« SPション ・ クレイジーパープル | トップページ | RAINY SEASON »

2011年6月12日 (日)

3か月

震災の日から 3か月。

1か月目、2か月目と 変わりつつある所もあれば

やはり なかなか思うように進まない所も 少なくないようで

心に刺さったトゲが 未だに抜けないような感覚でおります。

 

 

 

 

人との絆であるとか

当たり前にあったものが 実は

誰かの努力なしには 得られていなかったことや

遠くの土地のことが 自分の身近な物事に

どれだけ関係が深かったか と言うことや

しいては 幸せの定義まで。

 

あの日以来、みんな 何か 意識が変わってきていて

大きなことであれ 小さなことであれ、

何かしら 努力していると思うのです。

 

 

 

 

 

 

なのになぁ。

日本を率いていかなければいけない トップの面々が

いつまでたっても 痴話げんかのようなことをしていて

歯痒いったら ありゃしない。

 

保身と言うのか 利権争いと言うのか

そう言うことをやっている場合でも

トップを替えようとしている場合でも ないと思うのだけど。

 

 

 

例えば、

夏になったらプール授業があるのは わかりきっていることなのに

なぜ事前に プールの放射線濃度の

身体に与える影響についての指針が 出せないのか。

 

ろくでもない争いより そっちの方が ずっと重要なのは

国民のみんなが わかっていることなのに

政治家と言う人たちだけは 優先順位が違うのでしょうかね。

 

 

今のトップが頼りないのは もうわかったから

じゃあ、その頼りない人を 党派を超えて支えて行ってもらわないと。

そして その頼りない人も 意地を張らずに 聞く耳を持ってもらわないと。

 

「 国 」 の 「 会 」 議を 見ていると

小学校の学級会より まずいんじゃないの と思ったりしちゃいますよ。

 

 

 

 

 

最近 頭の中を グルグルするのが

井上陽水の 「 闇夜の国から 」 の このフレーズ。

 

闇夜の国から 二人で舟を出すんだ

海図も 磁石も コンパスも ない旅へと

( 舟はどこへ行く )

 

まさしく 今の日本って感じ。

男女二人なら ロマンチックな冒険旅行でしょうが

こと 国の櫂を握る人たちが そんなんじゃ

日本は どこへ行く 状態なのですよ。

 

 

 

 

文句ばかり言ってても仕方ないので 花を一輪。

 

 

 

 

  

Rimg0013

5月のレッスン花材の ひとつ、白いニゲラ。

 

この花は 繊細であるがゆえ

持って歩いているうちに

花弁が取れてしまったりすることも あるのだけれど

この時のニゲラは いかにも新鮮で

花も大きかったし 茎や葉も とても しっかりとしていました 。

画像からも 花弁や葉の張りの良さが 見て取れます。

 

詳しくは、以前の ニゲラ記事 にて。

|

« SPション ・ クレイジーパープル | トップページ | RAINY SEASON »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SPション ・ クレイジーパープル | トップページ | RAINY SEASON »