« 秋の色は ・・・ | トップページ | 花の時計 »

2011年11月28日 (月)

秋色紫陽花のリース

大変な ご無沙汰でございました。

改めて 見直してみましたら

これが 今月 2本目の記事。

 

あらま。

 

「 ご無沙汰 」 とか 「 申し訳ない 」 と言うのが

慣用句になりつつある 我がブログ。

もう 月 1~2 本が 限界なの、

と 開き直った方が いいのかもしれませんね。

 

実は 15日に 帰京しておりまして

ネット環境には 何の問題もないのですが

日々の生活 ( ? ) に問題ありで

また 12月早々に 北海道への帰省が決まっております。

今回は 18日間の帰京 と言うことで

3か月留守をしていた自宅のことやら 歯医者への通院やら

帰京前から決まっていたスケジュールに 加えて

突如入った予定などで 毎日 てんやわんや。

 

記事を書くどころか

パソコンに触ることもない日々が 続いておりました。

 

先週半ばで 一応 予定していたことは終わったのですが

気の緩みからか 風邪を引いてしまいました。

と言っても 喉の痛み以上のものでは なかったんですが

「 風邪、喉から来る人 」 の 一人なもので

帰省も近い頃なので大事にしないと、

と言うわけで 家事全般を土higeさんに お任せして

イ○ジンで うがいし、銀のベ○ザを 飲み、

土日は ひたすら 休養しておりました。

 

おかげで 多分、大丈夫 てな感じです。

何だか 妙に暖かかったと思ったら

今日のように 日差しがなく 寒い日も訪れます。

何せ 間もなく12月ですからね、寒くて 当たり前。

どちら様も お風邪には気を付けて

更に多忙な12月を 迎え撃つことと致しましょう。

 

 

 

 

さて、タイトルにも ありますが

10月8日に 記事にしました 秋色紫陽花

リースを 作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

111115_074511

こんな感じです。

 

木から花を取った時は

花弁 ( 正しくは 苞 ) にも 厚みがあって

まだまだ生花 と言うふうだった 紫陽花。 

 

そのままリースにしても いいのだけれど

飾っておくと 時間が経つにつれ 茎が痩せて

ワイヤーでくくった部分が 取れてしまうこともあるので

今回は しっかりと干してから 作ることにしました。

 

 

 

 

 

111115_074624

同じ木の花でも 色合いや 大きさが違うので

どんな配置にするかなども 考えながら 作っていきます。

 

 

100円ショップで購入した フジのツルを 使い、

まずは 上になる部分を決めて 把手を付けます。

ナチュラル感を出して 麻紐を使いました。

そして、花を ワイヤーとグルーで 付けていきます。

 

これは 紫陽花だけのリースにしましたが

例えば ラフィアなど 自然素材のものを リボン風に使って

アクセントを付けるのも いいかと思います。

 

  

 

111115_074724

リースの舞台裏 ( ´艸`)プププ

100円ショップ 侮りがたし。

なかなか いい感じです ♪

 

ワイヤーで 花を取りつける場合は

かける場所の 壁やドアなどを 傷つけないように

切った部分を 花の奥に差し込んでおくと いいですよ。

|

« 秋の色は ・・・ | トップページ | 花の時計 »

花 - アレンジ」カテゴリの記事

コメント

おおお!
すご~い!
あの秋色紫陽花さんが、リースになったのですか~☆
しかも、こんなに素敵な色が、
自然のものだなんて信じられないくらいですなあ。
すごく素敵だ~。

>同じ木の花でも 色合いや 大きさが違うので
 どんな配置にするかなども 考えながら 作っていきます

ふむふむ。
やはり、ソコが重要なのでしょうなあ。
同じ素材でも、ゴン太が作業したら、
絶対に、こんな素敵なリースになりえない。
アジサイをリースにするってアイディアもスゴイですし、
出来上がった作品もスゴク素敵ですなあ☆

お帰りになられて、また、向こうにお戻りになられるのですな。
お風邪、良くなられてきた様ですが、
お忙しいご様子ですし、
移動は、疲れますから、お大事に♥ですぞ!

