« 痛い話 | トップページ | 今更ながら 帰省時の話 »

2011年8月27日 (土)

天高く

1108231013000

絡まれる 強き絆よ 豆の蔓

 

 

 

 

本州以南は まだまだ夏の暑さが 続いているようですね。

当地は 空も高くなり トンボも群れをなして飛んでいる

それはもう 秋の風情です。

 

でも、日中の気温は 関東と変らないくらいには 上がっているのですよ。

 

 

実家の畑の 豆の木も

雲の上の お宝を取りに行け~!とばかりに 伸びています。

 

手 ( 支柱 ) が 足りなくなると

お互いの蔓どうしで 支え合って 伸びていくんですね。

 

 

さて、肝心の 成っている豆の数は

母に言わせると 「 今年は 少ない 」 とのこと。

 

 

とは言え、一応は こう 詠んでおきましょう。

 

 

 

 

天高く 豆たわわに 実る秋

 

 

いつもながらに お粗末  o(_ _)oペコッ

 

 

 

※ 追記 ~ 9月17日 ※

 

いつも おいで頂く ゴン太さんが

つたないお歌に 下の句を付けてくださいました。

 

絡まれる 強き絆よ 豆の蔓

福幸もたらす 息吹の輝き

 

震災時の人のつながりについて 詠ったものでしたが

さすがゴン太さん、そこを しっかりと 受け取ってくださっております。

 

「 福幸 」 は テレビで使われていたものを頂いたそうですが

「 福幸 = 復興 」

ゴン太さんもおっしゃっているようにうまい表現だと思います。

 

 

復興なくして 福幸なし。

  

先日の11日で 半年が経ちましたが

あの時思った半年後とは 全然 違っていて

まだまだ 苦しい思いをしていらっしゃる方が たくさんいます。

 

今、私たちに 何が出来るのか。

何ヶ月目の節目と言うことではなく

毎日問いかけて行きたい 課題です。

|

« 痛い話 | トップページ | 今更ながら 帰省時の話 »

お歌の会」カテゴリの記事

コメント

こにゃにゃちにゃんcat

すっかり秋めいてきたシャトー周辺ですが、
本日は、暑さが戻ってきておりますです。
でも、やはり風は秋の風なのですなあ~。

久々に、お歌の会に参加すべく♪
花mameちゃんのお歌を
台無しにすること間違いなしですが、
参加することに意義がある!
ということで、下の句をつけさせていただきますです。


>絡まれる 強き絆よ 豆の蔓

 福幸もたらす 息吹の輝き


「福幸」はこの間、テレビで、そういう言葉を使っていたのをいただきましたです。
復興とかけた、うまい表現ですよなあ。
被災地に本格的な冬が訪れる前に
どんどん復興がすすむと良いのですが。

投稿: ゴン太 | 2011年9月10日 (土) 14:12

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます (◎´∀`)ノ
しかも 今回も お歌の会にご参加頂き
ありがとうございます o(_ _)oペコッ
 
おぉ!
毎度のことながら ゴン太さんの付けて下さる下の句で
ぐっとグレードが上がりますです!
 
記事の方に 追記させて頂きますね。
 
 
それにしても
下の句の割に 上の句がどうにもいけない ・・・ 。
「 絡まれる 」 と 「 支え合う 」 で悩んだのですが
豆の蔓には 支え合っていると言う意思はないだろうと
絡むの方にしたのですが、うーむ。
 
限られた文字の中に
思いを現すのは難しいものです。
でも、そういう 言葉を繰ることを楽しめる国に生まれたことは
喜ばしいことですよねえ。

投稿: 花mame | 2011年9月17日 (土) 11:28

再※おじゃましまんもす

万障を繰り合わせてのお返事、有難うございますですなあ。
勝手にコメントさせて頂いてますので、
お返事は、あまり気になされないでくださりませ!
といいつつ、再※とかしちゃってますが。はは。
あと、またまた、追記でご紹介くださり恐縮です。
もっと上手にできれば、花mameちゃんのブログを汚すこともなかったのに、と。

>「 絡まれる 」と「 支え合う 」で悩んだのですが

ゴン太的には「絡まれる」の方が
「豆」や「絆」の力強さが強調される気がして好きですなあ♪
豆の蔓をかりながら

>震災時の人のつながりについて

詠まれたお歌でしたので、
ゴン太も、「豆」の息吹と
今回の震災で、希薄になりつつあった「人のつながり」が再認識されたことの息吹
をかけてみたつもりだったりです。

題材に「豆」を選ばれたのは流石だなと感服いたしましたですなあ☆
豆は、荒地でもしっかりと根を張って実をつける生命力あふれる植物ですものなあ~。
傷ついた土地を思うお歌に、まさにぴったりの題材ですよなあ。

>言葉を繰ることを楽しめる国に生まれたことは
喜ばしいことですよねえ

言葉に翻弄されっぱなしのゴン太ですので、
いつかそんな風に思えるようになりたいですなあ~。
あは。

投稿: ゴン太 | 2011年9月18日 (日) 16:37

>ゴン太さま
 
再※ ありがとうございまんもす
いつもいつも 嬉しく思っております ヽ(´▽`)/
 
いやいや、お上手に作られるものだなぁと
こちらこそ いつも感服しておりますよ。
豆と絆の息吹。
確かに あの日の前と後では
人と人の絆についての感じ方は違いますものね。
 
そうですかぁ、「 絡まれる 」 でよかったのですね。
豆を選んだ と言いますか
うちの畑で 一番存在を主張していたからなのですね~ ふふ。
言われて気づきました。
生命力あふれる植物。
絵本でも そのへんに蒔いても 天まで伸びるほどですものね (o^-^o)
 
ゴン太さんは 言葉に翻弄されっぱなしですかぁ。
翻弄されているからこそ
こんなに素敵な言葉が出てくるのでしょうね ♪

投稿: 花mame | 2011年9月21日 (水) 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 痛い話 | トップページ | 今更ながら 帰省時の話 »