« 春への誘い | トップページ | ラナンキュラス »

2012年3月26日 (月)

ヒヤシンス

今年に入ったのは つい この前のこと、と 思っていたのに

今週は 3月の最終週、あっと言う間に 年度末ですわね。

朝の連ドラ 「 カーネーション 」 も 間もなく終了です。

皆様 お忙しい毎日では ありませぬか?

 

花mameは 相変わらずの日々。

何事もなく 平凡に 過ごしております。

これは ありがたいことで ございますね。

 

 

あ、

でも、先々週の金曜日から また例の小指のリハビリを

東京でも 開始致しました。

 

関節の間が 著しく狭まっていると言う事は

以前 撮った レントゲンで わかっていたのですが

実は 靭帯が切れていたとか

骨が痩せているとか

半年も経ってから 新しく聞くこともあったりして

改めて 大きな怪我だったのだなぁ と 思い知らされました。

 

と 言うか

しっかり曲がらないのですから

その時点で 大きな怪我には間違いがないのですよね。

 

どんな怪我も 甘く見ないで まずは病院。

標語にして掲げたいような教訓です。

 

 

 

 

さてな。

今日は 先週のレッスンの花材のひとつを ご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0122

「 こんにちは 」

とでも 言っているように おじぎをしておりますが

クリーム色のヒヤシンスです。

 

去年だったか

近くの公園で 初めて この色のヒヤシンスを見た時には

ちょっと感動しました。

だって 紫か ピンクか 白かしか 見たことがなかったから。

 

  

 

 

 

Img_0123

気持ちが優しくなるような色でしょう。

 

レッスン当日は そんなに香りませんでしたが

その日の夜には 甘い香りを放っていました。

 

 

< プロフィール >

 ・ 分   類 : ユリ科 ヒヤシンス属

 ・ 原産地 : 地中海沿岸、北アフリカ

 ・ 別   名 : ヒアシンス

 ・ 和   名 : 錦百合 ( にしきゆり )

  

ヒヤシンスと言う名は ギリシャ神話の 「 ヒアキントス 」 に ちなんだもの、

と言うのは 有名な話です。

ヒアキントスの流した血から 咲いた花、と 言われていますが

この花かどうかは 定かではないそうです。

|

« 春への誘い | トップページ | ラナンキュラス »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

お怪我。
日常生活で負うような怪我って、案外「まあ、大丈夫だろう」と思ってしまって
病院とか行かないものですものなあ。

>どんな怪我も 甘く見ないで まずは病院

レントゲンを撮らねばわからないこともあるのですものなあ。
本当に、その通りですなあ。
うん。
早く、指が良くなりますように!

クリーム色のヒヤシンス。
春の日差しを、そのままお花にしたような
優しそうなたたずまいですなあ~。
甘い香りを放っていましたかぁ。
いいなあ。

ヒヤキントス。
ギリシャ神話って、美しくて哀しくて良いですなあ。
血から咲いた花ならば、ピンク色だったのでしょうかなあ~。
もしくは、神々の血は、紫色だったりして。
あはは。

投稿: ゴン太 | 2012年3月27日 (火) 10:41

>ゴン太さま
 
いつも ありがとうございます ヾ(_ _*)
 
それと いつもご心配頂き ありがとうございます!
よくなるように頑張りますです o(*^▽^*)o
 
クリーム色の花って たくさんありますが
この花には意外性のある色だったせいか
何とも優しい良い色だなぁ と思います。
 
そして、ゴン太さん!
さすがです!
血から咲いたヒヤシンスは 何と!
紫色だったそうですよ (◎´∀`)ノ:;;;:+*+:;;;:+*+

投稿: 花mame | 2012年3月27日 (火) 13:00

再※おじゃましまんもす。

>紫色だったそうですよ(◎´∀`)ノ:;;;:+*+:;;;:+*+

に反応してしまいまして。

えええっ!!!
まさかの「紫」でしたか!
いやあ、流石は、神様。
血から紫の花を咲かせるとは。
って、ヒヤキントスが神に位置する者かは存じませぬが。
はは。

ギリシャ神話で、ハエが血を流したら緑色の花が咲くのでしょうかなあ。
って、血自体が紫ってワケではないですものな。
失礼。
あは。

投稿: ゴン太 | 2012年3月27日 (火) 15:53

>ゴン太さま
 
再※ ありがとうございます ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
 
わはは o(*^▽^*)o
まさかの紫でした。
 
これは お話が先なのか お花が先なのかと言う お話かもですね。
ヒヤシンスの原種は紫なのでは?と思うのです。
そこから お話が派生したのか
ギリシャ神話を基にして
紫が ヒヤシンスの代名詞のようになっていったのか。
 
話が少しずれますが
ヒヤシンスには ローマン種とダッチ種があるのだそうです。
一般に流通するのは ダッチヒヤシンスの方だそうですよ。
 
そして もひとつ、「原種」でググッてみましたら
あれまぁ、原種と言われる別物のヒヤシンスが
いくつか出てきましたよ。
何ともナゾの多い植物です。
 
ふふ、
ギリシャ神話の世界で 緑の花を咲かせるなら
ハエも素敵な昆虫に思えてくるからフシギです ( ^ω^ )

投稿: 花mame | 2012年3月27日 (火) 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春への誘い | トップページ | ラナンキュラス »