヒヤシンス | トップページ | 桜と蛙 »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

ス○ーカーが、やって参りましたよ。
はい、こんにちは。

おおお!
先日のラナンキュラスがクローズアップされている~♪
ああ、かわええですなぁ~。

リンク先を拝見しましたら、
ラナンは球根の状態で夏から眠るとか。
今まで、それを知らずに、葉がダメになってきたら
もう枯れてしまうのかと思って捨てていました…。
ああ、信じられない。
今度買ったら、翌年も育てますですぞ!

>万重咲き

お~、また新しいお言葉をいただきました。

(先日の「春への誘い」のお返事、とても丁寧にいただき、ありがとうございましたです!
知らないコトばかりで、へぇ~、ほう~と感心しながら拝見いたしましたです。脳の刺激になりました)

そんな咲き方があったなんて!
このラナンなどは、八重っていうより万重咲きの方が合っている感じですよな~。
もう、これ以上、巻けないってくらいですな。

それにしても、この、1週間後のお写真、すてきですなあ~。
溜息がでるような、ラナンの愛らしさが
表現されてますです。
ああ。

投稿: ゴン太 | 2012年3月27日 (火) 16:10

>ゴン太さま
 
はい、どうぞ~ いらっしゃいませ~ (◎´∀`)ノ
 
記事が(いや、リンク先が、ですね)お役に立ったようで良かったです。
是非、次にお育てになる時には翌年も楽しんでくださいませ ♪
 
万重咲き。
八重だけでは表現出来ない豪華さを語ってくれるようですよね。
豪華なんだけど可愛らしいのが ラナンキュラスのいいところ。
また 持ちもいいんですよね。
水を換えるごとに茎を少しずつ切って
最後にお皿に浮かべるくらいまで その姿を保つのです。
 
あは、ゴン太さんに そこまで言われると
ラナンキュラスも喜んでいることと思いますよ ♪
 
それと お詫びです。
今 記事を見ましたら 品種名が違っておりました (;´Д`A ```
「イエロークイーン」は ヒヤシンスの品種名で
ラナンは「M.ゴールド」と言う品種でした。
すみませぬ!!
訂正しておきますね。

投稿: 花mame | 2012年3月27日 (火) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒヤシンス | トップページ | 桜と蛙 »