投稿: ゴン太 | 2011年11月29日 (火) 16:34

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ ♪
 
どうもありがとうございます m(_ _)m
夏には赤紫なのに 秋にはこんな色になるんですよね。
不思議なものです。
 
今回の紫陽花は 家のものを使ったので
大きさや状態が様々だったので
大きすぎるものはカットしたり
枯れたものは取り除いたり。
花弁の大きさの違いは アクセントになって
よかったです。
 
いやいや、
きっとゴン太さんが お作りになったら
もっと素敵なものが出来ると思います (o^-^o)
 
アレンジ全般に言える事ですが
見本があると
良いものであれ 良くないものであれ
それが 一番に見えてしまうんですが
自分で作ったものが 最高なんですよ ♪
 
明日 再び北海道へ。
今回は2週間程で戻ってくる予定ですが
年末には また帰省ですから
バタバタは続くものと思います。
 
ありがとうございます。
12月に入った途端に 寒さもやってきましたし、
忙しい時ですので
ゴン太さんも どうぞご自愛くださいませ。

投稿: 花mame | 2011年12月 1日 (木) 21:56

こにゃにゃちにゃ~♪
再※おじゃましまんもす。

「見本があると、それが一番に見える」
なんか深いお話しっぽい雰囲気ですなあ~。
脳の働きや哲学の問題みたいですなあ。
あは。
でもでも、お写真の作品が素適なことに
かわりはないですなあ☆

2日から北の地に行かれたとのことですから、
もう、向こうにいらっしゃるのですなあ。
今朝のテレビのニュースで旭川の交通事故が出ていましたが、
けっこう雪が降っていました。
花mameちゃんがなさった雪囲いも、
そろそろ活躍し始めるのでしょうかな~♪
まだ、早いですかな。
シャトーの方は天気は良いですが、
昨日あたりは強風が吹き荒れてましたですなあ。
もう、すっかり冬ですねえ。

投稿: ゴン太 | 2011年12月 5日 (月) 11:11

>ゴン太さま
 
すっかりのご無沙汰 申し訳ありません!
昨夜 帰宅致しました。
毎度のことながら貴重なコメントを頂きながら
本当にすみません (´・ω・`)ショボーン
 
レッスンでは 見本があると
その通りに作ろうとする方が結構いらっしゃって
でも 花材は必ずしも同じではないので
まるっきり同じには出来ないのですよね。
見本が一番 と思っていると
自分のものが見劣りしてしまうと思われるようで
うまく行かないを 連発される方も・・・。
 
でも、自宅に持ち帰ると
教室で見たのより 自分の作ったものが素敵に見えることも確かなのです。
これ、経験から、です ( ^ω^ )
 
単に それだけのことだったのですが
おっしゃるように 考えてみると深い言葉かもしれないですね。
いつもいつも ゴン太さんの言葉には
目からウロコの思いです。
 
北海道の話をしますと
今年の我がイナカは雪が多めです。
昨シーズンは 少なくて喜んでいたのですが
今年は 敵を取られたかなと言った感じ。
 
昨日 空港までの道の中で
路肩から落ちている車を見ました。
スピードの出し過ぎでしょうか。
雪道は慎重に運転しませんと、ね。
いやいや、運転だけでなく 歩きも、です。
花mame、今年すでに1回 尻餅をついておりまする (;;;´Д`)ゝ

投稿: 花mame | 2011年12月16日 (金) 09:31

花mameちゃん
再々※おじゃましまんもす~♪

お忙しいでしょうに、
お戻り早々にお返事をいただき、ありがとうございました♪
コメントは勝手に書かせていただいているので
1年でも2年でも放置してくださってけっこうですから、
あまりお気になさりませぬよう…
とかいいつつ、またコメントしちゃいました。
はは。

>路肩から落ちている車

ぎゃあwwwっ!
車が路肩に落ちるって、
運転していた方は、相当コワイ目に合われたのでしょうなあ。
雪道は気をつけねばですよなあ。

!!!
>今年すでに1回 尻餅をついておりまする

ぎゃぎゃぎゃっ!!!
尻餅って言葉は、なんだかコミカルですが(そうでもない?)
実際は、けっこう危険なのですよなあ。
ゴン太も、いつだったか雪道で尻餅ついて
痛かった記憶がありますです。
尾てい骨は無事でしたかなあ。
お尻、大事にしてくださいねってなんだかヘンですね。
はは。

投稿: ゴン太 | 2011年12月18日 (日) 11:12

>ゴン太さま
 
こんにちにゃ。
いつも温かいお言葉 ありがとうございます!
いえいえ、コメントは大歓迎なのですよ ヽ(´▽`)/
 
うんうん、雪道は 気をつけても
気をつけすぎると言うことはありませぬ。
この時季は 北海道のドライバーも
まだ雪道に慣れていないので結構事故が多いのですよね。

同じく 慣れていない時季なのに
普段通りの歩きで スッテンコロリン。
打ったのは 尾てい骨ではなく
お尻の一番肉厚な部分でしたので
数日間は痛かったですが その後は大丈夫です。
ご心配 ありがとうございます m(_ _)m

投稿: 花mame | 2011年12月18日 (日) 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の色は ・・・ | トップページ | 花の時計 »